ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめはコレ!人気12社の料金と速度の比較ランキング2022年6月

ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめはコレ!人気12社の比較ランキング

Webサイトや家電量販店などで契約できるポケット型WiFi・モバイルWiFi*の種類は20社以上あり、それぞれ料金や速度などのサービススペックが異なります。

*ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。

とはいえ、多くの方が「モバイルWiFiルーターによるインターネットサービス」の総称として「ポケットWiFi」という言葉を使っているため、当サイトでは読者の方のわかりやすさを優先するために「ポケットWiFi=モバイルWiFiルーターによるインターネットサービスの総称」として使用しておりました。

ただし、ソフトバンク社より 「ポケットWiFiという名称をモバイルWiFiルーターの総称として使用することへの中止要請」を受けたため、本記事では「ポケット型WiFi」もしくは「モバイルWiFi」と表記いたしております。

少々わかりにくい説明にはなりますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。

ポケット型WiFi・モバイルWiFi選びで失敗したくないなら、実績が豊富で料金や速度の評判が良い商品を申込むのがおすすめです。

この記事でわかること
  • ポケット型WiFiは料金や速度の評判で選ぶ
  • 定番のWiMAXなら動画視聴もサクサク
  • 楽天モバイルなら0円から使える
  • 流行りのAiR WiFiなら広域で使える
  • 料金は安いに越したことはない

公式サイトに記載されている料金プランを比較すれば、1番お得に使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiがわかります。

ただし、対応エリアや通信速度に関しては実際に使ってみないことには、本当のことがわからないものです。

ポケットWiFiを比較
検証のために実際に使用したポケット型WiFi・モバイルWiFi

ここでは、ポケット型WiFiとはなにかについての基本的な情報と、数多くのポケット型WiFiを実際に使っている管理人とインターネット専門家である川上さんの経験をもとに、ポケット型WiFiのおすすめ商品をランキングを紹介していきます。

\ いきなり結論 /

ポケットWiFiおすすめTOP3

ポケット型WiFiおすすめTOP3

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • 楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket)
  • AiR WiFi

この3つからどれを選べばいいの?

1分でわかる失敗しない選び方

ポケット型WiFiの3大ポイントは、データ容量、速度、料金(価格)です。

GMOとくとくBB WiMAXと楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket)はデータ容量が無制限となっています。

速度が速いのはGMOとくとくBB WiMAXです。

事務手数料も違約金も無料、さらに毎月1GBまでは0円で使えるため、気軽にお試しできるのが楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket )になります。

AiR WiFiはデータ容量が100GBまでではありますが、月額料金が安いです。

あなたがどういった使い方をするのかによって、上記3社から1つを選べば失敗することはありません。

杉本

以上の内容をふまえたうえで、お読み続けください。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員・携帯ショップ店員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ)

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

Wi-Fi選びの個別相談を希望の方は公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください(無料)。

目次

ポケット型WiFi・モバイルWiFiとは?持ち運びできる小型の通信端末のこと

ポケットWiFiとは?持ち運びできる小型の通信端末のこと

ポケット型WiFi・モバイルWiFiとは、バッテリー充電式で持ち運びできる小型の通信端末(モバイルWiFiルーター)のことです。

※モバイルルーターともいう。

家でも外でもどこでもWi-Fiを使うことができます。

テザリング機能だけが使えるスマホだと思えば、わかりやすいかもしれません。

WiMAXのモバイルルーター
1番人気のポケット型WiFi・モバイルWiFi「WiMAX」の端末

月額4,000円程度で大容量のデータ通信が利用できます。

自宅のWi-Fi用として、外出先でもパソコンでインターネットを使う用として、スマホのギガを節約するためなどに、契約する人が多いです。

「ポケットWiFi(Pocket WiFi)」はソフトバンクの登録商標です

「ポケットWiFi(Pocket WiFi)」はソフトバンクの登録商標です
ソフトバンク株式会社のHPより

ポケットWiFi(Pocket WiFi)は、ソフトバンクの登録商標*1です。

登録商標とは、国から「商標権」与えられた商品やサービスの名称、シンボルマークなどのことを指します。

ドコモやソフトバンクなどの通信事業者は、自社商品名やサービス名を他社に真似されないように商標登録することが多い*2です。

ポケットWiFi(Pocket WiFi)も、その中の1つということになります。

ただし、今では多くの人が「モバイルルーターを使用したWiFiサービス全般」のことをポケットWiFiと呼んでしまっている(普通名称化している)のが現状です。

当ページでも、広く認知が行き渡っている「ポケットWiFi」という言葉を使って解説したいのですが、ソフトバンク社より指摘を受けたため、残念ながら「ポケット型WiFi・モバイルWiFi」に代替えしております。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの仕組みとは?基地局からの電波を拾ってインターネットに接続している

