検索エンジンに登録されないようにする方法をご紹介します。

Just-Size.Networks ロゴ

検索エンジンに登録されないようにする方法

ウェブ上で創作活動を行う場合、検索エンジンに登録、検索、表示される事を防ぎたい場面があるかと思います。

ここでは、いわゆる「検索避け」の方法をご紹介します。

robots.txt の設置

検索結果に登録されたくない事を、robots.txt ファイルを通じて検索エンジンに伝える事ができます。

robots.txt 記述例

ファイル名を「robots.txt」としてテキストファイルを作成し、下記のように記述します。

全ての検索エンジン「User-Agent: *」に対し、サイト内のページを登録する事を拒否「Disallow: /」します。

設置例

作成した robots.txt ファイルは、public_html ディレクトリの直下に設置します。

例えば、URLが http://example.web2.jp/ の場合は、http://example.web2.jp/robots.txtで表示される事を確認してください。

<META> タグの記述

ブラウザや検索エンジンに情報を伝える <META> タグで、ページ毎に指定する事ができます。

HTML 記述例

各ページのHTMLファイルで、<head> タグ内に下記のように記述します。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive" />

記述の意味
noindex検索結果に登録しない
nofollowページ内のリンクを辿らない
noarchive検索エンジンのアーカイブ(キャッシュ)に登録しない

<A> タグでリンクを拒否する

他のページへのリンクを記述する際に、リンクタグに「rel="nofollow"」を付ける事で、検索エンジンがリンクを辿る事を拒否できます。

HTML 記述例

<a href="http://example.web2.jp/" rel="nofollow">リンク先のサイト</a>

例えば、リンク先のサイトが検索避けを行っている場合は、リンクタグに「rel="nofollow"」を付けると喜ばれるかも知れません。

検索エンジンからのアクセスを制限する設定

設定ファイル .htaccess を使用する事で、検索エンジンからのアクセスを制限できます。

上記の robots.txt や meta タグとは違い、サーバー側で強制的にアクセスを拒否する方法です。

詳細は、マニュアル「.htaccess アクセス制御」をご参照ください。

.htaccess 記述例

検索エンジンのユーザーエージェントを、アクセス制限の対象に設定します。

ユーザーエージェントに「Googlebot」「bingbot」が含まれるアクセスを ng_ua に登録し、アクセス制限の対象に設定します。

パスワードによるアクセス制限を設定

サイトへのアクセスの際に、ユーザー名、パスワードの入力を求める事ができます。

検索エンジンは、パスワードで保護されたページ内にアクセスする事ができない為、検索結果に登録される事はありません。一番効果的と言えます。

詳細は、マニュアル「.htaccess アクセス制御」の「パスワード認証」をご参照ください。

検索結果の確認、削除リクエスト

「Google Search Console」を使用する事で、検索結果に登録されているか、robots.txt が正しく設置できているか、などを確認できます。 また、「検索結果からの削除リクエスト」を送る事もできます。

ご注意事項
  • 検索エンジンに登録済みの他サイトからリンクされている場合は、URLやリンクタイトルが検索エンジンに登録される事があります。