アコム審査に通過して即日融資を受けるコツ!審査の流れや在籍確認などについて解説

アコムは審査完了までがどこよりも早いと人気のカードローンです。

アコムで最短1時間の即日融資を受けるためには口座振込もしくは自動契約機(むじんくん)へ来店してカードを直接受取に行く必要があります。

アコムの審査は最短30分、借入まで最短1時間と急いで借入したい人にとっては非常に便利なのも事実です。

審査に対して不安を感じている人は事前に3秒診断というシミュレーションで融資可能か調べることが出来ます。

アコムの審査に通過してお金を借りるコツと気になる在籍確認や借入の流れについて本記事で徹底解説していきます。

アコムはクレジットカードでACマスターカードというカードを取り扱っています。アコムの通常のカードと同様、最短即日発行の対応も行っています。

ACマスターカードはアコムカードと同じ手順で申込できますのでこちらも合わせてお読みください。

アコムのここがいい!おすすめポイント

  • 申し込みから融資まで最短で60分で可能!
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループなので大手で安心!
  • 土日祝日でも最短60分!
  • 初回契約日翌日から30日間無利息期間が利用できる!
  • クレジットカード機能も同時に付けることができる!
  • モアタイムシステム導入により営業時間外、土日祝日でも振込が瞬時に反映!
  • 営業時間が長いので急ぎの融資も当日中に実現できる可能性が高い!
  • ローンカードの発行は夜21時まで手続き可能!

ここが残念!アコムの残念なポイント

  •  カードレス契約ができない
  • 郵送物なしにしてもらうには一度来店が必要
  • スマホアプリ「アコムmyac(マイエーシー)」はATM出金の機能がない
アコムの貸付条件
実質年率限度額利用可能年齢担保・保証人
3.0%~18.0%最大800万円未成年の契約不可不要
無利息期間スマホATM出金郵送物最短融資時間目安
30日間※不可なしも可※260分
※初回契約日翌日から30日間有効
※来店と組み合わす必要あり
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

アコムの審査の申込条件と必要書類をチェック

アコムへの申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」「返済能力があること」の2つです。

職業や年収、勤続年数による申込制限はないのでアルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用でもアコムに申し込めます。

学生の場合、20歳以上でアルバイトをしている人であれば申込可能ですが、親からの仕送りだけでは安定した収入ではないので審査では落とされる可能性が高くなります。

また、年金収入だけの人は申込の対象外とされていますが、高齢者であっても正規・非正規問わず仕事をしていて収入さえあれば申し込めます。

不動産の家賃収入がある場合でも担保不要で利用可能ですが、確定申告を行って年収を確定しておくと審査に通る可能性が上がります。確定申告がまだの人は見込み年収でも申告可能です。

アコムは仕事をしていない専業主婦の人は利用することができません。

アコムで申し込める対象を一覧でまとめました。

アコムの申込を受け付けてもらえる人の一覧表
属性申し込みの受付
会社員○ 受付可能
派遣社員○ 受付可能
公務員○ 受付可能
パート・アルバイト○ 受付可能
学生(アルバイト)○ 受付可能
未成年× 受付不可
主婦(専業主婦)× 受付不可
主婦(パート)○ 受付可能
年金受給者× 受付不可
自営業○ 受付可能
債務整理経験者(ブラック状態)○ 受付可能
債務整理経験者(5年以上経過)○ 受付可能
学生(奨学金のみ)× 受付不可
学生(親の仕送りのみ)× 受付不可
無職(ニート含む)× 受付不可
不動産収入のある人○ 受付可能
高校生(18歳)× 受付不可
他社延滞中× 受付不可
消費者金融の利用が複数○ 受付可能
は受付自体は可能だが審査通過は厳しい状態

アコムの申し込みに必要な書類一覧

アコムに申し込む前に必要書類を揃えておきましょう。アコムの必要書類で代表的な本人確認書類は「運転免許証」「個人番号カード(マイナンバー)」「健康保険証」の3つです。

健康保険証だけではインターネットで契約を行うことが出来ないので注意が必要です。健康保険証のみで契約する場合は自動契約機(むじんくん)か店舗への来店が必要となります。

3つの本人確認書類のうち1点あればアコムとの契約を行うことができますが、健康保険証など顔写真付きではない書類しか持っていない場合は他に住民票と公共料金の領収書を合わせて用意しなければいけません。

また、本人確認書類と現住所が異なる場合は発行から6ヶ月以内の下記書類1点を合わせて提出すれば契約が可能です。

  • 住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK)
  • 納税証明書

アコムは原則収入証明書の提出は不要ですが下記条件に該当する場合は、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要となります。

また、収入証明書の提出が必要な条件に当てはまらなくても勤続年数が極端に短い場合や審査の内容次第ではアコムが収入証明書の提出が必要だと判断すれば収入証明書の提出を求められることもあります。

アコムとの契約を急いでいる人は収入証明書の提出を求められないように出来る限り小口の融資額を希望するようにしましょう。

アコムで収入証明書が必要となる条件

  • 50万円超えの契約を希望する場合
  • 他社の借入額を含めアコムの限度額が合算し100万円を超える場合
  • 審査担当者が必要であると判断した場合
収入証明書として認められるもの
  • 源泉徴収票:最新年度のもの
  • 給与明細書:直近のもの1ヶ月分
  • 所得証明書:最新年度のもの
  • 市民税・県民税額決定通知書:最新年度のもの
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書:最新年度のもの

アコムのマンスリーレポートから分かるアコムの審査基準について

アコムは毎月平均に5万人前後の人が新規申込を行っています。しかし、申込者が審査に通って新規契約できる人の割合は40%前後です。

アコムでは申し込み数と新規契約数をマンスリーレポートとして掲載しており新規貸付率がデータではっきりと公表されています。

たとえば2020年9月の貸付率は39.9%です。7~8月に比べて上昇している傾向ですが10人のうち6人は審査落ちする結果となっています。

マンスリーレポートのデータを見ると審査に通るか自信をなくしてしまいそうですがアコムの審査は決して厳しいものではありません。

何故ならアコムマンスリーレポートの申し込み数には以下のような申し込みも含まれているので審査通過率はその分下がっている傾向があります。

アコムは申込者の半分くらいは審査に通過すると思っておいて良いでしょう。

しかし、中には普通に仕事をしていて普通に生活しているのにも関わらず審査に落ちたという人も一定数います。

アコムの審査落ちの数に含まれている属性
  • 2回同じ人が申込を行った(インターネットと電話で等)
  • イタズラによる申し込み
  • 本人を装った別の人の申し込み
  • 債務整理中の人の申し込み
  • 既にアコムと契約のある人の申し込み
  • 増額審査を電話でなく新規申し込みをしてしまった
  • 既に年収の1/3以上借りている人の申し込み

アコムの審査基準で重視するポイントは2つ

アコムではどんな審査の基準を用いて審査通過・審査落ちとなるのか解説していきます。

アコムの審査内容については知ることはできませんが、アコムは貸金業者であり日本貸金業協会のガイドラインである程度の審査項目は予想が出来ます。

アコムの審査で重要視している「返済能力が足りているのか?」「信用情報に傷はないのか?」の2点がクリアできれば問題なくアコムとの契約が可能です。

具体的な審査ポイントを細かく分けると主に14項目に分かれます。アコムの審査で重要な部分を個別で説明していきます。

年収の高さ

返済能力があるかどうかで一番重要視されるのは年収の高さです。

もちろん高ければ高いに越したことはありませんがカードローンやキャッシングでは年収の「高さ」と面はさほど重要視されません。

その理由付けにもなるのがアコムの限度額の設定金額です。

基本的に初回の契約時は50万円を限度額と設定しているため総量規制の観点で少なくとも年収が150万円以上あれば良いという判断です。

さらにいうと、アルバイトやパートの人は最小枠である10万円~20万円の契約になる事が多いので年収で言うと30万円以上あれば審査に通る可能性があることになります。

年収30万円というと月2万5,000円程度の収入です。少額のアルバイト・パートでも継続して働いていることが重要になります。

職業の種類

カードローンでは職業も審査の通過率を大きく左右するポイントになります。

特に公務員かどうかといった点や勤務先の規模が重要です。

たとえば、公務員や一部上場企業の社員は審査を受ける上で相当高い評価になります。

もちろんステータスの高さも重要ですが住宅ローンほど厳しく見られることはありません。

カードローンにおいては安定して仕事をしていればOKというスタンスのところがほとんどです。

七十七銀行のように会社の営業実績が3年以上あるところじゃダメというところも中にはありますが、アコムの場合はあまり重視しなくてもよいポイントでしょう。

営業職や技術職など職種も多少は影響しますが、そこまで重要視されるような項目ではありません。

職業の種類というよりは安定して返済していけるかどうかの方が重要です。

勤続年数

お金を借りると継続して返済をしていかなければいけないため収入の安定性は審査で見られるポイントです。

もちろん勤続年数が長ければ長いほどアコムの審査における評価は高くなります。

しかし、アコムの場合は仕事を始めて1ヶ月以内でも申し込めます。

もし仕事を始めたばかりという人は年収の欄に「今の仕事を仮に1年続けたらいくらになるのか」の見込み年収を記入して契約を行う形になります。

就職したばかりでも審査に通る可能性は十分あるので1~2年以上勤続していないとダメというわけではありません。

たとえ年収が1,000万円予定であっても勤続3日目など極端に短い場合は初回契約の限度額が10万円の最小枠となる可能性が高いです。

扶養家族、持ち家の有無

意外な項目かもしれませんが現在家族を何人養っているのか?持ち家はあるのか?住宅ローンは毎月いくらなのか?借家なら家賃はいくらなのか?といった内容も審査でチェックされるポイントです。

扶養家族が多いほど毎月の収入から引かれる上に家賃が高いほど月々のランニングコストが高くなるので返済能力は削られます。

持ち家を持っているから必ず審査に落ちるのかというとそういうわけではありません。

アコムでの返済は50万円借りても月に1万3,000円程度です。

返済できないギリギリの状態であれば審査落ちも考えられますが収入からやりくりできると判断されればそこまで審査で重要視されるポイントではないでしょう。

他社ローンへの借入金額と返済金額

返済能力で年収と同等レベルでチェックされるのがカードローンやキャッシング以外のローン業者へどれだけ融資を受けているのか?住宅ローンやマイカーローンなどの借入が該当します。

ローンの数が多すぎると毎月返済する数も増えてカードローンに返済できる幅が狭くなるので当然借入出来る金額は少なくなります。

特に借入金額以上にチェックされるのがローンの滞納や遅延です。

見落としがちですがスマホや脱毛料金を分割で払っている人も該当します。

過去に支払い遅れがあった場合は審査に影響する可能性があるため早めに返済しておきましょう。

カードローンやキャッシングの利用残高

アコムは貸金業者に該当するため同じように貸金業者の取り扱うカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の関係上年収の1/3以上の借入ができません。

例えば年収が300万円の人でカードローンやキャッシングを他社で100万円借りていればアコムはおろか消費者金融ではまったく審査に通らなくなってしまいます。

他社の限度額が余っている場合は先にそちらを利用するようにしましょう。

他社ローンの返済状況

ローンの返済状況というのはCICなどの信用情報機関にデータとして保管されています。

ローン業者はそれぞれ信用情報を共有するので過去のローンや現在のローンの状況を全て把握できます。

返済状況を審査で見られるときに数回でも返済遅延があればそれが足かせとなって審査に通らなくなる可能性も。

信用情報には保管期限があり期限を過ぎると信用情報は抹消され回復するため過去の利用状況が悪い人は直々の借入は控えておくのがおすすめです。

アコムの場合は目安として過去2年間に滞納や遅延が3回以内であれば審査に通ったという実例と実績があります。

過去の金融事故歴

金融事故というのは、ローンに対して何らかの遅延や延滞などのやらかしがあった場合の記録情報です。

主に債務整理を行って借金を精算した過去がある人や、業者に金利の支払いを停止し元金のみ返済する任意整理を行った人が該当します。

また借金そのものを免責してもらう自己破産も事故の記録として残ります。

経験があるからといって一生ローンが通らないことはありませんが、ある程度の時間が経過しないと審査には通りません。

目安としては5年。経過後は仕事をしていれば審査に通るようになるので、過去になんらかの金融事故を起こした経験がある人は、5年の経過を待ってからアコムに申し込みましょう。

カードローンやキャッシングの同時申込の有無

アコムの審査でも、特に厳しく審査されるのがカードローンやキャッシングの同時申込です。

カネロン個人の話では、消費者金融3社に同時に申込を行って150万円ほど融資を受けた経験がありますが、この時アコムのみ審査に落ちました。

合計4社申込を行ったにも関わらず、アコムのみ審査に通らなかった結果です。

実際に検証しましたが、アコムでは申込から数分で信用情報にアクセスし、同時申込は非常に慎重に見ている傾向があります。

カードローンへの申込情報は、申込を行った月から6ヶ月程で抹消されるので、他のローンに申し込んでしまった場合は6ヶ月以上期間を開けてからアコムに申し込みましょう。

アコムの重要視する審査ポイント一覧
  • 年収の高さ
  • 職業の種類
  • 勤続年数
  • 扶養家族の有無
  • 持ち家の有無
  • 毎月の家賃や住宅ローンの支払額
  • 支払い中の他社ローンの契約総数
  • 支払い中の他社ローンの借入残高総額
  • カードローンやキャッシングの契約社数
  • カードローンやキャッシングの残債の総額
  • カードローンやキャッシングの限度額の総額
  • 他社ローンへの遅延や滞納などの返済状況
  • 過去の金融事故歴
  • カードローンやキャッシングの同時申込の有無

アコムから即日融資を受ける流れと必要な手続き

実際に申込を行ったところカード発行まで約58分。すぐに現金の出金を行うことができた。

アコムから即日融資でお金を借りるために、重要なポイントについて解説します。アコムで即日お金を借りるためには申込の日時や契約完了のタイミングも重要です。

急いでお金を借りたいと考えている人は融資の流れを理解してスムーズに借りられるよう準備しておきましょう。

アコムでお金を借りる流れは下記のとおりです。全ての行程がスムーズに行けば1時間程度でアコムからお金を借りることができます。これらの行程を順に説明していきましょう。

アコムでお金を借りるまでに必要な手続きと流れ
  • 申込手続きを完了させる
  • 最短30分で審査結果の回答
  • 必要書類の提出を行う
  • 在籍確認が行われる
  • 審査完了となり契約手続きを行う
  • カードの受け取りもしくは振込にて融資の実行

アコムに申し込むならネット申込一択

アコムへの申込方法は「インターネット」「自動契約機・店舗窓口」「電話」「郵送」の4通りです。最もスムーズに借入できるのはインターネットからの申込です。

24時間いつでも自分の都合の良いタイミングで手続きでき、スマホやパソコンの扱いに慣れた人であれば5分程度で手続きを済ませることができます。

手軽さとスピードで言えばネット申し込み一択といっても過言ではありません。

郵送以外の方法であれば、どの方法も最短即日でお金を借りられますが、電話申し込みだと口頭で氏名や住所の漢字表記まで伝える必要があり、20分~30分程度は時間がかかってしまいます。

ミスも起こりやすいため、あまりおすすめしません。

自動契約機(むじんくん)の場合は申込書に手書きで記入しなければいけないため、時間と手間がかかります。

なにより周りの目が気になる上に、狭い密閉された店舗内で30分以上拘束されるのは結構なストレスです。

ネット申し込みなら誰とも会話せず、どこからでも申し込めるので非常に手軽です。入力ミスさえ気をつければ、失敗なく申し込めます。

アコムの申込完了後、電話をかけると審査を優先して進めてもらえる

急いでお金を借りたい場合はアコムにネット申し込みした後、電話でオペレーターに審査を優先で進めてもらえるように交渉してみましょう。

インターネットからの申込完了後、アコムから申込の受付完了メールが届きます。(※今回の検証では約10分後にメールは届きました。)

そのメールを受け取った後に、アコムに電話をかけて交渉すれば、審査を優先して進めてもらうことも可能です。

「急いでお金を借りたいのですが、審査を急いでもらえませんか?」といった形で伝え、審査を優先してもらいましょう。

審査を優先してもらったからといって、審査が甘くなるわけではないので、注意が必要です。

アコムの審査結果は申込フォームに記載したメールか電話で連絡が来る

アコムに申し込むと、大体30分程度で審査結果の電話もしくはメールが届きます。

アコムの申込手続きが完了すると、最短30分でメールもしくは電話にて審査結果が知らされます。

審査結果が届くまでは、申込者が行う手続きは特にありません。

アコムからの連絡を待つだけでOKです。

カネロン
カネロン

今回の検証では申込完了から約20分後に電話にて審査結果の連絡がありました。この電話で今後の手続きの流れについて説明を受けます。

WEB上で契約手続きを継続されますか?それとも自動契約機へ来店し手続きを進められますか?

上記のように質問されるので、インターネットでそのまま契約手続きすると伝えましょう。

ネットからの申し込みなら店舗へ移動する手間なく契約できますが、後日郵送でカードが届くので郵送物なしで契約したい人は自動契約機(むじんくん)でのカード発行を選びましょう。

郵送物をコンビニで受け取れる消費者金融もありますが、アコムの場合は自宅への郵送のみしかできないのがデメリットです。

そこで、アコムで最も効率が良い方法としてはインターネットで契約し、契約完了後にカードだけ店舗へ取りに行く方法です。

アコムは申し込みから契約までを全てネットで対応できるので、アコムからの郵送物に抵抗がある人はアコムのオペレーターに「後日来店してカードを受け取る」と口頭で約束すれば、自宅にカードや契約書などの郵送物が届きません。

来店での契約とネットでの契約では以下のような違いがあります。気楽で早いのはインターネットから申し込む方法です。

来店での契約とインターネットでの契約の違い
インターネット契約来店契約
本人確認書類の確認アコム公式サイトやアプリ「アコムmyac(マイエーシー)」からアップロード店舗内のスキャナーで読み取り
在籍確認の連絡自動的に行われる店舗内で待たされながら行われる
郵送物後日カードが届くなし
審査時間30分程度来店後30分

アコム公式サイトやアコム公式アプリから必要書類の提出を行う

WEB上での契約手続きを希望する場合、メールに記載されている仮のIDとパスワードを使ってアコム公式サイトや公式アプリ「アコムmyac(マイエーシー)」から送付します。

必要書類の提出が完了するまでは、いつまで経ってもアコムと契約できません。アコムから融資に時間が掛かる人の大半は必要書類の送付や不手際などで時間が掛かるケースがほとんどです。

必要書類の提出はスマホひとつあればWEBで完了できるので仕事中に会社にいる状態でも審査の手続きを進めることができます。

すぐにアコムの店舗に行くことが難しい人はスマホから必要書類を送付しましょう。

自動契約機に来店して契約手続きを進める場合は専用のスキャナーに必要書類を読み込ませる必要があります。

必要書類が足りなかったり不備があると取りに帰らなければいけないので必ず本人確認書類の原本を持参してください。

アコムから在籍確認の電話が会社にくる

在籍確認は申込者が申告した会社で本当に働いているのかを確認する為に行われるもので、基本的には会社への電話連絡によって行われます。

アコムでも在籍確認は必須なので会社への電話連絡に応じられる状態でないといけません。

在籍確認の電話は自分以外の人が対応してもOKなので、たとえ自身が会社に不在でも会社の誰かが在籍していることを証明してくれれば成立します。

借金していることがバレたくないと身構える人も多いですが、電話を受け取った人がよほどしつこく確認しない限りは、会社バレすることはありません。

在籍確認については「アコムの在籍確認について」で後述しているので、会社が休みで電話が繋がらない人や、勤務先に電話がかかることに抵抗があると人はそちらを参考にしてください。

アコムから審査完了のメールが届いたら契約完了

アコムへの必要書類の提出と在籍確認がスムーズに完了すると大体30分~50分程度で審査完了のメールが届き、契約手続きへと進むことができます。

申込内容や混雑具合によって審査に掛かる時間は異なりますが、当サイトの検証では約1時間で申込から契約までの手続きを完結できました。

「審査通過後の手続きを自動契約機で行った場合、どれくらい時間が掛かるのか?」をアコムに電話で問い合わせたところ、WEB上での契約と同じく約30分~1時間程度かかるとの回答がありました。

WEB契約も来店契約も時間にそれほど差はないのでスマホから手軽に手続きできるWEB契約を選ぶのがおすすめです。

アコムの借り入れ方法は2つ!借りられる時間や方法を詳しく解説

アコムの契約手続きが完了すれば、すぐにでもお金を借りられる状態となります。

アコムでは「自身が指定する口座への振込融資」と「ローンカードを利用したATMでの出金」の2種類の借り入れ方法が用意されているので自分の希望に合った方を選びましょう。

即日でお金が借りられる時間がそれぞれの借入方法で異なるので詳しく解説していきます。

自動契約機に来店してアコムから借り入れする方法について

とにかく急いでお金を借りたいという人は、自動契約機「むじんくん」へ来店して、ローンカードの発行を行うのがおすすめです。

アコムの自動契約機は一部店舗を除き、基本的に年中無休(年末年始は除く)で、朝9時から夜21時まで営業しています。

土日・祝日の申込や夕方、夜間に契約が完了となった場合でも、その場でアコムカードの発行が可能です。

アコムカードさえ発行してしまえば、併設されているATMやコンビニATM、銀行の提携ATMからその日のうちに実際にお金を引き出せます。

インターネットから申し込んで契約までを完結させておくことで、自動契約機内の手続き時間を大幅に短縮できるのもメリットです。

自動契約機に併設されているアコムATMであれば24時間いつでも手数料無料で利用可能です。

カードの発行を受けた時の写真

何時までに申込をすれば自動契約機でカードを即日発行できるのか?

自動契約機(むじんくん)の営業時間は夜21時までとなっていますが、アコムの審査が行われているのも夜21時までです。

そのため当日中にお金を借りるには、遅くとも1時間前の夜20時までに申込手続きを完結させておく必要があります。

自動契約機でローンカードを発行する場合、即日融資できる可能性は高いですが融資の希望額が大きくなればなるほど審査に掛かる時間は長くなる傾向にあります。

とにかく急いでアコムから借入したい人は必要最低限の融資希望額で申込をするのがおすすめです。

また申込内容に不備があった場合も、その分余計に時間が掛かってしまうので申込フォームへの入力、記載は慎重に行いましょう。

アコムに来店せず振込で融資を受ける場合

アコムの店舗やコンビニATMなどを使わずに融資を受ける場合は口座振込しかありません。

2018年からスタートしたモアタイムシステムにより平日の15時以外でも銀行振込に反映するようになったので振込での即日融資も可能となっています。

モアタイムシステムを導入している金融機関であれば振込の反映時間がやや延長されるため平日16時半までにアコムと契約すれば、申込当日に振込融資が可能です。

しかし、土日祝日はモアタイムシステムが使えないので振込が反映されないので注意しておきましょう。

どの銀行がモアタイムに対応しているのかはアコム公式サイトの「振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関一覧」で確認出来ます。

アコムのモアタイムシステムは他社よりも延長時間が短いので注意が必要です。通常の振込時間よりも2時間延長されている程度となっています。

アコムのモアタイム対応状況と振込反映時間目安は以下の通りです。

楽天銀行
曜日受付時間振込反映時間目安
平日0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
土日0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
祝日0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
一部連携している銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
曜日受付時間振込反映時間目安
月曜0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
月曜9:00 ~ 23:49受付完了から1分程度
火曜~金曜0:10 ~ 23:49受付完了から1分程度
土・日・祝日0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
土・日・祝日9:00 ~ 19:59受付完了から1分程度
土・日・祝日20:00 ~ 23:49翌日 9:30頃
モアタイム対応金融機関
曜日受付時間振込反映時間目安
火曜~金曜0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
火曜~金曜9:00 ~ 17:29受付完了から1分程度
火曜~金曜0:10 ~ 23:49翌営業日 9:30頃
土・日・祝日0:10 ~ 23:49翌営業日 9:30頃
コアタイムシステムの場合
曜日受付時間振込反映時間目安
火曜~金曜0:10 ~ 8:59当日 9:30頃
火曜~金曜9:00 ~ 14:29受付完了から1分程度
火曜~金曜14:30 ~ 23:49翌営業日 9:30頃
土・日・祝日0:10 ~ 23:49翌営業日 9:30頃
モアタイムシステムに対応していない金融機関の反映時間です。

全国銀行協会(全銀協)は9日から、24時間365日いつでも他行口座にお金を即時に振り込める新システムを稼動させる。

全銀協に加盟する全国の金融機関の約500行が参加する(毎日新聞)。

9日から24時間365日「即時振込」のサービスが開始、それを可能にしたモアタイムシステムとは – Yahoo!ニュース

アコムで振込融資する方法!実際に振込融資で借り入れしてみた

アコムで振込融資を依頼する方法は「インターネット」と「フリーコールに電話する」2通りの方法があります。

電話での振込依頼は「担当者受付」と「アコムプッシュフォンサービス(音声自動応答)」の2つの電話番号が用意されており、それぞれ振込依頼の受付時間が異なります。

  • アコムプッシュフォンサービス:0:10~23:50
  • 担当者受付:9:00~18:00

電話で振込口座の登録もできます。自動音声案内であれば24時間振込が可能です。

実際にカネロンがインターネットと電話どちらの方法も利用してみましたが、初回の振込依頼は契約の手続きを進める流れでオペレーターに伝えました。

初回は電話での振込依頼の方が楽です。2回目以降の振込依頼はインターネットからの手続きの方が簡単だというのが個人的な感想です。

インターネットからの振込依頼

契約が完了すると利用できるアコム公式サイトやアプリ「アコムmyac(マイエーシー)」からアコムの会員専用ページにログインすれば振込の手続きは簡単に行えます。

実際の流れは次のとおりです。インターネットからの振込依頼は3分もあれば完了できます。

アコムの在籍確認の流れを詳しく解説!気になる疑問にも回答

アコムをはじめ消費者金融や銀行カードローンでは在籍確認のために勤め先の会社へ電話連絡を行います。

アコムからの在籍確認では、借金していると会社にバレないように配慮されています。

「アコムから会社に電話されたら会社に借金がバレるのでは?」と不安になりますが会社にバレることはほとんどありません。

アコムの担当者であると名乗らず、審査担当者の個人名で電話がかかってくる上に、電話番号もかけ直し不可の携帯電話番号から電話が掛かるようになっています。

その為、アコムから掛かってきたという事は一切わからず、電話番号を調べても不明になるので、二重で安心の配慮がされています。

実際の在籍確認のやり取りは次のとおり。

もしもし、萬田(審査担当者の個人名)と申しますが、工藤カネロン(申込者のフルネーム)さんはいらっしゃいますか?

カネロン
カネロン

私ですが、どのようなご要件でしょうか?

実際の在籍確認のやり取りは次のとおり。

こちらで、在籍確認の方を終了致します。契約手続きの方をこれからすすめさせていただきますのでご準備が出来次第ご連絡差し上げます。

在籍確認では、会社に属していることがわかれば良いので、時間もかからず意外とあっさり終わります。

また在籍確認の電話は、必ず本人が対応しなくてはならないというルールはありません。

もし本人が不在だったとしても、電話口の人が「席を外しております」など、在籍しているとわかる返答を行った場合、それだけで在籍確認は終わります。

ただし、いつかかってくるか分からないため、身構えておく必要はあるでしょう。

今から電話しますねという報告もなければ、こちらがいつ電話して欲しいという要望を伝えることも難しくなります。

在籍確認が終わればもう契約まで目前ですが、人によっては会社へ電話したところで誰も対応できない状況であるという人もいると思います。

在籍確認に関する気になる疑問についてアコムに調査してみました。

会社が休みの場合はアコムから即日融資することはできるのか?

即日お金を借りたい用意が出来ていても働いている会社が休業日の場合、在籍確認ができなくて困ってしまいます。

こういった場合の在籍確認についてアコムの審査担当者に直接問い合わせたところアコムでは以下2通りの対応を取ってもらえる可能性があると分かりました。

アコムに在籍確認を後日行うことを約束して審査を先へと進めてもらう

会社の休業日など、誰も電話に応対できない場合、電話連絡での在籍確認を後日必ず行うと約束すれば、そのまま審査を進められる可能性があります。

つまり申し込んだその日のうちに契約を結べる可能性があります。

ただしアコム側で在籍確認の電話連絡がつくまでは限度額の枠を小さく制限される可能性も。

休業日などで対応できなかった場合、通常は1週間以内に電話がかかってきます。

忘れかけていた頃に突如かかってくるので、心当たりがなくて驚かないよう身構えておきましょう。

指定する書類を提出すればアコムは電話連絡なしで在籍確認できる可能性あり

アコムでは会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出すれば在籍確認の電話連絡なしで対応してもらえる可能性があります。

仮審査通過後の電話で「今日は会社が休みで電話が繋がらないが、どうしても今日中に融資を受けたい」といった形で審査担当者に相談、交渉する必要があります。

申込内容、審査の結果次第では、電話連絡による在籍確認が取れるまで融資不可と判断される可能性もあるため、まずはアコムの審査担当者に相談をしましょう。

以下の書類が在籍確認の代替として認められますが会社発行の健康保険証(社会保険証など)の提出を求められる可能性が高く審査の内容によっては2点必要になる場合があるとの回答でした。

  • 給与明細書
  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証

アコムで即日融資するために知っておきたいポイント

今回アコムでの借入を検証した結果、申込から約30分で審査結果の回答が得られました。 契約手続き完了までに掛かる時間は早ければ1時間程度です。

アコムでの借入をとにかく早くするコツはスマホを使ってネットから申し込むことです。

ネットからの申し込みなら必要書類提出などの手続きをスムーズにできますし、アコムとの契約手続きまでに掛かる時間を短くできます。

アコムは借り方によって即日融資できる申込時間が異なる

アコムではお金の借り方によって即日融資ができる時間帯が異なります。下記時間はあくまで最短で全ての手続きが完了した場合の目安時間です。

  • 自動契約機でローンカードの発行を行う場合:20時までの申込が最低条件
  • 口座振込による融資を受ける場合:基本的に24時間、土日も即日振込が可能*

※金融機関・申込時間帯によっては翌日以降の融資となる場合もあり

できれば午前中、可能であれば前日の夜のうちにインターネットからアコムに申込手続きだけでも完了させておくのがおすすめです。

楽天銀行の口座を持っているならインターネットからの振込依頼を行うと、24時間いつでも最短1分で振込が反映されます。

アコムの審査時間終了時間の夜21時までに契約手続きが完了できれば、最短即日でお金を借りられますよ。

アコムは在籍確認に対して柔軟な対応をしており、担当者に相談することで、会社への在籍確認の電話連絡を後回し、もしくは書類提出によって在籍確認を認めてもらえるケースもあります。

このような対応をしている業者は滅多にないので、かなり嬉しいポイントです。

融資額が大きくなればなるほど、審査は慎重に行われ、時間がかかる傾向にあります。

また申込内容に間違いがあった場合や提出書類に不備があった場合にも、余計な時間がかかってしまうため注意しましょう。

人によって借入したい金額は異なると思いますが、審査は小口であればあるほど早い傾向があります。

今回紹介したポイントを押さえて時間内にアコムの即日融資に申し込んでみましょう。