WordPressのURLをルートディレクトリに変更する方法をご紹介します。

Just-Size.Networks ロゴ

WordPressをルートディレクトリで表示する方法

サブディレクトリに設置した WordPress のURLを変更し、ルートディレクトリで表示する方法ご紹介します。

サブディレクトリ設置

/public_html/wordpress

ルートディレクトリ表示

/public_html

http://www.example.jp/wordpress/

URL変更

http://www.example.jp/

WordPress をインストール

まずは、通常通りサブディレクトリにWordPressをインストールします。

ルートディレクトリへのインストールでも問題なく運用できます。

ファイルを整理、管理し易くなりますので、サブディレクトリへのインストールをお勧め致します。

WordPress の設定変更

  1. インストールしたWordPressの管理画面にログインします。
  2. 「設定」から「一般設定」をクリックします。

    「一般設定」をクリック

  3. 「サイトのアドレス (URL)」を、ルートディレクトリのURLに変更します。
    変更例
    サイトのアドレス (URL)http://www.example.jp/wordpress
    URL変更
    サイトのアドレス (URL)http://www.example.jp
    • URLの最後に /(スラッシュ)を含めません。
    • 今回は「WordPress アドレス (URL)」は変更しません。
  4. 「変更を保存」ボタンをクリックします。

表示に必要なファイルの準備

ここではFTPソフト、テキストエディタを使用しますが、ファイル管理ツール「Filemin」でも操作できます。

  1. WordPress 設置ディレクトリ内のファイル index.php と .htaccess をFTPでダウンロードします。

    index.php と .htaccess をダウンロード

  2. ファイル index.php を編集(テキストエディタで開く)します。

    次のように、設置ディレクトリ名 /wordpress を追記します。

    変更前

    require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

    変更後

    require( dirname( __FILE__ ) . '/wordpress/wp-blog-header.php' );

  3. index.php と .htaccess をルートディレクトリ(public_html の直下)にアップロードします。

    index.php と .htaccess をアップロード

    • 既存の設定ファイル .htaccess がある場合は、設定が上書きされないようにご注意ください。
  4. 設定したURL http://www.example.jp/ にアクセスし、表示されれば設定完了です。
    • 今回は、管理画面のURL http://www.example.jp/wordpress/wp-login.php は変更されません。
関連ページ