BIGLOBE WiMAXは評判が悪い?口座振替できる最安プロバイダは本当?

BIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)は、WiMAXおすすめプロバイダの1つです。

WiMAXでは珍しく口座振替で契約することができるので、クレジットカードを持っていない人から選ばれています。

また、契約期間が短く、違約金(解約金)も少ないので、気軽に解約できるWiMAXとして選んでいる人も多いです。

ただし、他のWiMAXに比べると料金が高いため、1番お得だと思って契約した人からの評判は悪くなっています

ここでは、実際にWiMAXを使っている管理人が、BIGLOBE WiMAXの評判や料金コスパについて詳しく解説をします。

WiMAXの利用を検討している人、プロバイダ選びを迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

杉本

口座振替で使えるWiMAXでは最安ですが、WiMAX全体で考えると割高なプロバイダです。

この記事でわかること
  • BIGLOBE WiMAXは口座振替なら1番お得なプロバイダ
  • クレジットカード払いだと他社より割高になる
  • 契約期間が短く違約金が安いため解約時の負担が小さい
  • 端末代金が分割払いとなるので毎月の支払額は高い
  • 10ヶ月以内に解約するなら最安のプロバイダ
  • 長く使えば使うだけ損になる

BIGLOBE WiMAXの基本情報

契約期間1年間のみ
(自動更新なし
データ容量無制限
3日間15GBで翌日制限
事務手数料3,300円
月額料金初月:0円
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
スマホセット割引不可
端末代金21,912円
※一括もしくは24回払い
端末補償なし
※1年間のメーカー保証のみ
プラスエリアモード月額1,100円
キャッシュバック15,000円のキャッシュバック
(契約月の翌月)
1年間の合計費用
(13ヶ月間)
67,126円
1年間の実質月額4,794円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
179,348円
3年間の実質月額4,720円
違約金12ヶ月目以内:1,100円
13ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード/口座振替
口座振替手数料月額220円
運営会社ビッグローブ株式会社

\ 15,000円キャッシュバック /

選ぶべき端末(機種)はどっち?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人はモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれる優秀なルーターです。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ)

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

Wi-Fi選びの個別相談を希望の方は公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください(無料)。

目次

BIGLOBE WiMAXの評判が悪い理由は値段の高さ!お得感が薄い?

BIGLOBE WiMAXの評判が悪い理由は値段の高さ!お得感が薄い?

BIGLOBE WiMAXの評判が悪い理由は、値段が高いからです。

端末代金や月額料金といったWiMAXを利用するにあたって必ず払わないといけない費用が、他のプロバイダよりも高くなっています。

初月の料金こそ0円となっていますが、総支払額でのお得感は薄くなってしまっているのです。

キャッシュバックをもらったとしても、全体費用としては割高なプロバイダとなっています。

端末代金を24回払いで払わないといけないので毎月の料金が高くなる

BIGLOBE WiMAXと他プロバイダと毎月の支払い額を比較したグラフ
毎月の支払い額を比較したグラフ

他のプロバイダでは0円になっている端末(ルーター)の購入代金が、BIGLOBE WiMAXでは21,912円もします。

支払いは、毎月913円×24回の分割払いです。

BIGLOBE WiMAXの月額料金は4,378円なので、合わせると毎月5,000円以上も払わなくてはいけなくなります

人気のGMOとくとくBB WiMAXやVison WiMAXは端末代金が0円で、月額料金も4,000円台です。

毎月の支払いを少しでも抑えたい人は、BIGLOBE WiMAXを選ぶべきではありません。

2年以内に解約した場合は残債を一括支払いになる

端末代金を完済する前にBIGLOBE WiMAXを解約した場合は、残債を一括で払わないといけなくなります。

1年で解約したとすると残債は10,956円です。

最終月に上乗せして請求されますので、お気をつけください。

口座振替の場合は端末代金が一括払いになる

口座振替でも契約できるBIGLOBE WiMAXですが、その場合は端末代金を最初に一括で払わないといけません。

BIGLOBEから代引きで届くので、そのまま現金にて払ってください。

最初にまとまった費用がかかるのが嫌な人は、クレジットカードを作るしかありません。

総支払額で比較すると割高なプロバイダになる

WiMAXはプロバイダによって料金やキャッシュバックが異なるので、どのプロバイダが1番お得なのかどうか比較しにくいです。

誰が見てもお得なプロバイダがわかるようにするには、利用開始から解約するまでの総支払額(合計費用)で比較するのをおすすめしています。

「結局いくら払うことになるのか」で比較すれば、月額料金やキャッシュバックに騙されることなく、1番お得になるプロバイダが選べるはずです。

全12社のプロバイダでWiMAXの総支払額を比較した場合、11ヶ月以上使うのであればGMOとくとくBB WiMAXが1番安くなります。

長く使えば使うだけBIGLOBE WiMAXは割高になっていきますので、お気をつけください。

11ヶ月以内に解約するならBIGLOBE WiMAXが1番安い

ただし、11ヶ月以内に解約するのであれば、BIGLOBE WiMAXが1番総支払額が安くなります。

「半年から1年くらい使いたい」という人は多いです。

短期利用を考えているのであれば、BIGLOBE WiMAXがおすすめとなります。

BIGLOBE WiMAXなら解約時の違約金も1,100円だけなので、まとまったお金を払わなくてもいいというメリットもあります。

契約期間の短さと違約金の少なさで選ぶ人もいる

料金に関しては評判の悪いBIGLOBE WiMAXですが、違約金の少なさに惹かれて選んでいる人もいます。

BIGLOBE WiMAXは、契約期間が1年と全プロバイダの中で最も短いです。

1年以内に解約をしても、違約金は1,100円だけとなっています。

2年目以降は契約の縛りがなくなるので、いつ解約をしても違約金はかかりません。

つまり、WiMAXが不要になった場合に、違約金を気にせず解約できるです。

他のWiMAXは3年契約で違約金も1万円以上するため、解約するタイミングを見計らう必要があります。

その分月額料金が安くなってたり、端末代金が無料になってたりするわけです。

最初に必要なお金を考えて契約をするか、解約するときのことを第一に考えるかは人それぞれ価値観が違うと思いますので、自分に合う方を選びましょう。

違約金を払ったとしてもGMOとくとくBB WiMAXのほうが安い

先程の合計費用比較表は、解約時に払う違約金も含んで計算しています。

つまり、12ヶ月以上使うのであれば、違約金を払ったとしてもGMOとくとくBB WiMAXのほうが安くなるということです。

とはいえ、あくまでも「総支払額」での比較になりますので、解約時の負担だけを考えるのであればBIGLOBE WiMAXを選んだほうがいいでしょう。

なお、GMOとくとくBB WiMAXの違約金が0円になるタイミングは、38ヶ月目の更新月のみ(以降36ヶ月ごと)となります。

SIMのみ契約できる唯一のプロバイダ

BIGLOBE WiMAXはSIMのみ契約できる
申込時にSIMのみを選択できる

BIGLOBE WiMAXは、端末本体を購入せずに、SIMカードのみの契約ができる唯一のプロバイダです。

以前WiMAXを使っていた人や、知り合いから譲ってもらった人、もしくはメルカリなどで中古端末を購入した人であれば、SIMカードのみ契約をして使えば、端末代金の約2万円分お得に使うことができます。

ただし、現在取り扱っているSIMカードは、最新の「WiMAX+5G」のみです。

以前までの「WiMAX2+」で扱っていた端末は、対応していません。

WiMAX+5Gに対応している端末はまだ数が少なく、メルカリなどでも1万円以上します。

SIMのみで契約をするとキャッシュバックももらえなくなってしまうため、1万円も払って中古端末を購入するのは損なのです。

運良く誰かからWiMAX+5G用の端末を譲ってもらえた人だけが得する契約方法になります。

【注意】端末の設定を行わないといけない

SIMのみで契約をした場合、端末側の設定を自分で行わないといけません。

初期化や設定変更されている端末は、SIMカードを挿してもWi-Fiを使うことができません。

BIGLOBEから届くSIMカードに設定方法が同梱されてはいますが、機械やインターネットが苦手な人は気をつけてください。

対応エリアと通信速度は5G対応になって評価が上がった

WiMAXは、2021年4月から5G対応(サービス名称は「WiMAX+5G」)になっています。

従来のWiMAX2+ではエリア外だった場所でも電波が入るようになり、通信速度も飛躍的にアップしたのが特徴です。

WiMAXはプロバイダによる性能差がないため、BIGLOBE WiMAXも同じようにエリアが広がり、速度が速くなっています。

以前までは「電波が繋がらない」「速度が遅い」といった声も多くありましたが、5G対応になって大きく減った印象です。

Wi-Fiの森編集部でも実際に契約して使っていますが、日常生活において特に困ることはありません。

家でも外でも問題なく使えていますので、ポケット型WiFiとしてもホームルーターとしてもおすすめできる1台となっています。

1番安いWiMAXプロバイダはどれ?全12社の料金比較

waimaxプロバイダの料金比較

BIGLOBE WiMAXが他のプロバイダと比較して割高なのが本当かどうか、全12社の料金を比較して確認します。

初期費用(事務手数料・端末代金)、月額料金、キャッシュバック、違約金、各種割引といった、WiMAXを利用するにあたって必要となる費用の全てを調べたのが、次の一覧表です。

スクロールできます
WiMAXプロバイダ端末代金キャッシュバック実質月額*月額料金事務手数料契約年数セット割引違約金運営会社
GMOとくとくBB
WiMAX
0円13,000円
乗り換えの場合は20,000円
3,953円2,079円~4,444円3,300円3年丸10,450円~20,900円GMOインターネット
Vision WiMAX0円15,000円4,396円4,400円~4,950円0円3年丸14,300円~28,050円ビジョン
BIGLOBE WiMAX21,912円15,000円4,794円4,378円~4,928円3,300円1年バツ1,100円ビッグローブ
カシモWiMAX0円なし4,462円1,408円~4,455円3,300円3年丸10,450円~20,900円MEモバイル
UQ WiMAX21,780円10,000円4,869円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円UQコミュニケーションズ
Broad WiMAX21,780円なし4,449円2,090円~4,708円3,300円3年丸10,450円~20,900円リンクライフ
エディオンネット
WiMAX
21,780円なし5,254円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円エディオン
BIC WiMAX21,780円なし5,254円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円ビックカメラ
ワイヤレスゲート
WiMAX
21,780円なし5,254円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円ワイヤレスゲート
KT WiMAX21,780円なし5,254円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円ケーズホールディングス
YAMADA air mobile
WiMAX
21,780円なし5,254円4,268円~4,818円3,300円2年丸1,100円山田電機
au WiMAX21,780円なし5,715円4,721円~5,271円3,300円2年丸1,100円KDDI

プロバイダ各社の公式サイト記載の情報にもとづき作成(筆者)

実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約月数で割った「実質的な月額料金」のこと。事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを簡単に見極めることができます。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×契約期間)+その他費用-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約月数

ご覧のとおり、プロバイダによって月額料金や端末代金、キャッシュバックなど全てがバラバラになるため、1番お得になるWiMAXがどれなのか、非常にわかりにくいです。

BIGLOBE WiMAXがお得なのか割高なのかを確かめるには、やはり総支払額(合計費用)で比較するのが1番はっきりします。

比較表を見ればひと目でわかるとおり、10ヶ月以内で解約するならBIGLOBE WiMAX、11ヶ月以上使うならGMOとくとくBB WiMAXが1番お得です。

12ヶ月以上使うならGMOとくとくBB WiMAXが最安

GMOとくとくBBWiMAX
最短即日発送もGMOとくとくBBが人気の理由

GMOとくとくBB WiMAXは、11ヶ月目にキャッシュバックが受け取れます。

結果として、11ヶ月目時点で1番安くなり、以降はずっと1番安いままです。

細かい話をすれば66ヶ月目にカシモWiMAXに逆転されますが、同じWiMAXを66ヶ月も使う人はまずいません。

途中で解約したり、機種変更したりするため、せいぜい2~3年間の総支払額(合計費用)で比較しておくのが懸命です。

更新月以外の解約時に1万円以上の違約金を払わなくてはいけませんが、違約金を考慮しても1番安くなります。

11ヶ月以内に解約するならBIGLOBE WiMAXのほうが安い

BIGLOBE WiMAX

11ヶ月以内に解約するなら、BIGLOBE WiMAXのほうが安くなります。

端末代金こそ合計で21,912円払わなくてはいけないものの、利用開始2ヶ月目に15,000円ものキャッシュバックがもらえるため、総支払額が安いです(実質7,000円ほどで端末を購入するようなものです)。

それでいて、解約時の違約金が安いのがBIGLOBE WiMAXのメリットといえます。

毎月の支払い額(月額料金+端末代金の分割金)こそ少し高いものの、総支払額で見れば11ヶ月以内は最安になるのです。

毎月の支払い額か解約時の違約金かで決める方法もアリ

GMOとくとくBB WiMAXのほうが毎月の料金や総支払額が安いとはいえ、解約時に1万円以上も払うのは気が引ける、という人もいます。

毎月の料金は少しくらい高くてもいいから、解約のハードルを下げたい人は少なくないです。

GMOとくとくBB WiMAXとBIGLOBE WiMAXの総支払額の差は、長く使えば使うほど広がっていき、37ヶ月目には25,000円以上になります。

毎月の支払い額か、解約時の違約金か、それとも総支払額なのか、自分にとって1番気になるポイントを考えて、プロバイダを選ぶといいでしょう。

BIGLOBE WiMAXの注意点やデメリットはなに?

BIGLOBE WiMAXの注意点やデメリットはなに?

他のプロバイダと比べた、BIGLOBE WiMAXの注意点とデメリットを6つ取り上げます。

  • 端末代金が無料ではなく21,912円もする
  • 長く使えば使うほど割高になる!2万円以上も損
  • スマホとのセット割引がない!
  • SIMのみ契約は損?キャッシュバックがもらえない
  • 長く使っても機種変更ができない!
  • 端末が届くまで時間がかかる
  • ネットでは解約できないのに電話が繋がらない

端末代金が無料ではなく21,912円もする

GMOとくとくBB WiMAXやVision WiMAXは、端末代金が0円となっています。

BIGLOBE WiMAXは21,912円です。

クレジットカード払いの場合は、毎月913円×24回払いとなり、月額料金に上乗せされます。

2年以内に解約をすると残債を一括払いになりますので、注意が必要です。

口座振替で契約した場合は代引きで一括払いになる

口座振替で契約予定の人は注意が必要です。

端末代金を24回の分割で払うことができるのは、クレジットカード払いのみとなります。

口座振替の場合は、端末到着時に代金引換(代引き)での一括払いとなるのです。

代引手数料の440円も加算されるので、合計金額は22,352円となります。

支払いはクレジットカードでも可能ですが、カード決済事務手数料が1,000円ほどかかりますので、ご注意ください。

そもそもクレジットカードをお持ちであれば、WiMAXの契約そのものをクレジットカード払いにしたほうがお得です。

長く使えば使うほど割高になる!2万円以上も損

月額料金が少し高く、端末代金の分割払いもあるため、毎月の料金が他社より高くなっています。

1年目こそキャッシュバック効果で割安となりますが、2年目(13ヶ月目)以降は徐々に割高になっていき、丸々3年使ったときにはGMOとくとくBB WiMAXより2万円以上も高くなってしまうのです。

BIGLOBE WiMAXの料金メリットは、あくまでも10ヶ月間の合計費用の安さと違約金の少なさにあります。

長く使えば使っただけ、割高になっていくWiMAXなのです。

スマホとのセット割引がない!

自宅セット割(対象となるご自宅のインターネット一覧)
セット割引の対象となるプロバイダ一覧にBIGLOBEはない

auもしくはUQモバイルユーザーは、WiMAXとのセット割引があります。

スマホ代金が毎月最大1,100円も安くなるので、よりお得にWiMAXを使うことができるのです。

ただし、BIGLOBE WiMAXはセット割引が適用にならないプロバイダとなっています。

auやUQモバイルでスマホを契約している人は、BIGLOBE WiMAX以外のプロバイダを選ぶべきです

SIMのみ契約は損?キャッシュバックがもらえない

キャッシュバックがもらえない
SIMのみ契約ではキャッシュバックがもらえない

BIGLOBE WiMAXは、SIMカードのみの契約ができるプロバイダですが、実はあまりお得ではありません。

本来であれば利用開始の翌月にもらえるはずの15,000円のキャッシュバックがもらえないからです。

キャッシュバックがもらえるのは、契約時に端末を購入した人だけとなっています。

端末代金とキャッシュバックの差額は約7,000円です。

7,000円以内でWiMAXが使える端末を用意できれば良いのですが、中古品を探しても10,000円ほどします。

SIMカードだけあってもWi-Fiは使えません。

結局のところ、契約時に端末を購入して、翌月にキャッシュバックをもらったほうがお得になるのです。

長く使っても機種変更ができない!

WiMAXの端末(ルーター)は、長く使えば使うほどバッテリーが弱くなってきたり、性能が劣化したりします。

3年くらいで買い替える人が多いのですが、BIGLOBE WiMAXでは機種変更ができません。

機種変更したい場合は、1度解約してから再契約をしないといけないのです。

再契約するときには3,300円の事務手数料がかかります。

つまり、機種変更をするのに3,300円も余分に払わないといけないわけです。

3年後にはルール変わったり、もっと良いWi-Fiサービスが生まれているかもしれない

ただし、3年も経てば機種変更できるようにルールが変更しているかもしれません。

それこそ、WiMAXよりも良いWi-Fiサービスが生まれている可能性もあります。

家庭環境も変化しているでしょうし、光回線が欲しくなっているかもしれません。

先の話を考えすぎても身動きが取れなくなるだけですので、大まかな予定として頭に入れておくくらいがちょうどいいでしょう。

端末が届くまで時間がかかる

BIGLOBE WiMAXは届くまで時間がかかる

WiMAXには、申込みをしたその日に発送をしてくれるプロバイダもあります。

ただし、BIGLOBE WiMAXは、申し込みをしてから2日~1週間後にしか届きません

そこまで急いでいない人であれば何も問題ないですが、急いで使いたい人は他のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

口座振替の場合は2週間ほどかかる

口座振替でBIGLOBE WiMAXを契約すると届くまで2週間ほどかかる
口座振替で申込むと2週間ほどかかる

口座振替で契約する場合、申し込み後に届く「支払方法登録申込書」を返送しないといけません。

BIGLOBEに「支払方法登録申込書」が届いてから、口座振替での登録手続きが行われます。

登録完了まで1週間ほどかかりますので、最初に申し込んでから端末が到着するまでは2週間ほどかかるでしょう。

なお、BIGLOBEの端末を受け取った日を含む月が「初月扱い」となりますので、月の中旬に申し込んでしまうと「初月(無料で使える期間)が数日のみ」になってしまう可能性がありますので、お気をつけください。

ネットでは解約できないのに電話が繋がらない

BIGLOBE WiMAXは、Web上から契約(申し込み)できるのに、解約する際は電話をかけないといけない、いわゆるダークパターンという悪質な手法を用いているプロバイダです。

受付時間も18時までとなっているため、仕事が終わってから電話を掛けることができません。

さらに厄介なことに、解約したいがために電話を掛けても、全然繋がらないという状態が続いているのです。

試しに電話してみたところ、オペレーターにつながるまで1時間以上もかかりました。

月末は電話が込み合うのが予想されますので、時間に余裕を持って電話を掛けるようにしてください。

電話が繋がりやすい時間帯はある?

ビッグローブの電話サポート繋がりやすさ状況
BIGLOBE 「電話窓口の混雑状況」より

BIGLOBE WiMAXの公式サイトでは、電話の混雑状況がひと目でわかるようになっています。

上記表でもわかるとおり、土日は1日中混み合いやすく、平日もお昼前後はかなり厳しい状態です。

「BIGLOBE WiMAXは電話が繋がらないので解約しにくい」と覚えておきましょう。

BIGLOBE WiMAXが他社より優れているメリットは?

BIGLOBE WiMAXが他社より優れているメリットは?

デメリットがあればメリットもあるのがBIGLOBE WiMAXです。

他のプロバイダと比べたメリットを紹介します。

  • 翌月に15,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 初月の利用料金が無料!24ヶ月間は割引価格で使える
  • 1年契約で2年目以降は違約金なし!1年以内でも1,100円だけ
  • SIMのみ契約もOK!端末があればお得に使える
  • 口座振替でも契約可能!しかも1番安い

翌月に15,000円のキャッシュバックがもらえる

キャッシュバックがもらえるプロバイダ一覧

プロバイダ受け取れる時期キャッシュバック額
BIGLOBE WiMAX1ヶ月後(翌月)15,000円
Vision WiMAX2ヶ月後15,000円
GMOとくとくBB WiMAX12ヶ月後13,000円
UQ WiMAX4ヶ月後10,000円
カシモWiMAX1ヶ月後(翌月) 7,000円

BIGLOBE WiMAXは、最短かつ最高額のキャッシュバックがもらえるプロバイダです。

「キャッシュバックがたくさんもらえるプロバイダ」で契約したい人には、BIGLOBE WiMAXをおすすめします。

キャッシュバックをもらうための手続きはBIGLOBEマイページから簡単にできますので、もらい損ねることはないでしょう。

初月の利用料金が無料!24ヶ月間は割引価格で使える

初月の利用料金(月額料金)が無料になっているのも、BIGLOBE WiMAXのメリットです。

最初にまとまったお金を用意する必要がないので、気軽に使い始めることができます。

また、翌月から24ヶ月間は月額料金が毎月550円引きになっているため、端末代金を払い終えるまでの負担が少しだけ軽くなっているのです。

スクロールできます
支払いイメージ初月1ヶ月目2~12ヶ月目13~24ヶ月目25ヶ月目以降
事務手数料3,300円
月額料金無料4,378円4,378円4,378円4,928円
端末代金913円913円913円
キャッシュバック15,000円
違約金1,100円1,100円1,100円無料無料

初月を除く2年間は、月額料金4,378円と端末の分割金913円を合わせた5,291円を毎月支払うことになります。

1年以内に解約をする場合は違約金の1,100円と端末の残債(残り期間×913円)を、1年以上2年以内に解約をする場合は端末の残債(残り期間×913円)を払わないといけません。

3年目以降は、550円の割引と端末代金の分割払いがなくなりますので、月額料金の4,928円のみとなります。

違約金も端末の残債もないので、いつでも無料で解約可能です。

GMOとくとくBB WiMAXより毎月の支払いが1,000円も高い

1番安いGMOとくとくBB WiMAXは端末代金が0円で、月額料金は4,158円(3年目以降は4,708円)となっています。

BIGLOBE WiMAXは毎月1,000円以上も高いお金を払うことになるのです。

毎月の支払いが高い分、違約金が少ないわけですが、2年以内の解約では端末の残債を一括で払わないといけません。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、総支払額で比較するのが1番わかりやすいのです。

WiMAXを使う予定期間に合わせて、安く済むプロバイダを選びましょう。

>>11ヶ月以内ならBIGLOBE WiMAX

>>12ヶ月以上ならGMOとくとくBB WiMAX

1年契約で2年目以降は違約金なし!1年以内でも1,100円だけ

BIGLOBE WiMAXは、1年契約(自動更新なし)なので、2年目以降は違約金が一切ありません。

1年以内に解約をしても、違約金は1,100円だけです。

2年以内の解約時は端末の残債も払わないといけませんが、違約金と合わせた解約時の負担額はWiMAXの中で1番少なくなっています。

毎月の支払額が少し高くはなりますが、解約時の負担を少しでも小さくしたい人向きのWiMAXです。

SIMのみ契約もOK!端末があればお得に使える

すでにWiMAX+5G対応の端末(ルーター)を持っている人であれば、SIMカードのみで契約するほうがお得です。

わざわざ端末を購入する必要はありません。

以前までWiMAX+5Gを使っていて端末を取っておいた人や、知り合いから端末を譲り受けた人であれば、今ある端末のままWiMAXを使うことができます。

毎月の端末代金がなくなるので、初月を除く2年間を月額4,378円で利用することが可能です。

【注意】キャッシュバックがなくなる!

ただし、SIMのみで契約をした場合は、翌月にもらえるはずだったキャッシュバックがもらえなくなります。

21,912円する端末代金を払わなくなる代わりに15,000円のキャッシュバックがもらえなくなるので、差し引き7,000円程度しかお得にならないのです。

中古端末を購入してSIMのみ契約をしようと検討している人は、7,000円以下で購入できないと損することになるので気をつけましょう。

現在の中古端末の相場は1万円前後ですので、7,000円以下で購入するのは難しいです。

誰かから無料で譲ってもらえない限り、SIMのみ契約をするメリットはありません。

口座振替でも契約可能!しかも1番安い

口座振替で契約できるプロバイダの料金比較

WiMAXプロバイダ実質月額
BIGLOBE WiMAX4,945円
UQ WiMAX5,145円
Broad WiMAX5,210円
※Broad WiMAXに合わせるため38ヶ月で計算しています
実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約月数で割った「実質的な月額料金」のこと。事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを簡単に見極めることができます。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×契約期間)+その他費用-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約月数

BIGLOBE WiMAX最大のメリットは、口座振替でも契約できる最安のプロバイダであることです。

クレジットカードを持っていない、クレジットカードを使いたくない人は、BIGLOBE WiMAXの口座振替で契約するのが1番お得になります。

BIGLOBE WiMAXの最新キャンペーン・キャッシュバック情報

BIGLOBE WiMAXの最新キャンペーン・キャッシュバック情報

2022年1月最新のBIGLOBE WiMAXキャンペーン情報をまとめて紹介します。

2021年12月からキャッシュバックが10,000円→15,000円に増額したため、さらにお得に利用できるようになっています。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン情報【2022年1月】

  • 15,000円キャッシュバック
  • 初月利用料金無料+24ヶ月間550円割引

利用開始の翌月に15,000円キャッシュバックがもらえる

BIGLOBE WiMAXは、最短かつ最高額のキャッシュバックがもらえるWiMAXプロバイダです。

利用開始月の翌月に、15,000円ものキャッシュバックをもらうことができます。

「すぐにたくさんキャッシュバックが欲しい」という人に、うってつけのWiMAXです。

初月無料!2ヶ月目から24ヶ月間は550円引きで使える

BIGLOBE WiMAXは、初月の利用料金(月額料金)が無料になっているため、初回の支払いは事務手数料の3,300円だけになります。

また、翌月から12ヶ月間は通常価格から550円割り引かれた月額4,378円で利用可能です。

初月分と合わせて、最大11,528円もお得に利用できるようになっています。

BIGLOBE WiMAXはどんな人におすすめのプロバイダ?

BIGLOBE WiMAXはどんな人におすすめのプロバイダ?

BIGLOBE WiMAXの評判やメリットとデメリット、他社プロバイダとの料金比較をふまえると、次のような人たちにおすすめのプロバイダであるということがわかります。

  • 端末を持っている人
  • 口座振替で契約したい人
  • 11ヶ月以内で解約予定がある人
  • 毎月の支払額を安くするより解約時の負担を減らしたい人

端末を持っている人

すでにWiMAX+5G用の端末を持っている人は、SIMのみ契約ができるBIGLOBE WiMAXをおすすめします。

キャッシュバックこそもらえなくなるものの、2万円以上もする端末購入代金を払わなくて済むので、差し引き7,000円ほどお得に利用可能です。

ただし、総支払額で比較をした場合、BIGLOBE WiMAXのSIMのみ契約が最安で使えるのは24ヶ月目までとなっています。

25ヶ月目以降はGMOとくとくBB WiMAXの方が安くなるのです。

長く使う予定がある人は、お気をつけください。

口座振替で契約したい人

口座振替でWiMAXを申し込む

口座振替でWiMAXを契約したい人であれば、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

口座振替で契約できるWiMAXは、BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX、Broad WiMAXと3社しかありません。

1番安く使えるのは、BIGLOBE WiMAXです。

ただでさえクレジットカード払いより割高になってしまう口座振替ですので、少しでもお得に利用できるBIGLOBE WiMAXを選びましょう。

クレジットカード払いより高くなる理由は?

口座振替の場合、端末受取時に代引手数料(440円)を払わなくてはいけないのと、毎月の引き落としの際に口座振替手数料(220円)がかかります。

なお、Broad WiMAXの場合は、さらに20,743円の「初期費用」を払わないといけません。

11ヶ月以内で解約予定がある人

WiMAXは総支払額で料金比較をすることで、1番安く使えるプロバイダが簡単にわかります。

11ヶ月以内で解約する場合、総支払額が1番安く済むのはBIGLOBE WiMAXです。

「長くても11ヶ月以内には解約する予定」という人には、総支払額が1番安くなるBIGLOBE WiMAXをおすすめします。

毎月の支払額を安くするより解約時の負担を減らしたい人

12ヶ月以上使うと総支払額でGMOとくとくBB WiMAXより高くなってしまうBIGLOBE WiMAXですが、1番の理由は毎月の支払額が少し高いからです。

ただし、解約時の負担は全プロバイダの中で最も少なくなっています。

毎月の支払額を安くするよりも、解約時の負担を減らしたい人には、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

\ 15,000円キャッシュバック /

こんな人はBIGLOBE WiMAXをおすすめできません!

こんな人はBIGLOBE WiMAXをおすすめできません!

反対に、次のような人たちにはBIGLOBE WiMAXをおすすめできません。

  • すぐにWiMAXを使いたい人
  • 12ヶ月以上はWiMAXを使う予定がある人

すぐにWiMAXを使いたい人

BIGLOBE WiMAXは、申込みから端末が到着するまで2日~1週間ほどかかってしまいます。

すぐにでもWiMAXを使いたい人にはおすすめできません。

今欲しい、今日欲しい人は家電量販店へ行きましょう。

明日か明後日には欲しいという人は、最短即日で発送してくれる最安プロバイダのGMOとくとくBB WiMAXで申し込みましょう。

家電量販店で購入する場合の注意点

  • 手続きに1時間以上かかるので閉店時間に注意しましょう
  • 在庫がない場合があるので事前に電話で確認しましょう
  • GMOとくとくBB WiMAXより3年間で4万円以上も高くなります

12ヶ月以上はWiMAXを使う予定がある人

12ヶ月以上WiMAXを使う予定があるのであれば、BIGLOBE WiMAXはおすすめできません。

長く使えば使うほど、割高になってしまうからです。

長期間の利用予定があるならば、総支払額が1番安くなるGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

2年間で15,000円、3年間で25,000円もBIGLOBE WiMAXよりお得に利用することが可能です。

>>GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

BIGLOBE WiMAXの料金プラン詳細と基本情報まとめ(端末・オプション・違約金など)

BIGLOBE WiMAXの料金プラン詳細と基本情報まとめ(端末・オプション・違約金など)

ここからはBIGLOBE WiMAXの料金プランの詳細と基本情報をまとめて解説します。

公式サイトに記載されている情報だけではなく、電話やチャットで確認した公式サイトに記載されていない情報も掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

料金プラン(ギガ放題プラス)と基本情報まとめ

契約期間1年間のみ
(自動更新なし
データ容量無制限
3日間15GBで翌日制限
事務手数料3,300円
月額料金初月:0円
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
スマホセット割引不可
端末代金21,912円
※一括もしくは24回払い
端末補償なし
※1年間のメーカー保証のみ
プラスエリアモード月額1,100円
キャッシュバック15,000円のキャッシュバック
(契約月の翌月)
1年間の合計費用
(13ヶ月間)
67,126円
1年間の実質月額4,794円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
179,348円
3年間の実質月額4,720円
違約金12ヶ月目以内:1,100円
13ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード/口座振替
口座振替手数料月額220円
運営会社ビッグローブ株式会社

利用開始翌月に15,000円のキャッシュバックがもらえる

キャッシュバック15,000円

BIGLOBE WiMAXは、利用開始(端末受取日)の翌月に15,000円ものキャッシュバックがもらえるプロバイダです。

キャッシュバック額はプロバイダで1番大きく、受取までの期間も最短となっています。

手続きもマイページから簡単にできるので、もらい損ねることはまずないでしょう。

初月の料金は無料!事務手数料の3,300円のみ

BIGLOBE WiMAXは、初月の利用料金(月額料金)が無料となっています。

初期費用としては事務手数料の3,300円だけですので、最初にまとまったお金を用意する必要がありません。

なお、BIGLOBEから端末を受け取った日を含む月が初月扱いとなります。

BIGLOBE WiMAXは申し込み後、2日~1週間ほどで発送となります。

最大限お得に使うには、月末日(30日や31日)に申し込むのが正解です。

【注意】au・UQモバイルスマホとのセット割引が適用にならない

BIGLOBE WiMAXは、スマホとのセット割引が適用になりません。

auやUQモバイルユーザーは、セット割引が適用になる他のプロバイダでWiMAXを利用したほうが断然お得です。

やはり、おすすめは最安プロバイダであるGMOとくとくBB WiMAXになります。

プロバイダによる違いや料金の差がどれくらいあるのか詳しく知りたい人は、下記記事をご覧ください。

端末代金は21,912円!クレジットカード払いは24回払いになります

BIGLOBE WiMAXではホームルーターとモバイルルーター、それぞれ1機種ずつ用意しています。

端末代金は2機種とも21,912円です。

クレジットカード払いの場合は月々913円×24回払いになり、口座振替で契約する場合は代引きによる一括払いになります。

クレジットカード払いの場合は、利用開始翌月から課金が始まります。

口座振替で代引きの場合は、代引き手数料が440円かかります。

端末(モバイルルーター・ホームルーター)のスペック情報

スペック項目ホームルーターモバイルルーター
ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製品名ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11Galaxy 5G mobile Wi-Fi
最大速度(下り/上り)2.7Gbps/183Mbps2.2Gbps/183Mbps
Wi-Fi規格Wi-Fi6
11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi5
11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
連続通信時間1000分
(約16時間)
同時接続台数30台10台
サイズ70×182×124mm147×76×10.9mm
重さ599g203g
メーカーZTESamsung
(サムスン)

WiMAXでは現在4種類の端末が用意されていますが、BIGLOBE WiMAXでは、その内の2機種のみ購入することができます。

最新端末であるNEC製品は、BIGLOBE WiMAXでは購入できませんので、お気をつけください。

NECの端末でWiMAXを利用したい人は、GMOとくとくBB WiMAXなど他のプロバイダをご利用ください。

家でしか使わないならホームルーター!

