利用規約をご確認ください。

Just-Size.Networks ロゴ

利用規約

第一章 総則

第一条 利用規約の適用
  1. ネクションサーブ合資会社(以下、「当社」)は、Just-Size.Networksレンタルサーバーサービス(以下、「当サービス」)に関する利用規約(以下、「本規約」)をここに定め、本規約に基づき契約 (以下、「利用契約」) を締結した契約者 (以下、「契約者」) に対し、当サービスを提供します。
  2. 契約者は、当サービスの利用において、本規約に同意し、これを遵守するものとします。
  3. 当サービスに関する諸規定を別に定めた場合、本規約の一部を構成するものとして、契約者はこれを承諾するものとします。
  4. 当社は、本規約を変更する場合があります。変更した場合、変更後の本規約によります。また、この場合、契約者にその内容を通知しますが、通知がない場合であっても、変更後の規約は適用されるものとし、契約者はこれを承諾するものとします。
第二条 最低利用条件
  1. 契約者は、日本語を理解し、当社と電子メールでのやり取りを行うことができる必要があるものとします。
  2. 契約者は、一般的な社会上及びインターネット上のルールを理解し、これを守ることができるものとします。
  3. 契約者が未成年者である場合、親権者の同意を得る必要があるものとします。
第三条 当サービスの内容
  1. 当サービスの内容は次のとおりです。
    1. インターネット上にウェブサイトを公開するための機能の提供
    2. 電子メールを利用するための機能の提供
    3. 独自ドメインの取得代行、及び独自ドメインを利用するための機能の提供
    4. その他、前各号に付随するサービス、機能の提供
  2. 当社は、前項に定めのない新規サービスまたは付加サービスを行うことがあります。特に定めのない限り、本規約を適用するものとします。
  3. 当社は、契約者に対し、当サービスを利用するために必要な「アカウント名」及び「顧客番号」(以下、「契約番号」)を設定します。
第四条 当社と契約者の連絡
  1. 当社から契約者に対する連絡(通知)は、契約者が指定した電子メールアドレスへのメール送信、書面の送付、当社ウェブサイトへの掲載等、当社が適切と判断する方法により行います。
  2. 当社と契約者との連絡(通知)を行う際、電話や訪問での対応は一切行わないものとします。
  3. 契約者は、当サービスのサーバーを経由しない、連絡可能な電子メールアドレスを用意し、当社に届け出る必要があるものとします。
  4. 当社が、契約者に対して前項の方法により連絡した場合において、契約者に到達しなかった場合に起因して発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第二章 利用契約

第五条 利用契約の成立
  1. 当社は、当サービス利用の申込みを承諾した場合、サービス開始確認の旨を通知します。利用契約は、その通知に記載したサービス開始日に成立するものとします。
  2. 当社は、当サービスを提供するために必要な設備に余裕がない場合、サービス開始日を延期する場合があります。
  3. 当社は、次の場合、当サービス利用申込みを承諾しない場合があります。また、当社は、その理由を開示する義務を負わないものとします。
    1. 当サービスの申込みをした者が、第十二条(提供の停止)に該当する、或いは過去に該当した経緯がある場合
    2. 当サービスの申込みにあたって、虚偽の事実を記載した場合
    3. 当サービスの申込み内容に不備がある場合
    4. 当サービスの申込みをした者が、日本国内に在住していない場合
    5. 当サービスの申込みをした者が、反社会的勢力と関係していると当社が判断した場合
    6. 当社が、申込みを承諾することが相当でないと認める場合
第六条 契約情報の変更

契約者は、名称もしくは氏名、住所、電子メールアドレス等に変更が生じた場合、当社に届け出る必要があるものとします。

第七条 権利譲渡及び再販売の禁止

契約者は、当社の事前の承諾がない限り、当サービスの提供を受ける権利など、利用契約上の一切の権利を、第三者に譲渡、貸与、再販売、転売などの行為をしてはならないものとします。

