楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの評判をレビュー!バンド3に固定する方法も解説

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの評判をレビュー!バンド3に固定する方法も解説

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cとは、楽天モバイルから発売されているモバイルルーター(ポケット型WiFi)のことです。

次の理由で、大変多くの人が利用しています。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cが人気の理由

  • 端末が実質無料で購入できる
  • 事務手数料が無料
  • データ容量が無制限に使える
  • 段階制の料金プラン
  • 最大でも月額3,278円
  • いつ解約しても違約金は無料
楽天モバイルのポケット型WiFi3つのメリット
楽天モバイル公式サイトより

ここでは、実際に契約して使ってみた管理人が、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの評判とレビューを解説します。

杉本

楽天らしい、とんでもなくお得なポケット型WiFiです。

この記事でわかること
  • 初めて楽天モバイルを使う人なら端末代が実質無料で購入できる
  • 段階制料金プランなのでギガ使い放題でも月額3,278円と最強コスパ
  • 日常生活で使う分には問題なく使える速度が出ている

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cの基本情報

契約期間なし
データ容量無制限※1
1日10GBまで
事務手数料無料
月額料金~3GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
スマホセット割引なし
端末代金4,401円
端末補償
スマホ交換保証プラス
月額715円
キャッシュバック4,401円分の楽天ポイント
違約金無料
支払い方法クレジットカード
運営会社楽天モバイル株式会社

情報参照元:楽天モバイル公式サイト

※1 1日で10GB以上を使うと速度制限(128kbps)がかかります。

\ 端末代金が実質無料になるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

楽天モバイルのポケット型WiFiは、毎日飛ぶように売れています。

在庫がある間に申し込んでおきましょう。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員・携帯ショップ店員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ)

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

Wi-Fi選びの個別相談を希望の方は公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください(無料)。

目次

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの料金プランと製品情報まとめ

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの料金プランと製品情報まとめ

まずは楽天モバイルおよびRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの基本情報についてまとめて紹介します。

評判やレビューを確認したい人は、こちらをタップして先へ進んでください。

楽天モバイル(ポケット型WiFi)の料金プラン

楽天モバイルWiFiポケット2B
契約期間なし
データ容量無制限※1
1日10GBまで
事務手数料無料
月額料金~3GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
スマホセット割引なし
端末代金4,401円
端末補償
スマホ交換保証プラス
月額715円
キャッシュバック4,401円分の楽天ポイント
違約金無料
支払い方法クレジットカード
運営会社楽天モバイル株式会社

情報参照元:楽天モバイル公式サイト

※1 1日で10GB以上を使うと速度制限(128kbps)がかかります。

データ容量は無制限!好きなだけWi-Fiが使える

楽天モバイルはデータ無制限で使える
楽天モバイル公式サイトより

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cが人気な理由の1つは、データ容量が無制限になっていることです。

昼間でも夜中でも、好きなだけWi-Fiを使うことができます。

使った分だけの段階制料金プランだから使わなかった月でも損しない

楽天モバイルの料金プラン
新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」:楽天モバイル公式サイトより

他のポケット型WiFiは「100GB・3,718円」のように、使っても使わなくても同一の料金になっています。

そのため、あまり使わなかった月は損したように感じてしまうのです。

楽天モバイルは毎月使ったデータ容量に応じた段階制の料金プランとなっているため、あまり使わなかった月でも損にならないのです。

1ヶ月のデータ利用量が3GB以下なら1,078円、たくさん使った月でも月額3,278円ですので、使った月でも使わなかった月でもお得といえます。

10月は「3GBまでなら【実質無料】」で使えます

10月に関しては月額料金(1,078円+α)分の楽天ポイントが還元されるため、1ヶ月のデータ利用量が3GB以下だった場合実質無料で使うことができます。

※月額料金「1,078円」+ユニバーサルサービス料「2円」=合計1,080円分の楽天ポイントを還元

10月に関しては、3GBまでなら実質無料で使うことができるので、安心してお試しください。

楽天モバイルは、いつ解約しても違約金は無料です。

実際に使ってみて満足できなければ、すぐに解約することをおすすめします。

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cの製品情報・スペック(旧製品と比較)

Rakuten WiFi Pocket新端末と旧モデルの比較
左:新端末 右:旧モデル
製品名<NEW>
Rakuten WiFi Pocket 2B/2C
<前モデル>
Rakuten WiFi Pocket
Rakuten WiFi Pocket 2BRakuten WiFi Pocket
カラーホワイト/ブラックホワイト/ブラック
下り最大速度150Mbps150Mbps
上り最大速度50Mbps50Mbps
Wi-Fi規格11b/g/n
(2.4GHz帯)
11b/g/n
(2.4GHz帯)
最大同時接続台数16台10台
サイズ63.8×107.3×15mm94.5×61.2×17.1mm
重量106g100g
海外での利用丸バツ
メーカーZTEハーヴィロン
販売価格1円販売終了

旧製品であるRakuten WiFi Pocketと比べて、少しだけサイズが大きくなりました。

その分造りがしっかりしたので、手に持った感じは旧製品のような安っぽさがなくなっています

Rakuten WiFi Pocket2Bと2Cの違いは、USBの規格のみです。

  • 2B:USB Type-B
  • 2C:USB Type-C

※現在Rakuten WiFi Pocket2Bは在庫切れとなっております。

最大速度は150Mbpsだけど日常生活で困ることはない

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cの最大速度は150Mbpsとなっています。

定番のポケット型WiFiであるWiMAXに比べると、数値的には遅く感じるかもしれません。

ですが、日常生活で使用する分には全く問題ないだけの速度が出ますので、安心してください。

実測値では30Mbps前後出ています。

ポケット型WiFiで30Mbps前後出ていれば、十分優秀といえるでしょう。

スマホ交換保証プラス(月額715円)は加入するメリットなし

スマホ交換保証プラス
月額料金715円
保証範囲破損、全損、水没、盗難、紛失
保証内容6,600円で新品同等品と交換

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、月額715円でスマホ交換保証プラスという端末補償に加入することができます。

ですが、1円で購入できる端末に、月額715円も払って保証を付けるのはナンセンスです。

スマホと違い落として壊してしまうリスクも低いので、わざわざ加入する必要はないと思います。

メルカリでも3,000円くらいで購入可能です。

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cは海外でも使用できます

Rakuten WiFi Pocket 2Bは海外でも2GBまでなら利用できる
楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bは海外でも使用可能

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、海外でも使用することができます。

ただし、1ヶ月で2GBまでしか使えませんので、大量にWi-Fiが必要な人向けではありません。

緊急用として利用する程度にしておきましょう。

1GBあたり500円で追加可能です。

支払い方法はクレジットカードのみ(口座振替は不可)

クレジットカード

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、クレジットカードがないと契約ができません

楽天モバイル(毎月の利用料)の支払いは口座振替でも可能なのですが、Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cの購入がクレジットカード払い限定となっているからです。

クレジットカードをお持ちでない人は、楽天カードを作りましょう。

年会費が無料で主婦や学生の方でも審査が通りやすく、申し込みから最短で届くクレジットカードとなっています。

楽天カードと楽天モバイルを持っていると、楽天市場での買い物で獲得できるポイントが合計+3倍にアップします。

問い合わせ先(電話サポート・チャットサポート)

楽天モバイルに関する問い合わせは、電話もしくはチャットにて行います。

電話は繋がるまで非常に時間がかかるので、お急ぎの場合はチャットサポートがおすすめです。

楽天モバイルのサポートセンター

杉本

続いて、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの評判をチェックしていきたいと思います。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの評判を5つの項目で徹底チェック!

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの評判を5つの項目で徹底チェック!

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの評判を、「料金プラン」「対応エリアと通信速度」「キャンペーン」「モバイルルーター」「サポート品質」の5つの項目別にチェックしていきます。

5項目の評判まとめ評判
料金プラン二重丸
対応エリアと通信速度△~◯
キャンペーン二重丸
モバイルルーター丸
サポート品質三角

料金の評判は抜群!データ無制限に使える楽天モバイルより割安なポケット型WiFiはない?

Rakuten WiFi Pocket 2Bの料金コスパ

ポケット型WiFi人気5社の料金を比較

ポケット型WiFiデータ容量端末代金月額料金実質月額
楽天モバイル
Rakuten WiFi Pocket 2B/2C
無制限
(1日10GBまで)
実質無料※13GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB~上限なし:3,278円
3,278円※2
GMOとくとくBB WiMAX無制限605円×36回払い
(21,780円)
初月~2ヶ月目:1,474円
3~36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目~:4,444円
3,483円
AiR WiFi100GB無料レンタル3,278円3,529円
THE WiFi100GB無料レンタル3,828円
4ヶ月無料
3,348円
どこよりもWiFi100GB
(1日4GBまで)
550円×36回払い
(19,800円)
2,508円3,432円

※1 端末代金4,401円と同額分の楽天ポイントがもらえるため。 ※2 毎月20GB以上、2年間使用した場合。 

実質月額とは?

一定期間の合計費用を利用月数で割った「実質的な月額料金」のこと。事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを簡単に見極めることができます。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×利用期間)+その他費用-特典(キャッシュバックや割引など)}÷利用月数

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは毎月のデータ容量が無制限となっているにも関わらず、月額料金は最大でも3,278円と安すぎるポケット型WiFiです。

1日10GBまでという制限こそあるものの、他社と比べて料金コスパが圧倒的に優れたポケット型WiFiであることは間違いありません。

また、今なら4,401円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーン中ですので、端末代金も実質無料で購入することができます

使えるエリアと速度の評判は賛否両論!ちょこっと使いで確かめてみましょう

楽天モバイルの通信対応エリア

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、楽天回線とau回線(パートナー回線)の両方を使うポケット型WiFiです。

データ容量が無制限に使えるのは楽天回線となるのですが、残念ながら日本全国どこでも楽天回線が使えるわけではありません。

楽天回線が開通していないエリアではau回線を使うことになります。

楽天モバイルの対応エリアを確認する

au回線は1ヶ月のデータ容量が5GBまでしか使えないため、対応エリアの確認が非常に重要になるのです。

※5GB以上使うと速度が1Mbpsになります。

また、楽天回線が対応しているエリアであっても、電波が弱い場所では圏外になったり速度が遅くなったりすることがあります。

とはいえ、3GBまで使っても1,078円です。

ちょこっと使いで確かめてみて、継続するか解約するかを決めるのがおすすめの方法となります。

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、いつ解約しても違約金がかからないので安心してください。

楽天ポイント4,401円分還元で端末代金が実質無料になる評判の良いキャンペーン

楽天ポイント4,401円分還元で端末代金が実質無料になる評判の良いキャンペーン

初めて楽天モバイルを利用する人であれば、端末代金と同額の4,401円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンが適用になります。

端末代金が実質無料になるため、負担なく楽天モバイルのポケット型WiFiを使ってみることができるのです。

3GBまで1,078円で使えますし、解約の違約金は無料なので、気軽にお試しください。

4,401円分の楽天ポイントは、利用開始の翌々月末に自動的に付与されます。

軽くてシンプルなモバイルルーターなので使い勝手の評判も悪くない

Rakuten WiFi Pocket 2B端末品質

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、非常に軽い端末(モバイルルーター)です。

造りもシンプルなので、初心者の人でも大変使いやすくなっています。

スマホのようなガラス製の液晶パネルではないので、落としても簡単には割れたりしません。

あまり乱暴に扱ってはいけませんが、神経質になる必要がないので気兼ねなく使えるでしょう。

サポートの評判だけは良くない!チャットがおすすめです

楽天モバイルのチャットサポート
チャットサポートがおすすめ
サポート接続までの時間レスポンスの早さ知識量・理解度
電話バツ△~◯三角
チャット三角△~◯△~◯

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cで唯一評判が悪いのは、サポートセンターの対応品質です。

これまで何度か電話とチャットで質問・相談をしてきましたが、決してよろしくはありません。

特に電話サポートは10分待っても繋がらないことが多いので、困ったときはチャットを使うことをおすすめします

また、チャットサポートは過去のやり取りが残るので、以前の続きから行うことも可能です。

5項目の評判まとめ評判
料金プラン二重丸
対応エリアと通信速度△~◯
キャンペーン二重丸
モバイルルーター丸
サポート三角
杉本

契約手数料も解約違約金もないので、お試し気分で始めることができますよ。

\ 端末代金が実質無料になるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

契約してみた!楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cを実機でレビュー

契約してみた!楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bを実機でレビュー

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Bを実際に契約して使ってみました。

どのようにしたらWi-Fiが使えるようになるのか、電波や速度はどれくらいなのかを実機で検証・解説していきます。

Rakuten WiFi Pocket 2Cでも、使い方などは同様です。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

  • 申し込みから最短2日で届く
  • 届くもの一覧
  • 使い方と設定方法
  • 通信速度を検証
  • 動画視聴が快適にできるか検証
  • 地下鉄でも使えるのかを検証
  • バッテリーがどれくらい持つかを検証

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bは申し込みから最短2日後に届く

Rakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

Rakuten WiFi Pocket 2Bは、申し込みから2日後に届きました。

申込や在庫の状況、住んでいる場所によって変動するようです。

3月や4月などWi-Fiの需要が高まるシーズンは到着まで時間がかかる可能性が高いので、なるべく早めに申し込んでおくことをおすすめします。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの届くもの

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの届くもの

Rakuten WiFi Pocket 2B本体(端末)が入った箱、SIMカード、スタートガイドの3点だけが梱包されていました。

Rakuten WiFi Pocket 2B本体(端末)の箱と中身

Rakuten WiFi Pocket 2Bの同梱物

Rakuten WiFi Pocket 2B本体(端末)の箱の中身は、端末本体と充電用のUSBケーブル、クイックスタートガイド(取扱説明書)の3点です。

充電用のACアダプタは同梱されていませんが、スマホ用で使っているもので代用できます。

ACアダプタは同梱されていない
ACアダプタは同梱されていない

Rakuten WiFi Pocket 2B用として1つ欲しい人は、100円ショップなどでも購入できるので安心してください。

SIMカード

楽天モバイルのSIMカード

楽天モバイルのSIMカードは、使用する端末に合わせて標準SIM、microSIM、nanoSIMの3つのサイズがくり抜けるようになっています。

Rakuten WiFi Pocket 2Bでは、真ん中のサイズ(microSIM)にくり抜いて使用してください

スタートガイド

楽天モバイルのスタートガイド

スタートガイドは使用しません。

スマホ用として使用するためのセットアップの方法が記載されていますが、Rakuten WiFi Pocket 2Bで楽天モバイルを使用する際は無視して大丈夫です。

QRコードを読み込む必要もありません。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの使い方と設定方法

Rakuten WiFi Pocket 2Bは手のひらサイズのコンパクトなモバイルルーター

それでは早速Rakuten WiFi Pocket 2Bを使ってみましょう。

端末本体の上部にSIMカードを挿し込むソケットがあるので、爪をひっかけて上蓋を外してください。

Rakuten WiFi Pocket 2B

microサイズに切り取ったSIMカードを挿入します。

SIMカードを挿入したら、同じく上部にある電源ボタンを長押ししましょう。

Rakuten WiFi Pocket 2Bの電源を入れる

電源が入れば準備は完了です。

特に設定をすることはありません。

バッテリーの充電が切れている場合は、付属のUSBケーブルで充電しながら操作してください。

Wi-Fiの接続方法

本体上部の「WPS」と書かれたボタンを押すと、液晶画面にWi-Fi接続に必要なSSIDとパスワードが表示されます。

Rakuten WiFi Pocket 2BのWPSボタン
Rakuten WiFi Pocket 2BのSSIDとパスワード
Rakuten WiFi Pocket 2BのSSIDとパスワード

この端末のSSIDとパスワード

SSID:Rakuten-56F1

パスワード:4PV2E6NZ35

パスワードを入力する際は、半角・全角、大文字・小文字をしっかりと確認してください。

「WPS」ボタンをもう1度押すと表示されるQRコードを読み込むことでも、Wi-Fiに接続することができます。

Rakuten WiFi Pocket 2BのQRコード
液晶画面に表示されるQRコード
Rakuten WiFi Pocket 2BをQRコードでWi-Fiに接続する
QRコードを読み取ればWi-Fiに接続できる

どちらでも好きな方法を使ってWi-Fiに接続させましょう。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの速度を検証

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの速度を検証

それでは実際にRakuten WiFi Pocket 2Bを使って、どれくらいの速度が出るのか実測値を計測した結果を紹介します。

今回の検証条件は次のとおりです。

計測した場所愛知県名古屋市にある建物内
計測した時間帯平日の18時頃
日曜日の18時頃
計測した回線楽天回線
計測に使用した機器iPhone8
計測に使用したアプリスピテ
計測回数それぞれ3回ずつ検証
Rakuten WiFi Pocket 2Bの速度測定(平日18時頃)
平日18時頃に測定
平日18時頃平均値1回目2回目3回目
下り速度38.06Mbps37.33Mbps39.35Mbps37.51Mbps
上り速度27.05Mbps31.76Mbps25.97Mbps23.43Mbps
Ping値45ms43ms49ms43ms
Rakuten WiFi Pocket 2Bの速度測定(日曜18時頃)
日曜18時頃に測定
日曜18時頃平均値1回目2回目3回目
下り速度31.03Mbps26.64Mbps36.10Mbps30.37Mbps
上り速度24.72Mbps20.95Mbps29.17Mbps24.05Mbps
Ping値46.3ms47ms45ms47ms

快適に使える速度の目安

  • 下り速度:10~30Mbps以上

ダウンロードする速さのこと。「インターネットの速度」という場合は下り速度を指します。

  • 上り速度:5Mbps以上

アップロードする速さのこと。SNSなどに画像や動画を投稿する際に必要となる速度。下り速度ほど速い必要はありません。

  • Ping値(応答速度):50ms以下

応答速度のこと。オンラインゲームやリアルタイムトレードをする際に必要となる速度。日常生活で気にする必要はありません。

ポケット型WiFiですから、光回線のように100Mbps以上出ることはありません。

とはいえ、平均して30Mbps以上は出ているので、動画視聴やSNSの閲覧に困ることはないでしょう。

家族みんなで使うWi-Fiとして厳しいですが、自分ひとりだけで使うのであれば十分すぎる速度が出ているといえます。

YouTube動画(標準画質/高画質)が快適に見れるかどうかを検証

Rakuten WiFi Pocket 2BでYouTubeの視聴テスト

続いて、YouTube動画が快適に見れるかどうかを試してみました。

標準画質(360p)と高画質(720p)の動画をそれぞれ30分間流してみましたが、どちらも最後まで止まらずに見ることができました。

速度に波はあるものの常に20~30Mbps前後は出ているので、高画質動画であっても問題ないです。

標準画質であれば1Mbpsでも止まらずに視聴できます。スマホくらいの画面サイズであれば標準画質で十分綺麗に見れますので、わざわざ高画質にする必要はほとんどないでしょう。

地下鉄でも使えるのかを検証

楽天モバイルのポケット型WiFiは地下鉄でも使える
名古屋市営地下鉄で検証

地下鉄でもWi-Fiが使えるのか検証しました。

今回検証した場所は、名古屋市の地下鉄「東山線」です。

結論から言うと、一部の区間や駅では圏外になるものの、半分以上はWi-Fiが使えました

地下鉄内では常にYouTube(360p)を見るようにしていたのですが、バッファがあったおかげでWi-Fiが途切れた区間であってもほぼ止まらずに視聴することができました。

また、ネット検索やSNSにおいても、それほど遅さを感じずに使うことができています。

今回の結果はたまたまかもしれませんが、思っていたより快適だったのでびっくりです。

楽天モバイルの電波は地下に弱いです。

地下鉄内で必ず利用できるとは限りませんので、お気をつけください。

バッファ(バッファリング)とは?

バッファとは?

例えばスマホで動画を視聴する際、少し先の分まで読み込みながら再生されるのですが、端末内に溜め込んである部分を「バッファ(バッファリング)」と言います。

バッファリングとは、映像の再生開始前などに、数秒から数分の映像データをパソコンの中に溜め込んでおく技術を指します。(中略)バッファリングすると、インターネット回線が遅延して映像データが途切れた場合でも、映像コンテンツはあらかじめ溜め込んでおいた映像データから再生されているため、その間に回線の遅延の回復が期待できます。直接再生を開始する場合と比べて、再生開始までにタイムラグが発生しますが、映像コンテンツの途切れを減らすことができるというメリットがあります。(強調:筆者)

NTTスマートコネクト「バッファリング 」より引用

視聴途中にWi-Fi(インターネット)が途切れたとしても、バッファがあるのでいきなり再生が止まることはありません

バッファの分が無くなる前に再度Wi-Fiにつながれば、あたかもずっとWi-Fiが繋がっていたかのように視聴できるのです。

バッテリー(充電)がどれくらい持つかを検証

Rakuten WiFi Pocket 2Bのバッテリーがどれくらい持つかを検証

仕様表には10時間と記載されていますが、実際に試したところ確かに10時間連続して使うことができました。

試したことWi-Fi接続したスマホでYouTubeを流し続ける
開始時間午前9時ちょうど
バッテリーが切れた時間午後7時12分
バッテリーの持ち時間10時間12分

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bでできたこと・できなかったこと

テスト項目1台接続2台接続
高画質動画(720p)の視聴丸△~◯
標準画質動画(360p)に視聴二重丸丸
ネット検索二重丸丸
漫画アプリ丸△~◯
SNSの閲覧・投稿二重丸丸
YouTubeに動画をアップロード△~◯
5分以上の動画は時間がかかる
三角
オンラインゲーム
FPS・対戦型格闘ゲーム
バツバツ
オンラインゲーム
RPG
△~◯三角
ZOOMなどのビデオ会議丸△~◯

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Bでは、何ができて何ができないのかを検証した結果が、上記の表になります。

あくまでも当サイトでの検証結果にはなりますが、ぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiは同時に使用する台数(人数)が増えれば増えるほど速度が低下します。

(参考)Rakuten WiFi Pocket 2Bの管理画面にログインする方法

Rakuten WiFi Pocket 2Bの管理画面
Rakuten WiFi Pocket 2Bの管理画面

ほとんど使うシーンはないと思いますが、管理画面へのログイン方法を紹介します。

端末の設定を変更する場合は管理画面にログインしないといけません。

まず、Rakuten WiFi Pocket 2BのWi-Fiに接続した端末で、safariやgoogleなどのブラウザアプリを開きます。

アドレスバーに192.168.0.1と打ち込みログインパスワード(半角で「admin」)を入力すれば、管理画面にログインすることができます。

管理画面内で設定を変更してしまうとインターネットが使えなくなる可能性がありますので、詳しくない人は下手に触らないようにしましょう。

(参考)海外で利用するための設定方法と手順

海外

海外で利用するためには、楽天モバイル(SIM)とRakuten WiFi Pocket 2B(端末)の両方の設定を変更する必要があります。

海外ローミングをオンにする方法・手順(SIM)

海外ローミングをオンにする方法・手順(Rakuten WiFi Pocket 2B)

(参考)Rakuten WiFi Pocket 2Bをアップデートする方法

Rakuten WiFi Pocket 2Bは不定期でアップデートが必要になります。

管理画面からでしかアップデートを実施することができないのでご注意ください。

アップデートしていないからといって使えなくなるわけではないのですが、不具合が生じる可能性があります。

続いては、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの注意点とデメリットについて解説します。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの注意点とデメリット

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの注意点とデメリット
  • 楽天回線エリア以外では1ヶ月で5GBまでしか使えない
  • 楽天回線エリア内でも場所によっては圏外になる
  • 接続する回線(楽天・au)を任意で選ぶことができない
  • 海外では1ヶ月で2GBまでしか使えない
  • 180日間全く使わないと利用停止(強制解約)になる
  • オンラインゲームや動画配信などを行うには難しい
  • 家族みんなで使うWi-Fiとしてはおすすめできない
  • 端末のみの購入は7,980円になる
  • キャンペーンが適用されるのは初めて楽天モバイルを契約する人だけ

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cを契約する前に知っておいてほしい、注意点とデメリットの詳細を1つずつ解説します。

楽天回線エリア以外では1ヶ月で5GBまでしか使えない

データ容量が無制限に使えるのは、あくまでも楽天回線エリアに限った話です。

楽天回線エリア以外、つまりパートナー回線であるau回線エリアでは1ヶ月で5GBまで使用できません(5GBを超えると速度が1Mbpsに低下する)。

楽天回線エリアの人口カバー率は2022年3月末時点で97%を突破*1していますが、まだまだ使えないエリアが多く存在しています。

いわゆる「田舎」では開局の予定も立っていないようですので、中心都市から離れた場所に住んでいる人は注意してください。

3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の人口カバー率は99%以上です。

1MbpsでもYouTubeが見れるって本当なの?

パートナー回線エリアで5GBを超えると、速度が1Mbpsに低下します。

ただし、1Mbps出ていればYouTube(標準画質)を視聴したり、SNSを閲覧する程度であれば難なくできてしまうのです。

とはいえ、1Mbpsの状態であっても20GB以上使ってしまうと月額料金が3,278円になってしまうので、あまりお得とはいえません。

楽天回線エリアを調べる方法

楽天回線エリアを調べる方法

楽天モバイルの公式サイトで簡単に調べることができます。

地図内で、濃いピンク色になっているエリアが「楽天回線エリア」で、薄いピンク色になっているエリアは「パートナー回線(au回線)エリア」ですので、お気をつけください。

濃いピンク楽天回線エリア
薄いピンクパートナー回線エリア

楽天回線エリアが広がる予定は?

楽天モバイル2022年3月末時点の人口カバー率は97%
2022年3月末時点の人口カバー率は97%(楽天モバイル公式サイトより)

楽天回線エリアは、3キャリア同等の人口カバー率99%を目標に、随時拡大中です。

ただし、あくまでも「人口カバー率」を目安にした拡大スケジュールですので、人が住んでいないエリアは後回しになっています。

楽天モバイルの対応エリア(地図)を見るとわかりますが、沿岸部や山間部などは現状ほとんどエリアになっていません

楽天モバイルの対応エリア
沿岸部や山間部はエリア外がほとんど(薄いピンク色はパートナー回線エリア)

人が住んでいないエリアへの対応は人口カバー率99%を達成してから徐々に整備されていくと思われるため、まだまだ時間がかかるものと思われます。

楽天回線エリア内でも場所によっては圏外になる

エリアに関してもう1つ気をつけてほしいのは、楽天回線エリア内だからといって100%繋がるわけではないことです。

他の3キャリアとは違い、楽天モバイルが使用している回線はBand3という1.7-1.8GHzの周波数帯のみとなっています。

簡単にいうと、他キャリアより電波が届かない場所が多いのです。

具体的には、次のような場所では圏外になってしまう可能性があります。

楽天モバイルが圏外になりやすい場所

  • 建物内の奥まった場所
  • 地下街、地下鉄
  • ビルやマンションの高層階
  • 周りに高い建物がある場所

基本的には、楽天回線が圏外になる場所では自動的にパートナー回線(au回線)に接続されるようになっています。

ただし、必ずしも接続が移行されるわけではなく、そもそもエリアによってはパートナー回線(au回線)の提供が終了しているので、パートナー回線(au回線)ありきで検討していた人は十分に注意してください。

auローミングサービスは順次停止中(パートナー回線対応エリアの縮小)

楽天モバイル向けauローミングサービス対応エリア
東京23区は既に全域で終了している

東京23区、大阪市、名古屋市では、全域でパートナー回線の提供が終了しています。

その他のエリアでも順次終了予定となっているので、気をつけましょう。

2021年12月末から順次終了*2しています。大都市であればあるほど早く終了します。

楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア

接続する回線(楽天・au)を任意で選ぶことができない

一部のエリアは楽天回線とパートナー回線(au回線)の両方に対応していますが、ユーザーの任意で接続する回線を選べるわけではありません。

利用する場所に応じて端末側が自動で判別して、どちらかの回線に接続をするのです。

楽天回線エリア内であっても、楽天回線の電波が弱い場所に行くとパートナー回線に繋がってしまう事象がたびたび起きています。

気づかぬうちにパートナー回線で5GBを超えて使用したばっかりに、速度が低下する(速度制限がかかる)ことも少なくないです。

もちろん楽天回線に接続されれば速度制限は解除されるのですが、任意で選べないということは覚えておきましょう。

海外では1ヶ月で2GBまでしか使えない

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、海外66の国と地域でも使用することができます。

利用可能な国・地域を確認する >

ただし、海外では1ヶ月で2GBまで使うことができません

いつもの感覚で使ってしまうと、あっという間に2GBを超えてしまいます。

2GBを超えたあとは128kbpsという非常に低速な速度でしか使えなくなるので、ポケット型WiFiとしては機能しません。

「海外でも使えるポケット型WiFi」としては有能ではないので、あまり期待しないようにしましょう。

2GBを超えた後は、1GBあたり500円で追加できます。

180日間全く使わないと利用停止(強制解約)になる

楽天モバイルは180日間利用がないと強制解約になる
楽天モバイルの公式サイトより

楽天モバイルは1GBまでであれば無料で使えるのですが、かといって180日間全く使わないでいると利用停止(強制解約)になります(事前通知あり)。

公式サイトには「一定期間以上回線のご利用がない場合は、回線の利用停止または解約をさせていただく場合がございます。」としか書かれていませんが、2021年7月1日より契約約款の第35条「利用停止」に関する条文において以下のように変更がありました。

1 当社は、契約者が次のいずれかに該当するときは、当社が定める期間、本サービスの利用を停止することができます。 (中略) (8)当社の別途指定する1の回線が、連続する180日間において、全く使用されていない場合(強調・赤文字:筆者)

引用元:楽天モバイル通信サービス契約約款

無料だからといって放置していると利用停止(強制解約)になってしまいますので、気をつけましょう。

オンラインゲームや動画配信などを行うには難しい

「楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cでできたことできなかったこと」でも紹介したとおり、オンラインゲームや動画配信向けのWi-Fiではありません。

オンラインゲームではラグる可能性が非常に高く、アップデートには数時間かかることも少なくないでしょう。

特にFPSや対戦型格闘ゲームでは通常の下り・上り速度だけでなく、Ping値(応答速度)もそれなりに必要となります。

比較項目Ping値
FPS・対戦型格闘ゲームの推奨値30ms以下
楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2C30~50ms
ホームルーター30~50ms
光回線10~30ms
応答速度(Ping値)とは?

クライアント(PCやPS4など)とサーバー間の通信(往復)にかかった時間のこと。単位はms(ミリ秒)。

一般的には30~50ms程度とされ、100ms以上だと「遅い」と言われている。

応答速度が遅い=サーバーからのレスポンスが遅い=(ゲームなどで)ラグる、となる。

快適にプレイできないだけでなく他のプレイヤーに迷惑がかかるので、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cでオンラインゲームはおすすめしません。

自宅専用のWi-Fiとはなってしまいますが、無難に光回線おすすめです。

家族みんなで使うWi-Fiとしてはおすすめできない

「楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cでできたことできなかったこと」でも紹介したとおり、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cで快適にWi-Fiが使えるのは、せいぜい2人(2台)までです。

同時に3台4台と使ってしまうと、速度が非常に遅くなります。

家族みんなで使うWi-Fiとしての利用には全く向いていないので、注意しましょう。

家族みんなで使える手軽なWi-Fiとしては、ポケット型WiFiよりもホームルーターおすすめです。

端末のみの購入は7,980円になる

あまりいないとは思いますが、楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2C(端末)だけ購入する場合は、7,980円となります。

4,401円で購入できて、なおかつ4,401円分の楽天ポイントがもらえるのは、初めて楽天モバイルを利用する人が回線契約と同時に端末を購入した場合のみです。

過去にモバイルルーターを1円で購入したことがある場合、2台目以降は通常価格(7,980円)となります。

キャンペーンが適用されるのは初めて楽天モバイルを契約する人だけ

楽天モバイルでは「4,401円分の楽天ポイントがもらえる」キャンペーンが行われていますが、初めて楽天モバイルを契約する人しか適用になりません。

過去に1度でも楽天モバイルを使っていた人は、上記のキャンペーンが適用にならないのです。

なお、第4のキャリアとして生まれ変わる前の格安SIM(MVNO)時代の楽天モバイルは「過去に契約していた」とカウントされませんので安心してください。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの注意点とデメリットまとめ

  • 楽天回線エリア以外では1ヶ月で5GBまでしか使えない
  • 楽天回線エリア内でも場所によっては圏外になる
  • 接続する回線(楽天・au)を任意で選ぶことができない
  • 海外では1ヶ月で2GBまでしか使えない
  • オンラインゲームや動画配信などを行うには難しい
  • 家族みんなで使うWi-Fiとしてはおすすめできない
  • 端末のみの購入は7,980円になる
  • キャンペーンが適用されるのは初めて楽天モバイルを契約する人だけ

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cが他社より優れているメリット

Rakuten WiFi Pocket 2Bならではのメリット
  • データ容量が無制限に使える
  • 3GBまでなら1,078円、最大でも月額3,278円
  • 端末代金が実質無料、事務手数料は無料
  • 料金コスパは他社より圧倒的に優れている
  • 実質無料でお試しすることができる
  • いつ解約しても違約金は無料
  • 不要になった端末はメルカリで売れる

色々と注意点やデメリットはあるものの、他社より圧倒的に優れたメリットがあるのが楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cです。

1つずつ確認していきましょう。

データ容量が無制限に使える

楽天回線エリア内であれば、データ容量が無制限に使えます。

毎日好きなだけインターネットを使うことができるのです。

公式発表ではありませんが、1日で10GB以上使うと速度が低速になることがわかっています。

10GBってどれくらい使えるの?

データ使用量10GBの目安

日常生活において1日10GBも使うことができれば、よほどギガ不足になることはありません。

3GBまでなら1,078円、最大でも月額3,278円

1ヶ月で使用したデータ容量月額料金
3GBまで1,078円
3GB~20GBまで2,178円
20GB~(上限なし)3,278円

楽天モバイルは、段階制という非常にユーザーファーストな料金プランになっています。

使った分だけを払えばいいだけなので、あまり使わなかった月でも損になりません

月によって使用するデータ容量はバラバラになりやすいので、無駄なお金を払わなくて済むのです。

端末代金が実質無料、事務手数料は無料

Wi-Fi用の端末(モバイルルーター)が実質無料で購入でき、契約時に必要な事務手数料が無料になっているため、初期費用の負担は実質的にありません。

他のポケット型WiFiですと、高額な端末代金や事務手数料がかかるのが一般的です。

楽天モバイルおよびRakuten WiFi Pocket 2B/2Cが、いかに良心的な価格設定であるかがわかります。

料金コスパは他社より圧倒的に優れている

ポケット型WiFi人気5社の料金を比較

ポケット型WiFiデータ容量端末代金月額料金実質月額
楽天モバイル
Rakuten WiFi Pocket 2B/2C
無制限
(1日10GBまで)
実質無料3GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB~上限なし:3,278円
3,278円※1
GMOとくとくBB WiMAX無制限0円初月~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目~:4,444円
3,483円
AiR WiFi100GB無料レンタル3,278円3,553円
THE WiFi100GB無料レンタル3,828円
4ヶ月無料
3,281円
どこよりもWiFi100GB
(1日4GBまで)
無料レンタル5GBまで:900円
5GB~20GBまで:1,900円
20GB~50GBまで:2,900円
50GB~上限なし:3,400円
3,537円※2

※1 毎月20GB以上、2年間使用した場合。楽天ポイント分を含む。 ※2 毎月50GB以上使用した場合。

人気のある他のポケット型WiFiと比較しても、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cのコストパフォーマンスが圧倒しているのは一目瞭然です。

実質無料でお試しすることができる

今なら4,401円分の楽天ポイントもらえるキャンペーン中なので、端末代金が実質無料で使うことができます。

また、3GBまでであれば利用料金が1,078円で、10月は利用料金分の楽天ポイントが還元されるため、実質無料で試し使いができるのです。

ポイントがもらえる2ヶ月後までは少し使ってみて、使い勝手が合わないと感じた場合は、なるべく早めに解約することをおすすめします。

初期費用は端末代金の1円だけです。ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料はかかります(年間42円)*3

Rakuten WiFi Pocket 2B(モバイルルーター)の場合は「Rakuten Link」を使用しなくていい
楽天モバイル「だれでも5,000ポイントプレゼント ルール」より

楽天ポイントがもらえるキャンペーンは、楽天モバイルのスマホを契約した場合でも適用になります。

スマホを契約した場合は、通話アプリである「Rakuten Link」を使用することが条件となっているのです。

ただし、モバイルルーターであるRakuten WiFi Pocket 2B/2Cで楽天モバイルを契約した場合は、わざわざ「Rakuten Link」を使用する必要がありません。

自宅に届いたRakuten WiFi Pocket 2B/2CでWi-Fiを1度でも使用すれば条件クリアとなるので、安心してください。

ポイント付与条件Wi-Fiを接続して通信を行う(1回でもOK)
ポイント付与日利用開始の翌々月末日頃
ポイント有効期限付与日を含めて6ヶ月
特典対象外過去に楽天モバイルを契約したことがある人
端末だけ購入して楽天モバイルの契約がない人

いつ解約しても違約金は無料

楽天モバイルには、よくある契約の縛りが一切ありません。

いつどのタイミングであっても、無料で解約できるのです。

違約金というものが存在しないので、気兼ねなく利用することができます。

不要になった端末はメルカリで売れる

不要になった端末はメルカリで売れる
メルカリで大量に出品されている

使ってみて使い勝手が合わなかった場合、楽天モバイル自体は無料で解約ができます。

手元に残ったモバイルルーター(Rakuten WiFi Pocket 2B/2C)は、メルカリなどのフリマアプリで売却するのがおすすめです。

現時点では、3,000円前後で取引されています。

日が経つにつれて売却価格は値下がりするとは思いますが、実質無料で手に入れた物ですので1,000円にでもなれば御の字ではないでしょうか。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cが他社より優れているメリットまとめ

  • データ容量が無制限に使える
  • 全く使わない月は1,078円、最大でも月額3,278円
  • 端末代金が実質無料、事務手数料は無料
  • 料金コスパは他社より圧倒的に優れている
  • 実質無料でお試しすることができる
  • いつ解約しても違約金は無料
  • 不要になった端末はメルカリで売れる

メリットとデメリットをふまえると、次のような人たちにはおすすめできないポケット型WiFiであることがわかります。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cをおすすめできない人とは?

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bをおすすめできない人とは?
  • 楽天回線エリア外に住んでいる人
  • いつでもどこでも快適に使えるポケット型WiFiを探している人
  • 高画質での動画視聴が好きな人
  • 家族みんなで使えるWi-Fiを探している人
  • オンラインゲーマーやYouTuber

楽天回線エリア外に住んでいる人

無制限にWi-Fiが使えるのは、楽天回線エリアのみです。

自宅やよく使う場所が楽天回線エリア外の人には、楽天モバイルはおすすめできません。

申し込む前にエリア確認だけは必ず行いましょう。

楽天モバイルの通信エリア

いつでもどこでも快適に使えるポケット型WiFiを探している人

実機での速度検証結果からわかるとおり、楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、そこそこの速度しか出ないポケット型WiFiです。

それこそ電波状況が悪い場所では速度が出にくいため、少しイライラするかもしれません。

いつでもどこでも快適に使えるポケット型WiFiを求めている人には、楽天モバイル同様にデータ容量無制限に使えるWiMAXおすすめです。

料金こそ楽天モバイルより高くなってしまうものの、通信エリアや速度に関してはメリットの大きいポケット型WiFiとなります。

楽天モバイルを3ヶ月間試してみてからWiMAXを検討してもいいでしょう。

高画質での動画視聴が好きな人

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cですと、最高画質での動画視聴が難しい可能性があります。

YouTubeだと720pであれば大丈夫ですが、1080pや2160pの動画は再生途中で止まってしまうかもしれません。

それこそテレビなどの大画面で動画を視聴する際は自ずと最高画質になるので、注意が必要です。

ポケット型WiFiなら速度の速いWiMAXをおすすめします。

家の中でしか使わないのであれば、ホームルーターや光回線など自宅用のWiFiおすすめです。

家族みんなで使えるWi-Fiを探している人

楽天モバイルに限った話ではありませんが、ポケット型WiFiを家族用のWi-Fiとして利用するのは非常に難しいのでおすすめできません。

家族みんなで使えるWi-Fiとしてであれば、工事無しで使えるホームルーターおすすめです。

引っ越しの予定がなく、がっつり使いたいのであれば、光回線おすすめします。

オンラインゲーマーやYouTuber

より速いインターネットを必要とするオンラインゲーマーやYouTuberの人には絶対におすすめしません。

ラグが発生してまともにプレイできなかったり、動画のアップロードに時間がかかりすぎてしまうからです。

オンラインゲーマーやYouTuberの人は、迷わず光回線を選びましょう。

反対に、次のような人には楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cがおすすめです。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cはこんな人におすすめのポケット型WiFiです

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bはこんな人におすすめのポケット型WiFiです
  • 安く使える手軽なWi-Fiを探している人
  • 短期間だけWi-Fiを使いたい人
  • 月によって使用するデータ容量が異なる人

安く使える手軽なWi-Fiを探している人

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cは、ポケット型WiFiなので工事などの手間が一切ありません

申し込み後に届くモバイルルーターの電源を入れるだけで、すぐにWi-Fiを使うことができます。

端末代金も実質無料ですし、利用料金は3GBまでなら1,078円です。

月額料金も最大で3,278円にしかなりませんので、ランニングコストが非常に安くなっています。

それでいてデータ容量が無制限に使えるので、お財布にも優しいわけです。

非常に手軽なWi-Fiとなっています。

短期間だけWi-Fiを使いたい人

事務手数料0円で端末代金は実質無料、さらに違約金が一切かからないため、短期間だけ使うにはもってこいのポケット型WiFiといえます。

引っ越しで光回線が開通するまでの間や一時帰国など、レンタルするより安く済むケースが多いです。

月によって使用するデータ容量が異なる人

一般的なポケット型WiFiは、月額料金が固定されています。

あまり使わなかった月でも定価での支払いが必要なので、非常に損した気分になるのです。

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cであれば、使用したデータ容量に応じて月額料金が変動するので、あまり使わなかった月でも全く損しません。

月によって使用するデータ容量が異なり、できるだけ節約したい人にもおすすめできるポケット型WiFiなのです。

杉本

上記にあてはまる人たちは、今すぐ楽天モバイルを申し込みましょう。

\ 端末代金が実質無料になるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの口コミまとめ

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの口コミまとめ

実際に楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2B/2Cを利用している人たちの口コミをまとめました。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの満足度
不満
3.86
満足
40代 男性

液晶画面が大きいので見やすい感じの画面になっているので、操作がしやすい。

30代 女性

家族で出かけるときは持ち歩けるので車の中や親戚の家、外食中でも気にせずに子供たちにインターネットを使用することができる。

50代 男性

思っていた以上に使う機会も多く比較的便利に通信速度も安定して使用できています。地方出張に持って行っても今のところ不住は無いです。

引用元:楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Bの満足度調査

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2C >

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの申し込み方法と手順

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの申し込み方法と手順

ここからは、楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの申込方法について解説をしていきます。

既に楽天会員になっている人であれば、3分程度で終わるので安心してください(非会員の人でも5分程度で終わります)。

申し込みは楽天モバイルの公式サイトから

楽天モバイルWiFiポケット2B

申し込みは楽天モバイルの公式サイトから行います。

24時間受け付けていますので、すきま時間に申し込んでおきましょう。

申し込み手順をスクショ付きで解説

楽天モバイルRakuten WiFi Pocketの申し込み手順
24時間スマホからでも申し込みできます

申し込み手順の詳細を確認したい人は「申し込み手順を確認する」をタップしてください。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cの解約方法と注意点

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2Bの解約方法と注意点

楽天モバイルを解約する際は、my楽天モバイル(マイページ)から行ってください。

電話やチャットでは解約できませんので、気をつけましょう。

解約はmy楽天モバイル(マイページ)から行う

解約のキャンセルできませんの、ご注意ください。

手続き完了後、即時解約となる

楽天モバイルは、手続完了と同時に解約(利用停止)になります。

月末付けではありませんので、お気をつけください。

解約月の利用料金は、解約日までに使用したデータ容量に応じて請求されます。

例:当月データ利用量が2GBの方が、月の途中にご解約された場合、3GBまでのプラン料金980円(税込1,078円)のご請求となります。 

引用元:楽天モバイル「解約時における請求について教えてください
データ使用量請求される料金
3GBまで1,078円
3GB~20GBまで2,178円
20GB以上3,278円

オプションは別途解約の手続きが必要です

スマホ交換保証プラスなどのオプションは、楽天モバイル(回線)の解約手続きとは別で解約を行わないといけません

オプションの解約もmy楽天モバイルからオンラインで手続きが必要です。

楽天モバイル回線の解約をされているお客様でもmy 楽天モバイルにログインできます。

引用元:楽天モバイル「楽天モバイル回線を解約後に、スマホ交換保証プラスを解約したい

なお、解約月のオプション代金は、解約日までの日割り計算*5となります(通話かけ放題を除く)。

【注意】SIMカードを返却しないといけない(返却先)

Rakuten WiFi Pocket 2BはmicroSIM
SIMカードは要返却

楽天モバイルは、解約後にSIMカードだけ返却をしないといけません。

端末は購入していますが、SIMカードは借り物なのです。

特に送付方法は指定されていませんので、84円切手を貼った市販の封筒で送るのが1番安くなります。

返却先住所*4

〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F

楽天モバイル RSIM回収係

\ 端末代金が実質無料になるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cによくある質問と答え

よくある質問と答え

楽天モバイルRakuten WiFi Pocket 2B/2Cに関するよくある質問と答えを初心者でもわかりやすいように解説します。

端末が実質無料になる条件は?3000ポイントもらえるキャンペーンと併用できるの?

端末(Rakuten WiFi Pocket 2B/2C)購入時に楽天モバイルの回線契約(SIMプランで申し込む)を選ぶだけで、自動的に実質無料になるキャンペーンが適用になります。

ただし、3,000ポイントもらえるキャンペーンとの併用はできません。

端末代金が実質無料になるのは、楽天モバイルの新規契約でもらえる3,000円分のポイントと、WiFi Pocket端末の購入でもらえる1,401円分のポイントを利用するからです。

また、過去に1度でも楽天モバイル(UN-LIMIT)を使ったことがある人は、3,000ポイントもらえるキャンペーンが適用されませんので、お気をつけください。

申し込み前の注意点を見る >

3000ポイントもらうのにRakuten Linkは使わないとダメ?

ポケット型WiFiとして楽天モバイルを契約した人(Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cを購入した人)は、Rakuten Linkを利用する必要はありません。

1度でもWi-Fiを利用すれば、自動的に3,000ポイント付与されます。

キャンペーンの詳細を見る >

ポイントが付与されたらすぐに解約しても問題ないの?

問題ありません。その後また楽天モバイルを契約することも可能です。

ただし、2回目以降は3,000ポイントおよび1,401ポイントはもらえません。

スマホで楽天モバイル使ってる場合はどうすればいいの?

スマホとポケット型WiFiは別物ですので、何も気にする必要はありません。

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cを購入してSIMプランを申し込めば、スマホとポケット型WiFiを併用できます。

ただし、3,000ポイントキャンペーンは適用されませんので、お気をつけください。

1,401ポイントキャンペーンは適用になります。

何台でも実質無料で買えるの?

実質無料で購入できるのは1台までとなります。

2台目以降は、1台につき7,980円です。

Wi-Fiが繋がらないときはどうすればいいの?

端末(スマホやパソコン、モバイルルーターのいずれも)を再起動してみてください。

それでもつながらない場合は、アップデートを行ってください。

速度が遅いときはどうすればいいの?

端末(スマホやパソコン、モバイルルーターのいずれも)を再起動してみてください。

また、端末(モバイルルーター)の置く場所を窓側に移動してみてください。

それでも遅い場合は、アップデートを行ってください。

上記以外のポケット型WiFiの速度が遅い場合の対処法を下記記事でまとめていますので、是非お試しください。

圏外になる場合はどうすればいいの?

端末(モバイルルーター)を再起動したり、置く場所を窓側に移動してください。

それでも改善されない場合は、ご利用場所まで楽天回線が届いていない可能性がありますので、利用することができません。

バンド3に固定できない場合はどうすればいいの?

端末(モバイルルーター)が自動的に楽天回線とau回線を切り分けますので、それに従って利用するしかありません。

画面が固まって操作できない場合はどうすればいいの?

電源ボタンを長押しして電源を切り、再度電源ボタンを長押しして電源を入れてください。

SIMカードをスマホに入れたら使えるの?

スマホが楽天モバイルの対応機種で、なおかつSIMロックがかかっていなければ、スマホとして利用可能です。

バンド3にはどうやって固定するの?

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cをバンド3に固定する方法」にて画像付きで解説していますので、参考にしてください。

Rakuten WiFi Pocket 2Bをバンド3に固定する方法/2CRakuten WiFi Pocket 2Bをバンド3に固定する方法

Rakuten WiFi Pocket 2Bをバンド3に固定する方法

Rakuten WiFi Pocket 2B/2Cをバンド3(楽天回線)に固定する方法について解説します。

バンド3に固定するには管理画面にアクセスしないといけないため、機器操作に不慣れな方だと難しく感じるかもしません。

なお、すでにauローミングサービスが終了しているエリアでは、そもそも楽天回線にしかつながらないので、わざわざ設定する必要はありません。

2021年12月以降、多くの地域でauローミングサービスが順次終了していっているので、気になる方はチェックしてみてください。

楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア

楽天回線の電波が弱いエリアに移動すると、自動的にau回線に切り替わってしまう可能性があります。

実際に使用する際には、my楽天モバイルのデータ利用量画面にて「楽天回線エリア接続中」になっているかどうかを確認するのがおすすめです。

楽天モバイルが接続されている回線を確認する
my楽天モバイルにて接続している回線の確認ができる

\ 端末代金が実質無料になるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

楽天モバイルに関する新規契約・乗り換えのご相談は、コメント欄もしくは公式LINE@にて行っております。お気軽にメッセージをお寄せください。

情報参照元

  1. 楽天グループ株式会社(2022年5月13日)「プレスリリース|楽天モバイル、「楽天マガジン」「NBA Rakuten」などの楽天グループサービスがおトクになる「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表」”楽天回線エリアの4G人口カバー率が97%(注11)に到達するなど、日本全国における楽天回線エリアを急速に拡大しています。”より。
  2. KDDI株式会社「楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア」より
  3. 楽天モバイル(2021年6月1日)「【重要】ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料について」”楽天モバイルをご利用中のお客様に、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料のご負担をお願いすることとなりました”より
  4. 楽天モバイル「解約時のSIMカードの返却先はどこですか」より
  5. 楽天モバイル「解約した際のオプション料金はどうなりますか?」より

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスとなっています。最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度は利用環境・利用機器、回線の混雑状況などによって低下します。
※掲載している通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※不明な点につきましては、各メーカー・サービス提供元へ問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 本当に確認して実際に使って内容書いてますか?
    都区内でもまともに使えない、広告HPとしか思えない

    • 恐れ入りますが、実機の写真も載せているように、本当に確認して実際に使っています。
      ただし、当方は東京で使っているわけではありません。
      ご理解いただけますと幸いです。

  • 上記のさだお様は、この記事でコスト面のメリットだけを挙げて契約を促しているので、「広告HP」と非難されたのでしょう。非常に共感できます。まあ、アフィリエイトですよね?
    契約して困る人が続出するのが目に見えていますが、【 コ ス ト だ け 】を見ればたしかにお得です。
    ただし、つながれば、のお話。
    記事だというのなら、通信品質に加えてサポート品質も劣悪だというデメリットについての記述がないのは、さだお様がおっしゃるように、実際に使って書いているわけではないからなのではありませんか。もしくは、楽天からドコモつなぎ放題の端末でも提供されているのでしょうか?(そういう端末が提供された事例もあります) 

    わたしは実質0円のポケット2B、10月に契約しました。
    うちでは楽天回線にバンド固定するために毎朝30分~1時間かかります。
    ちなみにもちろん「楽天回線エリア」内で、調べたところ600m圏内にアンテナ2つありました。ショップでそのような情報含め相談して契約したのですが、電波が弱いらしく、自動的にau回線に切り替わることもたびたび。体感的に、ですが、どこかよそのお宅の楽天casaに接続されているようなスピードでした。

    まあ、それでもつながっていれば使うつもりでした。来年3月にはau回線撤廃と決まっている地域なので。
    ところが、昨日、使用後1か月ちょっとで突然「サービス制限-圏外」と表示され、まったく通信できなくなりました。カスタマーセンターにつながる電話はなく、チャットで話したところ、代替機の提供はなく、郵送で楽天に送って検査のあと有償若しくは無償の修理、1週間後返送ですって。初期不良で新品との交換もでなく。

    トラブル発生時、カスタマーセンターにつながる電話がなく「よくある質問」へのリンクがショートメールで送られるだけ、解決までほぼ10日は一方的にサービスを提供されないというリスクをとれる人であればこの記事のとおりお得でしょう。素人が手を出して、運悪く電波の弱いエリアだったり、初期不良端末にあたれば、まったく使えません。
    くり返しますが、通信品質もサポート品質も劣悪で、何の保証もありません。
    ご契約後は、すべて自己責任です(笑

    • コメントありがとうございます。
      味覚障害様の状況はわかりましたが、何をどうすれば実際に使っていると信じていただけるのわかりません。
      こちらでわかっていることを1つずつ回答しますが、
      >楽天からドコモつなぎ放題の端末でも提供されているのでしょうか?(そういう端末が提供された事例もあります) 
      そんなものがあるんですね。知りませんでした。
      みなさんと同じように公式サイトから申し込んで届いたものを使っています。

      >通信品質に加えてサポート品質も劣悪だというデメリットについての記述がない
      サポート品質が「劣悪」かどうかは人それぞれ評価が分かれる部分ですが、サポートの電話が繋がらない旨は記事内にて記載しています。

      また、通信品質に関しても同様に、記事内で記載しています。

      >トラブル発生時、カスタマーセンターにつながる電話がなく
      カスタマーセンターにつながる電話はあります。
      ただ、土日など、混雑時は電話がつながりにくいのは事実です。
      私も1時間以上電話をかけっぱなしにしてようやく繋がった、ということはあります。
      なお、私は電話を掛けた際に出られた方は、特に対応が悪いと感じませんでした。
      人それぞれだとは思います。

      なお、味覚障害様の利用環境においては通信品質がよくないことはわかりましたが、それもそれであくまで一例です。
      申し訳ないですが、私の利用している環境では普通に使えていますし、知り合いの方数名にもおすすめして使ってもらっていますが「普通に使えていますよ」という声をいただいています。
      「繋がらない」「遅い」といった声があるのは事実です。もちろん把握しています。
      ですが、そうじゃない、ちゃんと使えている人がいるのも事実であり、そういう人のほうが多いというのが、私の調査結果です。

      なお、バンドを固定して使用することに関しては、楽天が公表しているものではないので、味覚障害様もおっしゃられているとおり、私も自己責任だと思います。

コメントする

目次