よくあるご質問「SSL認証局の違いを教えてください」

Just-Size.Networks ロゴ

SSL認証局の違いを教えてください

サブドメインプランエコノミープラン

回答

「独自SSL」にて取り扱っておりますSSL認証局は、次のブランドになります。
SSL暗号化通信の機能に違いはありません。ブランド力による安心感や、発行スピード、審査内容などに違いがあります。

GMOグローバルサイン「クイック認証SSL」

 東証一部上場GMOインターネットグループのSSL認証局です。10年以上の運営実績、150万枚以上の発行実績があり、政府機関や大手企業でも採用されています。

 価格:34,800円(税抜)/年間
 通信の暗号強度:最大256bit
 ブラウザ対応率:99%以上
 発行スピード:最短 2分 ~ 1営業日以内
 オプション:ワイルドカード、有効期間カスタマイズ
 サイトシール:「サイトのプロフィール表示機能付きサイトシール」設置可能
 「企業認証SSL」、「EV SSL(強化認証SSL)」にも対応。

※ 他社で取得済みのSSL証明書をお持ちの場合は、その証明書の残り有効期間 + 30日延長ボーナス付きでお乗り換えできます。
※ 有効期限更新の際、有効期間 + 30日の延長ボーナスが付きます。

コモドジャパン「ドメイン認証タイプ SSL」

 世界シェアNo1のSSL認証局です。200万枚以上の発行実績があり、高い信頼性により大手企業でも採用されています。

 価格:9,600円(税抜)/年間
 通信の暗号強度:最大256bit
 ブラウザ対応率:99%以上
 発行スピード:2営業日以内
 オプション:ワイルドカード
 サイトシール:「ポップアップ機能付きトラストロゴ」設置可能
 「企業認証SSL」、「個人認証SSL」、「EV SSL(強化認証SSL)」にも対応。

ジオトラスト「ラピッドSSL」

 シマンテックグループのSSL認証局です。圧倒的な低価格により、お手軽にご利用いただけます。

 価格:2,100円(税抜)/年間
 通信の暗号強度:最大256bit
 ブラウザ対応率:99%以上
 発行スピード:最短30分 ~ 1営業日以内
 オプション:なし
 サイトシール:画像タイプのサイトシール設置可能

Let's Encrypt(レッツエンクリプト)

 米国の非営利団体 ISRG(Internet Security Research Group)による「SSL通信を広く普及させることを目的としたプロジェクト」が Let's Encrypt です。大手企業、団体の支援により、正規のSSL証明書が無料で発行されます。

 価格:無料
 通信の暗号強度:最大256bit
 ブラウザ対応率:99%以上
 発行スピード:最短5分 ~ 1営業日以内
 オプション:なし
 サイトシール:なし

関連ページ

FAQ番号 238

オプションサービス

サブドメインプランエコノミープラン

印刷する

このFAQのご意見をお聞かせください。