クラウドWiFi(クラウドSIM)の人気おすすめランキング2021年12月【8社比較】

2019年に登場したクラウドWiFiは、従来のポケットWiFiよりも大容量のデータ通信が格安で使えるということで、利用者がどんどん増えています。

現在では20社以上から発売されていますが、ここでは特に人気の8社を比較しておすすめのクラウドWiFiをランキング形式で紹介します。

この記事でわかること
  • どれを選んでも通信エリアと通信速度に大きな違いはない
  • 月額料金や実質料金が安いクラウドWiFiを選ぶのが正解
  • クラウドWiFiによって使えるデータ容量の上限が異なる(無制限ではない)
  • 2年契約ではない(違約金がない)クラウドWiFiなら自由に解約できる
  • 30日間お試し利用ができるクラウドWiFiもある

クラウドWiFi8社すべて契約し実機で通信テストを行い、料金やオプション内容を隅々まで比較した結果、おすすめランキングは以下のようになりました。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【朝日新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ )

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

Wi-Fi選びの個別相談を希望の方は公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください(無料)。

杉本

以下の目次から知りたい情報だけを選んで読んでもらってもOKです!

目次

クラウドWiFi(クラウドSIM)の人気おすすめランキング【8社比較】

クラウドWiFi用のモバイルルーター一覧

クラウドWiFiを選ぶときは、やはり料金が安いものを選ぶべきです。

どれを選んでも基本的なスペック(通信エリア・通信速度)は変わらないため、安ければ安いだけお得に使えます。

料金以外に関しては、毎月使えるデータ容量や契約年数、お試し期間といった内容で比較をすれば、自分に合った1台を見つけることができるはずです。

クラウドWiFiで使用するモバイルルーターは全て無料レンタルとなるので、初期費用を低く抑えることができます。

スクロールできます
クラウドWiFi\おすすめ1位/
AiR WiFi
\おすすめ2位/
THE WiFi
\おすすめ3位/
どこよりもWiFi
モンスターモバイルMugen WiFiクラウドWiFi東京hi-ho Let’s WiFiゼウスWiFi
AiR WiFiTHE WiFiどこよりもWiFiMONSTER MOBILEMUGEN WiFiクラウドWiFi東京hi-ho WiFiゼウスWiFi
データ容量100GB100GBなど1日4GB100GBなど100GB100GB1日7GBなど100GBなど
月額料金3,278円3,828円900円~2,090円~3,718円3,718円3,828円~2,178円~
契約期間1年2年2年1年2年なし2年2年
縛りなし
オプション
丸
+330円
バツ 丸
+500円
丸
+550円
丸
+660円
二重丸
追加費用なし
バツ 丸
+330円~
お試し期間30日間 30日間 7日間 8日間 30日間 8日間 8日間 8日間
キャンペーンなし4ヶ月無料なしなしキャッシュバック
10,000円
なし最大24ヶ月割引
事務手数料無料
3ヶ月割引
詳細 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン

毎月たくさん使いたいのであれば、AiR WiFiかTHE WiFiを選んでおけば間違いありません。

どちらも最もコスパの優れたクラウドWiFiであり、どちらも30日間のお試し利用が可能です。

もし思ったような速度が出なかったり、使いたい場所で圏外になるようであれば、気兼ねなくキャンセルすることができます。

AiR WiFiは業界最安の月額3,278円なのに30日間もお試しできる(縛りなしでも最安)

AiR WiFiがおすすめ!

AiR WiFiは、100GB使えるクラウドWiFiの中で月額料金が1番安いです。

1番高いゼウスWiFiと比べると、1年間で6,600円もお得になります。

月額330円で「契約期間の縛りなしオプション」に加入することもできるので、短期間だけ使用したい人にもぴったりです。

30日間ものお試し期間がある

利用開始から30日以内であれば違約金なしで解約できるので、初心者の方でも安心して使うことができます。

AiR WiFiのおすすめポイント

  • 100GB使えるクラウドWiFiの中で月額料金が1番安い
  • 1年毎に更新月がある
  • 更新月以外の違約金が他社より割安
  • 月額330円で契約期間の縛りをなくすことができる
  • 30日間のお試し利用ができる

AiR WiFiの商品概要

AiR WiFiの商品概要
AiR WiFi
選べるプラン サクッとプラン まるっとプラン らくらくプラン
契約期間 1年
(自動更新あり)
事務手数料 3,300円
データ容量 100GB
月額料金 \業界最安/
3,278円
3,608円 3,377円
初月の料金 1ヶ月分
契約期間なしオプション 月額330円
補償サービス 月額660円
(盗難・紛失は補償対象外)
端末 U2s G4 U3
モバイルルーター 無料レンタル(リフレッシュ品)
※解約時は要返却
支払い方法 クレジットカード
違約金 7,700円
(2年目以降は5,500円)
※1年ごとの更新月は0円
お試し期間 30日間
運営会社 株式会社Ocean Map
AiR WiFi

>>AiR WiFiを申し込む

関連リンク

THE WiFiは4ヶ月無料なので実質月額が最も安い(30日お試しもできる)

THE WiFiがおすすめ!

4ヶ月無料キャンペーン中ということもあって、100GB使えるクラウドWiFiの中で実質月額が1番安いのがTHE WiFiです。

実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約期間で割った「実質的な月額料金」のこと。

事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを見極めることができます。

実質月額={事務手数料+(月額料金×契約期間)-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約期間

100GB使えるクラウドWiFiの実質月額を比較
クラウドWiFi 実質月額
THE WiFi 3,281円
Mugen WiFi 3,293円
AiR WiFi 3,553円
モンスターモバイル 3,663円
クラウドWiFi東京 3,855円
ゼウスWiFi 3,896円

2年以内に解約をすると10,780円の違約金こそかかってしまいますが、3年目以降は違約金が0円になるというメリットもあります。

「最低2年は使う」という人であれば、AiR WiFiより確実にお得です。

THE WiFiなら手数料なしで30日間お試し可能

THE WiFiは手数料なしで30日間のお試し利用ができるので、万が一の際には一切の負担なく解約することができます。

AiR WiFiは3,300円の手数料だけ必要になります。

契約期間の縛りをなくすことはできない

AiR WiFiのように契約期間の縛りをなくすことはできません。

2年以内に解約をすることがわかっているのであれば、AiR WiFiを選んだほうがお得です。

使った分だけ料金が請求される「FiTプラン」もある

毎月100GB使える通常プランとは別で、使った容量に応じた「FiTプラン」を選ぶこともできます。

THE WiFiの料金プラン
プラン名 通常プラン FiTプラン
データ容量 100GB 最大100GB
月額料金 3,828円 1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円

毎月40GB以上使うのであれば全くお得ではありませんが、月によって40GB以下になるのであれば通常プランよりお得に使うことが可能です。

ただし、FiTプランは30日のお試し利用や4ヶ月無料が適用されません

そのため、まずは通常プランで使い始めて、40GB以下の月があるようであれば、5ヶ月目以降にFiTプランへ変更するのが最もお得に使う方法となります。

ぜひ覚えておきましょう。

THE WiFiのおすすめポイント

  • 100GB使えるクラウドWiFiの中で実質月額が1番安い
  • 4ヶ月無料キャンペーン中
  • 30日以内なら無料でキャンセル可能
  • 使った容量に応じた段階制プランも選べる(途中で変更可能)

THE WiFiの商品概要

THE WiFiの商品概要
選べるプラン THE WiFi100GBプラン THE WiFi FiTプラン
契約期間 2年
事務手数料 3,300円
今だけ2,200円
データ容量 100GB 最大100GB
月額料金 \4ヶ月間無料/
3,828円
1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円
お試し期間 30日間 8日間
プラン変更手数料 3,300円
(100GBプランからFiTプランのみ変更可)
補償サービス 安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時に要返却)
違約金 10,780円
3年目以降は0円
運営会社 スマートモバイルコミュニケーションズ
(マザーズ上場「アプリックス」の子会社)
THE WiFi

>>THE WiFiを申し込む

30日お試し利用(完全0円)の条件と注意事項

  • 申し込み日を含めた30日以内に電話で解約すること
  • 電話の際に伝えられる返却期日までに端末を送り返すこと
  • 返却時の送料はユーザー負担(レターパックプラスなら520円)
  • 返却期日を過ぎた場合は損害金が13,200円かかるので注意

※電話番号は申込後に送られてくるメール及び契約書に記載されています。

どこよりもWiFiは段階制料金プランなので使わなかった月でも損しない

どこよりもWiFiがおすすめ!

どこよりもWiFiは、使った容量に合わせた段階制の料金プランとなっているポケットWiFiです。

どこよりもWiFiの料金プラン
どこよりもWiFiの料金プラン
プラン名 ピタッとプラン
シンプルスタンダード
契約期間 2年 なし
データ容量 実質120GB
(1日4GB)
月額料金
()内は2年割非適用時
5GBまで 900円 1,400円
20GBまで 1,900円 2,400円
50GBまで 2,900円 3,400円
50GB以上 3,400円 3,900円
初月の料金 日割り

1日4GBまでという上限こそあるものの、1ヶ月で100GB以上使えるのが魅力的です。

契約期間の縛りをなくすこともできる

AiR WiFiと同じように、月額500円で契約期間の縛りをなくすことができます。

短期間(20ヶ月以内)で解約する予定がある人は、契約期間の縛りなしで契約しましょう。

7日以内なら無料で解約可能

AiR WiFiやTHE WiFiのような30日間もの長期のお試し期間こそないものの、7日以内であれば無料で解約することができます。手数料なども一切不要です(返却のための送料はユーザー負担)。

使ってみてダメそうなら、7日以内にキャンセルしましょう。

どこよりもWiFiのおすすめポイント

  • 毎月の使用量にバラツキがある人にぴったり
  • 契約期間の縛りをなくすことができる
  • 7日以内であれば無料で解約ができる

どこよりもWiFiの商品概要

どこよりもWiFiの商品概要
どこよりもWiFi
プラン名 ピタッとプラン
シンプルスタンダード
契約期間 2年 なし
事務手数料 3,300円
データ容量 実質120GB
(1日4GB)
月額料金
()内は2年割非適用時
5GBまで 900円 1,400円
20GBまで 1,900円 2,400円
50GBまで 2,900円 3,400円
50GB以上 3,400円 3,900円
初月の料金 日割り
補償サービス 月額440円
(盗難・紛失は補償対象外)
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時に要返却)
支払い方法 クレジットカード
解約違約金 10,450円 なし
初期契約解除制度 7日間
運営会社 株式会社Wiz

モンスターモバイルはコスパの良い20GBや50GBプランが選べる

モンスターモバイルがおすすめ!

モンスターモバイルは、様々な容量のプランが選べるクラウドWiFiです。

デイリープラン
データ容量 1年契約
(自動更新)
契約の縛りなし
1日2GB 2,728円 3,278円
1日3GB 3,278円 3,828円
1日5GB 3,828円 4,378円
マンスリープラン
データ容量
(1ヶ月)
1年契約
(自動更新)
契約の縛りなし
20GB 2,090円 2,640円
50GB 2,640円 3,190円
100GB 3,388円 3,938円

契約途中でプラン変更ができるので、「本当に100GBも必要なの?」とどれくらい容量が必要なのかわからない人に人気があります。

1番人気は50GBプラン、2番人気は20GBプラン

モンスターモバイルは何GBプランで申し込みましたか?
調査目的モンスターモバイルの利用状況を調査することで、利用を検討している方への判断材料の提供
調査方法LINEリサーチ
調査対象モンスターモバイルを利用している方、過去に利用していた方
調査期間2021年9月1日~2021年9月14日
回収数101件

Wi-Fiの森編集部が独自に調査した結果によると、1番人気は50GBプラン、2番人気は20GBプランということがわかりました。

「まずは低用量で申し込んでみて、足りるかどうか確かめてみる」といった人が多いようです。

なお、20GBプランで申し込んだ人の3割、50GBプランで申し込んだ人の2割がプラン変更をしています。

デイリープラン(1日◯GB)よりマンスリープラン(1ヶ月◯GB)の方が圧倒的に人気です。

契約期間の縛りがないプランもある

通常の1年プランにプラス550円することで、契約期間の縛りがないプランにすることもできます。

更新月以外に解約をしても、違約金がかかりません。

1年以内に解約をする予定がある人は、契約期間の縛りがないプランで申し込むといいでしょう。

通常プラン(1年プラン)の違約金は、初年度10,780円、2年目以降は3,300円となります。

モンスターモバイルのおすすめポイント

  • 20GBや50GBといったデータ容量のプランが選べる
  • 契約途中でプラン変更ができる
  • 契約期間の縛りがないプランも選べる
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

>>モンスターモバイルを申し込む

Mugen WiFiは13,500円のキャッシュバックがもらえる

Mugen WiFiがおすすめ!

Mugen WiFiはキャッシュバックがもらえる唯一のクラウドWiFiです。

他社からの乗り換えなど、まとまったお金が必要な人におすすめとなります。

キャッシュバックありきでの実質月額なら2番目に安い

キャッシュバックを含めた実質月額であれば、100GB使えるクラウドWiFiの中で2番目に安いのがMugen WiFiです。

実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約期間で割った「実質的な月額料金」のこと。

事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを見極めることができます。

実質月額={事務手数料+(月額料金×契約期間)-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約期間

100GBプランの料金比較

クラウドWiFi実質月額
THE WiFi(2年)3,281円
Mugen WiFi(2年)3,438円
AiR WiFi(1年)3,553円
モンスターモバイル(1年)3,663円
ゼウスWiFi(2年)3,896円

30日間ものお試し期間がある

利用開始から30日以内であれば違約金なしで解約できるので、初心者の方でも安心して使うことができます。

ただし、返金手数料として1,100円だけは必要となりますので注意してください。

30日のお試し利用が無料で使えるのはTHE WiFiだけです。

契約期間の縛りをなくすオプション代が月額660円と割高

100GB使えるクラウドWiFiの月額料金を比較
商品名 縛りあり 縛りなし
Mugen WiFi 3,718円 4,378円
AiR WiFi 3,278円 3,608円
モンスターモバイル 3,388円 3,938円
クラウドWiFi東京 なし 3,718円

AiR WiFiやモンスターモバイルのように契約期間の縛りをなくすことができますが、オプション代が月額660円と少し高めに設定されています。

同じ100GBプランであればAiR WiFiやモンスターモバイルの方が安く使うことができるので、覚えておきましょう。

キャッシュバックがもらえるのは15ヶ月後と24ヶ月後

10,000円ものキャッシュバックがもらえるのは大変魅力的ではありますが、実際に受け取れるのは契約から15ヶ月後と24ヶ月後となっています。

どちらも申請用メールが届き次第に手続きを行わないといけません。

申請期日を過ぎてしまうと1円ももらえなくなってしまうので、絶対に忘れないようにしましょう。

もらい忘れのリスクがあるMugen WiFiよりも、4ヶ月無料で確実にお得になるTHE WiFiの方がおすすめです。

3年目以降は違約金なし!ルーターの返却も不要

縛りなしオプションに加入せずとも、3年目以降は解約時に違約金がかかりません。

また、ルーターの返却が不要となります。

口座振替でも契約できる

月額550円の口座振替オプションに加入することで、口座振替でも契約することができます。

クレジットカードが作れない人でも安心してください。

口座振替で契約する場合は30日間のお試し利用ができません。

キャッシュバックに魅力を感じるなら契約する価値あり

月額料金の安さならAiR WiFi、実質料金の安さならTHE WiFi、毎月使用するデータ容量にバラツキがあるならどこよりもWiFi、100GBも必要なければモンスターモバイルといったように、Mugen WiFiよりもお得で魅力的なポケットWiFiがあります。

キャッシュバックがもらえるのは魅力的ですし、口座振替ができるのも助かりますが、それ以外は特別大きなメリットがないのがMugen WiFiなのです。

Mugen WiFiのおすすめポイント

  • キャッシュバックが10,000円もらえる
  • 30日間のお試し利用ができる
  • 3年目以降は違約金がかからない
  • 3年目以降は解約時にルーターの返却が不要になる
  • 口座振替でも契約できる

Mugen WiFiの商品概要

契約期間2年
(自動更新なし)
データ容量100GB
事務手数料3,300円
月額料金3,718円
初月の料金1ヶ月分(3,718円)
端末代金無料レンタル
端末補償MUGEN補償オプション:月額550円
MUGEN補償オプション+紛失α:月額660円
契約期間の縛りなし月額660円
キャッシュバック10,000円
2年間の合計費用82,532円
実質月額3,438円
違約金1~12ヶ月目:9,900円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード
口座振替(月額550円)
運営会社株式会社surfave
Mugen WiFi

>>Mugen WiFiを申し込む

hi-ho Let’s WiFiは1日7GBプランで最大217GBも使える

hi-ho Let's WiFiがおすすめ!

hi-ho Let’s WiFiは、1日4GBもしくは1日7GBのプランが選べるクラウドWiFiです。

1日7GBプランの場合、1ヶ月で最大217GBものデータ容量を使うことができます。

毎月100GBでは足りない人におすすすめです。

1日の上限を超えた場合は「翌日」が速度制限になる

1日4GBもしくは1日7GB、どちらのプランも1日の上限を超えて使った場合、翌日が丸一日速度制限となります。

速度制限中は128kbpsという大変遅い速度しか出なくなるので、全く使えないと思ってください。

当日に関しては上限を超えても通常速度で使い続けることができます。

1日の上限があるクラウドWiFiならモンスターモバイルの方が便利でお得

hi-ho Let’s WiFiと同じように1日のデータ容量に上限があるクラウドWiFiとしては、モンスターモバイルの方がおすすめです。

1日7GBプランこそないものの、様々な面でモンスターモバイルの方が使いやすくなっています。

モンスターモバイルのメリット

  • 丸一日速度制限になることがない(超えた日のみ)
  • 契約途中でプラン変更ができる(低用量から試せる)
  • 契約期間が1年(縛りなしプランもある)
hi-ho Let’s WiFiとモンスターモバイルの料金比較
プラン hi-ho Let’s WiFi モンスターモバイル
1日2GB なし 2,728円
1日3GB なし 3,278円
1日4GB 3,828円 なし
1日5GB なし 3,828円
1日7GB 4,370円 なし

hi-ho Let’s WiFiは、1日7GBプランに魅力を感じる人だけにおすすめのクラウドWiFiです。

hi-ho Let’s WiFiの商品概要

hi-ho Let’s WiFiの商品概要
プラン名 ライトプラン 通常プラン
データ容量 1日4GBまで 1日7GBまで
契約期間 2年契約
(1年ごとの自動更新)
事務手数料 3,300円
12月31日まで無料キャンペーン中!
月額料金 1~12ヶ月目 3,828円 4,730円
キャンペーン価格
3,278円
(初月は日割り)
13~24ヶ月目 3,828円
キャンペーン価格
3,278円
4,730円

25ヶ月目以降 3,828円
ルーター端末代金 無料プレゼント
※解約時の返却は不要
端末補償 月額550円
補償内容 故障、破損、水没
ルーター送料 無料
到着までの日数 最短3日後に到着
海外での利用 世界100ヵ国以上に対応
クーリングオフ
(初期契約解除)
8日以内なら違約金なしで解約
hi-ho Let's WiFi

>>hi-ho Let’s WiFiを申し込む

クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがないのでいつでも0円で解約できる

クラウドWiFi東京がおすすめ!

クラウドWiFi東京は、契約期間の縛りがないにも関わらず月額3,718円という安さが売りです。

先程のMugen WiFiは2年契約で月額3,718円、契約期間の縛りをなくした場合は4,378円でしたので、クラウドWiFi東京がいかにお得なのかがわかります。

ただし、契約期間の縛りがないクラウドWiFiで1番お得なのはAiR WiFiなので、残念ながらクラウドWiFi東京を契約するメリットはありません。

100GB使えるクラウドWiFiの月額料金を比較
商品名 縛りあり 縛りなし
Mugen WiFi 3,718円 4,378円
AiR WiFi 3,278円 3,608円
モンスターモバイル 3,388円 3,938円
クラウドWiFi東京 なし 3,718円

AiR WiFiが登場するまでは、契約期間の縛りがないクラウドWiFiとしてはクラウドWiFi東京が1番お得でした。

クラウドWiFi東京の商品概要

クラウドWiFi東京の商品概要
クラウドWiFi東京
契約期間 なし
事務手数料 3,300円
月額料金 3,718円
初月の支払い 1ヶ月分
端末補償 安心補償フル:月額550円
安心補償ライト:月額275円
補償範囲 安心補償フル:故障、水没、盗難、紛失
安心補償ライト:故障、水没
端末損害金 27,500円
ルーター本体 無料レンタル
(解約時に要返却)
ルーター送料 無料
(解約時の返送料はお客様負担)
発送までの日数 最短即日
(平日14時まで 土日祝は休み)
支払い方法 クレジットカードのみ
クーリングオフ
(初期契約解除)
8日以内
クラウドWiFi東京

>>クラウドWiFi東京を申し込む

ゼウスWiFiは20GBプランや40GBプランが人気

ゼウスWiFiがおすすめ!

ゼウスWiFiは、100GB以外に20GBと40GBプランが選べるクラウドWiFiです。

ただし、同容量帯のクラウドWiFiとしてはモンスターモバイルより料金が高く、料金以外にも特別メリットがないため、あまりおすすめはできません。

契約期間の縛りなしプランもあるが料金が高すぎる

ゼウスWiFiは20GB、40GB、100GBの3プランがあり、それぞれ契約期間の縛りがないプランも用意されています。

ただし、いずれのプランも他のクラウドWiFiと比べると割高になるため、選ぶメリットがありません

ゼウスWiFiと他クラウドWiFiの月額料金を比較
()は縛りなしプランの月額料金
商品名 20GB 40GB 50GB 100GB
ゼウスWiFi 2,178円
(2,618円)
2,948円
(3,278円)
なし 3,828円
(4,708円)
AiR WiFi なし なし なし 3,278円
(3,608円)
THE WiFi なし なし なし 3,828円
モンスターモバイル 2,090円
(2,640円)
なし 2,640円
(3,190円)
3,388円
(3,938円)

100GBプランに関しては言うまでもなくAiR WiFiの方がお得です。

20GBプランはモンスターモバイルの方が安く、ゼウスWiFiの40GBプランよりモンスターモバイルの50GBプラン方が安いという逆転現象まで起こっています。

それこそモンスターモバイルであれば契約途中でプラン変更もできるので、よりお得に使い続けることができるのです。

残念ながら、現在はゼウスWiFiを選ぶメリットが何1つありません。

モンスターモバイルが登場するまでは、低用量~中容量のクラウドWiFiとしてはゼウスWiFiが1番お得でした。

ゼウスWiFiの商品概要

ゼウスWiFiの商品概要
データ容量/プラン名 スタンダード フリー
事務手数料 3,300円
契約期間 2年間
(自動更新なし
縛りなし
最大通信速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps
月額料金 20GB
1年間毎月5G増量
3ヶ月間980円
4ヶ月目から2,178円
2,618円
40GB
1年間毎月10GB増量
3ヶ月間1,680円
4ヶ月目から2,948円
3,278円
100GB
1年間毎月10GB増量
3ヶ月間3,278円
4ヶ月目から3,828円
4,708円
ゼウスWiFi

>>ゼウスWiFiを申し込む

上記8社以外にも、クラウドWiFiは全部で20社以上から発売されています。

ただし、上記の8社よりも優れたスペックを持つクラウドWiFiは1つもありません。

それこそ、クラウドWiFi東京、hi-ho Let’s WiFi、ゼウスWiFiであっても、上位5社のクラウドWiFiと比べてしまうとほとんどメリットがなく、わざわざ選ぶ理由がないのが現状です。

新しく発売されたばかりのクラウドWiFiでは信頼性にも欠けるため、現状では上記のおすすめクラウドWiFi上位5社から選ぶのが正解といえます。

クラウドWiFi(クラウドSIM)とは?なぜ人気?安さのカラクリを解説します

クラウドSIMとは?

クラウドWiFiとは、クラウドSIMという技術が搭載されたポケットWiFiの総称です。

従来のポケットWiFiに比べてどういった点が優れていて人気があるのか、これほどの安さをどうやって実現させているのか、解説します。

SIMカード不要!3キャリアのモバイル回線から最適な回線に繋がる

クラウドSIMとは?

ポケットWiFiに限らず、スマートフォンなどの通信機器でインターネットを使うには、SIMカードと呼ばれるICチップを端末内に入れる必要がありました。

このSIMカードを端末内ではなく、クラウド上で管理・運用できる新しい技術、それがクラウドSIMです。

クラウド上でSIMカードの管理・運用を行うので、端末(ルーター)内にはSIMカードが入っていません

端末には、利用する場所に応じて最適なSIMを使うようにシステムが構築されており、日本においてはドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線に自動的につながるようになっているのです。

クラウドWiFiは海外でもそのまま使える

海外でも利用可能

ほとんどのクラウドWiFiが、海外でもそのままポケットWiFiとして使えるようになっています。

端末内にSIMカードを入れずに、クラウド上でSIMの管理・運用を行っているからです。

契約するクラウドWiFiによって利用できる国や地域は異なりますが、ほとんどのクラウドWiFiが世界100カ国以上でそのまま使えるようになっています。

海外での利用分は別料金となります。

データ大容量なのに月額3,000円台!無制限ではありません

100GBの目安

クラウドWiFiの多くは、毎月使えるデータ容量が50GBや100GBといった大容量プランになっています。

にも関わらず月額料金は3,000円台とコストパフォーマンスに優れたプランにて提供しているのです。

WiMAXのような無制限プランこそないものの、その分お得に使えるポケットWiFiとして人気が出ています。

クラウドWiFiは無制限ではなくなりました

2019年に初めて登場したクラウドWiFi「どんなときもWiFi」は、データ容量無制限を売りにしていました。

その後発売された他のクラウドWiFiもこぞってデータ容量無制限としていましたが、2020年の春に各社「無制限を撤廃」しています。

実はほとんどの会社が無制限ではなく「300GB」程度しか使えないようになっていたのです。

さらに、どんなときもWiFiに関しては「保有データ容量が枯渇」してしまい、わずか25GBで制限をかけていたことが判明しました。

結果としてトラブルが耐えなくなったどんなときもWiFiは、2020年10月にサービス自体が終了となったのです。

他のクラウドWiFiは、100GBや50GBといった上限が決められたクラウドWiFiとしてリニューアルし、今に至ります。

人気の秘密は繋がりやすさ!キャリア回線だからどこでも使える

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用

クラウドWiFiが従来のポケットWiFiよりも人気があるのは、料金コスパに優れているからだけではありません。

キャリア回線(ドコモ、au、ソフトバンクのモバイル回線)が使えるからです。

つまり、日本に関して言えば、ほぼどこでもWi-Fiが使えることになります。

これまでポケットWiFiとして1番人気のあったWiMAXは、僻地や地下では圏外になってしまうというデメリットがありました。

そのデメリットを克服したのがクラウドWiFiなのです。

基本的にはソフトバンク回線につながる

現在発売されているクラウドWiFiは、基本的にソフトバンク回線につながるようになっています。

とはいえ、10年以上前であれば「ソフトバンク=つながらない」というイメージが強かったかもしれませんが、安心してください。

今ではソフトバンクが圏外になるエリアはほとんどなくなり、ドコモやauと大きな差はなくなっています。

よほどの場所でない限り、圏外になることはないでしょう。

ソフトバンク回線はドコモやau回線に比べて割安な価格で仕入れることができるため、ほとんどのクラウドWiFiがソフトバンク回線に繋がるようになっています。

5Gへの対応は未定

ドコモ、au、ソフトバンクは、各社5Gエリアをどんどん拡大しています。

ただし、クラウドWiFiで5Gに対応した会社はまだありません

5Gに対応する端末が作られた上で、5G回線が使えるようにならないといけないので、まだまだ先になるのではないかと思います。

ユーザー同士で分け合っているため料金を安くできている

なぜクラウドWiFiは100GBなどといった大容量を、月額3,000円台で提供できるのでしょうか。

例えばドコモのギガホプレミアプランは、60GBで7,000円以上もします。1GB辺りの価格差は実に4倍となっているのです。

クラウドWiFiとドコモの料金コスパを比較
AiR WiFi ギガホプレミア
データ容量 100GB 60GB
月額料金 3,278円 7,205円
1GBあたり 32.8円 120円

クラウドWiFiとドコモなどのキャリアプランとの違いは、ずばり通信速度です。

クラウドWiFi(クラウドSIM)は、3キャリアから購入した帯域(モバイル回線)を、ユーザー同士で分け合って使わせています。

つまり、1人辺りの通信速度が遅くなる代わりに、低価格での大容量データ通信を可能にしているのです。

ドコモなどのキャリアプランであれば平均して100Mbps前後出るのが当たり前ですが、クラウドWiFiはせいぜい20Mbps程度しか出ません。

安く大量にデータ通信ができる(たくさんギガが使える)代わりに、キャリアプランよりも通信速度が遅い。

これがクラウドWiFiの安さの理由となります。

20Mbps出ていれば通常利用に問題はない

キャリアプラン100Mbpsに対してクラウドWiFiが20Mbpsと聞くと「速度5分の1しか出ないの?遅くない?」と感じるかもしれませんが、快適に使える通信速度は一般的に「10Mbps程度」と言われています。

それこそ「1Mbps」出ていればYouTube動画ですら視聴できますので、クラウドWiFiでも問題なく日常生活で使うことができるのです。

オンラインゲームや動画配信などを日常的に行う人はポケットWiFiではなく光回線を使ってください。クラウドWiFiに限らず、ポケットWiFiで行うのは至難の業です。

クラウドWiFiは速度が遅い・繋がらないって本当?口コミの評判を大検証

クラウドWiFiは比較的新しいポケットWiFiですので、不安に思う方も少なくありません。

Wi-Fiの森編集部が実施したアンケート調査によると、実に74%の方が満足していると回答しています。

クラウドWiFiの満足度調査結果

クラウドWiFiの満足度調査に関する概要詳細

調査目的クラウドWiFiの利用を検討している方への判断材料の提供
調査方法LINEリサーチ
調査主体Wi-Fiの森編集部
調査対象クラウドWiFiを利用している方、過去に利用していた方
調査期間2021年10月15日~2021年10月31日
回収数201件
回答人数割合
大変満足している62人30.8%
おおむね満足している87人43.3%
あまり満足していない33人16.4%
満足していない19人9.5%

ポケットWiFi全体の満足度が約60%ですので、満足度としては非常に高いといえます。

それでは、アンケート内でいただいた口コミを項目ごとに見ていきましょう。

繋がるエリアと通信速度に関する口コミ

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用
30代男性

営業職のため、外でパソコンを使うことが多いのですが、大変重宝しています。以前まではWiMAXを使っていたのでですが、場所によって圏外になることが多く、私物のスマホでテザリングをしないといけませんでした。

THE WiFiを契約してからは、どこでもWi-Fiが繋がるようになったので、スマホのギガも減らず、非常に助かっています。

50代女性

母が病気になり、急遽3ヶ月だけ実家に帰らなくてはいけなくなったときに、短期利用ができるAiR WiFiを契約しました。実家は少し田舎にあるのですが、特に電波が繋がらないということもなく、十分役目を果たしてくれたと思います。3ヶ月しか使っていませんが、速度が気になったことはありませんでした。

20代男性

自宅用のWi-Fiとして使えると聞いたので契約したのですが、全然ダメでした。APEXのためにWi-Fiが必要だったのですが、ラグが多く、まともにプレイできなかった。ゲームで使えないなら使えないと書いておいてほしい。

20代男性

自宅用のWi-Fiとして使えると聞いたので契約したのですが、全然ダメでした。APEXのためにWi-Fiが必要だったのですが、ラグが多く、まともにプレイできなかった。ゲームで使えないなら使えないと書いておいてほしい。

クラウドWiFiは、3キャリアのモバイル回線が使えるポケットWiFiということで、全国どこでも繋がるのが特長の1つです。

従来のWiMAX(WiMAX2+)に比べると対応エリアが広く、地方に住んでいる人にも人気があります。

とはいえ、電波の弱い地域や場所では圏外になってしまう場合もありますので、使ってみてダメそうなら早めに解約することをおすすめします。

クラウドWiFiは初期契約解除制度の対象サービスですので、8日以内であれば違約金なしで解約できます。AiR WiFiやTHE WiFiであれば30日まで可能です。

また、あくまでもポケットWiFiですので、家に固定して使う光回線のような速度や安定感はありません。

APEXのようなオンラインゲームをポケットWiFiで快適に遊ぶのは正直言って難しいです

Wi-Fiの森編集部内でも何度か試していますが、どのクラウドWiFiを使ってもラグが出てしまいます。

「オンラインゲームも遊べる」と謳っているサイトもありますが、騙されないようにしましょう。

杉本

クラウドWiFiを使っていて速度が遅いと感じた場合は、こちらの記事を参考して対処してみてください。

【参考】 クラウドWiFiは「繋がらない」という口コミはなぜ多い(目立つ)のか?

料金コスパ・データ容量に関する口コミ

月額3,773円
20代男性

毎月100GBも使えるのに3,000円ちょっとで済んでいるので、非常に助かっています。もっと早く買えば良かったです。

40代男性

自宅用のWi-FiとしてWiMAXから乗り換え。WiMAXのときは無制限だったのですが、Mugen WiFiは100GBまでしか使えないので、ちょっと足りないかな、と。

20代女性

スマホ代が高くて少しでも節約したくて格安SIMとセットで使っていますが、満足しています。移動中に動画を見るのが好きなんですが、気にせず好きなだけ見れるのが嬉しいです。

これまでのポケットWiFiと言えば、WiMAXか携帯キャリアのポケットWiFiのどちらかでした。

WiMAXは無制限(3日15GBの制限あり)ですが対応エリアが狭く、携帯キャリアのポケットWiFiはどこでも繋がるけど料金が高いというデメリットがあったのですが、これらを足して2で割ったのがクラウドWiFiです。

全国どこでも繋がり、1ヶ月で100GBも使えるのに月額料金は3,000円台というのは、丁度いいポケットWiFiといえます。

100GBの目安

100GBもあればこれだけアプリが使えるので、全く足りないという人はほとんどいないでしょう。

自宅用のWi-Fiとしてガッツリ使う人だと足りないかもしれません。ヘビーユーザーの方はポケットWiFiではなく光回線を選びましょう。

モバイルルーター(端末)に関する口コミ

モバイルルーター「U3」
人気のクラウドWiFi用モバイルルーター「U3」
40代男性

ルーターが無料レンタルなのは初期費用を安く抑えることができるので助かる

20代男性

軽くて使いやすいので気に入っています。特に不満はありません。

40代女性

レンタル品ということで少し気になっていたけれど、実際に届いたのは新品みたいにキレイでした。

30代男性

液晶画面がないので使いにくい。今Wi-Fiがどうなっているのか、圏外なのか電池切れなのか、といったことがわかりにくい。解約するときに返却しないといけないので面倒。

クラウドWiFiは各社モバイルルーターをレンタル品として無料で提供していることが多いです。

中には返却不要のところもありますが、基本的には解約時に返却しなくてはいけません。

返却する手間と送料がかかることを懸念する人もいますが、使わなくなったルーターを捨てていいものかどうするべきか迷う人もいるので、賛否両論あるでしょう。

クラウドWiFiによって借りれるモバイルルーターにも数種類あり、定番のU3には液晶画面がありません。

最近取り扱いが増えてきたNA01は液晶画面が付いたモバイルルーターです。

U3とNA01
左が定番のU3、右がNA01

個人的には液晶画面があるかどうかはあまり気になりませんが、付いてて欲しいと思う人もいますね。

ただし、性能として大きく変わりませんので安心してください。

サポート品質・対応力に関する口コミ

20代男性

問い合わせフォームから連絡をしたのに全然返信がない。何度か送ってようやく返信がきた。対応はよくないと思います。

40代女性

いざというときが心配だったので電話サポートのあるTHE WiFiにしました。何度か電話することがありましたが、ちゃんと対応してくれたので良かったです。

40代男性

特に困ったことがないのでわかりません。大抵のことは公式サイトに書いてある。ちゃんと調べずに文句を言う人が多すぎるのでは?と思います。

クラウドWiFiの多くが、電話サポートがありません。

基本的に問い合わせフォームのみで、やりとりはすべてメールになります。

ちゃんとした電話サポートの窓口を用意しているのは、口コミにもある通りTHE WiFiくらいです。

各社人件費を抑えることで、安価でのサービス提供を可能にしています。

この辺りもクラウドWiFiの特色の1つであり、心配性な方は少し気になるかもしれません。

そういった方は、電話サポートのあるTHE WiFiを選ぶと良いでしょう。

クラウドWiFiの口コミと評判まとめ
  • 対応エリアは広い
  • オンラインゲームはできないが、日常生活で使う分には困らない
  • 料金コスパの満足度は高い
  • 端末が無料レンタルなのは賛否両論
  • 電話サポートが必要な人はTHE WiFiを選びましょう

クラウドWiFiとWiMAXの違いは?メリットとデメリットを比較!

iMAXの違いは?メリットとデメリットを比較!

クラウドWiFiが登場するまで、ポケットWiFiと言えばWiMAXでした。

クラウドWiFiとWiMAXではどういった違いがあり、どちらが優れているのでしょうか。

クラウドWiFiとWiMAXのメリットとデメリットを比較して紹介します。

クラウドWiFiWiMAX
メリット月額料金が安い
3日間の速度制限がない
データ容量は無制限
通信速度が光回線並みに速い
デメリット通信速度がそれほど速くない
使えるデータ容量に上限がある
3日間で15GBの速度制限がある
月額料金が高い

最新のWiMAX+5Gにて比較しています。

クラウドWiFiがWiMAXより劣っているデメリットは通信速度とデータ容量!

クラウドWiFiがWiMAXより劣っているデメリットとは?

クラウドWiFiがWiMAXに負けているのは、通信速度とデータ容量です。

WiMAXは光回線並の速さが出ることもあり、非常に快適に使うことができます。

また、1ヶ月のデータ容量に上限はなく、好きなだけギガが使えるのもWiMAXのメリットです。

光回線並に速いとはいえ、オンラインゲームや動画配信には向いていないので注意しましょう。

WiMAXより1,000円以上も安いのに3日間の速度制限もない!

クラウドWiFiがWiMAXに優っているメリットとは?

WiMAXより優れている面としては、まずは月額料金の安さです。

WiMAXの実質月額が4,500円程であることに対して、クラウドWiFiは3,000円程と1,000円以上も安く使うことができます

また、WiMAXは3日間で15GB以上使うと翌日が速度制限になりますが、クラウドWiFiには契約しているデータ容量さえ超えなければ速度が制限されることはありません。

プランによっては、1日に10GBや20GB使うことができるのです。

こういった使い勝手の良さがクラウドWiFiのメリットとなります。

WiMAXよりは遅いけれど日常生活で困ることはない

OKサインをする女性

確かにクラウドWiFiはWiMAXより速度が遅いです。

ですが、常時20Mbps前後は出るクラウドWiFiであれば、日常生活で使っていて困ることはありません

ネット検索、SNS、動画視聴、スマホゲームといったことに使う程度であれば、クラウドWiFiで十分なのです。

クラウドWiFiをおすすめするのはどんな人?

クラウドWiFiはこんな人におすすめ

オンラインゲームや動画配信を行う一部の人を除いて、普段使いのポケットWiFiとしてであればクラウドWiFiで十分なことがわかりました。

具体的にどんな人にクラウドWiFiがおすすめなのかを紹介します。

クラウドWiFiをおすすめする人

  • 4人同時に使うことがない
  • 動画視聴程度の速度が出れば困らない
  • 1ヶ月100GB~200GBあれば足りる(20GBや50GBでも足りるなら尚更)
  • お試し期間が欲しい

4人以上同時に使うことがない

クラウドWiFiに限らず、ポケットWiFiというのは「同時に使う人が多ければ多いだけ速度が遅くなる」ものです。

1人(1台)で使う分なら20Mbps出るポケットWiFiであっても、2人(2台)になると10Mbpsしか出ません。

4人(4台)も同時に使えば5Mbpsまで速度が遅くなってしまうのです。

ある程度快適に安定して使えるのは、せいぜい2~3人(台)までとなります。

いつも4人(4台)以上で使おうと考えている人はクラウドWiFiではなくWiMAX、それこそ光回線にするべきです。

家族みんなで使うならホームルーターや光回線にしましょう

home5g
ドコモ5G対応ホームルーター「home5G」

ポケットWiFi1つで家族のWi-Fiをまかなうのは無理があります。

自宅でWi-Fiを使えるようにしたいのであれば、ホームルーターや光回線を導入するべきです。

最近発売されたドコモのホームルーター「home5G」であれば、光回線と同じくらい快適に使うことができます。

どうしても工事がしたくない、マンションが光回線に対応していない、という人には、ドコモのhome5Gがおすすめです。

動画視聴程度の速度が出れば困らない

ポケットWiFiに何を求めるかは人それぞれですが、「動画をたくさん見たい」という人が1番多いです。

動画を視聴する程度の速度で大丈夫なのであれば、クラウドWiFiにしましょう。

月額料金の高いWiMAXや、工事が必要な光回線をわざわざ導入する必要はありません。

1ヶ月100GB~200GBあれば足りる(20GBや50GBでも足りるなら尚更)

100GBの目安

1ヶ月で100GBもあれば、YouTube(標準画質)を毎日16時間も見ることができます。

1日5~6時間程度しか見ないのであれば、50GBもあれば十分です。

学生や社会人であれば、毎月100GBもあれば十分足りるということがわかります。

お試し期間が欲しい

「そうは言っても使ってみて速度が遅かったり繋がらなかったらどうするんですか?」と不安に思う人も少なくないでしょう。

安心してください。クラウドWiFiは基本的に「8日以内」、AiR WiFiやTHE WiFiであれば「30日以内」であれば違約金なしでキャンセル(解約)することができます。

30日間ものお試し期間があるのであれば、初めての人でも安心して使い始めることができるはずです。

THE WiFiとどこよりもWiFi以外は、3,300円の手数料だけ必要になります。

クラウドWiFiのよくある質問を初心者向けに解説

よくある質問と答え

初めてクラウドWiFiを使う人の中には、色々な不安がある人もいると思います。

契約してから後悔しないためにも、事前に疑問点は全て解消しておくべきです。

これまで10台以上のクラウドWiFiを使ってきた管理人が、Wi-Fiの森編集部に寄せられることが多い質問を1つずつ解説していきます。

クラウドWiFiはお店でも契約できるの?

家電量販店や携帯ショップではクラウドWiFiの取り扱いがありません。

クラウドWiFiの契約は、すべてWebサイトからになります。

免許証や保険証は必要?

当ページで紹介しているクラウドWiFiは、本人確認書類なしで契約ができます。

未成年でも契約できるの?

未成年の方は契約できません。

クレジットカードも必要になりますので、家族の方に契約してもらいましょう。

口座振替でも契約できるクラウドWiFiはあるの?

Mugen WiFiであれば口座振替でも契約可能です。

申し込んでからどれくらいで届くの?

契約するクラウドWiFiにもよりますが、概ね2日~1週間ほどで手元に届きます。

AiR WiFiやMugen WiFiであれば、正午12時までの申し込みで当日発送となりますので、最短翌日から使うことが可能です。

パソコンやスマホ以外でも使うことはできるの

パソコンやスマホに限らず、Wi-Fiが接続できる機器であれば何でも使うことができます。

テレビ、ゲーム機(PS4やスイッチなど)、スマートスピーカーなどのIoT機器、コミュニケーションロボット(AIBOなど)といった、Wi-Fiがつながる機器であれば何にでも利用可能です。

速度が遅い場合はどうすればいいの?

まずは端末の再起動を行ってみましょう。

モバイルルーターもスマホ(パソコン)も、両方とも再起動してみてください。

再起動しても改善しない場合は、こちらの記事で紹介している対処法を1つずつ試してみてください。

速度が遅くなりやすい時間帯はあるの?

総務省発表の統計データベースによると、お昼12時台と夜の20時~23時が利用者(データ通信量)のピークであり、他の時間帯に比べると速度が遅くなる傾向があります。

移動通信トラフィックの時間帯別変化
総務省「情報通信統計データベース」によりWi-Fiの森編集部作成
データ容量を使い切るとどうなるの?

翌月1日午前0時まで速度が制限されます。

制限中の速度は128kbpsや256kbsとなりますが、どちらにしても非常に遅く、LINEを送るのですら時間がかかるほどです。

低画質にしても動画視聴はできなくなるため、全く使い物にならないと考えた方がいいでしょう。

設定などは必要?すぐに使えるものなの?

インターネットの設定は必要ありません。電源を入れてWi-Fiに接続すれば、すぐに使うことができます。

初めてクラウドWiFi(ポケットWiFi)を使う人のために、詳しいWi-Fi接続の方法を以下で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドWiFiの接続方法を画像付きで解説します

スマホを操作する女性

契約するクラウドWiFiによって届く端末(モバイルルーター)に違いこそありますが、いずれの端末でも基本的な操作方法に違いはなく、簡単3ステップでWi-Fiが使えるようにできます。

Wi-Fiを接続する方法は、以下のとおりです。

STEP
端末の電源を入れる

U3の電源ボタン

電源ボタンを長押しして、電源を入れます。

届いたばかりの端末はバッテリーが不足している可能性があります。先に充電をしてから電源を入れましょう。

STEP
SSIDとパスワードを確認する

U3のSSIDとパスワード

端末本体、もしくは液晶画面をタップすることで、Wi-Fi接続に必要なSSIDとパスワードを確認することができます。

画像の端末の場合

SSID:AiR-WiFi_0OSPI7

パスワード:48984201

STEP
接続したい機器の設定画面を開きWi-Fiに接続する

Mugen WiFiのWiFiに接続する

一覧から該当するSSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fiの接続は完了します。

画面上にWi-Fiのアイコンが表示されていればOKです。

上記画像はiPhoneでの説明になりますが、Androidでもパソコンでもテレビでもゲーム機でも同じ手順になりますので安心してください。

クラウドWiFiがあれば、ありとあらゆる場所でWi-Fiが使えるようになります。

月額2,000円~3,000円台という低価格で大容量のデータ通信が使える、大変オトクなポケットWiFiです。

初心者の方でも簡単に操作ができるので、インターネットが苦手な方でも安心してお申し込みください。

スクロールできます
クラウドWiFi\おすすめ1位/
AiR WiFi
\おすすめ2位/
THE WiFi
\おすすめ3位/
どこよりもWiFi
モンスターモバイルMugen WiFiクラウドWiFi東京hi-ho Let’s WiFiゼウスWiFi
AiR WiFiTHE WiFiどこよりもWiFiMONSTER MOBILEMUGEN WiFiクラウドWiFi東京hi-ho WiFiゼウスWiFi
データ容量100GB100GBなど1日4GB100GBなど100GB100GB1日7GBなど100GBなど
月額料金3,278円3,828円900円~2,090円~3,718円3,718円3,828円~2,178円~
契約期間1年2年2年1年2年なし2年2年
縛りなし
オプション
丸
+330円
バツ 丸
+500円
丸
+550円
丸
+660円
二重丸
追加費用なし
バツ 丸
+330円~
お試し期間30日間 30日間 7日間 8日間 30日間 8日間 8日間 8日間
キャンペーンなし4ヶ月無料なしなしキャッシュバック
10,000円
なし最大24ヶ月割引
事務手数料無料
3ヶ月割引
詳細 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン 公式サイト用ボタン
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる