WiMAX全12社を比較!プロが選ぶおすすめのプロバイダはコレだ【2021年10月】

2021年、1番人気のポケットWiFiであるWiMAX(ワイマックス)がさらに進化を遂げました。

WiMAX回線を主とした従来の「WiMAX2+」から、auの4G回線と5G回線が使える「WiMAX+5G」となったのです。

WiMAX+5Gの登場で、従来のWiMAX2+は新規の申し込みが順次終了となり、今後はWiMAX+5Gのみの受付となります

ここでは、ポケットWiFiとしての品質、使い勝手、通信速度など、全ての面で優れているWiMAX+5Gのプロバイダ全12社の料金などを徹底的に比較して、おすすめのWiMAXプロバイダをランキング形式で紹介します。

WiMAXのプロバイダとは?

WiMAXを販売する代理店のこと。WiMAX+5GはUQ WiMAXを合わせた全12社のプロバイダから購入することができる。

どこで購入しても、商品の性能としては全く同じですが、契約期間や月額料金などが異なります。

この記事でわかること
  • WiMAXはプロバイダによって対応エリアや通信速度に違いはない
  • WiMAX+5Gになって対応エリアが広がり速度も上がった
  • 月額料金や実質料金が安いプロバイダを選ぶのが正解
  • プロバイダによって契約期間や違約金も異なる
  • 端末代金が無料になるプロバイダもある
  • キャッシュバックがもらえるプロバイダもある

WiMAXのプロバイダ12社すべての料金プランとスペックを比較した結果、おすすめプロバイダのランキングは以下のようになりました。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【朝日新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ )

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

目次

WiMAX全12社比較!プロが選ぶおすすめプロバイダランキング【2021年10月】

WiMAXプロバイダ12社比較!人気おすすめランキング

WiMAXを選ぶときは、とにかく料金の安いプロバイダを選んでください。

なぜなら、どのプロバイダで契約しても購入できる端末(ルーター)は同じで、通信エリアや通信速度にも全く違いがないからです。

WiMAXのプロバイダによる違いは、初期費用、月額料金、契約期間、違約金、サポート品質の5つとなっています。

この5つの違いを比較した上で、Wi-Fiの森編集部がおすすめするプロバイダは次のとおりです。

スクロールできます
WiMAX\おすすめ1位/
BIGLOBE WiMAX
\おすすめ2位/
GMOとくとくBB WiMAX
\おすすめ3位/ カシモWiMAX Broad WiMAXUQ WiMAXVision WiMAXエディオンネットWiMAXBIC WiMAXワイヤレスゲートWiMAXKT WiMAXYAMADA air mobile WiMAXau WiMAX
BIGLOBE WiMAX+5GGMOとくとくBBカシモWiMAX Broad WiMAXUQ WiMAXVision WiMAXエディオンネットワイヤレスゲートKT WiMAXYAMADA air mobile
契約期間1年3年3年2年/3年2年3年2年2年2年2年2年2年
事務手数料3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円0円3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円
端末代金21,912円0円0円21,780円21,780円0円21,780円21,780円21,780円21,780円21,780円22,000円
月額料金4,378円~4,928円4,158円~4,708円1,408円~4,455円2,090円~5,313円4,268円~4,818円4,980円~5,313円4,268円~4,818円4,268円~4,818円4,268円~4,818円4,268円~4,818円4,268円~4,818円4,721円~5,271円
実質料金4,816円4,433円4,462円5,436円/4,449円4,869円4,831円5,254円5,254円5,254円5,254円5,254円5,715円
キャッシュバック10,000円なしなしなし10,000円5,000円なしなしなしなしなしなし
詳細公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン

5G対応のWiMAXは全部で12社から提供されていますが、BIGLOBE WiMAXかGMOとくとくBB WiMAXを選んでおけば間違いないです。

どれくらいの期間使うかわからない人はBIGLOBE WiMAX、3年間きっちり使う人はGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

口座振替で申し込みができるWiMAXの中で1番お得なのもBIGLOBE WiMAXです。

BIGLOBE WiMAXならいつでも気兼ねなく解約できる

BIGLOBE WiMAX+5G

BIGLOBE WiMAXは契約期間が1年の自動更新なしなので、2年目以降はいつ解約しても違約金が0円になります。

また、1年以内であっても違約金が1,100円しかないので、いつでも気兼ねなく解約できるのが特徴です。

月額料金も2年間は4,378円、3年目以降も4,928円と他社と比較しても決して高額ではありません。

違約金が少ないWiMAXはBIGLOBEとUQだけです。

おすすめプロバイダ5社の月額料金を比較

プロバイダ1年目2年目3年目以降
BIGLOBE4,378円4,378円4,928円
GMOとくとくBB4,158円4,158円4,708円
カシモ4,455円4,455円4,455円
Broad3,894円3,894円3,894円
(4年目から4,708円)
UQ4,268円4,268円4,818円

1番安いBroad WiMAX比べると500円の差がありますが、2年目以降いつ解約しても違約金が0円であることを考えれば十分お得であることがわかります。

Broad WiMAXは更新月以外に解約をすると、最低でも10,450円(最大20,900円)の違約金を払わないといけません。

どちらが損しないかと言えば、間違いなくBIGLOBEなのです。

端末代金は必要だけど実質負担は7,000円程度

1万円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXは端末代金こそ必要になるものの、初月の月額料金が無料、さらに契約した翌月に10,000円のキャッシュバックがもらえるので、実質7,000円程度で購入することができます。

なお、端末代金は月々913円×24回の分割払いとなるので、最初にまとまったお金を用意しなくて良いのも嬉しいポイントです。

大手プロバイダなのでサポート品質も間違いなし

BIGLOBE WiMAXは、大手プロバイダの1つであるビッグローブ社が運営をしています。

ビッグローブ社は通信事業者としてのキャリアも長く、オリコン満足度ランキングでも常に上位に付ける高品質なプロバイダです。

電話のサポート窓口もあり、どの曜日・時間帯であっても比較的繋がりやすくなっているので、WiMAX初心者の方でも安心して利用することができます。

ビッグローブの電話サポート繋がりやすさ状況
HPにて電話の混雑状況が確認できる

口座振替でも申し込みできる

口座振替でWiMAXを申し込む

WiMAXは基本的にクレジットカード払いでないと申し込みができません。

口座振替で申し込みができるWiMAXは、BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX、Broad WiMAXの3社だけです。

この3社の中で1番お得になるのはもちろんBIGLOBE WiMAXなので、口座振替で申し込みをしたい人は迷わずBIGLOBE WiMAXを選びましょう。

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 違約金が1,100円だけ(2年目以降は0円)
  • 2年間は割引価格で利用できる
  • 初月の月額料金は無料
  • 翌月に10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 大手プロバイダなのでサポートも安心
  • 口座振替でも申し込み可能

BIGLOBE WiMAXの商品概要

BIGLOBE  WiMAX+5Gの料金表
BIGLOBE WiMAX+5G
契約期間 1年
(自動更新なし
事務手数料 3,300円
端末代 21,912円
(913円×24回払い)

月額料金
初月 無料
1ヶ月目~24ヶ月目 4,378円
25ヶ月目以降 4,928円
キャッシュバック 10,000円
2年間の合計費用 125,212円
実質月額 4,816円

情報参照元:BIGLOBE  WiMAX公式サイト

\10月31日まで限定キャッシュバック13,000円/

BIGLOBE WiMAX+5G
1年以内の解約でも違約金1,100円のみ

選ぶべき端末(機種)はどっち?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人はモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれる優秀なルーターです。

※通常10,000円のキャッシュバックが10月31日まで限定の3,000円増額クーポン配布中です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

BIGLOBE WiMAX+5Gキャッシュバック増額クーポン

BIGLOBE WiMAX:https://join.biglobe.ne.jp/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

GMOとくとくBB WiMAXなら3年間の実質費用が1番安く使える

GMOとくとくBB WiMAX+5G

GMOとくとくBB WiMAXは、端末代金が0円、月額料金も他社より安くなっているため、契約期間である3年間の合計費用が全12社のプロバイダで1番安くなっています

3年間丸々使う予定があるのであれば、1番お得に使えるということです。

25ヶ月以上使うならBIGLOBE WiMAXよりもお得

端末代金や解約時に払う違約金を含めた合計費用で比べた場合、25ヶ月以上使うのであればBIGLOBE WiMAXよりお得になります。

合計費用は安いが解約の際の負担はBIGLOBE WiMAXより大きい

GMOとくとくBB WiMAXの違約金

25ヶ月以上使った場合、合計費用こそBIGLOBE WiMAXよりお得にはなります。

ただし、更新月以外に解約をしてしまうと10,450円以上の違約金を払わないといけないため、解約時の負担額はBIGLOBE WiMAXよりかなり大きいです。

GMOとくとくBB WiMAXの違約金
0~12ヶ月目 20,900円
13~24ヶ月目 15,400円
25~36ヶ月目 10,450円
37ヶ月目・更新月 0円
38ヶ月目以降
(更新月を除く)
10,450円
杉本

実質費用でGMOとくとくBBを選ぶか、解約時の負担を小さくできるBIGLOBEを選ぶか、自分に合った方を選びましょう。

プラスエリアモードが無料で使える

WiMAXが圏外になってしまう場所でも一時的にau回線(プラチナバンド)を使うことができる「プラスエリアモード」を無料で使うことができます。

ただし、WiMAX+5Gであればほとんどの場所で使うことができるので、よほどの理由がない限り使うことはありません。

プラスエリアモードが無料で使えるという理由だけでBIGLOBEではなくGMOとくとくBBを選ぶ人は、まずいないでしょう。

BIGLOBE WiMAXは、プラスエリアモードを使用するのに月額1,100円必要となります。

GMOとくとくBB WiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 端末代金が0円
  • 3年間の実質料金がWiMAXで1番安い
  • 2年間は割引価格で利用できる
  • 3年目以降も月額4,708円と安い
  • 大手プロバイダなのでサポートも安心

GMOとくとくBB WiMAX商品概要

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの料金表
GMOとくとくBB
契約期間 3年
事務手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 初月 4,158円
(日割り)
1~24ヶ月目 4,158円
25ヶ月目以降 4,708円
契約期間の合計費用 168,454円
実質月額 4,433円

情報参照元:GMOとくとくBB WiMAX

\月額料金がずっと安い/

GMOとくとくBB
実質月額はWiMAX+5Gで1番安い

選ぶべき端末(機種)はどれ?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人は最新のモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれるWi-Fi6に対応した優秀なルーターです。

GMOとくとくBB WiMAX:https://gmobb.jp/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

もっと長く使い続けるならカシモWiMAXが1番お得になります

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、3年間の合計費用がGMOとくとくBB WiMAXと同じくらい安いプロバイダです。

ただし、月額料金がGMOとくとくBB WiMAXより少しだけ安いため、(最初の9ヶ月を除いて)42ヶ月以上使うのであればカシモWiMAXの方がお得になります。

42ヶ月以上使うならGMOとくとくBB WiMAXよりもお得

端末代金や違約金を含めた合計費用で比べた場合、42ヶ月以上使うのであればGMOとくとくBBよりお得になります。

解約時の違約金は全く同じ

カシモWiMAXもGMOとくとくBB WiMAXも、契約途中での解約にかかる違約金は全く同じです。

カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの違約金
0~12ヶ月目 20,900円
13~24ヶ月目 15,400円
25~36ヶ月目 10,450円
37ヶ月目・更新月 0円
38ヶ月目以降
(更新月を除く)
10,450円

プロバイダとしての実績・サポート品質が違う

GMOとくとくBBは2年連続顧客満足度1位

カシモWiMAXを運営するのは2016年に設立されたばかりのMEモバイルという会社です。

対してGMOとくとくBB WiMAXは、東証一部に上場もしているGMOインターネット株式会社であり、プロバイダとしての実績は歴然の差があります。

GMOとくとくBBは広域プロバイダとして顧客満足度2年連続1位を獲得する、優良プロバイダの1つです。

オリコン満足度ランキング調査より

どちらのWiMAXがより安心して利用できるかは、言うまでもありません。

カシモWiMAXもプラスエリアモードを無料で使うことができます。

カシモWiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 端末代金が0円
  • 3年間の実質料金がGMOとくとくBBと同じくらい安い
  • 42ヶ月以上使うなら1番安くなる
  • 初月は月額1,408円
  • 2ヶ月目以降はずっと月額4,455円という最安価格で使える

\月額料金がずっと安い/

カシモWiMAX
端末代金0円

選ぶべき端末(機種)はどっち?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人はモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれる優秀なルーターです。

カシモWiMAX:https://ka-shimo.com/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

Broad WiMAXなら乗り換え違約金を最大19,000円まで負担してくれる

Broad WiMAX

旧WiMAXである「WiMAX2+」から新しいWiMAX+5Gに乗り換えをする予定の人には、Broad WiMAXをおすすめします。

なぜなら、最大19,000円までであれば違約金を全額負担してくれるからです。

契約解除料還元のお乗換えキャンペーンがあるのはBroad WiMAXだけ!

Broad WiMAXの違約金還元キャンペーン

乗り換え元のインターネット回線はWiMAXに限りません。

ポケットWiFiやホームルーター、光回線からの乗り換えでもキャンペーンの対象です。

Broad WiMAXの利用開始6ヶ月後に、指定口座にキャッシュバックしてくれます。

WEBからの申し込み、クレジットカード払いとオプションへの加入が還元条件

還元キャンペーンの条件は3つあります。

電話ではなくWebサイトの申し込みフォームから申し込むこと、クレジットカード払いで申し込むこと、指定オプションに加入することです。

ただし、指定オプションに関しては契約後すぐに解約することができるので、大きな問題はありません。

違約金還元キャンペーンの条件
申し込み方法 Webサイトの申し込みフォーム
支払方法 クレジットカード
指定オプション 安心サポートプラス 605円
MyBroadサポート 998円
最大2ヶ月無料
上記条件を満たすことで、違約金を最大19,000円まで還元します。

安心サポートプラス1ヶ月分の605円払うだけで最大19,000円の違約金が還元されると考えれば、非常にお得なのは言うまでもありません。

同条件を満たすことで「謎の初期費用(20,743円)」も無料になります

Broad WiMAXのWeb割(初期費用無料)キャンペーン

Broad WiMAXには、他のプロバイダにはない「謎の初期費用(20,743円)」があるのですが、Webサイトからの申し込み、クレジットカード払い、指定オプションに加入することで無料にすることができます。

つまり、還元キャンペーンと全く同じ条件ということです。

Web割キャンペーンの条件
申し込み方法 Webサイトの申し込みフォーム
支払方法 クレジットカード
指定オプション 安心サポートプラス 605円
MyBroadサポート 998円
最大2ヶ月無料
上記条件を満たすことで、初期費用(20,743円)が無料になります。

オプションに加入しなかったり、口座振替で申し込んでしまうと違約金の還元はもらえず、初月に20,743円も請求されてしまうので、気をつけてください。

3年間の合計費用はGMOとくとくBBの次に安い

違約金還元キャンペーンがありながらも、3年間の合計費用はGMOとくとくBB WiMAXの次に安いというのがBroad WiMAXのすごいところです。

4年目以降の月額料金はGMOとくとくBB WiMAXと全く同じ4,708円になるので、長く使っても両社に差は生まれません。

Broad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの料金比較
Broad WiMAX GMOとくとくBB
事務手数料 3,300円 3,300円
端末代金 605円×36回払い 0円
月額料金(1~2年目) 3,894円
(3ヶ月間は2,090円)
4,158円
月額料金(3年目) 3,894円 4,708円
月額料金(4年目以降) 4,708円 4,708円
3年間の合計費用 169,059円 168,454円

他社から乗り換えるならBroad WiMAXで決まり

長く使っても損がなく、違約金まで負担してくれるのがBroad WiMAXです。

他のインターネット回線からWiMAXへ乗り換えを検している人は、Broad WiMAXを選びましょう。

Broad WiMAXも、プラスエリアモードをずっと無料で使うことができます。

Broad WiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 他社から乗り換えなら違約金最大19,000円まで還元
  • 3年間の合計費用がGMOとくとくBB WiMAXの次に安い
  • 3年目以降の月額料金も安い

Broad WiMAXの商品概要

Broad WiMAX+5Gの料金表
Broad WiMAX
契約期間 3年
初期費用 20,743円
Web割キャンペーンで無料
事務手数料 3,300円
端末代 605円×36回払い
月額料金 初月~2ヶ月目 2,090円
3~36ヶ月目 3,894円
25ヶ月目以降 4,708円
契約期間の合計費用 169,059円
違約金還元 最大19,000円
実質月額 4,449円

情報参照元:Broad WiMAX

\月額料金がずっと安い/

Broad WiMAX
他社から乗り換えなら違約金負担します

選ぶべき端末(機種)はどれ?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人は最新のモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれるWi-Fi6に対応した優秀なルーターです。

Broad WiMAX:https://wimax-broad.jp/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

より安心して使いたいなら本家UQ WiMAXがおすすめ

UQ WiMAX

WiMAXというサービスの大本は、UQコミュニケーションズ社です。

UQコミュニケーションズが、各プロバイダにWiMAXという商品(サービス)を卸しています。

とはいえ、UQ社と他プロバイダが扱うWiMAXの品質に差はなく、それこそUQ社の独占にならないように、あえてUQ社のWiMAXは少し高めの料金設定となっているのです。

では、UQ WiMAXが他社より優れている点がないのかと言えば、そうではありません。

1番の売りは圧倒的なサポート力となっています。

WiMAXで唯一ショップを構えている

UQ WiMAXは全国に200店舗ほどの専門ショップを構えています。

ショップでは実機を触ることはもちろん、スタッフと対面でサポートを受けることができるのです。

WiMAXの調子が悪いときや、端末が故障したときなども、安心して利用することができます。

>>全国のUQスポットはこちら

対応品質の良い電話とチャットのサポートがある

UQ WiMAXのサポート品質は、全12社の中でダントツに優れています。

電話によるサポートもチャットサポートも、どちらもすぐに繋がり、オペレーターの話し方も丁寧と文句なしの出来です。

WiMAX初心者の方でも安心して相談することができます。

更新期間以外の解約でも違約金は1,100円だけ

UQ WiMAXは、更新期間以外の解約でも違約金が1,100円だけと非常に良心的です。

更新期間は2年ごとに3ヶ月間も用意されているので、0円で解約できるタイミングが他のプロバイダより多くなっています。

2年目以降は違約金が0円のBIGLOBE WiMAXには少し劣りますが、UQ WiMAXも十分良心的と言えるでしょう。

より高品質なサポートが欲しい人はUQ WiMAXがおすすめ

料金プランや違約金などがBIGLOBE WiMAXと良く似ているわけですが、結局のところ料金的なメリットはBIGLOBE WiMAXの方が上となります。

あえてUQ WiMAXを選ぶのだとすれば、より高品質なサポートを必要としている人だけです。

とはいえ、BIGLOBE WiMAXでも十分なサポートが受けれますので、少しでもお得に利用したい人にはBIGLOBE WiMAXをおすすめします。

UQ WiMAXも、プラスエリアモードを使用すると月額1,100円がかかります。

UQ WiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 更新月以外の解約でも違約金は1,100円
  • 2年間は割引価格で利用できる
  • 4ヶ月後に10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 本家WiMAXなのでサポートも安心

UQ WiMAXの商品概要

UQ  WiMAX+5Gの料金表
UQ WiMAX
契約期間 2年
(自動更新あり)
事務手数料 3,300円
端末代 21,780円
(605円×36回払いも可)

月額料金
初月 4,268円の日割り
1ヶ月目~24ヶ月目 4,268円
25ヶ月目以降 4,818円
キャッシュバック 10,000円
2年間の合計費用 126,598円
実質月額 4,869円

情報参照元:UQ WiMAX公式サイト

\今だけキャッシュバック10,000円/

UQ WiMAX
解約時の違約金は1,100円だけ

選ぶべき端末(機種)はどれ?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人は最新のモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれるWi-Fi6に対応した優秀なルーターです。

UQ WiMAX:https://shop.uqwimax.jp/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

Vision WiMAXは初期費用0円だから始めやすい

Vision WiMAX

Vision WiMAXは、事務手数料、端末代金、初月の月額料金の全てが0円になっているため、非常に使い始めやすいWiMAXです。

「最初にまとまった費用がかかるのが辛い」という人にうってつけのWiMAXとなります。

月額料金も3年間の合計も割高ではある

ただし、お得なのは最初だけでもあります。

翌月以降の月額料金は4,980円とBIGLOBE WiMAXよりも高いですし、3年目からはさらに値上げして月額5,313円と業界最高値となってしまうのです。

そのため、せっかく初期費用が0円であっても、3年間の合計はGMOとくとくBBやカシモWiMAXより高く、お得感がなくなってしまいます。

月額料金が高いので長く使えば使うだけ損になる

月額料金が高いため、GMOとくとくBB WiMAXやカシモWiMAXとは違い長く使えば使うだけ損になってしまいます。

それこそBIGLOBE WiMAXやUQ WiMAXよりも高いので、長期利用には向いていません

Vision WiMAXもプラスエリアモードをずっと無料で使うことができます。

Vision WiMAXのおすすめポイントまとめ

  • 事務手数料、端末代金、初月の月額料金の全てが0円

Vision WiMAXの商品概要

Vision WiMAX+5Gの料金表
Vision WiMAX
契約期間 3年
事務手数料 無料
端末代 無料
月額料金 初月 無料
1~24ヶ月目 4,980円
25ヶ月目以降 5,313円
契約期間の合計費用 183,589円
キャッシュバック 5,000円
実質月額 4,831円

情報参照元:Vision WiMAX

\今だけキャッシュバック5,000円/

Vision WiMAX
端末代金0円

選ぶべき端末(機種)はどっち?

家でしか使わない人はホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を選びましょう。

家でも外でも使いたい人はモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を選びましょう。

どちらの機種もWiMAX+5Gの力を思う存分引き出してくれる優秀なルーターです。

Vision WiMAX:https://visionwimax.com/

公式サイトに移動します

簡単1分で申し込み完了

7位~11位は全て家電量販店のWiMAXのため、どれも同じ料金プランになります。

時期によっては家電製品が5,000円引きになるなどのキャンペーンを行っていることがありますが、料金的にはGMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXの方がお得になるため、あまりおすすめではありません。

家電量販店のWiMAXは店舗によって割引施策が異なる

エディオン

家電量販店で契約できるWiMAXは、基本的に全て同じ料金プランです。

違いは割引施策のみとなっています。

家電量販店のランク付けは割引施策の有無と、店舗スタッフの対応品質の良し悪しにて行いました。

料金プランはUQ WiMAXと全く同じ

家電量販店で契約できるWiMAXは、WiMAXの本家であるUQ WiMAXと同じです。

家電量販店のWiMAX+5Gの料金表
契約期間 2年
(自動更新あり)
事務手数料 3,300円
端末代 21,780円
(605円×36回払いも可)

月額料金
初月 4,268円の日割り
1ヶ月目~24ヶ月目 4,268円
25ヶ月目以降 4,818円
2年間の合計費用 136,598円
実質月額 5,254円

家電量販店の割引施策一覧

Wi-Fiの森編集部が調べた結果、WiMAX+5G契約による割引施策があるのはエディオンだけでした。

家電量販店施策
エディオンエディオンカード支払いで月額220円引き
ビックカメラWiMAX+5Gは割引施策なし
ヨドバシカメラWiMAX+5Gは割引施策なし
ケーズデンキWiMAX+5Gは割引施策なし
ヤマダ電機WiMAX+5Gは割引施策なし

旧WiMAXである「WiMAX2+」であれば、5,000円引きキャンペーンを行っています。

在庫があれば即日持って帰れるのが1番のメリット

家電量販店でWiMAXを契約する1番のメリットは、やはり即日で持ち帰りできることです。

GMOとくとくBBなどのWeb申し込みですと、どれだけ早くても翌日からしか使えません。

ただし、最近は店舗での販売数が減少していることもあり、在庫を抱えないお店も増えてきました。

家電量販店で契約を考えている人は、事前に必ず在庫を確認して足を運ぶようにしましょう。

契約後の問い合わせは店舗ではなく電話サポート

買ったその日から使えるというメリットこそありますが、契約後の問い合わせはすべて電話になります。

店舗は販売こそしますが、サポートまで行っているわけではありません。

量販店ごとに専用のサポートダイヤルが用意されています。

家電量販店のWiMAXおすすめポイントまとめ

  • 買ったその日から利用可能
  • 店員に相談ができる

au WiMAXのメリットは店舗でサポートが受けられることだけ

auショップ

auショップでもWiMAX(auモバイルルーター5G)を購入することができますが、全12社の中で1番料金が高いので気をつけましょう。

auでWiMAXを購入するメリットは、購入時や購入後も店舗で直接サポートを受けることができるだけです。

実質月額は5,715円と最安のGMOとくとくBBに比べて1,000円以上も高く、2年間で4万円近く多く払うことになってしまいます。

最初に端末代金も払わなくてはいけないなど、料金面ではデメリットしかないのでお気をつけください。

au WiMAXの商品概要

au WiMAX+5Gの料金表
契約期間 2年
(自動更新あり)
事務手数料 3,300円
端末代 22,000円

月額料金
初月 4,721円の日割り
1ヶ月目~24ヶ月目 4,721円
25ヶ月目以降 5,271円
2年間の合計費用 148,596円
実質月額 5,715円

情報参照元:au公式サイト

WiMAXは現在12社のプロバイダから購入することができます。

迷ったらBIGLOBEかGMOとくとくBBのどちらかを選んでおけば大きな失敗は絶対にありません。

WiMAXの選び方についてもっと詳しく知りたい方は、下記を参考にすることでより自分に合ったプロバイダを選ぶことができます。

>>おすすめランキング1位から見直す

料金以外の違いは?WiMAXプロバイダの対応エリアと実際の速度を比較

WiMAXプロバイダの対応エリアと実際の速度を比較

WiMAXはプロバイダによって料金こそ異なるものの、対応エリアや通信速度は全く同じになります。

それこそ5G対応になったWiMAX+5Gは、従来のWiMAXより広いエリアで使えるようになり、速度も大幅にアップしたのです。

WiMAXの対応エリアは全プロバイダ共通!繋がりやすくなりました

WiMAX+5Gの対応エリア
最新の5Gにも対応

従来のWiMAXは地域や場所によって圏外になることが多く、「繋がらない」という声が跡を絶ちませんでした。

ですが、新しくなったWiMAX+5Gは違います。

話題の5G回線が使えるだけでなく、4G回線(スマホ回線)が使えるようになり、どこでも繋がりやすくなったのです。

Wi-Fiの森編集部でも実際に利用していますが、圏外になったことは一度もなく、地下鉄やビルの中でも快適に使えています。

WiMAXの対応エリアを比較
通信モード WiMAX+5G WiMAX2+
通常モード バンド1(au 4G)
バンド3(au 4G)
バンド41(WiMAX)
N78(au 5G)
バンド41(WiMAX)
プラスエリアモード バンド18
(au 4G プラチナバンド)

プラスエリアモードとは?

通常モードに加えて、さらに広いエリアで使えるようになるモード。

通常モードで圏外になるような場所でも、プラスエリアモードであれば繋がることが多い。

ただし、1ヶ月で15GBまでしか使えないので、どうしても必要な時だけ使うようにするのが望ましい。

光回線並みの高速を実現!プロバイダによる違いはありません

WiMAX+5Gの実際の速度
4Gエリアでも100Mbps超えを連発

WiMAX+5Gになってパワーアップしたのは通信エリアだけではありません。

快適にインターネットを使うための通信速度に関しても大幅に向上しています。

下りの最大速度は従来より2倍以上も速い2.7Gbps、上りの最大速度も183MbpsとポケットWiFiとは思えないスペックとなったのです。

4Gエリアであっても100Mbps超えを連発しており、光回線のような速さを体感できています。

※Mbpsはネット速度の単位です。数値が大きければ大きいほど速く、ネットが固まらずに使うことができます。1,000Mbps=1Gbps。

杉本

個人的に従来のWiMAXは全く使い物にならないと感じていたのですが、最新のWiMAX+5Gは本当に素晴らしく、めちゃくちゃ感動しています。

データ容量無制限は本当?WiMAXの速度制限を比較

WiMAXの速度制限を比較

データ無制限を謳うWiMAXですが、本当なのでしょうか。

確かに1ヶ月のデータ容量(ギガ)に上限はありませんが、使いすぎると速度が制限されることはあるので注意しましょう。

1ヶ月のデータ容量に上限はなし!WiMAXならギガ使い放題

スマホを操作する女性
ギガを気にせず好きなだけ使える

WiMAXは「1ヶ月100GB」といった上限はありません。

200GBでも300GBでも好きなだけ使うことができるのです。

ただし、3日間の合計データ通信量が15GBを超えると、速度制限にかかってしまいます。

3日間で15GB使うと翌日の一部時間帯だけ速度制限(1Mbpsに低下)

WiMAX+5Gの速度制限
WiMAX+5Gの速度制限

利用当日を含む直近3日間の合計データ通信量が15GBを超えると、翌日のネットワーク混雑時間帯だけ速度制限がかかります。

とはいえ、速度制限中でもYouTubeで動画(標準画質)を見るくらいであれば問題なくできるので安心してください。

速度制限がかかる条件直近3日間の合計が15GBを超えた場合
速度制限がかかる日時15GBを超えた翌日の「ネットワーク混雑時間帯」
(概ね18時~2時の間)
制限中の速度1Mbps
制限が解除される時間翌々日の2時頃

WiMAXの速度制限について

これまでは「翌日の18時~2時まで」と明確なルールがありましたが、2021年6月1日より「翌日のネットワーク混雑時間帯」という曖昧なルールに変更となりました。

UQコミュニケーションズ社に問い合わせたところ、はっきりとは答えてもらえませんでしたが、「18時~2時の間が1番混み合います」とのことでしたので、多少前後はするものの概ね18時~2時の間と考えてよさそうです。

おそらく日中(朝から夕方まで)は、ほとんど制限がかからないと思います。

どれくらい使うと15GBを超えるの?人気アプリで比較

15GBで使えるアプリの目安

3日間で15GB使おうと思うと、ずっとスマホやパソコンをいじってないと難しそうです。

ただし、インスタグラムをよく見てる人は気をつけましょう。

インスタグラムの画像や動画は高画質で表示されているため、ただ見てるだけで残りのギガがどんどん減ってしまいます(たくさんデータ容量を使ってしまう)。

ネットフリックスやアマプラなど、動画を視聴する際は「標準画質」に変更することをおすすめします。

速度制限中でもYouTubeが見れる?WiMAXの速度をテスト

WiMAXの速度制限中で1Mbpsしか出ない場合でも、YouTubeは視聴できます。

実際に速度を制限させた状態でスマホを使っている様子を動画に収めているので、気になる人は確認してみてください。

YouTube動画の視聴だけでなく、ネット検索やLINEなども比較的スムーズに使えているのがわかるでしょう。

1Mbpsに制限されたとしても、それなりに快適に使えるのがWiMAXなのです。

WiMAXのルーターを比較!おすすめ端末はどれ?

WiMAXのルーターを比較

WiMAXで使用できる端末(ルーター)は、現在3機種から選ぶことができます。

自宅のコンセントに挿して使用するホームルーター「HOME 5G L11」と、外でも使えるモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」及び「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の3機種です。

家でしか使わないならホームルーター「HOME 5G L11」がおすすめ

家でしか使わないならホームルーター「HOME 5G L11」がおすすめ

家の中でしかWi-Fiを使わないのであれば、置型のホームルーター「HOME 5G L11」がおすすめです。

モバイルルーターより電波の受信感度に優れているため、より快適にインターネットを使うことができます。

また、有線接続用のLANポートも備えているので、パソコンやPS4などをLANケーブルで接続して使うこともできるので、より安定した速度が出やすいのが特徴です。

製品名Speed Wi-Fi HOME 5G L11
下り最大速度2.7Gbps
上り最大速度183Mbps
Wi-Fi規格Wi-Fi6対応
11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
同時接続台数30台
サイズ70×182×124mm
重量599g
メーカーZTE

会社や学校など、自宅以外に持って行って使うことも可能です。

外でも使いたいならモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」がおすすめ

外でも使いたいならモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」がおすすめ

家でも外でも使いたい人は、持ち運びが可能なモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」がおすすめです。

最新のWi-Fi6に対応しているため、従来品より通信速度が速くなっています。

Wi-Fi6とは?

最新の通信規格である802.11axのこと。WiMAX+5Gであれば、最大速度2.7Gbpsまで対応できる。

また、別売りのクレードルを装着させることで受信感度が向上し、電波の弱い場所でも通信が安定します。

なお、クレードルにはLANポートが付いているので、有線で接続することも可能です。

製品名Speed Wi-Fi 5G X11
下り最大速度2.7Gbps
上り最大速度183Mbps
Wi-Fi規格Wi-Fi6対応
11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
同時接続台数16台
連続通信時間490分(約8時間)
サイズ136×68×14.8mm
重量174g
メーカーNEC

一部プロバイダは「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」のみ

外でも使いたいならモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめ

一部のプロバイダは「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」しか取り扱いがない場合があります。

ただし、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiでも性能は十分で、実測値でSpeed Wi-Fi 5G X11より明らかに遅いということはありません。

それこそ、バッテリーの持ちはGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの方が長く、約16時間も連続して使用することができるのです。

こまめに充電をするのが面倒だったり、1日中使うことが多い人には、むしろGalaxy 5G Mobile Wi-Fiをおすすめします。

製品名Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
下り最大速度2.2Gbps
上り最大速度183Mbps
Wi-Fi規格11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
同時接続台数10台
連続通信時間1000分(約16時間)
サイズ147×76×10.9mm
重量203g
メーカーSamsung(サムスン)

失敗しないWiMAXプロバイダの選び方とは?お得に契約するための比較方法を紹介します

失敗しないWiMAXプロバイダの選び方とは?

プロバイダ選びに失敗しないためには、WiMAXの特性(エリア、速度、データ容量)をよく理解した上で、自分にとって何が大事なポイントになるのかを見極めることが大切です。

失敗しないWiMAXプロバイダの選び方

  • WiMAXの特性をよく理解すること
  • 実質料金の安さで比較をすること
  • どれくらいの期間使う予定なのかを考えること

どのプロバイダを選んでも対応エリア、通信速度、データ容量は同じ

WiMAX+5Gルーター

どのプロバイダを選んでも、対応エリア、通信速度、データ容量に違いはありません。

例えば、BIGLOBE WiMAXだと使えるけどカシモWiMAXだと圏外になる、なんてことはないのです。

また、GMOとくとくBB WiMAXだと無制限に使えるけどBroad WiMAXだと使えるデータ容量に上限がある、といったこともありません。

対応エリア、通信速度、データ容量に関しては、全プロバイダ共通のルールになっており、そこに優劣は存在しません。

つまり、プロバイダ選びで比較するべきは料金だけになるということなのです。

WiMAXは実質料金の安さで比較すると失敗しない

月額3,773円

プロバイダによって違うのは料金プランです。

比較するべき料金プランの項目としては、端末代金を含めた初期費用、月額料金、そして解約時の違約金の3つとなります。

これら3つの料金の合計費用、つまり実質料金が安ければ安いだけお得にWiMAXを使うことができるのです。

逆を言えば、実質料金を比較せずにプロバイダを選んでしまうと、1年間で1万円以上も損をすることになります。

【超大事】どれくらい使うかによってお得になるプロバイダが違う

カレンダー

実質料金を比較するときにとっても大事なポイントがあります。

それは、今後WiMAXをどれくらいの期間使うことになるのか、です。

1年くらいしか使わないのか、3年以上は使うのか、人によってどう考えているかは違うでしょう。

使用期間の長さによっては1万円以上も損をしてしまうプロバイダもあるので、少しでもお得に使いたい人はよく考えてみてください。

迷ったらBIGLOBE、25ヶ月以上使うならGMOとくとくBBを選べば間違いない

WiMAX選びで迷ったらBIGLOBEかGMOとくとくBB

「1~2年以内には解約する」「どれくらい使うことになるかわからない」という人は、BIGLOBE WiMAXを選びましょう。

他のプロバイダに比べて実質料金が安くなる可能性が高く、大きな損は絶対にしません

また、解約する際に払う違約金が最大でも1,100円とWiMAX最安になっているため「違約金が高いから解約したくてもできない」といった最悪の事態を避けることができます。

WiMAX解約しようと思ってんけど解約違約金3万円かかるみたいでめっちゃ悩んでる

@Whimsy1princess午前9:48 · 2021年10月13日

反対に、25ヶ月以上使うことがわかっているならGMOとくとくBB WiMAXを選びましょう。

3年ごとの更新月以外に解約をすると違約金を払うことにはなりますが、25ヶ月以上使うのであれば違約金を含めた実質料金が1番安いのがGMOとくとくBB WiMAXなのです

※42ヶ月以上使う場合はカシモWiMAXの方が少しだけ安くなります。

他社から乗り換えで違約金があるならBroad WiMAXがお得

他社から乗り換えで違約金があるならBroad WiMAXがお得

今すでに他のインターネット回線を使っていて、解約すると違約金がかかってしまう場合はBroad WiMAXを選びましょう。

乗り換えに際して違約金が発生してしまう場合に限り、最大で19,000円のキャッシュバックを行っているのです。

3年間使った場合の実質料金を比較してもGMOとくとくBB WiMAXと大きな差はないので、キャッシュバック(違約金還元)分だけお得になります。

Broad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの料金比較
Broad WiMAX GMOとくとくBB
事務手数料 3,300円 3,300円
端末代金 605円×36回払い 0円
月額料金(1~2年目) 3,894円
(3ヶ月間は2,090円)
4,158円
月額料金(3年目) 3,894円 4,708円
月額料金(4年目以降) 4,708円 4,708円
3年間の合計費用 169,059円 168,454円

3年間の合計費用は605円しか差がなく、それでいて違約金還元分のキャッシュバックがもらえるわけですから、Broad WiMAXの方がお得になるのは言うまでもありません。

