レイク(元レイクアルサ)の審査は甘いのか?在籍確認や審査の流れについて解説

レイクは、2023年1月に名称変更したSBI新生銀行グループのカードローンです。

レイクでは人工知能を活用したカードローン審査が導入されており、審査スピードが早いことや複数の無利息サービスが選べることで人気があります。

レイク最大180日間の無利息期間が利用できるので、お金を借りる期間や金額によっては他のカードローンよりも低金利でキャッシングが可能です。

レイクは即日融資が受けられる可能性が高いので借入を急ぐ人に向いています。

さらに、少額で短期間のキャッシングならカードローンの審査に通りやすい傾向にあり、無利息期間を使えば低金利でお金を借りることが可能です。

レイクの審査は甘いのか?審査の流れについて解説

レイクはWeb申込ならカードローンの申し込み完了後、最短15秒で審査の結果がパソコンやスマートフォンの画面に表示されます。

審査の結果が出たからといって簡単な審査ではないため、カードローンの審査が甘いわけではありません。

レイクは審査内容や基準については公表していませんが、大まかな審査の流れは下記画像のようになります。

レイクの仮審査の項目について解説

レイクの仮審査では人工知能が採用されていますが、審査のときにチェックされる項目や重要視されるポイントは他社のカードローンと大きな違いはありません。

カードローンの仮審査に人工知能を採用するメリットとしては、申込から仮審査の結果が出るまでの時間短縮ができることです。

正社員なら過度にカードローンの審査に対して不安になる必要はありませんし、アルバイトやパートでも安定した収入があればカードローンの審査に通る可能性は十分あります。

レイクは他の消費者金融と審査基準が大きく異なることはありませんので、他社カードローンより審査が甘くなることも厳しくなることもありません。

レイクの仮審査では下記項目から申込者の情報をスコア化し、返済能力の高さを算出します。

年収がどのくらいあれば審査に通過するという明確な審査基準は不明ですが、年収の審査項目で算出されるスコアは審査通過の可否よりも借入限度額に与える影響が大きいと考えられます。

仮審査は申込情報の精査や収入の安定性を確認する
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 職業
  • 居住形態
  • 婚姻関係

信用情報の照会はレイクに限らず、どの金融機関のカードローンの審査でも必ず行われます。

信用情報機関で照会される申込者の信用情報は、カードローン審査の可否に大きな影響を与えます。

そのため、自分の信用情報に延滞や遅延などの金融事故がある人は、レイクのカードローンの審査を受けても審査に通る可能性は低いです。

過去に延滞や遅延などをした記憶は無いが自分の信用情報に不安がある人は、カードローンに申し込みする前に自分の信用情報の状況を確認することをおすすめします。

信用情報機関で情報開示できる項目
  • 他社ローンの契約・借入件数
  • ローン残高
  • ローンの返済状況
  • 過去の債務整理の履歴

自分の信用情報は手数料1,000円(税込)を支払えば、インターネットで開示・郵送で開示・窓口で開示の3つの開示方法で自分の信用情報を確認することが可能です。

一番お勧めする信用情報の開示方法はインターネットで開示する方法で、指定信用情報機関のCICもインターネットでの信用情報開示をお勧めしています。

参考:指定信用情報機関CICの信用情報の開示方法

レイクの本審査で審査落ちすることはある

レイクの本審査は仮審査の申込情報の確認が主な目的で、本審査でカードローンの審査に落ちることは滅多にありません。

しかし、すでに退職している勤務先情報で申し込みしたり、嘘の情報で申し込みしたりすると仮審査を通過しても本審査でカードローンの審査に落ちます。

正確な情報を入力して申し込みした上で仮審査に通った人は、ほぼ間違いなく本審査も通過できると考えて問題ないでしょう。

申込情報が虚偽の情報ではなく単純な入力ミスであれば、入力ミスが原因で審査に落ちることは考えにくいです。

ただし、審査の過程で申込情報の確認に手間を取られるので、その分カードローンの審査結果が出るまでに時間が掛かってしまいます。

レイクの申込フォームの入力は、ミスが無く正しい情報を入力するために入力項目ごとに確認しながら入力することが必要です。

レイクの本審査で行われる在籍確認について解説

レイクの仮審査に通過すると、本審査では申し込みで申告した勤務先で仕事をしているかを確認するために在籍確認が行われます。

在籍確認はどのカードローンでも勤務先への電話連絡という方法で行われ、レイクも勤務先への電話連絡という方法で在籍確認が行われます。

カードローン会社から勤務先に電話が掛かってくると、申込者がカードローンに申し込んだことが勤務先の人に知られてしまうのではないかと不安に感じる人も多いです。

しかし、在籍確認の電話連絡で申込者がカードローンに申し込みしたことが、職場の人に知られることはありません。

なぜなら、在籍確認の電話は担当者の個人名で電話が掛かってくる上に、カードローン会社の社名やカードローンのサービス名は名乗らないように教育が徹底されているからです。

仮に申込者が不在で在籍確認の電話に出られなくても「○○は席を外しております」「〇〇は午後からの出勤予定です」などの返答が得られれば在籍確認は完了となります。

「○○は席を外しております」「〇〇は午後からの出勤予定です」の返答で在籍確認が完了する理由は、フルネームで在籍確認するので同姓同名の人物が勤めている確率が低いからです。

本審査については教育が徹底されたプロのスタッフによって行われているので、審査担当者が不要と判断した場合は在籍確認の電話が行われない場合もあります。

どうしても勤務先への在籍確認の電話連絡を避けたい人は、電話連絡の代わりに社会保険証などレイクが指定する書類を提出することで在籍確認が認められる場合もあります。

そのため、在籍確認の電話連絡を避けたい人は、仮審査通過後にお客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話をかけて相談してみましょう。

レイクの申込条件や契約に必要な書類について解説

レイクは雇用形態の属性による申し込みの制限が少ないため、アルバイトやパート、派遣社員などの雇用形態でも申込対象になっています。

レイクの申込条件について、公式サイトでは下記のように記載されています。

満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用が可能です。

※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

引用元:レイク商品概要

レイクは他の消費者金融カードローンと比べて申込条件が低いので、パートをしている主婦なら配偶者の同意なしでカードローンに申し込みが可能です。

レイクは仕事をしていて安定した収入を得ている人なら、誰でも申し込みできるカードローンなので自分に収入がない専業主婦は申込対象外になります。

安定した収入に該当する基準についてレイクに電話で問い合わせてみたところ、申し込みの時点で仕事に就いていることが申込対象になるとの回答でした。

そのため、レイクに申し込みする時点で仕事に就いていれば、勤続年数1日でもカードローンの申込対象になります。

ただし、勤続年数が1年経過していない人は、レイクから高額な融資は受けられません。

勤続年数1年未満の人がレイクとカードローン契約しても、借入限度額が10万円以下になる可能性が高いと考えておきましょう。

雇用形態・属性別レイクの申し込み受付の可否
雇用形態・属性申し込みの受付
会社員○ 受付可能
派遣社員○ 受付可能
公務員○ 受付可能
パート・アルバイト○ 受付可能
学生(アルバイト)○ 受付可能
未成年(18歳以上)× 受付不可
主婦(専業主婦)× 受付不可
主婦(パート)○ 受付可能
年金受給者× 受付不可
自営業○ 受付可能
債務整理経験者(ブラック状態)○ 受付可能
債務整理経験者(5年以上経過)○ 受付可能
学生(奨学金のみ)× 受付不可
学生(親の仕送りのみ)× 受付不可
無職× 受付不可
不動産収入がある人○ 受付可能
高校生× 受付不可
他社ローン延滞中× 受付不可
消費者金融の利用が4社以内○ 受付可能

レイクの契約に必要な書類

レイクとカードローン契約するために必要な書類は、本人確認書類のみで書類は仮審査通過後に提出することになります。

自動契約機で申し込みする場合は申込完了後すぐにカードローンの仮審査に入るため、本人確認書類など必要書類は必ず持参して自動契約機に行きましょう。

レイクのカードローン契約に必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

本人確認書類を提出すれば本審査が行われますが、下記条件に該当する人や外国籍の人はカードローン契約に必要な書類が本人確認書類とは別に下記書類の提出が必要です。

別途書類の提出が必要になる条件
  • 本人確認書類と現住所が異なる人
  • 自動契約機で本人確認書類として健康保険証を提出する予定の人

上記条件に該当する人は、発行から6ヵ月以内の下記の書類を合わせて用意しなくてはなりません。

本人確認書類以外に提出が求められる書類
  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
外国籍の場合は本人確認書類以外に下記書類の提出が必要
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

レイクで収入証明書が必要な場合

レイクに限らず総量規制の対象になる消費者金融では、下記の条件に該当する人は収入証明書の提出が必須とされています。

収入証明書の提出が必要な条件
  • 今回契約する借入限度額が50万円を超える人
  • 今回の契約額と他社借入額の総額が100万円を超える人

他社借入とはカードローンなど、使途自由の無担保融資サービスを提供している会社からの借入のことを表します。

上記条件のひとつでも該当する人は、下記の収入証明書類のいずれか1点を提出しなければなりません。

収入証明書として認められる書類一覧
収入証明書類年度と有効期限備考
源泉徴収票前年度(直近分)「公的年金の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く
住民税決定通知書・納税通知書前年度(直近分)住民税決定通知書は毎年6月頃、勤め先を通じて届く市区町村発行の「特別微収税額の決定・変更通知書」など
納税通知書は課税明細書の記載も必要(2枚で1組になっている場合は両方)
確定申告書前年度(直近分)納税署の収受印があるもの、もしくは電子申告の受付日時の記載があるもの
所得(課税)証明書前年度(直近分)市区町村役場にて発行のもの
給与明細書直近2ヵ月分「発行年月」「本人の氏名(フルネーム)」「勤め先名」「総支給額」が明記されていること。
記載内容が手書きの場合はお勤め先の社印もしくは社判が必要

レイクはカードローンの審査が早いことがメリットなのに、収入証明書の提出が必要になるとカードローンの審査に時間が掛かるのでメリットが無くなります。

さらに、収入証明書を用意するにためは会社への申告や区役所などに足を運ぶ必要があるため、収入証明書を用意することが面倒だという人は小額融資を希望しましょう。

カードローンの審査に通ることを優先して借入希望額を30万円以下にして、レイクの利用実績と個人の信用を積み上げた後に増額申請を行うことをお勧めします。

レイクの申し込み方法と特徴を解説

レイクにはWeb申し込み・自動契約機の申し込み・電話申し込みの3つの申込方法がありますが、最も早くお金を借りられる申し込み方法はWeb申し込みです。

以降では、レイクの3つの申し込み方法の特徴と契約までの流れについて詳しく解説していきます。

Web申し込みの特徴と契約までの流れ

レイクは、Web申し込みなら最短25分での融資も可能で、平日21時まで日曜日は18時までに契約が完了すると申込当日中に振り込みによる借入ができます。

さらに、スマートフォンから申し込みすると、スマート本人確認によって運転免許証と顔を撮影するだけで本人確認が完了できます。

スマート本人確認は今までのように運転免許証をコピーする必要がなく、スマートフォンだけで本人確認が完了できるので非常に便利です。

  • 最短15秒で審査結果が画面に表示される
  • Webで最短25分での融資も可能
  • 審査結果連絡時間は8時10分~21時50分(第3日曜日は8時10分~19時)
  • スマートフォンから申し込めばスマート本人確認が可能
Web契約の流れ

レイクで最も簡単な契約方法は、Webから申し込みして郵送なしでWeb上だけで申し込みから契約までを終わらせるWeb完結という方法です。

さらに、Web完結で申し込みから契約までを全てスマートフォンのみで終わらせると、最短25分で融資を受けられます。

さらに、レイクはスマートフォンさえあれば、お金を借りることも可能なので急いでいる人におすすめです。

Webで申し込んだ場合の契約までの流れ
  1. 申込フォームに必要事項を入力して申し込み
  2. 審査結果を確認(※審査結果連絡時間外は翌営業日にメールで連絡)
  3. 契約方法を選んで契約
  4. 借入
契約方法詳細
郵送なしのWeb完結スマート本人確認(スマートフォンからの申し込みと運転免許証が必要)
口座登録で本人確認(返済方法は自動引き落とし)
郵送ありのWeb契約自宅にカードを郵送
自動契約機自動契約機に出向いて契約
その場でカードを受け取る

電話申込の特徴

  • その場でオペレーターに相談できる
  • 受付は24時間可能
  • 審査結果連絡時間は9時~21時(日曜日は9時~19時)

電話での申し込みはレイクのオペレーターと話しながら申し込めるので、パソコンやスマートフォンでの操作が不安な人や相談したい人には向いています。

しかし、電話申し込みはオペレーターとのやり取りに時間がかかるというデメリットもあります。

口頭で色々伝えなければいけないことも多くストレスもかかるため、伝達ミスが起こりやすい申し込み方法でもあります。

自動契約機での申し込みの特徴と契約までの流れ

自動契約機での申し込みの流れ
  1. 「はじめてのお申込み ご契約手続き」から申し込み
  2. 本人確認書類をセット
  3. 審査結果を画面で確認
  4. 契約内容確認書に署名をする
  5. カードが発行されるので受け取る

自動契約機での申し込みは手順4番の部分で契約が終わっているので、そのままカードを使って併設されているATMで借入できます。

自動契約機での契約は必要書類を持参しなければいけない

自動契約機の申し込みの特徴は下記の4点です。

  • 画面で審査結果が確認できる
  • 最短30分でカードが受け取れる場合も
  • その場でオペレーターに相談できる
  • 申込受付時間は9時~22時、日曜日は9時~19時

※一部店舗で時間が異なる※年末年始を除く

自動契約機で申し込むと、その場でカードが受け取れますのでカードが手元に欲しい人は、自動契約機での申し込みが最も早いです。

ただし、申し込み時に必要書類を読み取る必要があるため、忘れずに持参しましょう。

レイクで即日融資するために知っておくべきこと

SBI新生銀行カードローン エルは、銀行カードローンとしてのメリットを持ちながら、即日融資も可能という超ハイスペックカードローンでした。

しかし、2018年1月より全面的に銀行カードローンの即日融資が停止されたことに伴い、2018年3月末をもって新規申し込みの受付が停止されました。

そこで、新しく登場したのがレイクですが、このカードローンは新生フィナンシャルの取り扱いとなっいるため銀行カードローンではなく消費者金融となります。

レイクは銀行カードローンではないため、申込をしたその日のうちにお金を借りることができるのがメリットです。

レイクは仮審査に人工知能を採用しているため審査スピードが早く、さらにスマートフォンアプリの活用で使い勝手の良さが格段に向上しています。

レイクはWebで最短25分融資も可能とされていますが、あくまでも最短ですので必ずしも25分で融資できるわけではないことを理解しておきましょう。

申込から審査結果回答までにかかる時間は、申込の混雑具合や審査内容によっても異なります。

審査結果がすぐ画面上に表示されない場合でも、通常1時間を目安に審査結果の回答は行われているとのことです。

それでも、レイクの審査スピードは、他の消費者金融カードローンより早いので即日融資への期待値も高めだといえます。

パソコン、携帯電話、スマートフォンアプリからの申込は24時間受付となっているので、融資を急ぐ人は申込手続きだけでも済ませておくことをおすすめします。

レイクは土日・祝日問わず最短即日での審査回答が可能ですが、21:50以降に申し込むと審査結果はどれだけ早くても翌日8:10以降となってしまいます。

レイクの審査時間については、公式ホームページ上で下記のような記載が確認できました。

Q:審査結果の連絡までどのくらいの時間がかかりますか?

■Webからお申込みの場合:お申込み完了後に、審査結果のご確認が可能です。すぐに審査結果のご確認ができない場合は、メールやお電話などでお知らせします。

また、審査状況のご確認から現在の状況のご確認が可能です。

■お電話でお申込みの場合:その場で審査結果をお伝えします。審査結果のお知らせ時間については、お申込みからお借入れまでからご確認ください。

引用元:レイク「よくある質問」
レイクで仮審査を受けた後の融資までの流れ

レイクからメールによる審査結果の通知が来た後の契約手続きには、WEB上での契約手続きと自動契約機への来店契約の2つの方法があります。

レイクは自動契約機の営業時間が長いので、 夕方にレイクとの契約が完了しても即日融資が可能です。

さらに、レイクの公式アプリ「e-アルサ」をスマートフォンにインストールすれば、スマホATM取引が利用できます。

スマホATM取引とはカードを使うことなく、スマートフォンをカード代わりにしてセブン銀行ATMから24時間いつでも借入ができます。

今までは口座振込の振込み融資を利用するか、カードの到着を待たなければ借入が出来ませんでしたが、スマホATM取引はスマートフォンだけで即日借入が出来るので非常に便利です。

スマホATM取引はレイクとの契約が完了した後に、公式アプリ「e-アルサ」をインストールすればすぐに利用できます。

公式アプリ「e-アルサ」をスマートフォンにインストールすることで自動契約機に行く必要がなくアプリから契約が可能で、さらに夜間・土日祝日でも即日融資ができるようになります。

下記の営業時間内に自動契約機に行ってレイクとの契約手続きを完了すると、その場でカードを受け取ることができます。

レイク自動契約機の営業時間
平日・土曜日9時~22時
日曜9時~19時
※記載している時間はあくまで基本形であるため、正確な時間は店舗検索ページで確認してください。
レイクで早くお金を借りるには?即日融資の流れ

レイクで即日融資を受けたい人は、下記の流れで手続きすれば一番早くお金を借りることができます。

  • レイク公式アプリ「e-アルサ」をスマートフォンにインストールする
  • 公式ホームページまたはアプリからの申込する
  • メールによる審査結果の通知が来る
  • WEBまたはアプリからアップロードによる書類提出を行う
  • WEBまたはアプリで契約手続きを行う
  • スマホATM取引を利用して借入する
WEB契約(カードレス)を利用するメリット

レイクのWeb契約は2通りの契約方法があり、郵送や自動契約機でカードを受ける契約とカード発行なしのカードレス契約があります。

レイクはWeb完結での契約の場合は原則として契約書類や利用明細の郵送を行っておらず、さらにカードレス契約を選択すれば自宅へのカード郵送もありません。

家族に内緒でレイクと契約して借入したいと考えている人は、Web完結でカードレス契約を選びましょう。

レイク基本情報
実質年率限度額利用可能年齢担保・保証人
4.5%~18.0%最大500万円20歳~70歳不要
無利息期間スマホATM出金郵送物融資時間
最大180日※可能なしも可Webで最短25分融資も可能※
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイクは少額融資に最適!無利息サービスを利用してお得に借り入れしよう

レイクはカードローンの審査スピード、審査の通過率、借入のしやすさ、契約後の利便性など、どれを見てもハイスペックなカードローンです。

さらに、レイクの無利息期間は大手消費者金融の中でも一番長く、最大60日間と5万円までなら180日間の無利息サービスが用意されています。

金利の高さが気になる人でも無利息サービスを上手く利用すれば、銀行カードローンよりも低金利になります。

20万円以下の少額融資を希望している人や早期で完済したい人は、レイクの無利息期間は他の大手消費者金融の無利息期間よりお得です。

他の大手消費者金融カードローンと比較すると、レイクは貸付条件が良いカードローンです。

消費者金融のカードローンを利用しようと検討している人は、レイクを選べば良い貸付条件で借入できるでしょう。

レイクのメリットと特徴
  • カードローンの審査スピードが他の大手消費者金融よりも早い
  • 土日・祝日問わず最短即日融資が可能
  • 申込から契約までWEB上で完結できる
  • カードレス契約で自宅への郵送物は一切なし
  • 複数の選べる無利息サービスがある
  • 公式アプリ「e-アルサ」をインストールしてスマホATM取引を利用すれば、スマートフォンで借入が可能
レイク無利息期間についての注意事項
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息。
  • 60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで
  • 無利息期間経過後は通常金利適用。
  • 30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
  • ご契約額が200万超の人は30日無利息のみになります。
  • Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
レイクの会社情報と貸付条件
商号新生フィナンシャル株式会社
貸金業登録番号関東財務局長(10) 第01024号
融資限度額1万円~500万円
貸付利率4.5%~18.0%
ご利用対象・年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する人
・ご自分のメールアドレスをお持ちの人
・日本の永住権を取得されている人
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式・残高スライドリボルビング
・元利定額リボルビング
返済期間・回数最長5年・最大60回
必要書類運転免許証
※収入証明書
(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人不要

レイクの金利は低いのか?銀行カードローンと比較

カードローンの利用が初めての人は低いほうの下限金利に目が行きますが、どのカードローンでも初回契約の人は借入や返済の実績が無いため高いほうの上限金利が適用されます。

レイクの金利は4.5%~18.0%なので、初めてレイクと契約する人の多くが上限金利の年18.0%が適用されます。

レイクに限らず大手消費者金融のカードローンでは、初めて契約する人の多くは上限金が適用されます。

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低いので、年14%~15%程度の金利が適用されます。

そのため、銀行や信用金庫、地方銀行を含めたカードローン業界全体で比較すると、レイクは高い金利が適用されることになります。

下記表では、レイクとみずほ銀行カードローンの1ヶ月に発生する利息を比較しました。

レイクとみずほ銀行カードローンで1ヵ月に発生する利息を比較
借入する金額レイクの金利年18.0%みずほ銀行カードローンの金利年14.0%
10万円1,479円1,150円
20万円3,042円2,301円
30万円4,438円3,452円
40万円5,917円4,602円
50万円7,397円5,753円
※1カ月は30日で計算
※小数点以下切り捨て

レイクの金利とみずほ銀行カードローンの金利では4%の金利差あっても、借入金額が30万円以下なら発生する利息金額に大きな差はありません。

さらに、レイクには選べる無利息サービスがあるので、初めてレイクを利用する人は、みずほ銀行との金利差は殆どありません。

レイクの無利息サービスは通常でも60日間の無利息期間があり、さらに借入額のうち5万までは180日間の無利息サービスが適用されます。

180日間の無利息サービスは借入額のうち5万円までとなりますが、借入金額が少額なら金利が低い銀行カードローンよりも利息を少なく抑えることも可能です。

例えば、5万円を借入して毎月1万円の返済をした場合、5ヶ月で完済すれば利息が発生しません。

そのため、20万円以下の借入希望の人やボーナスなどでお金が入る予定がある人など、半年以内に完済の目処が立っている人はレイクの利用をおすすめします。

レイクの借入金額ごとの利息差
  • 30万円以下:1,000円以下
  • 20万円:約600円
  • 10万円:約300円

レイクの借入方法について解説

レイクには、カードを利用したATMでの借入・振込融資・スマホATM取引の3通りの借入方法があります。

ただし、スマホATM取引を利用する場合は、スマートフォンにレイクの公式アプリ「e-アルサ」のインストールが必要です。

カードを利用したATMでの借入はコンビニエンスストアの提携ATMで24時間いつでも借入れできるため、飲み代やタクシー代など夜間の急な出費にも対応できます。

レイク提携ATMの利用可能時間はそれぞれ異なるため、提携ATMのご案内で確認しておきましょう。

振込融資の申し込みは、Webまたはアプリから会員専用ページにログインすると簡単に行えますが、初めて振込融資を利用する人は振込先口座の登録手続きが必要です。

振込融資の申し込みを行ってから1分程度で申し込みした借入金額が登録口座に振り込まれます。

ただし、お振込時間拡大金融機関一覧に記載が無い金融機関は即日振込に対応しているのは平日14:45までなので、それまでに振込融資の申し込みを完了する必要があります。

振込融資は振込手数料が無料なので使い勝手が良いですが、現金が必要な人は手数料が掛かりますがカードまたはスマホATM取引を利用して提携ATMで借入しましょう。

スマホATM取引での借入

スマホATM取引は、レイクの公式アプリ「e-アルサ」をカード代わりに利用してセブン銀行ATMで借入する方法です。

さらに、スマホATM取引はカードを発行していないカードレス契約の人やカードを忘れた人でも、セブン銀行ATMで現金が借りられるの便利です。

その他にも、レイクのカードを見られて、周りに消費者金融から借入していることが知られたくない人もカードを持ち歩かずに済むというメリットもあります。

スマホATM取引は1万円以下の借入で110円、1万円超の借入で220円の手数料が掛かりますので、急な借入れ以外は手数料が掛からない振込融資を利用したほうがいいでしょう。

下記表のようにスマホATM取引が利用できる時間帯は、曜日によって異なるので注意が必要です。

スマホATM取引が利用できる時間帯
曜日スマホATM利用可能時間
月曜日5時~23時50分
火曜日・水曜日0時15分~23時50分
木曜日1時30分~23時50分
金曜日~日曜日0時15分~23時50分
※第3日曜日は0時15分~20時※メンテナンスなどで利用できない時間帯あり
スマホATM取引の利用手順
  1. 「e-アルサ」の画面で「お借入れ」を選択して案内通りに手続き
  2. バーコードリーダーの起動を待つ
  3. セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」ボタンを選択
  4. ATM画面に表示されたQRをバーコードリーダーで読み取る
  5. 表示された企業番号を確認し、ATMの画面に入力
  6. 完了ボタンを押して画面の案内通りに手続き
  7. 借入
振込融資での借入

レイクは指定の口座に借入金額を振り込んでもらう振込融資が可能で、即日振込にも対応しています。

振込融資の申し込み方法には、電話申し込みと会員ページから申し込みする2つの方法があります。

レイクの会員ページは、スマートフォン・スマートフォンアプリ・タブレット・パソコンからアクセスできます。

振込実施時間は振り込んでもらう金融機関によって異なりますので、お振込時間拡大金融機関一覧を確認しましょう。

さらに、お振込時間拡大金融機関一覧に記載されている金融機関では、即日融資に対応する時間が拡大されているため自分が利用している金融機関を確認しましょう。

お振込時間拡大金融機関一覧に記載されていない金融機関では平日14時45分までに会員ページから振込融資の申し込み手続きをすると、その日のうちに借入金額が振り込まれます。

振込融資の申し込み方法と受付時間
  • 電話で振込融資を申し込む場合は、自動音声サービス(24時間受付)で申し込めます。
    ※月曜・木曜の0時~2時と第3日曜日の19時~翌8時を除く
  • 会員ページから振込融資を申し込む場合は、会員ページにログインして「即日振込み」から手続きします。
電話で振込融資が申し込みできる時間帯
月曜日8時10分~23時50分
火曜日~土曜日0時15分~23時50分
日曜日4時~18時50分
カードでの借入

カードで借入ができるのは、レイクとの契約でカードを発行している人だけです。

レイクのカードが利用できるATMの種類・利用手数料・営業時間は、下記表のとおりです。

ATMの種類・手数料・営業時間
SBI新生銀行カードローンATM手数料無料
暗証番号変更が可能
利用明細書発行
平日・土曜:7時30分~24時
日曜・祝日:7時30分~22時
提携ATMコンビニエンスストアや銀行などで借入が可能
手数料有料(取引額1万円以下:110円 取引額1万円超:220円)
設置場所により異なる

レイクの返済方法について解説

レイクの返済方法にはWeb返済・ATM返済・銀行振込・口座引き落としの4種類があります。

Web返済を利用した返済方法

Web返済を利用するためにはインターネットバンキングの契約が必要なので、インターネットバンキングが利用できない金融機関の口座を持っている人はWeb返済が利用できません。

Web返済はインターネットバンキングを契約している人が利用できる返済方法で、Web返済の流れは下記のとおりです。

  1. 会員ページにログインしてWeb返済を選ぶ
  2. 利用している金融機関を選んで金融機関のインターネットバンキングにログインする
  3. 画面の案内に従ってWeb返済の手続きを行う
Web返済のメリット
  • 返済手数料が無料
  • 一括返済にも対応している
  • 時間を気にせず、いつでも返済が可能
  • 金融機関窓口の営業時間外でも、すぐに返済が反映される

ATMを利用した返済方法

ATM返済はカードまたはスマホATMで返済をする方法で、SBI新生銀行カードローンATMとコンビニエンスストアや商業施設に設置されている提携ATMのどちらでも返済ができます。

返済日ギリギリの駆け込み返済は遅延になる恐れがあるので、外出した時に近くのコンビニエンスストアや商業施設の提携ATMやSBI新生銀行カードローンATMで返済しましょう。

レイクの営業時間内に返済を行わないと、返済が翌日扱いとなってしまいます。

さらに、メンテナンスなどでATMが利用できないことも想定されるので、ATMで返済している人は返済日が近づく前に余裕をもって返済しましょう。

SBI新生銀行カードローンATMで返済するメリット
  • 返済手数料が無料
  • 一括返済にも対応している
  • 年中無休で利用が可能
  • その場で利用明細書が受け取れる
  • 登録電話番号・生年月日・カード暗証番号の入力が必要ですが、カードがなくても返済が可能
曜日営業時間
月曜日~土曜日7時30分~22時
日曜日・祝日7時30分~22時
第3日曜日7時30分~20時
※一部店舗によって異なる
コンビニエンスストア提携ATMで返済するメリット
  • 色々な場所に提携ATMが設置されているので、外出のついでに返済しやすい
  • 深夜でも返済が可能な提携ATMがある
  • スマホATM取引を利用すれば、カードが不要

銀行振込を利用した返済方法

銀行振込での返済は、レイクが指定する口座に振り込んで返済する方法です。

レイクが指定する振込先は、会員ページの「銀行振り込みでご返済される場合のお振込み先」で確認できます。

銀行振込による返済は一括返済にも対応しているため、ボーナスなどまとまったお金が入った時に銀行振込で一括返済することができます。

さらに、SBI新生銀行カードローンATMやコンビニエンスストアが近くにない場合、銀行振込での返済のほうが便利なこともあります。

ただし、銀行振込による返済には、振込手数料が掛かりますので注意が必要です。

なぜなら、銀行や振込金額によって振込手数料が異なるので、利用している銀行や振込金額によっては提携ATMを利用するよりも手数料が高くなる可能性があるからです。

銀行振込を利用した返済のメリット
  • 一括返済にも対応している
  • 近くにATMがない場合に便利

口座引き落としを利用した返済方法

口座引き落としによる返済は、レイクに登録している金融機関の口座から毎月自動で引き落とされる返済方法です。

引落し口座の登録は会員ページで必要事項を入力することで登録できますし、郵送での引落し口座の登録も可能です。

口座引き落としによる返済のメリットは返済手数料が無料だという事と、毎月返済手続きをする必要がないという2点です。

そのため、口座引き落としによる返済は、返済日を忘れがちな人におすすめの返済方法です。

口座引き落としによる返済は一度返済方法を設定しておけば、残高不足の時以外は毎月口座引き落としで自動的に返済できるので返済日を気にする必要がありません。

ただし、口座引き落としによる返済は繰り上げ返済や一括返済に対応しておらず、さらに一部利用できない金融機関がある、引落しみなし期間があるというデメリットがあります。

引落しみなし期間とは引き落としされた後、引き落としデータがレイクに届くまでの期間を言います。

引落しみなし期間中は口座から返済金額が引き落としされたものとして、借入残高が会員ページやアプリに表示されますがデータが確認できるまで引き落とした金額分の借入はできません。

口座引き落としを利用した返済のデメリット
  • 繰り上げ返済や一括返済に対応していない
  • 一部利用できない金融機関がある
  • 引落しみなし期間がある

レイクの最低返済額は高いのか?返済額の仕組みを解説

カードローンでは毎月の最低返済額が設けられており、最低返済額以上の金額を返済しなければなりません。

銀行カードローンは最低返済額に対する法的な規制が設けられていないため、最低返済額が2,000円~など非常に低い最低返済額が設定されていることが多いです。

一方、消費者金融は貸金業法によって返済期間に対して規制されており、消費者金融の返済期間は最長でも5年となります。

(極度方式基本契約に係る返済期間の設定)
第26条 協会員は、資金需要者等との間で極度方式基本契約を締結する場合には、当該極度方式契約に基づく極度方式貸付けの返済が原則3年以内(ただし、極度額が30万円を超える場合には原則5年以内)に終了するようにしなければならない。

ただし、極度額が100万円を超える場合において、返済能力その他の事情等にかんがみ、合理的理由がある場合には、この限りでない。

日本貸金業協会:貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則より

レイクを含む大手消費者金融のカードローンでは、毎月の最低返済額に大きな差はありません。

消費者金融のカードローンは借入金額によって最低返済額が決定しますが、追加融資を受けない限り完済まで最低返済額は変わりません。

初回に30万円借入して追加融資を受けない人を例に挙げると、完済まで毎月の最低返済額は12,000円になります。

残債が8万円となった段階で1万円の追加融資を受けると、毎月の最低返済額は4,000円に変化することになります。

契約する借入限度額によって異なる場合はありますが、レイクの毎月の最低返済額は下記表のように定められています。

レイク毎月の最低返済額表
借入額毎月の最低返済額返済回数
1~10万円以下4,000円36回以内
10万円超20万円以下8,000円36回以内
20万円超30万円以下12,000円36回以内
30万円超40万円以下12,000円60回以内
40万円超50万円以下14,000円60回以内

さらに、追加での借入を行わず最低返済額のみの支払いで完済した場合の返済シミュレーションも、下記表にまとめましたので返済金額の参考にしてください。

レイク返済シミュレーション
借入金額実質年率返済回数月返済額利息合計
10万円18.0%32回4,000円26,279円
20万円18.0%32回8,000円52,559円
30万円18.0%32回12,000円78,838円
40万円18.0%47回12,000円158,688円
50万円18.0%52回14,000円221,488円

レイクは返済方法が多いので、自分の都合に合った返済が行えます。

返済期間が1年以上と長期になる人は、口座を登録して引き落としによる返済を設定することをおすすめします。

レイクの返済方法は4通りあり、それぞれの返済日と手数料は下記表のとおりです。

レイクの返済方法・返済日・手数料
返済方法返済日手数料
ローンカードあるいはスマホATM取引によるATMでの入金契約時に希望日を設定SBI新生銀行カードローンATM
・無料

提携ATM
・1万円以下は110円
・1万円超は220円
指定口座への振込による返済契約時に希望日を設定有料 ※振込手数料は自己負担
Pay-easy(ペイジー)を利用したWEBからの返済契約時に希望日を設定無料
口座振替による自動引き落とし14日or27日のいずれかから選択無料

Twitter・Instagramのシェアや検索にご活用ください

#レイクアルサ #レイク #消費者金融