第八条 利用契約の解除及び退会
  1. 次のいずれかに該当する場合、利用契約は終了するものとします。
    1. 契約者である個人が、死亡した場合
    2. 契約者である法人、団体が、解散した場合
    3. 契約者が、利用契約を解除(退会)する旨を届け出た場合
    4. 本規約に基づき、当サービスを廃止した場合
  2. 当社は、何らかの事由があり、当サービス提供の継続に著しく支障を及ぼす恐れがあるときには、直ちに利用契約を解除することができるものとします。その場合、契約者に対しその旨を通知します。
  3. 当社は、契約者が第十二条(提供の停止)に該当した場合、契約者に対しその旨通知することなく、直ちに利用契約を解除することができるものとします。
  4. 契約者は、利用契約を解除(退会)する場合、当社に対し解除の旨を通知する必要があるものとします。
第九条 利用契約の更新
  1. 当社は、利用契約の有効期間が満期に近づいた場合、契約者に対しその旨通知します。
  2. 当社は、契約者から利用契約を解除(退会)する旨の通知がない場合、契約者が利用契約を更新する意思があるものと判断し、これを更新します。
第十条 最低利用期間
  1. 当サービスの最低利用期間は、第五条(利用契約の成立)で定めるサービス開始日から起算して、3ヶ月経過後に属する月の20日までとします。
  2. 当社が定める試用期間(無料お試し期間)内に、第八条(利用契約の解除及び退会)により利用契約を解除した場合は、前項の限りではありません。

第三章 サービス提供

第十一条 提供の中止
  1. 当社は、次の場合、当サービスの提供を中止することができるものとします。
    1. 設備の保守上やむを得ない場合
    2. 設備にやむを得ない障害が発生した場合
    3. 天災等の非常事態が発生した場合
    4. 当サービスの維持に必要な通信設備を提供している電気通信事業者が、電気通信サービスの提供を中止することにより、当サービスの提供を行うことが困難になった場合
    5. 当社の業務上、やむを得ないと判断した場合
  2. 前項の事由により、当サービスの提供を中止する場合、その旨とサービス提供中止の期間を事前に告知或いは通知します。但し、やむを得ない場合はこの限りではなく、事後に告知或いは通知する場合があります。
第十二条 提供の停止
  1. 当社は、契約者が次のいずれかに該当する場合、当サービスの提供を停止することができるものとします。
    1. 当サービスの利用料金を支払期日を経過してもなお支払わない場合
    2. 申込みにあたり虚偽の事実を記載したことが判明した場合
    3. あらゆる紛争の当事者となった場合、或いは当事者となる可能性のある場合
    4. 当社、或いは第三者の名誉・信頼・プライバシー・著作権・その他知的財産権を侵害する行為、或いはその恐れのある行為をした場合
    5. 犯罪行為、或いは犯罪行為をそそのかしたり容易にさせる行為、或いはその恐れのある行為をした場合
    6. 当サービスの契約番号、パスワード等を不正に使用する行為、或いはその恐れのある行為をした場合
    7. コンピュータウィルス等で妨害する行為、或いはそのプログラムを当サービスを利用して使用した場合
    8. スパムメール(迷惑メール)等の発信、或いはその恐れのある行為をした場合
    9. 風俗営業等の規制及び適正化に関する法律が規定する映像送信型性風俗特殊営業、或いはそれに類似する行為をした場合
    10. 他人の法的利益を侵害したり、公序良俗に反する方法、或いは態様において当サービスを利用する行為、或いはその恐れのある行為をした場合
    11. 本規約に違反する行為であって、当サービスの業務遂行、或いは当社の設備に著しい支障を及ぼし、或いは及ぼす恐れのある行為をした場合
    12. 日本国の法令に違反する行為、或いはその恐れのある行為をした場合
    13. 別途定める「禁止事項」に該当する行為をした場合
    14. 当社から発送、送信した郵便物、電子メールが、当社に返送される、或いは届かない場合
    15. その他、当社が不適切であると判断した場合
  2. 当社は、前項の規定により当サービスの提供を停止する場合は、理由の如何を問わず直ちに停止することができるものとします。また、当サービスの停止を行った旨を契約者に対し通知します。通知到達の有無に関わらず、当サービス停止によるデータ消失等いかなる損害についても責任は負わないものとします。
第十三条 提供の廃止
  1. 当社は、業務上の都合によりやむを得ず、当サービス又は付加サービスを廃止することがあります。
  2. 前項の規定により、当サービスを廃止する場合は、契約者に対し廃止する旨を通知します。また、通知の有無に関わらず、廃止された場合はこれに従うものとします。
第十四条 提供の制限

当社は、契約者がCPU、メモリー、データ記憶容量、データ通信量等を、当社が所定する目安を超えて利用した場合は、当サービスの提供を制限することができるものとします。

第四章 料金等

第十五条 料金
  1. 当サービスの料金及び関連費用 (以下「料金等」) は、次の項目からなります。
    • 初期費用:契約者が、当サービスを受けるに当たって支払う初期設定費用
    • 月額費用:契約者が、当サービスを利用する上で支払う費用
    • その他の費用:事務手数料や、付加サービスを利用する上での費用
  2. 料金等の金額は、別途定める「料金表」によります。
第十六条 料金の支払義務
  1. 契約者は、当サービス開始日以降、サービス利用の有無に関わらず、使用を可能としたときは料金を支払う必要があるものとします。但し、試用期間(お試し期間)が定められている場合、期間内に当社に対し利用契約を解除(退会)する旨を通知し利用契約が終了した場合、支払い義務は発生しないものとします。
  2. 第十一条(提供の中止)、第十二条(提供の停止)、第十三条(提供の廃止)の規定により、当サービスの提供が停止された場合であっても、当サービスの料金については、サービスの提供があったものとして取り扱うものとし、契約者は支払う義務を負うものとします。
第十七条 料金の返却

当社は如何なる事由においても、契約者が既に納めた料金等を返却する義務を負わないものとします。

第五章 管理責任

第十八条 登録データ
  1. 当社は、契約者が当サービスのサーバーに転送(以下、「登録」)したデータに対し、一切の保証も行わず、その責任を負わないものとします。
  2. 当社は、契約者が登録したデータに対し、紛争の恐れが生じた場合等、必要があると判断した場合にはこれを閲覧し、複製する権利を有するものとします。
  3. 当社は、契約者が登録したデータに対し、法律及び社会通念に従い削除する必要があると判断した場合、或いは第十二条(提供の停止)に該当する場合、当該データを削除することができるものとします。
  4. 契約者は、当サービス設備の故障・停止時の復旧の便宜を図るために、登録したデータの複写を、当サービスの故障・停止等に備えて保管する義務があるものとします。
  5. 当サービスの故障・停止・不具合等、或いは契約者の誤操作や管理不足により登録データが消失した場合であっても、当社は登録データの回復義務を負わないものとします。
第十九条 データ領域内での紛争

契約者は、データ領域内での紛争等について、全て自己責任において解決するものとし、当社または第三者に迷惑をかけ、或いは損害等も与えないことを確約するものとします。

第二十条 契約番号等の管理
  1. 契約者は、当社から発行された契約番号、パスワードを管理義務をもって保管するものとします。
  2. 契約者の故意または過失によって契約番号、パスワードが漏洩し不正使用される等して、契約者または第三者が損害を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 契約者は、当社から発行された契約番号、パスワードを管理し、緊急時対応として維持管理を受けられる様に保たなければならないものとします。
  4. 契約者は、当社が別途定める場合を除き、契約番号、パスワードを第三者に使用させてはならないものとします。

第六章 損害賠償責任

第二十一条 損害賠償
  1. 契約者が本規約に違反して当社に損害を与えた場合、当社は契約者に対して損害の賠償を請求できるものとします。
  2. 当社及び当社の従業員は、本規約或いは法令等に基づかず故意または重過失によって損害を生じさせた場合を除き、登録データ等が破損或いは消失したことによって生じた損害等、一切の損害について、賠償責任を負わないものとします。
第二十二条 免責事項
  1. 契約者は、当サービスの利用に対して、法的責任を含め、全ての責任を負うものとします。
  2. 当社は、契約者が当サービスの利用に関して損害を被った場合でも、理由の如何を問わず、いかなる責任も負わないものとします。 従って、契約者、第三者間で何らかの被害が生じても、当社は損害賠償等には一切応じられません。

第七章 守秘義務、個人情報の取り扱い

第二十三条 通信の秘密
  1. 当社は、電気通信事業法に基づき通信の秘密を保護し、当サービスの運営に必要な範囲でのみ使用、保存します。
  2. 当社は、刑事訴訟法による強制処分が行われた場合、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律に基づき、開示請求の範囲で、前項の守秘義務を負わないものとします。
第二十四条 個人情報の保護

当社は、契約者の個人情報を、別途定める「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第二十五条 守秘義務
  1. 当社は、サーバーの保守作業上必要な場合、或いは契約者から依頼等があった場合、サーバースペース上へログインし、情報を入手する場合があります。
  2. 当社は、前項に基づき入手した一切の情報を、第三者に開示又は漏洩しないものとします。

第八章 雑則

第二十六条 準拠法

本規約に関する準拠法は、日本国の法令が適用されるものとします。

第二十七条 本規約の解釈

本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、当社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。

第二十八条 管轄裁判所

本規約に関するすべての紛争については、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とし、契約者はこれを承諾するものとします。

第九章 附則

第二十九条 本規約の適用

本規約は、2003年04月01日から実施された規約を改定したものであり、本規約第一条に基づき、2014年09月24日から適用されます。

  • 2003年04月01日 実施
  • 2004年02月18日 改定
  • 2006年06月01日 改定
  • 2012年05月01日 改定
  • 2014年09月24日 改定