CGI・SSIスクリプトをご利用の際にご確認ください。

Just-Size.Networks ロゴ

CGI・SSIについて

一般に配布されているフリーCGIや、お客様が開発されたCGIを比較的自由にご利用いただけます。

各種プログラムのパス

Perl/usr/bin/perl
/usr/local/bin/perl
Ruby/usr/bin/ruby
Sendmail/usr/sbin/sendmail
gzip/bin/gzip
nkf/usr/bin/nkf
ImageMagick/usr/bin/convert
ホームディレクトリ

/home/アカウント名/public_html

アクセスログ保存ディレクトリ

/home/アカウント名/logs

パーミッションの推奨値

実行ファイル .cgi700500
データファイル .log .dat など600400
HTMLや画像など604404
ディレクトリ701701
.htaccess ファイル604404
設定ファイル .cgi .ini など600400
  • 左側の数値は一般的な設定です。右側の数値はセキュリティを重視した設定です。

    FTPでの更新頻度が高いファイルや、データが書き込まれるファイルは左側の設定値をおすすめします。

    更新されることのないファイルは、万一の改ざん被害を防ぐため、右側の設定値をおすすめします。

  • スクリプトによっては、上記の推奨値で正常に動作しない事があります。開発元で推奨されているパーミッションをお試しください。
  • パーミッション 777 や 666 は「誰でも書き込みを行える状態」になります。ファイルが改ざんされてしまう危険があります。十分ご注意ください。
suExec について

CGI、SSIは suExec により「ユーザー権限」で動作します。CGI実行、ファイル読み書きをユーザー(お客様)に限定することで、セキュリティーを重視し、安全に実行できます。

CGI(Perl)について

拡張子が .cgi になっているファイルでCGIを実行できます。

仕様について
  • CGI専用ディレクトリ「cgi-bin」は不要です。どのディレクトリでも動作いたします。
  • .htaccess での初期設定「+ExecCGI」は不要です。サーバー側で設定されています。

SSIについて

拡張子が .shtml になっているファイルでSSIを実行できます。

仕様について
  • 上位ディレクトリのファイルは参照できません。同一ディレクトリ以下のファイルをご指定ください。
  • 「#exec」「#flastmod」「#fsize」等では絶対パス(フルパス)を指定できません。
SSI実行例
  • ファイルの最終更新日を表示

    表示例:2018年12月12日07時00分

    記述例:<!--#config timefmt="%Y年%m月%d日%H時%M分" --><!--#flastmod file="./index.html" -->

    • 「#config」で日付の表示形式「timefmt」を設定できます。
    • 「#flastmod」で「./index.html」の最終更新日を表示します。
  • ファイルのサイズを表示

    表示例:5MB

    記述例:<!--#config sizefmt="abbrev" --><!--#fsize file="./photo.zip" -->B

    • 「#config」でサイズ形式「sizefmt」を設定できます。「abbrev」と設定することで、適切な単位が自動的に選ばれます。
    • 「#fsize」で「./photo.zip」のサイズを表示します。

ご注意事項

実行プロセスが常駐、処理に時間が掛かる、実行頻度が高いなど、サーバーに高い負荷が掛かっている場合は、実行の強制終了や、アクセス制限を実施させていただく事があります。

関連ページ