SSL証明書「Let's Encrypt」により、すぐに常時SSL環境に移行できます。

Just-Size.Networks ロゴ

独自SSL

Let's Encrypt ロゴ

ドメイン認証SSL「Let's Encrypt」を無料でご利用いただけます。

SSL証明書の取得審査、認証、インストール、更新手続きは自動化されており、すぐに常時SSL環境に移行できます。

ご利用方法
新規お申し込みフォーム 又は FAQをご参照ください。
ご利用料金
無料
  • サブドメインプランをご利用のお客様は「共有SSL」をご利用ください。
  • レンタルサーバーの無料お試し期間中はご利用いただけません。動作確認をご希望のお客様は、お問い合わせ窓口よりご相談ください。
  • より信頼性の高いブランドのSSL証明書もご利用いただけます。「独自SSL(ブランド)」をご参照ください。

独自SSLの役割

  1. ドメイン認証(なりすまし防止)

    SSL化されたウェブサイトにアクセスする際に、サーバーからSSL証明書を受信します。
    SSL証明書により、ウェブサイトが偽物ではない事を確認できます。

  2. 通信の暗号化(盗聴防止)

    SSL証明書の正当性が確認されると、それ以降の通信は暗号化され、データの盗聴や改ざんを防止できます。
    ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されます。

  3. 検索順位に影響

    Google検索ではウェブサイトのSSL化が重要視されており、検索順位を決める一要因になっています。

  4. 次世代通信規格「HTTP/2」に対応

    新しい通信規格「HTTP/2」に切り替わることで、表示速度の大幅な向上が見込まれます。

Let's Encryptとは?

非営利団体 ISRG による、SSL通信の普及プロジェクトが「Let's Encrypt」です。

SSL証明書の発行に必要な審査や認証等のプロセスを自動化することで、無料化が実現されています。また、大手企業や団体の支援により管理、運用されています。

Let's Encrypt(レッツエンクリプト)

レッツエンクリプト

初期設定費無料
証明書取得費無料
認証局Let's Encrypt
有効期間90日間(自動更新)
発行スピード1営業日以内
サイトシールなし
ワイルドカード対応
Let's Encrypt 動作サンプル
ご注意事項
  • 新しい通信規格「HTTP/2」は ec017サーバー以降 で対応しています。非対応サーバーでは従来の「HTTP/1.1」での通信になります。
  • SSL有効化後も、非SSLのURL http:// はそのまま併用できます。従来のURLが無効になることはありません。
  • SSL対応サーバーにアカウントを移動させていただく場合があります。
  • 複数のSSL証明書を設定できる仕組み「SNI SSL」でのご提供となります。

    対応していない環境(WindowsXPなど)からはアクセスできません。 詳細は、FAQ「SNI SSL について教えてください」をご参照ください。

  • 複数のサブドメインに対応する「ワイルドカード証明書」をご利用のお客様は、FAQ「ワイルドカード証明書について教えてください」をご参照ください。
関連ページ