なお、4年目以降の月額料金や解約時の違約金は両社全く同じになるので、長く使ったからといってBroad WiMAXが損になることもないです。

他社からWiMAXに乗り換える予定の人は、迷わずBroad WiMAXを選びましょう。

WiMAXプロバイダ選びのポイントまとめ

24ヶ月以内に解約する場合は、BIGLOBE WiMAXの実質料金が1番安い。

25ヶ月以上利用する場合は、GMOとくとくBB WiMAXの実質料金が1番安い。

BIGLOBE WiMAXなら違約金が最大でも1,100円なので、解約するときの負担が小さくて済む。

乗り換えで違約金が発生する人は、Broad WiMAXを選ぶのが1番お得。

WiMAXの申し込みから利用開始までの手順を紹介します

スマホを操作してWiMAXを申し込む女性

初めてWiMAXを利用する人のために、WiMAXの申し込みから利用開始までの手順を紹介します。

スマホやパソコンからポチポチするだけで、簡単に申し込みできますので安心してください。

WiMAXの申し込み手順

STEP
Webサイトの申し込みボタンをタップする

申し込みをするプロバイダの公式サイトにアクセスして、申し込みボタンをタップしましょう。

STEP
料金プランや端末(機種)を選ぶ

「ギガ放題プラン(5G)」を選択し、購入する端末(機種)を選びます。

※WiMAX+5Gの料金プランは1つしかありません。

STEP
契約者情報を入力して申し込みを完了する

名前、住所、電話番号などの個人情報と、クレジットカード番号を入力すれば申し込み完了です。

自宅に端末が届くまで数日間待ちましょう。

口座振替で申し込むならBIGLOBE WiMAXが1番お得

口座振替でWiMAXを申し込む

クレジットカードをお持ちでない場合は、口座振替でも申込みすることができます。

ただし、口座振替に対応しているプロバイダは、BIGLOBEとUQとBroad WiMAXだけです。

この3社の中で1番お得に使えるのはBIGLOBE WiMAXとなります。

Broad WiMAXは、口座振替で申し込むとWeb割キャンペーンや違約金還元キャンペーンが使えないため、BIGLOBE WiMAXに比べて2万円以上も高くなります。気をつけましょう。

Wi-Fi(インターネット)の接続方法

お手元に端末(ルーター)が届いたら、早速Wi-Fiに接続してインターネットを使ってみましょう。

Wi-Fi接続に必要なSSIDとパスワードは、端末本体にて確認をしてください。

WiMAXホームルーターのSSIDとパスワード
ホームルーターのSSIDとパスワード
WiMAXモバイルルーターのSSIDとパスワード
モバイルルーターのSSIDとパスワード

Broad WiMAXで違約金還元キャッシュバックをもらう方法

キャッシュバック15,000円

Broad WiMAXで契約した場合に、違約金還元キャッシュバックをもらう方法について解説をします。

STEP
申し込みの際にオプションに加入する

Broad WiMAXキャンペーンサイトにアクセスし、Broad WiMAXを申し込みます。

申込画面内で、2つの指定オプション「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」、さらに「お乗り換えキャンペーンを希望する」にチェックを入れましょう。

※どちらも初月で解約可能です。初月で解約した場合は安心サポートプラスの月額605円分だけ費用が発生します。

STEP
乗り換えキャンペーンの案内メールが届く

申し込みが完了すると、乗り換えキャンペーンの案内メールが届きます。

メールに記載されている内容に従って、以下2つの手続きを4ヶ月目末日までに行ってください。

  • インターネットの解約書類(契約名義、契約解除料、解約日の3点が分かるもの)をメールまたはFAXで送る。
  • キャッシュバックを受け取る口座情報をメールで送る。

【送付先】

メール:info@wimax-broad.jp

FAX:0120-994-446

STEP
キャッシュバックが振り込まれる

利用開始月を含む6ヶ月末に、指定した口座に違約金と同額(最大19,000円)が振り込まれます。

キャッシュバック用の案内メールは、Broad WiMAXを申し込んだ後すぐに届きます。

案内メールが届いたら、なるべく早めに手続きを終わらせておきましょう。

WiMAXの比較に関するよくある質問をわかりやすく解説

よくある質問と答え
WiMAXの何を比較するのが大事なの?

1番比較するべきなのは実質料金です。

WiMAXはプロバイダによって初期費用や月額料金が異なります。

実際に使う期間や契約期間など、合計でいくら払うことになるのかという「実質料金」の安いものを選ぶのがお得なWiMAXを選ぶ方法です。

対応エリアや通信速度も比較するべきなの?

いいえ、対応エリアや通信速度は比較する必要がありません。

なぜならWiMAXは、どのプロバイダを選んでも対応エリアと通信速度が同じだからです。

プロバイダによって異なるのは、初期費用、月額料金、違約金といった料金プランのみとなります。

WiMAXが使えない場所(圏外になる)ってあるの?

WiMAX+5Gになってから、圏外になる場所はほとんどなくなりました。

ただし、スマホですら圏外になるような場所ではWiMAXも圏外になります。

また、人がほとんどん住んでいないような山岳地などは圏外になる可能性が高いです。

各プロバイダの公式サイトにて対応エリアを地図で確認することができるので、心配な人は申込む前に確認しておきましょう。

速度制限中に課金をすれば解除されるの?

速度制限は2時を過ぎるまで解除されません。

プラスエリアモード使用中に速度制限になると通常モードも速度制限になるの?

いいえ、なりません。

速度制限になるのはプラスエリアモード使用時のみです。

通常モードに戻せば、いつもどおり快適にインターネットが使えます。

ただし、プラスエリアモードにした状態で3日間の合計が15GBを超えた場合は、通常モードに戻したとしても翌日の18時~2時まで速度制限になってしまうのでお気をつけください。

上記以外のWiMAXに関する新規契約・乗り換えのご相談は、コメント欄もしくは公式LINE@にて行っております。お気軽にメッセージをお寄せください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる