VDSLのマンションとは?光回線なのになぜ遅い?超高速化する裏技を解説

この記事でわかること
  • 光回線マンションのVDSL方式とは何かを解説します
  • 速度を改善する方法も紹介します
  • VDSLでもあきらめずに頑張ってみてください

「うちの光回線はVDSLっていうタイプみたいなんですが、これって遅いんですか?」

非常に残念ですが、VDSLタイプの光回線は遅いです。

VDSLとはマンションにおける光回線の配線方式の1つ。理論上の最大100Mbspなので、一般的には20~50Mbps程度しか出ません。

ただし、本気を出せば「80Mbps」くらいまでなら速度を上げることも可能。

今、スピードテストでググったらGoogle製のスピードテストが出るんですね
知らなかった

VDSLでもこんだけ出るのにも驚いた pic.twitter.com/wQW5UldP9Z

— anArt (@fly15f) December 9, 2019

「80Mbps」も出れば遅いどころかむしろ速いくらいです。

では、どうやったらVDSLマンションで今より速くすることができるのか。

速度を改善させる方法は次の4つしかありません。

VDSLマンションの速度改善方法4つ

  • 高性能ルーターに買い換える
  • IPv6に切り替える
  • IPv6が使える別の光回線へ乗り換える
  • ファミリータイプに変更する

「VDSLとは何か」「速度の改善方法」について、ネットに詳しくない方にもわかるように解説していきたいと思います。

目次

VDSLは電話回線による配線方式|最大100Mbpsしか出ない

光回線をマンションに引き込んでいる

VDSLとは、マンションで使われている配線方式の1つです。

簡単に言うと、光回線ではなく電話回線を使って伝送しています。

光回線は最大1Gbpsですが、電話回線は最大100Mbpsしか伝送することができません。

だから遅いのです。

マンションの配線方式

光回線が導入されているマンションの場合、建物までは光ケーブルが引き込まれていますが、各部屋までも光回線で配線されているとは限りません。

マンションの光回線には、3つの配線方式があります。

光回線マンションの配線方式

  • 光配線方式:各部屋まで光ケーブルで敷設されている
  • VDSL方式:各部屋まで電話回線で敷設されている
  • LAN配線方式:各部屋までLANケーブルで敷設されている  v
光配線方式
VDSL
LAN配線方式
配線方式による速度の違い
配線方式 最大速度
光配線方式 1Gbps
VDSL 100Mbps
LAN配線方式 100Mbps

これらはマンション建設の際に設計されたものなので、住民の独断によって変更することはできません。

VDSLとは電話回線を使った配線方式のこと

VDSLとは電話回線を使った配線方式のこと

俗に言う「光回線」というのは、光ケーブルを使ったインターネット回線のことです。

普段あまり目にすることはないかもしれませんね。

それに対してVDSLというのは電話回線のことを指します。

いわゆる固定電話に使われているケーブル線と同じです。

壁のモジュラージャックと固定電話を繋いでいるケーブル線、これを「電話回線」と呼びます。

固定電話を使わない人が増えてきたので、今の若い方であれば電話回線ですら見たことない方もいるかもしれません。

VDSL方式の場合、外から建物までは光ケーブルが引き込まれているけれど、各部屋までは電話回線を使って敷設されている、ということになります。

電話回線の伝送速度は最大100Mbspしか出ません。

実効速度では、せいぜい20~40Mbps出る程度でしょう。

その結果、光回線を契約しているにも関わらず、電話回線を使ってインターネットをするようなものなので「光回線なのに遅い!」ということになります。

マンションに住んでるんだけど台風のせいで住人が外に出られないせいか
ネットのダウンロード速度が酷い事になってる…これだからVDSLは… pic.twitter.com/pDB4I4YIsf

— 羽間 (@mercstoria2015) October 12, 2019

でも安心してください。

しっかりと対策をすれば、VDSLマンションであっても80Mbpsくらいまでなら速度を出すことが可能です。

80Mbpsも出れば十分高速と言えるでしょう。

オンラインゲームや動画配信だって問題なくできますよ。

一戸建てや光配線方式のマンションであっても、正しく使わないと30~50Mbpsしか出ないなんてことはよくある話。

与えられた性能を活かすも殺すも自分次第なのであります。

VDSLを超高速化する4つの方法

VDSLを超高速化する4つの方法について1つずつ解説をしていきます。

VDSLを超高速化する4つの方法
方法 効果 難易度 費用
高性能ルーターに買い換える 簡単 1万円ほど
IPv6に切り替える 普通 無料もしくは1万円ほど
IPv6が使える別の光回線へ乗り換える 普通 実質無料
ファミリータイプに変更する 超難関 3~5万円ほど

対策1:高性能ルーターに買い換える

無線ルーター

VDSLだけどルータ変えたら前使ってた光より速くなった pic.twitter.com/j5wot3OBpi

— りょうちん🔰 (@tyari_shosinsha) October 27, 2018

もしも今使っているルーターが古いのであれば、最新の高性能ルーターへ交換するだけで「それなりに」速度が向上するでしょう。

現状が10Mbps前後であれば、30Mbpsくらいにはなるかもしれません。

ただし、ルーターを変えただけで50Mbps以上出ることはよほどないでしょう。

対策2:IPv6に切り替える

IPv6の方が断然速い

VDSLでもIPv6ならちゃんと速度出る~~~~~~! pic.twitter.com/7n8uYXjXD8

— おぐら@【C97】12/31(4日目)西Q23a (@OGOG_Ogura) October 6, 2018

お使いのインターネット回線が最新のIPv6通信に対応しているのであれば、ぜひ変更しましょう。

電話一本で切り替えできます。

ただし、お使いのルーターが非対応であれば買い替えなければいけないのと、そこまで難しくはないですが設定も必要です

また、そもそも回線自体が混雑しやすいプロバイダであれば、IPv6通信に変更したとしても劇的な変化が見込めないかもしれません。

IPv6にしても速度の改善が見込めない光回線

  • DTI光
  • エキサイト光
  • ぷらら光
  • eo光(IPoEではないため)
  • J COM光(そもそもIPv6にできない)
  • あまり有名でない光回線

※あくまでも弊社の実績に基づく見込み。

これらの光回線を使っている場合は、IPv6にしてもあまり改善されないかもしれません。

当記事における「IPv6」とは「IPoE+IPv4 over IPv6」のことを指します。

「IPv6(PPPoE)」ではありません。

対策3:IPv6が使える別の光回線へ乗り換える

ソフトバンク光、高速ハイブリッド接続凄すぎワロタw
マンションVDSL+光で混雑する夜でこれが安定してでる。
乗り換えてよかった pic.twitter.com/ETKBL8UuB0

— べるべっと@バハ鯖 & DQ10 (@hinatanhinyatan) March 30, 2018

個人的にはIPv6が使える別の光回線への乗り換えを一番おすすめします。

一番手っ取り早く、確実に、実質的な費用負担なしで速くすることができるからです。

乗り換え先の光回線選びさえ失敗しなければ、最短1週間で快適なインターネットが待っていますよ。

参考記事:乗り換えよう!VDSLマンションの方におすすめなIPv6対応の高速光回線

対策4:ファミリータイプに変更する

あまり現実的ではありませんが、ファミリータイプに変更する方法もあります。

ファミリータイプのメリット・デメリット
メリット デメリット
速度が確実に速くなる 月額料金が高くなる
解約&再工事費用がかかる
大家さんの許可が必要

100Mbps以上を求めるのであれば、個別に光回線を引っ張るファミリータイプへ変更するしかありません。

ただし、余計な出費がかかったり、月額料金が高くなるのはもちろんのこと、そもそも大家さんの許可が必要になるので簡単にはできません。

マンションなのにファミリータイプを契約するという方法、以前住んでいた部屋で実際に使っていました。

私の場合は入居前から速度が心配だった&仕事柄100Mbps以上が必要だったため、最初からファミリータイプで契約しています。

事前に大家さんの許可も取っていたのでスムーズに開通することができました。

Twitterにも同じようなことをされた方を発見。

やっと光開通!😂
マンションがVDSLしか出来なかったけど一戸建ての契約して引っ張ってもらった笑
速度もスマブラやるには問題ない数字!!なはず pic.twitter.com/DJ5eGW8LCi

— かか。 (@kakakimi_PK) November 28, 2019

ただし、今既にマンションタイプで利用している方が、改めてファミリータイプに変更するのはハードルが高いです。

どうしても100Mbps以上が必要な方だけ、挑戦することをおすすめします。

以上の4つがVDSLマンションの方向け速度改善方法でした。

まとめ:諦めるのはまだ早い!VDSLでも80Mbps以上出る!

「うちのマンションVDSLだった…終わった…」と悲観するのはまだ早いです。

VDSLマンションでもオンラインゲームを快適に遊べている人はたくさんいます。

VDSLにしては悪くないんじゃないでしょうかね #PS4share pic.twitter.com/QqafWnFvlB

— えとまる@ゲーム好き (@etomalgame) December 7, 2019

自宅ルーターをNVR500からNVR510に切り替えただけで2割早くなったのにV6プラスのコンフィグにしたらVDSLなのにここまで速くなった。マジか。 pic.twitter.com/hYUlgLAqma

— こまっちゃん (@komatsu_takashi) September 24, 2019

1番のおすすめである「乗り換え」も、手間がかからないと言えば嘘になります。

とはいえ、面倒なのは最初だけです。

ネットから手続きしたり、電話で工事日を調整したり、やることと言えばそれくらいでしょう。

これからもずーっと遅いままでストレスを溜め込むよりも、「よし、やるか!」と乗り換え手続きをすれば、一生快適なネットライフが待っています。

何もしなければ今のままから変わりません。

せっかくここまで読んだわけですから、ぜひ挑戦してみてください。

マンションVDSLに関してご相談・ご質問がある方は、コメント欄や公式LINE@からお気軽にご連絡くださいませ。

なる早で返答させていただきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる