ドコモのポケット型WiFiはどう?無制限プランの料金とデメリットを解説

ドコモのポケット型WiFiはどう?無制限プランの料金とデメリットを解説

シェア率1位*の携帯キャリアであるドコモでは、ポケット型WiFi(ドコモでは「Wi-Fi STATION」という)も提供しています。

外でも自由にWi-Fiが使えるとして、主にサラリーマンや学生に人気のアイテムです。

また、ドコモの4G回線および5G回線がデータ容量無制限に使えるため、Wi-Fiとしての性能は非常に優秀といえます。

ただし、端末代金や月額料金が高いため、通信費を抑えて使いたい人にはおすすめできません

ドコモのポケット型WiFi
  • 対応エリアが広い
  • データ容量が無制限に使える
  • 通信速度が速く、どこでも快適なインターネットが利用可能
  • ただし、端末代金や月額料金が高い
  • コスパに優れたポケット型WiFiを探している人にはおすすめできない

人気のポケット型WiFiと料金比較

料金比較ドコモWiMAX※1楽天モバイル
データ容量無制限無制限無制限※2
端末代金35,640円※321,780円1円
月額料金7,315円初月~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,444円
3,278円※4
キャッシュバックなし29,000円なし
3年間の合計費用※5309,595円125,374円118,008円
実質月額※68,367円3,483円3,278円

※1 GMOとくとくBB WiMAXの場合。 ※2 使った分だけの段階性プラン ※3 価格の安いSH-52Bの場合。 ※4 20GB以上使った場合。 ※5 36ヶ月間の総支払額からキャッシュバックを引いた金額。 ※6 36ヶ月間の合計費用から算出。

ここでは、ドコモのポケット型WiFiの評判や料金に関して、初心者にもわかりやすく解説します。

また、上記の表で比較しているドコモ以外におすすめできるポケット型WiFiについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

杉本

圏外や速度が遅くなるのを絶対に避けたい人におすすめのポケット型WiFiです。

ドコモのポケット型WiFiの商品情報

契約期間なし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金~1GB:4,565円
1~3GB:5,665円
3GB~7,315円
スマホセット割引なし
端末代金35,640円
(Wi-Fi STATION SH-52Bの場合)
キャッシュバックなし
違約金なし
お試し期間8日間
※8日以内キャンセル
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社株式会社NTTドコモ

情報参照元:ドコモ「eximo」「データ通信製品

料金プランはスマホと同じ「eximo」となります。

1分でわかるドコモのポケット型WiFi

メリット
デメリット
  • データ容量無制限
  • 全国どこでも使える
  • インターネットが速い
  • 口座振替でも契約できる
  • 端末代金が高い
  • 月額料金が高い

ドコモのWi-Fi STATIONは、料金よりもWi-Fiとしての性能を重視したい人におすすめのポケット型WiFiです。

対応エリアの広さや通信速度の速さに関して、ドコモより優れた製品はありません。

ただし、他のポケット型WiFiに比べると、料金が高すぎるのが難点です。

\ ドコモよりおすすめのポケット型WiFiはコレ /

目次

ドコモのポケット型WiFiは安さよりも電波と速度を重視する人におすすめ

ドコモのポケット型WiFiは安さよりも電波と速度を重視する人におすすめ

ドコモのポケット型WiFiは、安さよりも性能を重視する人におすすめです。

電波のつながりやすさや通信速度に関しては、他のポケット型WiFiを圧倒しています。

他社に比べて料金が高いというデメリットこそありますが、いつでもどこでもストレスなく快適に使うことができるのです。

ドコモのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • インターネット使い放題!データ容量が無制限に使える
  • ドコモ回線を利用するので圏外になりにくい
  • 高速インターネット(4G/5G)がいつでも利用可能

ドコモのポケット型WiFiはデータ容量が無制限!料金プランを解説

ドコモのポケット型WiFiはデータ容量が無制限!料金プランを解説

ドコモのポケット型WiFiは、データ容量を無制限に使えるeximoで契約するのがおすすめです。

irumoだと最大でも9GBまでしか利用できませんので、注意してください。

ドコモのポケット型WiFiの料金プランは2種類!eximoとirumo

料金プランeximoirumo
データ容量60GB最大9GB
月額料金3GBまで:5,555円
3GB以上:7,205円
0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
ファミリー割▲550~1,100円なし
dカードお支払割▲187円▲187円

ドコモのポケット型WiFiで利用可能なプランは、スマホと同じ「eximo(エクシモ)」と「irumo(イルモ)」の2種類です。

とはいえ、irumoではポケット型WiFiとしてはコストパフォーマンスが非常に悪いため、eximoで契約するのをおすすめします。

みんなドコモ割:家族にドコモユーザーがいれば月額料金が安くなる

みんなドコモ割
NTTドコモ「みんなドコモ割」より筆者キャプチャ
みんなドコモ割1回線
(自分のみ)
2回線3回線以上
割引額割引なし▲550円▲1,100円

eximoで契約した場合、自分以外の家族(同居・離居問わず)にドコモユーザーがいれば、月額料金が最大1,100円安くなります。

irumoは、みんなドコモ割の対象外プランです。

dカードお支払割:毎月の支払いをdカードにすると月額料金が安くなる

dカード

ドコモのポケット型WiFiの支払い方法をdカードもしくはdカードGOLDに設定すると、毎月187円の割引になります。

dカードは年会費無料で作ることができるので、1枚持っておいて損はないでしょう。

データ容量を無制限に使えるのはeximoだけ!irumoは最大9GB

データ容量が無制限に使えるのは、eximoプランだけです。

irumoプランは最大9GBまでしか選ぶことが出来ません。

購入できる端末は「SH-54C」と「SH-52B」の2種類

Wi-Fi STATIONSH-54CSH-52B
SH-54CSH-52B
販売価格96,800円35,640円
通信回線4G/5G4G/5G
最大速度
(下り)
5G:4.9Gbps
4G:1.7Gbps
5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
最大速度
(上り)
5G:1.1Gbps
4G:131.3Mbps
5G:218Mbps
4G:131.3Mbps
Wi-Fi規格802.11(ax/ac/n/g/b/a)802.11(ax/ac/n/g/b/a)
5G SA対応
連続通信時間最大10時間最大10.5時間
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
84×157×16mm74×108×15.7mm
重量282g166g
メーカーシャープシャープ
発売日2023年1月16日2021年9月10日

データ容量を無制限に使えるeximoに対応している機種は、シャープから発売されているSH-54CとSH-52Bです。

2019年に発売されたSH-05Lは4G回線にしか対応していないため、注意してください。

快適なポケット型WiFiを使いたい人は、SH-54CもしくはSH-52Bを選びましょう。

ドコモの4Gと5G回線を利用するので全国どこでも快適に使える

ドコモの4Gと5G回線を利用するので全国どこでも快適に使える

ドコモのポケット型WiFiは、ドコモの4G回線と5G回線を利用します。

通信品質が1番良いとされるドコモ回線ですので、全国どこでも快適に使うことができるのです。

最大速度は4.9Gbps!ドコモの4G回線(PREMIUM 4G)と5G回線が使える

ドコモのポケット型WiFiは、最大速度がギガ超えの4.9Gbps(5G SA接続時)です。

ドコモの高品質な4G回線(PREMIUM 4G)と5G回線の両方を使うことができます。

4G回線に接続している時でも、最大1.7Gbpsの速度で利用可能です。

PREMIUM 4Gとは?

ドコモPREMIUM4G
NTTドコモ「PREMIUM 4G」より筆者キャプチャ

PREMIUM 4Gとは、ドコモが提供している通信サービスのブランド名称です。

5CA、256QAM、4×4MIMOという3つの技術を複合的に使用することで、下り最大1.7Gbpsを実現しました。

5G回線エリア外であっても、PREMIUM 4Gが使えるエリアであれば、超高速インターネットが利用できるようになっています。

5G SAとは?

SAとNSAの違いSANSA
読み方スタンドアローンノンスタンドアローン
コア設備5GC
(5G)
EPC
(4G)
下り最大速度4.9Gbps4.2Gbps
対応エリア狭い広い

5G回線には、SA(スタンドアローン)のものとNSA(ノンスタンドアローン)のものの2種類があります。

現在、一般的に利用されている5Gは、すべてNSAです。

SAとNSAの違いを簡単に説明すると、ネットワークの中心となるコア設備や基地局の全てが5G仕様になっているのが5G SA、4Gのものを活用しているのが5G NSAとなります。

つまり、5G NSAは4Gとのハイブリッドであり、5G SAこそが真の5Gといえるのです。

ドコモ5G SAの仕組み
NTTドコモ「5G SA」より筆者キャプチャ
ドコモ5G SAの最大速度
NTTドコモ「5G SA」より筆者キャプチャ

純正5Gである5G SAのほうが、通信速度や低遅延性も高く、いわゆる「5Gになるとこういうことができる」と言われていたことが、全てできるようになります。

逆を言えば、これまで「5Gって言うけど、今までと変わらなくない?」と感じていたのは、実は5G NSAだったからなのです。

ただし、5G SAは、まだまだ使えるエリアが非常に狭く、かなり限定的な利用しかできません。

ドコモが発表する5G SA対応エリアを見ても、日常生活で利用できる場所は1つもないため、ほとんどの人が恩恵を受けることはできないでしょう。

まだまだ発展途中の技術になるので、5G SAが当たり前になるのは数年先の見通しとなります。

これからドコモのポケット型WiFiを購入されるのであれば、96,800円もする5G SA対応のSH-54Cではなく、35,640円で購入可能な5G SA非対応のSH-52Bで十分でしょう。

4G回線は人口カバー率99%以上!5G回線もエリア拡大中

ドコモの4G回線は、2017年の時点で人口カバー率99.8%を突破しています*2

日本全国、ほとんどの場所でインターネットがつながるということです。

また、5G回線についても、2024年3月までに人口カバー率90%以上を目指しています。

ドコモの通信可能エリアを地図でチェックする

ドコモ5Gサービスエリア
ドコモ「サービスエリアマップ」より筆者キャプチャ

ドコモの通信可能エリアに関しては、公式サイト内の「5Gサービスエリアマップ」で確認することができます。

仕事や旅行などで遠くに出かける予定がある人は、事前に調べておくと安心して持ち歩けるでしょう。

ドコモのポケット型WiFiは高い?データ無制限プランの料金を他社と比較

ドコモのポケット型WiFiは高い?データ無制限プランの料金を他社と比較

Wi-Fiとしての性能は抜群に優れているドコモのポケット型WiFiですが、残念ながら料金が割高です。

ドコモ以外のデータ容量無制限に使えるポケット型WiFiと、端末代金や月額料金を比較します。

ドコモのポケット型WiFiは高い!3年間で最大19万円も差が出る

料金比較ドコモWiMAX※1楽天モバイル
データ容量無制限無制限無制限※2
端末代金35,640円※321,780円1円
月額料金7,315円初月~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,444円
3,278円※4
キャッシュバックなし29,000円なし
3年間の合計費用※5309,595円125,374円118,008円
実質月額※68,367円3,483円3,278円

※1 GMOとくとくBB WiMAXの場合。 ※2 使った分だけの段階性プラン ※3 価格の安いSH-52Bの場合。 ※4 20GB以上使った場合。 ※5 36ヶ月間の総支払額からキャッシュバックを引いた金額。 ※6 36ヶ月間の合計費用から算出。

ポケット型WiFiの代名詞ともいえるWiMAXや、第4のキャリアとして誕生した楽天モバイルのポケット型WiFiのほうが、ドコモのポケット型WiFiより圧倒的に安いです。

1番安い楽天モバイルであれば、3年間で19万円以上もお得に使えます。

通信品質が優れているドコモ回線とはいえ、実質的に毎年5万円以上も出費が差が出るのは、見逃せません。

ドコモユーザーならポケット型WiFiがお得に使えるのは本当?

ドコモユーザーならポケット型WiFiがお得に使えるのは本当?

ただし、ドコモユーザーであれば、ドコモのポケット型WiFiをお得に使う方法があります。

注意点はありますが、ドコモユーザーであれば絶対に知っておいてください。

ドコモユーザーなら「5Gデータプラス(月額1,100円)」でポケット型WiFiが利用できる

ドコモのスマホを使っている人であれば、月々の料金にプラス1,100円するだけで、ポケット型WiFiを利用することができます。

ポケット型WiFi用の「5Gデータプラス」という特別なプランがあり、端末の購入は必要なものの、わざわざ個別にギガホプランの契約をしなくてもいいのです。

月額1,100円の支払いだけで、ポケット型WiFiが利用できます。

注意!1ヶ月で30GBまでしかWi-Fiが利用できない

スマホのプランeximo
データ容量無制限
ポケット型WiFiの上限30GBまで

ただし、ポケット型WiFiが利用できるデータ容量に上限が設定されており、1ヶ月で30GBまでしか使うことができません

1ヶ月30GBで足りる人であればお得ですが、30GBで足りない人にはおすすめできないのです。

データ容量を無制限に使いたいならポケット型WiFi単体として契約するしかない

結局のところ、データ容量を無制限に使いたい場合は、ポケット型WiFi単体としてeximoで契約するしかないのです。

毎月30GBで足りるドコモユーザーや品質重視の人にはおすすめできますが、料金の安さを重視したい人には他のポケット型WiFiをおすすめします。

\ ドコモよりお得なポケット型WiFiはコレ /

ドコモのポケット型WiFiメリットまとめ!通信品質と通信速度に優れている

ドコモのポケット型WiFiメリットまとめ!通信品質と通信速度に優れている

ドコモのポケット型WiFiのメリットをまとめておきましょう。

  • データ容量が無制限に使える
  • 全国どこでも利用できる
  • インターネット(Wi-Fi)が速い
  • ドコモユーザーなら月額1,100円で使える
  • 口座振替でも契約できる
  • サポート品質が高い

データ容量が無制限に使える

eximoプランで契約をすれば、データ容量が無制限に使えます。

全国どこでも利用できる

ドコモのスマホと同じ4Gおよび5G回線を利用するため、全国どこでも利用することができます。

ドコモですら圏外になるような場所においては、他のポケット型WiFiもよっぽど圏外になることでしょう。

インターネット(Wi-Fi)が速い

ドコモのポケット型WiFiは、下り最大4.9Gbpsという超高速インターネットを実現しています。

ポケット型WiFiで遅くなりやすい上りの速度も最大1.1Gbpsですので、SNSへの動画投稿なども快適に行うことができるでょう。
※SH-54Cの場合。SH-52Bは下り最大4.2Gbps、上り最大218Mbpsになります。

ドコモユーザーなら月額1,100円で使える

ドコモのスマホを使っている人であれば、5Gデータプラス(月額1,100円)の契約をするだけでポケット型WiFiを使うことができます。

もちろん専用端末(モバイルルーター)の購入は必要です。

また、月30GBまでしか使えない点に、お気をつけください。

口座振替でも契約できる

ドコモのポケット型WiFiは、クレジットカードだけでなく口座振替でも契約することができます。

口座振替に対応しているポケット型WiFiは少ないため、クレジットカードを持っていない人でも問題ありません。

サポート品質が高い

ポケット型WiFiを利用中に何か困ったことが起きた場合は、ドコモのサポートセンターに相談することができます。

これまで何度もお世話になっていますが、ドコモのサポートセンターは非常に品質が高いです。

ポケット型WiFiが初めての人でも、安心して使い続けることができるでしょう。

ドコモのポケット型WiFiをおすすめするのはどんな人?

ドコモのポケット型WiFiをおすすめするのはどんな人?

料金や性能をふまえると、次のような人にドコモのポケット型WiFiをおすすめします。

  • データ容量を気にせずたくさん使いたい人
  • どこでも繋がるWi-Fiが必要な人
  • とにかく快適なWi-Fiを使いたい人
  • ドコモユーザー(1ヶ月30GBで足りる人)
  • トラブルが少なく、安心して使いたい人

データ容量を気にせずたくさん使いたい人

毎日好きなだけWi-Fiを使いたい人には、データ容量が無制限に使えるドコモのポケット型WiFiをおすすめします。

料金こそ割高ではありますが、高品質なインターネット通信を好きなだけ利用することが可能です。

ちなみに、eximoの前プランである5Gギガホプランにて、1ヶ月で6.5TB(テラバイト)使っても速度制限にならなかった事例があります。
※1TB=1000GB。6.5TB=6500GB。

杉本

日常生活において、1ヶ月で6.5TBも使う方が難しいくらいですけどね。

どこでも繋がるWi-Fiが必要な人

仕事などの理由で、色々な場所へ行く機会が多く、そのたびにWi-Fiが必要になる人には、ドコモのポケット型WiFiがおすすめです。

広いエリアに対応しているドコモの回線が使えるため、山間部や離島でもWi-Fiが使えます。

とにかく快適なWi-Fiを使いたい人

ドコモの4Gおよび5G回線が使えるため、常に快適なインターネットが利用可能です。

数あるポケット型WiFiの中でも、通信速度でドコモに敵うものはないでしょう。

ドコモユーザー(1ヶ月30GBで足りる人)

ドコモユーザーであれば、月額1,100円の5Gデータプラスを追加契約するだけで、ポケット型WiFiを利用することができます。

1ヶ月30GBまでにはなりますが、ちょこっと使いがしたい人にはぴったりです。

トラブルが少なく、安心して使いたい人

ドコモのポケット型WiFiは、製品や通信に関するトラブルが少ないです。

また、いざトラブルが起きた場合でも、最大手の通信事業者ということもあり、非常に迅速に対応してくれます。

長く使うものですので、安さだけでなく、品質面にも優れているポケット型WiFiを探している人に、おすすめなのです。

ドコモのポケット型WiFiデメリットまとめ!とにかく料金が高い

ドコモのポケット型WiFiデメリットまとめ!とにかく料金が高い

Wi-Fiとしての性能は非常に優れているドコモのポケット型WiFiですが、次のようなデメリットがあるので注意してください。

  • 端末代金が高いため初期費用の負担が大きくなる
  • 他のWi-Fiと比較して月額料金が高い
  • 5Gデータプラスだと1ヶ月で30GBまでしか使えない

端末代金が高いため初期費用の負担が大きくなる

ドコモのポケット型WiFiに使用される端末は、SH-52Bが35,640円、SH-54Cにいたっては96,800円という大変高額な製品です。

36回の分割払いでも購入できますが、合計費用に違いはありません。

また、分割払いにすることで、毎月の支払額が増えてしまいます(SH-52Bでも36回払いにすると毎月990円が上乗せされる)。

端末の購入費用としては、他のポケット型WiFiに比べて非常に大きいといえるでしょう。

他のWi-Fiと比較して月額料金が高い

料金比較ドコモ
(SH-54B)
WiMAX楽天モバイル
月額料金7,315円初月~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,444円
3,278円
実質月額8,367円3,483円3,185円

料金が高いのは、端末代金だけではありません。

データ無制限に使える他のポケット型WiFiに比べて、月額料金が非常に割高なのです。

キャッシュバックなどを加味した実質月額では、2倍以上も高くなっています。

5Gデータプラスだと1ヶ月で30GBまでしか使えない

ドコモユーザーであれば、5Gデータプラスを契約することで月額1,100円でポケット型WiFiを利用することができます。

ただし、利用できるデータ容量に注意してください。

スマホの契約プランがeximoであっても、ポケット型WiFiとしては1ヶ月で30GBまでしか使えないのです。

端末も購入しなくてはいけないため、毎月1,100円だけで使えるようになるわけではありません。

ドコモ以外におすすめするポケット型WiFiはコレ!タイプ別に紹介します

ドコモ以外におすすめするポケット型WiFiはコレ!タイプ別に紹介します

ドコモよりも安価に使えるポケット型WiFiの中から、当サイトでも特に人気のある商品を3つ厳選して紹介します。

いずれも人気のあるポケット型WiFiですので、用途に合わせて選べば失敗することはありません。

  • データ無制限のポケット型WiFiをドコモより安く使いたいならWiMAXで決まり
  • 初めてで不安!少し試してみたいなら楽天モバイルのポケット型WiFi
  • 100GBで足りるならコスパ抜群のAiR WiFiがおすすめです

データ無制限のポケット型WiFiをドコモより安く使いたいならWiMAXで決まり

GMOとくとくBB WiMAX
WiMAXのおすすめポイント
  • データ容量が無制限に使える
  • 高速インターネットが利用可能
  • 月額料金が安い
  • キャッシュバックがもらえる

高速通信が可能でコストパフォーマンスに優れたポケット型WiFiといえば、WiMAXです。

ドコモほどではないですが、全国どこでも快適なインターネットが利用できます。

月額料金も安く、32,000円のキャッシュバックももらえるため、実質月額はドコモの半額程度(4,033円)と、大変お得に利用可能です。

「ポケット型WiFiが欲しい」と思っている人であれば、WiMAXを1番におすすめします。

WiMAXは全部で10社以上の販売元がありますが、最安価格で使えるGMOとくとくBB WiMAXが1番おすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

契約期間の縛りなし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金初月:1,089円
翌月~12ヶ月目:3,784円
13~35ヶ月目:4,334円
36ヶ月目以降:5,104円
初月の料金1,089円
(日割り計算なし)
スマホセット割引au・UQモバイルユーザー
最大1,100円/台
端末代金770円×36回払い
(合計:27,720円)
端末保証安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
プラスエリアモード月額1,100円
※セット割引適用時は0円
キャッシュバック30,000円
他社から乗り換えなら最大41,000円
3年間の合計費用
(36ヶ月間)
147,199
(WiMAX全12社中最安)
実質月額4,088円
(WiMAX全12社中最安)
違約金0円
支払い方法クレジットカード
運営会社GMOインターネット株式会社
(東証プライム上場)

情報参照元:GMOとくとくBB WiMAX

※36ヶ月間で計算

\ キャッシュバック必ず30,000円 /

簡単1分で申し込み完了

30,000円のキャッシュバックがもらえるのは、当サイトが紹介する特設サイトで申し込みした人限定の特典です。他のサイト経由で申し込むと25,000円に減額するので注意してください。

初めてで不安!少し試してみたいなら楽天モバイルのポケット型WiFi

楽天モバイルWiFiポケット
楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ容量が無制限に使える
  • 端末代金が1円
  • 月額料金は使った分だけ

初めてのポケット型WiFiで不安がある人には、違約金や事務手数料が不要な楽天モバイルがおすすめです。

月額料金も安く、毎月使ったデータ容量に応じた段階性プランとなっているため、あまり使わなかった月でも損しません。

20GB以上使った場合は、どれだけ使っても月額3,267円という大変格安なポケット型WiFiなのです。

端末代金も1円で購入できますし、事務手数料や違約金は0円なので、気兼ねなくお試し使いができます。

注意!楽天モバイルの対応エリアは広くない

1点だけ注意してもらいたいのが、楽天モバイルの対応エリアです。

楽天モバイルは対応エリアに難があるため、場所によっては圏外になる可能性があります。

また、高い建物に囲まれている場所やビルの中は、電波が入らない場合もあり、いつでもどこでも使えるというわけではありません。

事務手数料も違約金もないので試してダメなら解約しましょう

実際に使ってみて、電波や速度に不満がある場合は、即座に解約しましょう。

事務手数料や違約金がなく、端末代金は1円なので、使った分の月額料金だけで試すことができます。

楽天モバイルのポケット型WiFiの基本情報

契約期間なし
データ容量無制限
事務手数料無料
月額料金~3GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
スマホセット割引なし
端末代金1円キャンペーン中
端末補償
スマホ交換保証プラス
月額715円
キャッシュバックなし
違約金無料
支払い方法クレジットカード
運営会社楽天モバイル株式会社

情報参照元:楽天モバイル公式サイト

\ 端末代金が1円で購入できるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

※申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

100GBで足りるならコスパ抜群のAiR WiFiがおすすめです

AiR WiFi
AiR WiFiのおすすめポイント
  • データ容量は100GBまでだけど、月額料金が安い
  • 端末が無料でレンタルできる
  • 30日間のお試し利用ができる

データ容量こそ月間100GBまでになりますが、月額3,267円で使えるAiR WiFiも人気です。

流行りのクラウドWiFiとなっているため、全国どこでも利用できます。

ただし、通信速度はやや遅く、高画質動画の視聴やオンライン会議などには不向きです。

移動中や出張先など「ちょっとWi-Fiが欲しい」といった人におすすめになります。

なお、30日間のお試し利用ができるので、気になっている人はぜひ使ってみてください。

AiR WiFiの基本情報

AiR WiFiの料金プラン・基本情報一覧

項目らくらくプランサクッとプランおてがるプラン
利用端末クラウドSIM対応モバイルルーターU3Air-1の商品画像
データ容量100GB20GB
月額料金3,245円3,377円1,958円
契約期間1年
(自動更新あり)
契約事務手数料3,300円
端末代金無料レンタル
(解約時は要返却)
契約期間なしオプション月額330円
安心オプション
(端末保証)
月額660円
キャッシュバックなし
スマホセット割引なし
違約金更新月以外:1,958円
更新月:0円
お試し期間30日
支払い方法クレジットカード
運営会社株式会社FREEDiVE

\ 30日間お試しOK /

簡単3分で申し込み完了

ドコモのポケット型WiFiによくある質問をわかりやすく解説

よくある質問と答え

ドコモのポケット型WiFiに関するよくある質問を、初心者の方でもわかるように解説します。

ご利用料金や契約内容については、ドコモインフォメーションセンター(ドコモ携帯から:151 その他:0120-800-000 )まで直接お問い合わせください。

ドコモのポケット型WiFiのおすすめポイントはどこ?

対応エリアが広く、通信速度が速いことです。

>>ドコモのポケット型WiFiのメリットはこちら

ドコモのポケット型WiFiのデメリットはなんですか?

端末代金や月額料金が高いことです。

コスパの良さで選ぶのであれば、GMOとくとくBB WiMAXなど、他のポケット型WiFiおすすめします。

>>おすすめのポケット型WiFiはこちら

ドコモのポケット型WiFiはお得ではないの?

対応エリアが広く、通信速度が速いので、使い勝手には優れています。

ただし、料金が高いので、コスパはあまりよろしくありません。

電波が入らなくて圏外になるんだけどどうしたらいいの?

まずは端末を再起動してみてください。

改善されない場合は、端末を置く場所移動したり、外で使ってみてください。

それでもダメな場合は、利用している場所一体がドコモの対応エリア外になっている可能性があります。

速度が遅くて困ってるんだけどどうしたらいいの?

まずは端末を再起動してみてください。

改善されない場合は、端末を置く場所移動したり、外で使ってみてください。

それでもダメな場合は、利用している場所一体の電波が弱く、速度が出にくいエリアになっている可能性があります。

何をやっても改善されない場合はどうしたらいいの?

残念ながらドコモのポケット型WiFiの利用に不向きなエリア・場所だった可能性があります。

他のポケット型WiFiやホームルーターに乗り換えるか、いっそのこと光回線に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事で紹介している対処法を試しても改善されない場合は、乗り換えを検討してください。

上記以外のドコモのポケット型WiFiに関する新規契約・乗り換えのご相談は、コメント欄もしくは公式LINE@にて行っております。お気軽にメッセージをお寄せください。

情報参照元

  1. 総務省「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(令和3年度第3四半期(12月末))」”移動系通信の契約数における事業者別シェア:NTTドコモ:36.6%、KDDIグループ:27.1%、ソフトバンク:20.9%、楽天モバイル:2.2%”より
  2. NTTドコモ「サステナビリティレポート – 2018」”通信サービスの安定性と信頼性の確保”より、2017年度時点でLTE人口カバー率が99.8%になっていることがわかる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上経験後、インターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当。2019年より本サイトの運営を開始。

コメント

コメントする

※当サイトに掲載されている商品には、サイト運営費用捻出のため、一部プロモーションが含まれます。ただし、プロモーション商品のみを優先的に推奨するなど、当サイト内のランキングや商品の評価に関して影響を及ぼすことは一切ございません。当サイトに掲載されている全ての商品は、景品表示法(通称「ステマ規制」)に遵守した当サイトが定める独自のコンテンツポリシーに則って公平に紹介をしております。また、当サイトが定める独自の広告掲載ポリシーに該当する商品のみを取り扱っておりますので、安心してご利用くださいませ。不明点や気になる箇所がありましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

※本記事に掲載している内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスとなっています。最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度は利用環境・利用機器、回線の混雑状況などによって低下します。
※掲載している実効速度に関しては当サイトおよび第三者による検証結果であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページに記載されている注意事項や利用規約をご自身でご確認の上お手続きください。
※契約後の利用に関してご不明な点につきましては、サービス提供元へ問い合わせください。
※本サイトでは、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン」を参考にして定めた独自のガイドラインに沿った広告を掲載しています。詳しくは広告掲載ポリシーをご覧ください。
※本サイトでは、景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」を参考にし、独自のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
※本サイトに掲載するコンテンツおよびランキング(おすすめ◯選などを含む)に関して、掲載している広告による影響はありません。詳しくはコンテンツおよびランキング作成に関するポリシーをご覧ください。

目次