消費者金融から借り換えをしたい|借り換え先はどのカードローンにすべきなのか

消費者金融の借り換えイメージ

カードローンの利用した額が増えていき、毎月最低返済額のみ返済していると30万円を超えた段階前後で返済がしんどいと感じられる方も少なくないかと思います。

理由の一つとして挙げられるのが金利の高さです。 概ね14.5%~18.0%の条件で契約となるカードローンで30万円借りたとすると毎月発生する金利だけで3,600円~4,500円程度の利息が発生します。

カネロン
カネロン

これ以上の金額を返すことで初めて元金が減っていくのですが、元金が思っている以上に減らないという感覚になっていきます。

また、毎月給料日前にはあと、1,000円あったら…、5,000円あったら…と思うことも少なくはないはずです。そういった時に考えたい選択肢の一つとして低金利なカードローンへ借り換えを行う方法があります。

金利が下がることで、月々の利息が減ります。同じ金額の返済を続けても今よりも多く元金に充当されるため、金銭的な負担も減りますし、複数社の返済をまとめた場合は返済が1社のみとなりますので、精神的な負担も軽減されます。

カネロン
カネロン

カネロン具体的なメリットは以下の通りです。

カードローン借り換えを行うことのメリット

  • 月々の返済額を変えることなく返済総額を減らすことができる
  • 返済する業者を1社にまとめることが出来るので金銭や精神的な負担が軽減される
  • 現状の限度額以上の貸付枠で契約できることもある

ざっくりと上げるとこのようなメリットがありますが、借り換え自体を行うコトは利用者にとって一方的なメリットしかないため、少しでも良い条件に借り換えを検討しているのであれば、早めに行う事をおすすめします。

当サイト管理人も過去に消費者金融3社から借り換えをおこなった経験があります。合計150万円を18.0%で借りている状態で返済は大変苦しい状況でした。

消費者金融の金利は正直額が少なければ知れていますし高金利と感じることもあまりありません。18.0%で契約しても借りた金額が10万円の場合は月の利息が1,500円です。毎月4,000円ほどの返済で済みます。

さらに9万円借りて合計19万円になってもまだ毎月の返済は4,000円のみです。それが積もり積もっていき、3社で18.0%の金利で150万円となると毎月利息だけで約22,500円です。

この時の月々の最低返済額を合算すると約40,000円程度です。消費者金融というのは日本貸金業協会の自主規制基本規則には30万円未満の融資に対しては3年で完済するように義務付けられています。

30万円以上の融資は5年で完済するように最低返済額を設定しないとならない決まりがあります。

(極度方式基本契約に係る返済期間の設定) 第 26 条 協会員は、資金需要者等との間で極度方式基本契約を締結する場合に は、当該極度方式契約に基づく極度方式貸付けの返済が原則 3 年以内(ただ し、極度額が 30 万円を超える場合には原則 5 年以内)に終了するようにしな ければならない。ただし、極度額が 100 万円を超える場合において、返済能力 その他の事情等にかんがみ、合理的理由がある場合には、この限りでない。 

引用元:日本貸金業協会 自主規制基本規則

つまり、言われるがまま最低返済額を返済し続けても5年払えば完済出来るが、毎月4万円の支払いを5年間続ける事を意味します。 これに耐えられなかった私が実際に行ったのがカードローンの借り換えです。

カードローンの借り換えとは

「借り換え」とは、名のとおり利用しているカードローン業者よりも、低金利なカードローン業者と新たに契約を結び、返済を目的としたローンの事です。

  • 返済総額を少なくする借り換え
  • 月々の返済額を少なくする借り換え

両方の条件を満たすことは難しいですが、こういった利用者にとって一方的に利益となる条件で借り換えを行うことが出来ます。

返済総額を少なくする借り換え
返済総額を圧縮する借り換えのイメージ
月々の返済額は変わらないがその分元金が早く減るケース
月々の返済額を少なくする借り換え
月々の返済額を圧縮する借り換えのイメージ

金利の高い消費者金融から低金利な金融機関へと借り換えを行えば毎月の利息分が軽減されます。 ローンというものは金利が低ければ低いほど、長ければ長いほど有益な契約であることは間違いないのは事実です。

しかし、金利が下がるだけであり借金をしている金額そのものが変わるわけではありません。元金はもちろん完済するまで払い続けなければなりません。

この元金を減らすということが最も返済においてしんどいことではありますが、少しでも早く完済を目指すのであれば、少しでも利益のあるローンへの借り換えは行った方がいいというのが私の持論です。

ただ、借り換えをしたからといって必ずしも楽になるというわけではありません。 借り換えローンは表裏一体でメリットもあればデメリットもあるからです。まず、借り換えの方法も3つほどあるのでそちらから見ていきましょう。

消費者金融から借り換える3つ方法とその他の方法

借り換えは具体的に3つの方法から選ぶことになります。

借り換えを行う3つの方法
  • 銀行のカードローンで借り換えを行う
  • 銀行のフリーローンで借り換えを行う
  • 消費者金融のおまとめローンで借り換えを行う

具体的にはこの3つの方法です。どれに対してもメリットやデメリットがあるのでそれぞれ個別に説明していきます。

銀行カードローンへ借り換えを行う

銀行カードローンの借り換えイメージ
銀行カードローンの借り換えをするイメージ

大体5割から6割程度の人が銀行カードローンへ借り換えを選びます。借り換えを目的として契約を行い、それぞれに自分自身が返済を行っていく形です。

このタイプの消費者金融から銀行カードローンへの借り換えですが、審査によっては余剰枠を設けてもらえる事もあります。

実例で言うと、150万円の借り換えに対し他社へ完済し完済証明書を提出する事を条件に限度額をさらに30万円ほど追加してもらうことができたこともあります。

ただし、銀行カードローンのほうが低金利と言われていますが、結局100万円以上借りてしまったら非常に高い金利というのは変わらないので、新規枠が追加されたからといって、限度額まで借りると現状よりも苦しい状況になる可能性もあります。

銀行のフリーローンで借り換えを行う

銀行フリーローンの借り換えイメージ
銀行のフリーローンの借り換えイメージ

おまとめ、借り換えOKのフリーローンで借り換えを行う方法です。フリーローンのカードローンとの違いは、限度額の範囲内で借り入れした金額をその都度返済するのではなく、一気に全額融資を行い、それを返済してく形になります。

ショピングローンやマイカーローンのような想像をするとわかりやすいかと思います。一気に振込で入金されそれを自分で出金し自分で返済を行うのですが、カネロンの場合は50万円ずつATMから出金して手で入金をしました。

面倒でしたが普段こんなに現金を触ることがなかったので妙に心地よい感覚だったのを覚えています。デメリットはオーバーローンとして組むことができないので、そのまま借金先が変わるだけとなり、新規借入はできないことです。

逆に言うとメリットでもあり余計な借金をすることなく、淡々とプランにそって返済を行っていくので先が見えている借金というのはかなり精神的にも楽になります。

消費者金融のおまとめローンで借り換えを行う

消費者金融の借り換えイメージ
消費者金融の借り換えイメージ

消費者金融から消費者金融へ借り換えを行う方法です。あまり条件は変わらなそうではありますが、以前よりも確実に好条件に借り換えを行う事ができます

消費者金融から消費者金融なら総量規制の関係で年収の1/3を超えている借り入れをしている人は利用できないイメージがありますが、こちらは貸金業法に基づく利用者にとって一方的な利益となる借り換えに該当するため総量規制対象外となります。

新たに別の消費者金融に申し込みでも問題ありませんが、今契約している消費者金融がおまとめローンの取り扱いがある場合は契約を切り替えることも可能です。

その代わり融資枠が残っていたとしても融資を一時的に受けることができない契約に変更となります。

借り換えを行うことで得られるメリット

高金利の消費者金融から低金利の銀行カードローンへと借り換えを行うメリットを順に説明していきます。

最終的に支払う利息合計の軽減

契約金利が低くなり、毎月の発生利息は小さくなるので、借り換え前と借り換え後で同額の返済を行った場合には、当然ですが最終的に支払うことになる利息が軽減されることになります。

以下、1ヶ月あたりの発生利息を計算、返済シミュレーションを使い返済回数と最終支払利息の差額を算出し表にまとめました。

カネロン
カネロン

50万円を借りている場合の月々の利息をみてみましょう。

1ヶ月あたりの発生利息
契約金利1ヶ月あたりの発生利息
18.0%7,397円
14.0%5,753円
※1ヶ月30日で計算 ※小数点以下切り捨て
毎月10,000円の返済を行った場合の返済回数と最終支払い利息
契約金利返済回数最終支払い利息合計支払う利息の差
18.0%94回431,118円
14.0%76回254,785円-176,333円
※1ヶ月30日で計算 ※小数点以下切り捨て

上例では金利の高い消費者金融から低金利な銀行カードローンへと借り換えを行っていますが、毎月の返済額を変えなかったことにより、返済回数を大幅に短縮することができます。最終的に支払うことになる利息を約17万円も削減できます。

「借り換えの金利の差」「借入している金額」が大きくなればなるほど、借り換えにより削減できる支払利息は大きくなっていきます。

毎月の返済額の軽減

カードローン業者ごとに毎月の最低返済額は異なるのですが、とにかく毎月の負担を少なく抑えたいと考えている場合には、銀行カードローンへの借り換えが有利です。 その理由として消費者金融の場合、返済期間を最長でも5年以内とする自主規制が設けられていることが挙げられます。

(極度方式基本契約に係る返済期間の設定) 第 26 条 協会員は、資金需要者等との間で極度方式基本契約を締結する場合に は、当該極度方式契約に基づく極度方式貸付けの返済が原則 3 年以内(ただ し、極度額が 30 万円を超える場合には原則 5 年以内)に終了するようにしな ければならない。ただし、極度額が 100 万円を超える場合において、返済能力 その他の事情等にかんがみ、合理的理由がある場合には、この限りでない。

日本貸金業協会:貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則より

消費者金融から受けた融資は原則3年、最長でも5年以内に元金を全て完済できるように定められているのですが、銀行カードローンの場合このような規制は設けられていません。

消費者金融はどの業者も毎月の最低返済額に大きな差がないのに対し、銀行カードローンでは毎月の返済額は2,000円~とされている場合もあります。

レイクALSAとじぶん銀行カードローンの毎月の最低返済額比較表
借入額レイクALSAじぶん銀行カードローン返済額の差
10万円以下4,000円2,000円-2,000円
10万円超20万円以下8,000円4,000円-2,000円
20万円超30万円以下12,000円6,000円-6,000円
30万円超40万円以下12,000円8,000円-4,000円
40万円超50万円以下14,000円10,000円-4,000円

毎月の返済額が低くなればなるほど、返済期間が長くなり最終的に支払うことになる利息が大きくなってしまいます。

その点に注意が必要となりますが、とにかく今現在の毎月の負担を少しでも小さく抑えたいと考えているような場合には、消費者金融から銀行カードローンへの借り換えをおすすめします。

毎月の返済の手間をなくすことができる

カネロン
カネロン

毎月ATMにカードを複数枚もって出金して各社へ入金する手間とストレスから開放されます。

複数社からの借入があるという人は、借り換えによる借金をひとつにまとめることで、毎月の返済を一本化することができるので、返済の管理が楽になります。

ATMでの返済を行っている人は、口座からの自動引落しによる返済に対応している銀行のカードローンへの借り換えを行うことで、返済の手間は大幅に短縮できます。

自身の給与受け取り先に指定している銀行の口座を返済用口座として指定しておくと、返済の遅れ・滞納のリスクを軽減できてオススメですが、基本的には返済用口座として指定できるのは、利用する銀行カードローンの銀行口座のみとされています。

事例を挙げるとネットバンクの楽天銀行スーパーローンは「新銀行東京」「ゆうちょ銀行」「大和ネクスト銀行」の3行以外の金融機関以外であれば、どの口座でも返済用口座として登録することが可能です。

借入限度額の余剰分はそのまま借入に使える

借り換えは、今現在ある借金の返済の為に行うのですが、借り換えの審査の結果、現在の借入額以上の枠で契約できた場合、その余剰分は自由に利用することが可能です。

おまとめ専用ローンを利用して借り換えを行った場合、融資されるのは他社借入分のみ、融資を受けたあとは追加での借入を行うことはできず、完済するまで返済のみを行う契約となります。

低金利なカードローンへ借り換えるだけでなく、追加の融資も受けたいと考えている人は、おまとめ専用ローンではなく、通常の銀行カードローンを利用した借り換えをおすすめします。

銀行カードローンへ借り換えする場合の注意点

現状よりも低金利での契約となる消費者金融から銀行カードローンへの借り換えは非常に魅力的ですが、利用するにあたりいくつか注意しておかなければいけないポイントがあります。

銀行カードローンは自主規制で総量規制を導入した

総量規制とは年収の1/3以上の融資を受けることができないように定められた規制で、対象となるのは消費者金融で、銀行カードローンは総量規制の対象外とされていました。

2017年頃から銀行の個人向け融資のカードローンにおける貸しすぎが問題視され、2018年1月以降は銀行カードローンも自主規制として総量規制の仕組みを取り入れることになっています。

その為、借り換えを検討している人は、まずその銀行の取り扱いがおまとめや借り換えを目的としたローンを取り扱っているのか確認しなくてはなりません。総量規制のギリギリまで借入しているという人も同様で、借り換えの審査通過は難しいと考えてください。

このような人は、通常の銀行カードローンではなく、返済のみの契約で総量規制の対象外となる「おまとめ専用ローン」の利用をおすすめします。おまとめ専用ローンという名称ですが、借入先が1社の借り換えにも利用することができます。

返済の遅れや滞納があると借り換えの審査通過は難しい

一般的に銀行カードローンの審査は、消費者金融の審査に比べると厳しめとなっています。毎月、安定した収入があり、他社借入額が総量規制にひっかかっていないという人であれば、借り換えの審査に対して過度に心配する必要はありません。

しかし消費者金融への返済に遅れや滞納があるという人の場合、借り換えの審査の通過はかなり難しくなると考えておいてください。

借り換えの審査では、消費者金融を含め、その他金融機関やクレジットカードのローンなどの返済状況は全て確認されています。

消費者金融から銀行カードローンへの借り換え後に行っておくこと

借り換えにより得た資金で、消費者金融への返済が完了したあとは、すぐに返済元となった業者と解約を行いましょう。

他社との契約の解除が、借り換えの条件ということではないので、契約をそのまま残しておいても特に問題はないのですが、借り入れの枠が残っていると、ついつい必要以上の借入をしてしまう恐れがあります。

また、借入の枠が過剰にある場合、カードローン以外、マイカーローンや住宅ローンなどのローンの審査の際にもマイナスの評価となってしまう可能性があります。

借り換えを利用して完済した消費者金融との契約を残しておくことはデメリットしかないとカネロンは考えています。

中小の消費者金融から借り換えはおすすめしない

大手消費者金融の複数社からすでに借入があり、他に借入できるところがないから、なんとなく審査が甘そうな中小の消費者金融を使って借り換えしようと考える方はけっこう多いのです。

銀行カードローンへの借り換えと比べると、メリットよりもデメリットの方が遥かに大きくなることが分かります。具体的な例を挙げつつ、中小の消費者金融での借り換えのデメリットを紹介しておきます。

通りやすそうだが意外と審査が通らない

中小の消費者金融は、パッと見、漫画の『ミナミの帝王』ではないですが、『持って行きなはれ!』といきなり現金を渡してくれるようなイメージがあると思います。しかし、現実はそのようなコトはありません。

  • すでに年収の3分の1まで借入していて総量規制にひっかかる
  • 他者での返済が滞っていたり、遅延したりした事がある
  • 業者の判断でこの人に融資すると危険だと判断される

こういった原因などによって結果借入できないケースも多く、中には貸すけど一旦本社へ来てくれという感じで、本社まで行って審査はするけど、実態は債務整理の業者と提携していてそっちをすすめるという風なことも実際に起こっています。

本審査の為にわざわざ本社に他県から来てくれとうケースは基本的に延々と債務整理をしたほうがいいと説かれるのみであるため、それを踏まえた上で自己責任で行くようにしましょう。

毎月指定された口座に振込で返済しないといけない!

管理人のカネロンも中小の消費者金融からお金を借入していたことがあるのですが、返済は振込での返済でした。

中小の消費者金融の返済方法は指定される口座への振込もしくは店頭まで出向いて現金での返済のみとされているのがほとんどで、意外とそれが面倒なのです。

今はネットでの振込が出来るので大分楽ですが、当時は地銀のATMを利用した振込しかできず、仕事帰りでは振込ができなかったので、昼休憩に銀行のATMに行っては返済の振込をしていました。

これが実はかなり面倒です。 いや、ただ振り込めばいいだけなのではと最初は誰もが思うのですが、いざ自身でやってみるとかなり面倒です。

カードローン借り換えの審査が通らないときはどうすればいいのか

また、借り換えを検討されている方で、実際に借り換え目的のローンへ申込を行ったが審査に通らなかった場合も想定しておきましょう。

この場合は、債務整理を行い、元金のみ返済、全体を圧縮し一部返済、免責をもらうといった選択肢もありますが、信用情報が傷つきローンの審査が5年~10年程度通らなくなるといったデメリットもあります。

そういった自体を避けたいという方は、まず今契約しているカードローン業者へ電話を行い、返済が厳しい為、元金がある程度減るまでの間、金利を下げて欲しいと交渉を行うようにしましょう。

実際にそれで、新規の借入は停止となりましたが、18.0%から12.0%に下がったという事例もありますので、滞納などない方であれば交渉する余地は十分にあるため、審査に落ちたからといって落胆せず、契約中のカードローン業者へ電話で金利を下げてもらう交渉を行うようにしましょう。