家でしか使わないならホームルーター「HOME 5G L11」がおすすめ

Wi-Fiを家でしか使わないのであれば、わざわざモバイルルーターを選ぶ必要はありません。

コンセントを挿すだけで使える、置型のホームルーターを選びましょう。

Wi-Fi6に対応しているため、モバイルルーターよりももっと快適なインターネットが利用できます。

杉本

置き場所に困ったり、少しでも邪魔になりたくなければモバイルルーターを選んでもいいですね。

家でも外でも使うならモバイルルーター!

外でも使いたいならモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめ

家でも外でも使うなら、バッテリー充電式の持ち運びができるモバイルルーターを選びましょう。

最大速度こそホームルーターより少し劣りますが、それでも最大2Gbps超えの高性能ルーターです。

フル充電で16時間も連続して使えるので、1日中持ち歩く人でもバッテリーを気にせず使うことができます。

端末の配送料は無料!最短翌日発送なので早ければ明後日から使える

BIGLOBE WiMAXは、最短で申込みの翌日に発送してくれます。

ただし、在庫状況によっては発送まで1週間ほどかかる場合があるので、注意が必要です。

最新の在庫状況等は、電話やチャットで確認することができます。

なお、端末の配送料は無料となっていますので、安心してください。

口座振替で契約する場合は2週間ほどかかる

口座振替で契約する場合は、申し込み後に送られてくる支払方法登録申込書を記入して、返送しないといけません。

口座情報の登録に1週間ほどかかるため、WiMAXを申し込んでから端末が届くまでは2週間ほどかかります。

端末保証は1年間のメーカー保証のみ!

BIGLOBE WiMAXでは、端末保証オプションがありません。

1年間のメーカー保証があるだけです。

メーカー保証の範囲は、自然故障のみとなります。

利用中に落として壊してしまった場合や水没させてしまった場合は、全て実費での修理・交換が必要です。

故障の心配がある人は、他のプロバイダでWiMAXを契約しましょう。

端末保証は加入するべき?

端末保証は加入した方がいいですか?そんなに簡単に壊れるものなんですかね?

杉本

個人的には不要だと思っています。スマホと違って手に持って使う頻度が少なく、落として壊す可能性は低いでしょう。どうしても心配な方だけで良いと思いますよ。

最大速度は2.7Gbps!5G対応で光回線のような速さを実現

WiMAXは最大速度2.7Gbpsという超高速インターネット回線です。

4G回線だけでなく5G回線にも対応しているため、どこでも安定した速度でインターネットを楽しむことができます。

データ容量は無制限!3日間15GBの速度制限に注意

WiMAXはデータ容量無制限

WiMAXはデータ容量無制限が売りのポケット型WiFi・モバイルWiFiです

毎月どれだけでもインターネットを使うことができます。

ただし、3日間の合計が15GBを超えてしまうと、翌日に速度制限がかかるので注意してください。

WiMAXの速度制限をわかりやすく解説

WiMAXの速度制限には3つのポイントがあります。

WiMAXの速度制限のポイント

  • 15GBを超えた当日は速度制限がかからない
  • 翌日の18時~2時の間のみ速度制限がかかる
  • 速度制限中でもYouTubeの動画視聴程度であれば利用可能

15GBを超えた当日は速度制限がかからない

WiMAX+5Gの速度制限

WiMAXの速度が制限されるのは、あくまでも3日間の合計が15GBを超えた「翌日」です。

一昨日6GB、昨日7GB使ったとして、今日4GBを使うと合計15GBを超えるのですが、今日は速度制限になりません。

明日のネットワーク混雑時間帯だけ、速度制限になるのです。

翌日の18時~2時の間のみ速度制限がかかる

WiMAXの速度制限がかかる時間帯

速度制限がかかるのは、15GBを超えた翌日の「18時~2時の間のみ」となっています。

WiMAXの速度制限について

UQ WiMAXの公式サイトには、以前まで「18時~2時」と明記されていましたが、現在は「ネットワーク混雑時間帯」と変更されています。

ただし、直接電話で確認したところ「18時~2時の間で変わりありません」と回答いただくことができました。

速度制限中でもYouTubeの動画視聴程度であれば可能

速度制限中であっても「1Mbps」という速度が出るようになっているのがWiMAXの特長です。

「1Mbps」という速度は、YouTube動画(標準画質)が止まらずに見れる速さだと思ってください。

そのため、ネット検索やSNSの閲覧、LINEメッセージやLINE通話程度であれば、難なく使うことができます。

速度制限がかかる条件直近3日間の合計が15GBを超えた場合
速度制限がかかる日時15GBを超えた翌日の18時~2時の間
制限中の速度1Mbps
制限が解除される時間翌々日の2時頃
杉本

めちゃくちゃ速いというわけではありませんが、人によってはそれほど困らずに使える速度は出る、といえます。

15GBってどれくらい使える?アプリの目安量をチェック

15GBで使えるアプリの目安

15GBもあれば、かなり使えることがわかります。

唯一気をつけてほしいのがインスタグラムです。

インスタグラムの画像や動画は高画質で表示されてしまうため、ただ見ているだけでどんどんギガを使ってしまい、あっという間に15GB使い切ってしまう可能性があります。

ネットフリックスやアマプラなど、動画を視聴する際も「標準画質」に変更することをおすすめします。

対応エリアがWiMAX+5Gになって一気に広がりました

繋がった場所圏外になった場所
・電車内(地下鉄含む)
・地下街
・繁華街
・オフィスビル
・ショッピングセンター
・高層マンション内
・集合住宅内(団地)
・窓がないエレベーター
・立体駐車場の地下3階以下

WiMAX+5Gになり通常モードでauの4G回線と5G回線が使えるようになったおかげで、あらゆる場所で繋がるようになりました。

以前までのWiMAX(WiMAX2+のこと)とは段違いで繋がりますので、どこへでも安心して持ち運べます。

Wi-Fiの森編集部は日常的に電波状況をチェックしていますが、その結果が上記の表になります。

以前までのWiMAXであれば圏外になっていた場所(電車内や地下など)でも、何事もなく使えるので本当に素晴らしいです。

WiMAX+5Gの対応エリアを確認する方法

WiMAX+5Gの対応エリア

UQ WiMAXのホームページへ移動します。

WiMAX+5Gのエリア確認

右上の「モードを選択してください」をタップして、モード一覧から「【5G対応】スタンダードモード」を選びます。

WiMAX+5Gのエリア確認

検索バーに住所やキーワード、郵便番号を入力します。

もしくは「現在位置から探す」をタップしたり、都道府県から探すを選んでも大丈夫です。

表示されたエリアの内、オレンジ色が「4G対応エリア」、赤と紫色が「5G対応エリア」となります。

※WiMAX回線を含む

5Gエリアに関しては、紫色エリアよりも赤色エリアの方が、より速度が出やすいです。

【参考】 WiMAX+5Gで追加されたau回線の対応バンド

対応BAND比較WiMAX+5GWiMAX2+
通常モードバンド1(au 4G)
バンド3(au 4G)
バンド41(WiMAX)
n78(au 5G)
バンド41(WiMAX)
プラスエリアモードバンド18
(プラチナバンド)
バンド18
(プラチナバンド)

WiMAX+5Gになって、使えるモバイル回線の種類(周波数帯)が増えました。

従来のWiMAX2+は、それこそWiMAX回線と呼ばれるバンド41しか使えなかったのです。

最新のWiMAX+5Gであれば、従来のWiMAX回線(バンド41)に加えて、auの4G回線であるバンド1とバンド3、さらにauの5G回線であるn78(Sub-6)も使えるようになりました。

特に大きいのがauの4G回線(バンド1)です。

通常モードでauの4G回線(バンド1)が使えるようになったおかげで、ありとあらゆる場所でWiMAXが使えるようになりました。

【参考】プラスエリアモードとは?

WiMAXには、通常モードとは別で「プラスエリアモード」というのがあります。

通常モードでは使えないauの4G回線(プラチナバンド)を一時的に使用するモードです。

通常モードで圏外になってしまう場所でもプラスエリアモードにすればWi-Fiが使えるかもしれません。

杉本

モード変更は端末で操作します。ホームルーターの場合はスマホ専用アプリを使うことで切り替えることができます。

プラスエリアモードは1ヶ月で15GBまでしか使うことができません。

15GBを超えると即時128kbpsに速度制限されるので、お気をつけください。

※通常モードに戻せば、高速通信が可能になります。

BIGLOBE WiMAXはプラスエリアモードを利用するのに1,100円が必要

BIGLOBE WiMAXは、プラスエリアモードを1度でも使うと1,100円が加算されます(使用した月のみ)。

GMOとくとくBB WiMAXなど、一部のプロバイダは無料で利用できるので、プラスエリアモードを頻繁に使う人は、BIGLOBE WiMAXを選ぶと損になるでしょう。

杉本

通常モードで圏外になるような場所に行かなければ、プラスエリアモードを使う機会は滅多にありません。

WiMAXは国内専用なので海外では使えません

BIGLOBE WiMAXに限らず、WiMAXは国内専用のポケット型WiFiです。

海外では使えませんので、お気をつけください。

海外でもそのまま使えるポケット型WiFiを探している人には、クラウドWiFiおすすめです。

BIGLOBE WiMAXの契約期間と違約金について

BIGLOBE WiMAXは1年契約で、なおかつ自動更新もありません。

1年以内に解約する場合のみ違約金がかかりますが、違約金は1,100円だけとなっています。

いつでも気兼ねなく解約できるのが、BIGLOBE WiMAXの大きなメリットなのです。

解約月違約金
端末受取月(0ヶ月目)~12ヶ月目まで1,100円
13ヶ月目以降0円

WiMAXは利用開始月(端末受取月)が0ヶ月目となり、翌月を1ヶ月目とします。

少しわかりにくいところではありますが、ぜひ覚えておいてください。

万が一でも安心!8日以内の解約なら違約金なし (初期契約解除)

電話をかける女性

BIGLOBE WiMAXは、初期契約解除制度の対象となる通信サービスです。

自宅に端末(ルーター)が届いた日を1日目とした8日目以内であれば、違約金を払うことなく解約することができます。

いざ使ってみたら自宅が圏外だった、思ったような速度が出なくて使い物にならなかった、という場合は、すぐに連絡をして初期契約解除を行いましょう。

大注意!購入した端末は返品できません

BIGLOBE WiMAXの初期契約解除は、端末の返品ができません
BIGLOBE WiMAX+5G 重要事項説明」より

BIGLOBE WiMAXの初期契約解除は、端末の返品ができません

クレジットカード払いで購入した場合も、解約した時点で端末代金を一括で払うことになるので注意が必要です。

GMOとくとくBB WiMAXであれば、そもそも端末代金が0円になります。

ただし、初期契約解除で解約する場合は端末の返品が必須となり、返品しなかった場合は22,000円が請求されます。

事務手数料と解約日までの利用料金(日割り計算)も必要

BIGLOBE WiMAXの初期契約解除では解約日までの利用料金(日割り計算)も払わないといけない
BIGLOBE WiMAX+5G 重要事項説明」より

初期契約解除で解約した場合でも事務手数料の3,300円は返金されません。

さらに、BIGLOBE WiMAXの場合は解約日までの利用料金(日割り計算)も払わないといけないのです。

BIGLOBE WiMAXは初月こそ無料となっていますが、月末から利用開始して月をまたいでしまった場合は利用料金が発生します。

最大で1,000円ほど払わなくてはいけなくなりますので、注意してください。

初期契約解除はハガキで手続きをしないといけない

BIGLOBE WiMAXで初期契約解除を行う場合は、ハガキを送らないといけません。

電話やメールでは手続きできないのです。

以下の情報を記入した上で、8日目までの消印有効で発送しましょう。

初期契約解除の記載内容

  • ユーザーID(契約書またはマイページで確認できます)
  • 氏名
  • 住所
  • 契約サービス情報(WiMAX+5Gなど)
  • 昼間の連絡先電話番号
  • 初期契約解除の旨の申し出文(「上記サービスについて初期契約解除します」など)

ハガキの送り先

〒980-8790
仙台中央郵便局 郵便私書箱第30号
ビッグローブ株式会社
BIGLOBE登録センター宛

支払い方法はクレジットカードもしくは口座振替

支払い方法はクレジットカードか口座振替

支払い方法はクレジットカードと口座振替から選べるのが、BIGLOBE WiMAXならではメリットです。

BIGLOBE WiMAXのためにクレジットカードを作るのであれば、比較的審査が通りやすく年会費は無料、申し込みから最短で届くクレジットカードとして楽天カードをおすすめしています。

口座振替で契約できるWiMAXプロバイダで最安

口座振替で契約ができるWiMAXは全部で3つあり、その中で1番お得に使えるのがBIGLOBE WiMAXです。

口座振替で契約可能なWiMAXプロバイダ

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
WiMAXプロバイダ実質月額
BIGLOBE WiMAX4,945円
UQ WiMAX5,145円
Broad WiMAX5,210円
※Broad WiMAXに合わせるため38ヶ月で計算しています

口座振替でWiMAXを利用したい人は、BIGLOBE WiMAXを選びましょう。

杉本

以上がBIGLOBE WiMAXの料金プランと基本情報のまとめでした。

次からは、従来のWiMAX2+から新しくなったWiMAX+5Gでは、どんな違いがあるのか、実際の使い心地はどうなのかを解説します。

WiMAX+5GとWiMAX2+の違いを徹底比較!何がどう変わった?

WiMAX+5GとWiMAX2+を比較!何がどう変わったのか

5Gが使える新しいWiMAX「WiMAX+5G」は、従来のWiMAX「WiMAX+2」に比べて何がどう変わったのでしょうか。

項目ごとに比較をしながら、違いを解説していきます。

比較項目WiMAX+5GWiMAX2+
通常モードで使用する回線WiMAX
auの4G回線
auの5G回線
WiMAX
対応エリア広い狭い
下り最大速度2.7Gbps440Mbps
上り最大速度183Mbps75Mbps
データ容量無制限無制限
速度制限3日間で15GB3日間で10GB
プラスエリアモード1ヶ月15GBまで1ヶ月7GBまで
全ての項目においてスペックアップしている

1番の違いは使えるエリア!WiMAX+5Gなら室内や地下でも使える

使える・使えないWiMAX+5GWiMAX2+
使えるだいたいどこでも屋外
人が多く住んでいる町
使えない
(圏外になりやすい)
ほとんどなし地下鉄
地下街
僻地
山間部
高層ビルの中
高い建物に囲まれた場所

WiMAX+5Gでは、従来のWiMAX2+では電波の届きにくかった室内や地下といった奥まった場所でも快適にWi-Fiが使えるようになりました。

快適に使えるようになった要因は、通常モードでauの4G回線が使用できるようになったからです。

また、通常モードでauの4G回線が使えるようになったおかげで、これまで圏外になっていた僻地や山間部でも電波が入るようになり、使えるエリア(地域)としても一気に広がりました。

杉本

様々な場所へ持って行ってますが、今のところ圏外になったことが一度もありません。WiMAX+5G、すごいです。

WiMAX+5Gで追加されたau回線の対応バンド(周波数帯)

通信モードWiMAX+5GWiMAX2+
通常モードバンド1(au 4G)
バンド3(au 4G)
バンド41(WiMAX)
N78(au 5G)
バンド41(WiMAX)
プラスエリアモードバンド18
(プラチナバンド)
バンド18
(プラチナバンド)

少し専門的な話になりますが、WiMAX+5Gになって電波の入りが良くなったのは、対応するバンド(周波数帯)が増えたからです。

WiMAX+5Gでは、通常モードでもau 4G回線(バンド1とバンド3)に対応するようになりました。

特にauのメイン周波数帯の1つであるバンド1に対応したのが大きいです。

バンド1に対応したおかげで、使えるエリアが一気に広がりました。

バンド1とは?

auだけでなく、ドコモやソフトバンクも使っている国内のメイン周波数帯の1つ。

日本全国ほぼどこでも電波がつながるのは、このバンド1によるところが大きい。

速度も違う!WiMAX+5Gは最大2Gbps超えで光回線並の速さを実現

WiMAX+5Gの実際の速度
110Mbpsという驚異的な速さを叩き出した

auの4G回線や5G回線も使えるようになり、端末(ルーター)の性能も進化しているため、最大速度が3倍以上に膨れ上がりました。

最大2.7Gbpsというのはあくまでも理論値ではありますが、実測値で100Mbps以上出ることもあるので、これぞまさに「光回線並」といえるでしょう。

上り速度も飛躍的に向上!SNSへの投稿も快適

スマホを操作する
インスタグラムへの投稿もスムーズ

従来のWiMAXは「上り速度(アップロード)が遅い」という弱点がありました。

日常生活において上り速度を必要とする機会は少ないのですが、インスタグラムなどのSNSが身近になった今の時代では上り速度もある程度必要です。

上り速度に関しても、WiMAX+5Gになって進化しています

これまでは最大でも75Mbpsだった上り速度が、WiMAX+5Gは最大183Mbpsと従来の2倍以上も速くなりました

YouTubeなどに長時間動画を投稿(アップロード)するのは難しいですが、Twitterやインスタグラムであれば快適に投稿できることでしょう。

WiMAX+5Gは速度制限が緩い!3日で15GBまで使えるようになりました

WiMAXの速度制限のデータ容量の上限を比較

3日間で10GB使うと速度制限になっていたWiMAX2+ですが、WiMAX+5Gは3日間で15GBまで使えるようになりました。

なお、速度制限がかかるのは翌日ネットワーク混雑時間帯(概ね18時~2時)だけであり、また制限時の速度も1Mbpsと従来と同じです。

3日間の合計が15GBに到達した瞬間に速度が制限されるわけではありません。あくまでも、15GBを超えた「翌日のネットワーク混雑時間帯(主に18時~2時の間)だけ」速度が制限されるだけです。

>>WiMAX+5Gの速度制限を詳しく知る

プラスエリアモードも15GBまで!しかもWiMAX回線の制限はなしに!

WiMAX2+とWiMAX+5Gのプラスエリアモードで使用可能なデータ容量を比較したグラフ

WiMAX+5Gは、プラスエリアモードの上限が7GBから15GBまで8GBも増えました

それだけでなく、プラスエリアモード使用時に15GB使い切ったとしても、通常モードに戻せば高速通信が可能にもなりました。

使えるデータ容量が増えただけでなく、通常モードでの速度制限の撤廃は非常に素晴らしい改善といえるでしょう。

プラスエリアモードとは?

通常モードとは違うau 4G LTE回線が使えるモードのこと。

従来のWiMAX2+は上限が7GBまでで、7GBを超えると即時128kbpsの速度制限になり翌月まで解除されません。

また、通常モードに戻しても制限が解除されないため、多くのWiMAX初心者の方が痛い目にあっています。

WiMAX2+のときは「ハイスピードプラスエリアモード」という長ったらしい名称だったものが、WiMAX+5Gでは「プラスエリアモード」とシンプルな名称になりました。

通常モードでもauの4G回線が使えるため、プラスエリアモードを使う人はあまりいません。

本当にどうしてもというときだけ使う機能となります。

WiMAX+5Gは全ての機能と性能がパワーアップした現役No.1ポケット型WiFi

WiMAX+5Gになって、従来のWiMAX2+よりも全ての機能と性能がパワーアップしました。

ポケット型WiFiとして、これほどまでに完璧な1台はありません。

光回線が使えない家やエリアであっても、WiMAX+5Gがあれば快適にインターネットが使えることでしょう。

WiMAX+5G本当の実力は?対応エリアと通信速度を専門家が徹底検証

WiMAXは本当に繋がるのか?電波感度と通信速度を専門家が徹底検証

ここからは、インターネット回線の専門家である川上さんに、新しくなったWiMAX+5Gのレビューをしていただきます。

本レビューのために1台購入(契約)して数週間実際に使っていただき、電波状況や通信速度を検証した結果を教えていただきます。

川上

プロとして恥ずかしくないように、厳しい目線で1つずつレビューしますね。

本当は繋がらない?ありとあらゆる場所でWiMAX+5Gの電波状況をテストしてみた結果…

WiMAX+5Gの電波状況をテスト
地下鉄の中でも止まらずにYouTube(高画質)が見れる

auの4G回線や5G回線が使えるようになったからといって、本当は繋がらないのではないか。

そんな疑心暗鬼の状態で色々な場所に持ち歩き使ってみましたが、ビックリするほど繋がってくれています。

家から車に乗って駅まで行き、電車(地下鉄)で栄まで出て、商業施設やオフィスビルの中へ入り、通路やカフェで電波をチェックしながら歩いていましたが、驚くことに1度も圏外にならなかったのです。

エレベーターの中や地下鉄・地下街でも常時アンテナ4本(たまに3本)で、従来のWiMAX2+では考えられないくらい対応エリアが広がっています。

従来のWiMAX2+は地下街でアンテナ1本!地下鉄内では圏外に

地下街でもWiMAX+5Gは電波強度MAX、WiMAX2+はアンテナ1本
栄のクリスタル広場(地下街)で電波状況と速度を比較

栄駅にあるクリスタル広場(比較的出入り口が近い地下街)で測ったところ、WiMAX+5Gは電波強度MAXでしたが、WiMAX2+はアンテナが1本しか立ちませんでした。

速度は実に6倍の開きがあり、いかにWiMAX+5Gが優秀であるかがわかります。

WiMAX2+は圏外、WiMAX+5G電波強度MAX
電車内でWiMAX2+とWiMAX+5Gの電波状況をテスト

電車の中でもWiMAX+5Gは常時アンテナ4本(電波強度MAX状態)でした。

かたやWiMAX2+は圏外になることも多々あり、特に駅と駅の間では基本的に1本か2本になっていました。

川上

名古屋の方にしか通じないかもですが、一社-星ヶ丘間と星ヶ丘-東山公園間ではWiMAX2+は完全に圏外になりました(WiMAX+5Gは影響なし!)。

話題の5G回線が使えるエリアで速度を検証!その結果とは?

WiMAX+5Gの5G回線で速度を検証

WiMAX+5Gは、その名の通り5G回線(au)が使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiです。

せっかくなので、場所を変えて5G回線が繋がる場所で速度を検証してみました。

速度検証結果(平均値)

平均値5G回線
下り速度67.5Mbps
上り速度14.75Mbps
Ping値25.5ms

正直に言うと、思ったよりも速度は出ませんでした。

夜の繁華街ということもあって混雑しているのかもしれませんが、まだまだ5G回線が光回線を超える速さで使える日は遠いのかもしれません。

とはいえ、平均で67Mbpsも出ていれば何の文句もないどころか、むしろかなり速い方ですけどね。

それこそ室内で5GHz帯で接続できれば、もっと速度が出ると思います。

川上

10Mbps出れば合格と言われるポケット型WiFiですから、実に6倍以上も速いのはさすがとしか言いようがないです。

室内(4G回線)では速度が低下!それでも平均40Mbps以上をキープ…!

WiMAX+5Gの4G回線(室内)で速度を検証

WiMAXは室内より外の方が安定して使えるポケット型WiFiなので、室内なら問題が起きるかもしれない。

そう意気込んで調べてみたところ、確かに外で測ったときより速度が低下しました。

速度検証結果(平均値)

平均値4G回線
下り速度42.5Mbps
上り速度18.56Mbps
Ping値25ms

とはいえ、それでも平均40Mbps以上をキープしているので、なんとも恐ろしいポケット型WiFiになってしまったようです。

仰天!4G回線なのに100Mbps超えた日もあった

WiMAX+5Gの実際の速度

これは全く違う日になりますが、名古屋駅(笹島)のグローバルゲートにて測ったところ、なんと110Mbpsも出てしまったのです。

しかも5G回線ではなく、4G回線です。

使う場所や時間帯などによって速度は上下しますが、100Mbps超えはさすがに驚きましたね。

高速道路でもバッチリ使える

高速道路でもWiMAX+5Gは繋がる・速い
高速道路でも100Mbps超え

名古屋から伊勢まで旅行した際に、道中で何度か電波と速度テストを行いました。

下道も高速道路も含めて、山の中を切り開いて作ったような道路を通ったとき以外は、全て電波が入り、問題なく使えていました。

旅行や出張が多い人にもぴったりですね。

横山展望台(志摩半島)でも問題なし

横山展望台でもWiMAX+5Gは快適な速度が出た
40Mbps出れば十分合格です

横山展望台はこんな場所にあります

国連サミットが行われた三重県の賢島近くにある横山展望台でも、全く問題なく使えていました。

見晴らしのいい場所であれば、人けのない山の中でも電波が入るようです。

ホテルの室内も電波MAXでばっちり使える

ホテル内でもWiMAX+5Gは快適に使える
夜22時台なのに62Mbps

ホテルの室内であっても、しっかりと電波を拾うことができていました。

夜の22時台にも関わらず、60Mbps以上出ていたので全く問題ありません。

【総評】快適に使えるWi-Fiを探しているならWiMAX+5Gは本当におすすめ

WiMAX+5G

流行りのクラウドWiFiに比べると月額料金が少し高いWiMAXではありますが、それでもこれだけ快適に使えるのであれば誰も文句は言わないでしょう。

安さに釣られてクラウドWiFiを契約したけれど、速度が遅くて困っている人には、ぜひWiMAXをおすすめしたいですね。

川上

この実力は本物です。お世辞抜きで過去最強のポケット型WiFiと断言できます。

BIGLOBE WiMAXの申込方法と利用開始までの手順・流れ

BIGLOBE WiMAXの申込方法と利用開始までの手順・流れ

BIGLOBE WiMAXの申込方法と利用開始までの手順・流れを、スクリーンショットや実機の画像を用いて解説します。

とても簡単にできますので、安心してください。

申し込み手順をスクショ付きで解説!本人確認書類は不要です

BIGLOBE WiMAXの申し込みは公式サイトから行いましょう。

手順に沿って行えば3~5分程度で終わりますので、すきま時間でも可能です。

免許証などの本人確認書類も不要ですので、面倒なことは一切ありません。

最短翌日発送!早ければ明後日から使うことができます

WiMAXはすぐ届く

BIGLOBE WiMAXは申し込みの最短翌日に発送されます。

早ければ、明後日には手元に届くでしょう。

SIMカードを挿して電源を入れるだけ!工事なしでWi-Fiが使える

WiMAXはSIMカードを入れるだけ

端末が手元に届いたら、同梱されているSIMカードを入れるだけで準備完了です。

面倒な工事や設定は要りません。

電源ボタンを長押しすれば、すぐにWi-Fiが使えるようになります。

※ホームルーターの場合は、SIMカードを入れたら電源プラグをコンセントに挿すだけです。

WiMAXとiPhone
WiMAXはすぐにWi-Fiが使える
杉本

「Wi-Fiがほしいなぁ」と思って申し込んだら、すぐに使えるようになるのもWiMAXのいいところですね。

BIGLOBE WiMAXで機種変更をする方法とは?

BIGLOBE WiMAXで機種変更をする方法とは?

WiMAXで使用する端末は、2~3年使うとバッテリーの持ちが悪くなったり、性能が劣化したりします。

また、毎年新しい機種が発売されることが多く、新しい端末のほうが基本的に性能が良いです。

長く快適にWiMAXを使いたいのであれば、2~3年毎に機種変更をしましょう。

ただし、BIGLOBE WiMAXでは機種変更することができないため、注意してください。

解約して再契約(再購入)するしかない

BIGLOBE WiMAXは機種変更できない
BIGLOBE「よくある質問」より引用

BIGLOBE WiMAXでは機種変更ができません。

今使っている契約を一度解約して、改めて契約する(購入する)しか端末を新しくする方法がないのです。

再契約する際には3,300円の事務手数料を払わなくてはいけません。

また、解約月は日割り計算ができないので、1ヶ月分の料金がかかります。

契約も1からやり直しになるので、スムーズに機種変更ができないのです。

解約して別のプロバイダで契約した方がお得

BIGLOBE WiMAXで機種変更をするのであれば、いっそのこと他のプロバイダで契約し直した方がお得です。

BIGLOBE WiMAXは1年以上使えば違約金がかからなくなるので、気軽に解約できます。

どうせ事務手数料を払うのであれば、端末代金が0円だったり、月額料金が安くなったりするプロバイダで再契約したほうがお得です。

まだ先の話にはなりますが、機種変更するよりも他のプロバイダに乗り換えたほうがお得になりやすいことを、ぜひ覚えておおいてください。

BIGLOBE WiMAXの解約方法と違約金について

BIGLOBE WiMAXの解約方法と違約金について

BIGLOBE WiMAXを解約する方法と違約金について解説します。

契約時こそWebから完結できるBIGLOBE WiMAXですが、解約は電話でしかできません

月末は電話が混み合いますので、余裕を持って手続きをしましょう。

サポートセンターに電話して解約する

電話を掛ける女性

BIGLOBE WiMAXを解約する際には、カスタマーセンターまで電話を掛ける必要があります。

マイページからでは解約手続きができませんので、お気をつけください。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク(解約専用)

電話番号:0120-827-19303-6631-4602

受付時間:9時~18時(年中無休)

電話が繋がりやすい時間帯と繋がりにくい時間帯

ビッグローブの電話サポート繋がりやすさ状況
BIGLOBE 「電話窓口の混雑状況」より

BIGLOBEの公式サイトでは、カスタマーセンターの混雑状況を提示してくれています。

土日は1日中、平日もお昼前後は混雑しやすいです。

午前中が比較的電話が繋がりやすいので、狙い目となります。

どうしても電話が繋がらない場合は?

何度掛けても電話が繋がらない場合は、解約専用ダイアルではなく一般向けの番号に電話を掛けてみるといいでしょう。

BIGLOBEに限った話ではありませんが、解約専用の番号は「(意図的に人員を減らしているので)電話が繋がりにくい」と言われています。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

電話番号:0120-86-096203-6385-0962

短縮番号:3→1

受付時間:9時~18時

月末最終日の当月付け解約は16時半まで

BIGLOBE WiMAX月末最終日の当月付け解約は16時半まで
BIGLOBE WiMAX「解約手続き」より

BIGLOBE WiMAXは、解約の手続きを行った月末付けでの解約となります。

月末最終日に電話を掛けても当月付で解約が可能ですが、最終受付時間が16時半となっているので注意してください。

1分でも過ぎた場合は、翌月末付けでの解約となってしまいます。

月末は電話が大変混みやすいので、余裕を持って電話を掛けるようにしましょう。

解約月の利用料金は日割り計算にならない

BIGLOBE WiMAXは、解約月の利用料金が日割り計算になりません。

月末付けでの解約となるので、1ヶ月分の月額料金が全てかかります。

今月で解約することがわかった時点で、前もって解約の手続きを済ませておいた方がスムーズです。

BIGLOBE WiMAXの違約金について

BIGLOBE WiMAXの契約期間と違約金について
画像参照元:BIGLOBE WiMAX
解約月違約金(契約解除料)
端末受取月(0ヶ月目)~12ヶ月目1,100円
13ヶ月目以降0円

これからBIGLOBE WiMAXを契約する人は、1年以内で解約する場合のみ違約金がかかります。

2年目以降は、いつ解約しても違約金は0円です。

以前からBIGLOBE WiMAXを契約していた人は、契約時の料金プランによって違約金が異なります

マイページで契約プランを確認した上で、ビッグローブ公式サイト「定期利用期間・最低利用期間と契約解除料」にて、各自ご確認ください。

BIGLOBE WiMAXによくある質問をわかりやすく解説

よくある質問と答え

BIGLOBE WiMAXに関するよくある質問を、初心者の方でもわかるように解説します。

ご利用料金や契約内容については、BIGLOBE WiMAXカスタマーセンターまで直接お問い合わせください。

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイントはどこ?

口座振替で契約できるプロバイダにおいては、最安価格で利用できます。

契約期間が短く、違約金が少ないため、解約時の負担を抑えることができます。

利用開始の翌月に15,000円のキャッシュバックがもらえるのもあり、10ヶ月以内で解約する場合は全プロバイダ最安価格で利用することができます。

12ヶ月以上使うのであれば、GMOとくとくBB WiMAXが1番安いです。

キャッシュバックはどうやったらもらえるの?

BIGLOBE WiMAX公式サイトから申し込みを行い、端末が到着した翌月15日以降に手続きが可能になります。

マイページの「特典一覧」ページから受取手続きを行えば、翌日~数日後に指定した口座へ振り込まれます。

BIGLOBE WiMAXはおすすめのWiMAXですか?

口座振替で利用したい人、10ヶ月以内に解約する予定がある人におすすめです。

また、毎月の支払いが少し高くても、解約時の負担を少なくしたい人にもおすすめします。

BIGLOBE WiMAXはお得ではないの?

口座振替で利用する場合は1番お得です。

また、クレジットカード払いであっても、12ヶ月以内に解約するのであれば1番お得になります。

電波が入らなくて圏外になるんだけどどうしたらいいの?

まずは端末を再起動してみてください。

改善されない場合は、端末を置く場所移動したり、外で使ってみてください。

それでもダメな場合は、利用している場所一体がWiMAXの対応エリア外になっている可能性があります。

速度が遅くて困ってるんだけどどうしたらいいの?

まずは端末を再起動してみてください。

改善されない場合は、端末を置く場所移動したり、外で使ってみてください。

それでもダメな場合は、利用している場所一体がWiMAXの電波が弱く、速度が出にくいエリアになっている可能性があります。

もしくは、通常モードで3日間で15GB以上使ってしまった、あるいはプラスエリアモードで15GB使ってしまったことにより、速度が制限されているのかもしれません。

プラスエリアモードで速度制限がかかっている場合は、通常モードに戻すことで速度が改善されるはずです。

通常モードで速度制限がかかっている場合は、翌日まで速度が改善されないかもしれません。

何をやっても改善されない場合はどうしたらいいの?

残念ながらWiMAXの利用に不向きなエリア・場所だった可能性があります。

他のポケット型WiFiやホームルーターに乗り換えるか、いっそのこと光回線に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事で紹介している対処法を試しても改善されない場合は、乗り換えを検討してください。

上記以外のBIGLOBE WiMAXやWiMAXに関する新規契約・乗り換えのご相談は、コメント欄もしくは公式LINE@にて行っております。お気軽にメッセージをお寄せください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる