ご利用のサブドメイン名をそのままに、常時SSL環境に移行できます。

Just-Size.Networks ロゴ

共有SSL

サブドメインプランをご利用のお客様も、ドメインを変更することなく無料で常時SSL環境に移行できます。

ご利用方法
新規お申し込みフォーム 又は 窓口 よりご依頼ください。
ご利用料金
無料
  • エコノミープランをご利用のお客様は「独自SSL」をご利用ください。
  • 無料お試し期間中はご利用いただけません。動作確認をご希望のお客様は、お問い合わせ窓口よりご相談ください。

共有SSLの役割

  1. ドメイン認証(なりすまし防止)

    SSL化されたウェブサイトにアクセスする際に、サーバーからSSL証明書を受信します。
    SSL証明書により、ウェブサイトが偽物ではない事を確認できます。

  2. 通信の暗号化(盗聴防止)

    SSL証明書の正当性が確認されると、それ以降の通信は暗号化され、データの盗聴や改ざんを防止できます。
    ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されます。

  3. 検索順位に影響

    Google検索ではウェブサイトのSSL化が重要視されており、検索順位を決める一要因になっています。

各サブドメインに対応

共有SSLの有効化後、http:// を https:// に変更していただくだけでSSL通信が可能になります。

例えば、サブドメイン example.lix.jp をご利用のお客様は https://example.lix.jp/が共有SSLのURLになります。

従来の共有SSL
非SSLhttp://example.lix.jp/
共有SSLhttps://example.just-size.net/
新しい共有SSL
非SSLhttp://example.lix.jp/
共有SSLhttps://example.lix.jp/
  • 2018年3月までは「just-size.net」のみSSLに対応しておりました。
    従来の共有SSLをご利用のお客様は、新しい共有SSLに移行できます。
ご注意事項
  • 新しい通信規格「HTTP/2」は sd016サーバー以降 での対応を予定しています。今しばらくお待ちください。現在は、従来の「HTTP/1.1」での通信になります。
  • SSL有効化後も、非SSLのURL http:// はそのまま併用できます。従来のURLが無効になることはありません。
  • SSL対応サーバーにアカウントを移動させていただく場合があります。
  • 複数のSSL証明書を設定できる仕組み「SNI SSL」でのご提供となります。

    対応していない環境(WindowsXPなど)からはアクセスできません。 詳細は、FAQ「SNI SSL について教えてください」をご参照ください。

関連ページ