ポケットWiFiの仕組みとは?基地局からの電波を拾ってインターネットに接続している

ポケット型WiFi・モバイルWiFiでWi-Fi(インターネット)が使える仕組みは、スマホのテザリングと同じです。

基地局から飛んでいる電波(これを「モバイル回線」という)を拾って、スマホやパソコンをインターネットに接続しています。

ポケットWiFiの仕組み

ただし利用する場所によって電波環境が異なるため、サクサクインターネットが使えるときもあれば、全く接続できないときもあるのです。

どのキャリアの基地局(電波)を使うかは、契約する会社によって異なります。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiにはどんな種類があるの?特徴を比較

ポケットWiFiにはどんな種類があるの?特徴は?

ポケット型WiFiは、大きく分けると2つの種類があります。

1つは携帯キャリアの生回線(MNO)がそのまま使えるポケット型WiFi、もう1つはいわゆるMVNO回線を使うポケット型WiFiです。

ポケット型WiFiの種類メリットデメリット
キャリア回線が使える
ポケット型WiFi
速度が速い料金が高い
MVNO回線を使う
ポケット型WiFi
料金が安い速度が遅い

大手キャリアと格安SIMの違いと同じだと考えてほぼ問題ありません。

キャリア回線が使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiの種類と違いについて

MVO回線を使ったポケット型WiFiの仕組み

キャリア回線が使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiは、全部で5社あります。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル、そしてUQコミュニケーションズです。

それぞれ自社の基地局(電波)を使ったポケット型WiFiを提供しています。

auとUQコミュニケーションズはグループ会社なので、どちらも同じ基地局(電波)が使えるのが特徴です。

5社の特徴を簡単に比較すると次のようになります。

キャリア使う基地局対応エリア通信速度月額料金
ドコモドコモ二重丸
かなり広い
二重丸
かなり速い
三角
高い
au
UQ
auの一部
WiMAX
丸
広い
丸
速い
丸
普通
ソフトバンクソフトバンク二重丸
かなり広い
二重丸
かなり速い
三角
高い
楽天モバイル楽天モバイル三角
やや狭い
丸
普通
二重丸
安い

ドコモやソフトバンクのポケット型WiFiの特徴は?

ドコモやソフトバンクのポケット型WiFiはスマホと同じ回線(基地局)が使えるので、対応エリアも広く通信速度も速いです。

ただし、その分だけ月額料金が他のポケット型WiFi・モバイルWiFiよりも高くなっています

auとUQのポケット型WiFi(WiMAX)の特徴は?

auとUQのポケット型WiFiは、auのスマホ用回線の一部とUQのWiMAX用回線を使います。

ドコモやソフトバンクと比べるとやや速度が劣るものの、その分だけ安く使うことができるのです。

現状のところ、料金と速度のバランスが1番取れているポケット型WiFiといえます。

auやUQ社のポケット型WiFiのことを総称して「WiMAX」と呼びます

また、プロバイダと呼ばれる代理店でもWiMAXは契約できるようになっており、auやUQと契約するより料金が安くなっているのです。

WiMAXはプロバイダにて契約したほうが圧倒的にお得になるということを、覚えておきましょう。

楽天モバイルのポケット型WiFiの特徴は?

楽天モバイルのポケット型WiFiは基地局数が少ないため対応エリアが狭く、通信速度も他キャリアと比べると劣ってしまいます

ただし月額料金に関しては断トツに安いため、少しでも安いポケット型WiFi・モバイルWiFiを探している人にうってつけです。

MVNO回線を使うポケット型WiFi・モバイルWiFiの種類と違い

MVNO回線とは、大手キャリア(これを「MVO」という)の回線を又貸ししている回線のことです。

1つの帯域を大勢のユーザーに分けて提供している、格安SIMと同じ理屈となります。

対応エリアこそ大手キャリアと同じになりますが、通信速度が遅いです

ただし月額料金が安くなっているので、節約志向が高い人向けのポケット型WiFi・モバイルWiFiとなっています。

MVNO回線を使ったポケット型WiFi・モバイルWiFiは本当にたくさんの会社から提供されているのですが、最近の主流はもっぱらクラウドWiFiです。

クラウドWiFiとは?

クラウドWiFiとは

使用する場所に応じて最適な回線を自動的に選んでくれる「クラウドSIM」という技術を使っているポケット型WiFi・モバイルWiFiのこと。 ドコモ、au、ソフトバンクの4G回線を使うため、全国どこでもつながるという利点がある。

>>もっと詳しく

クラウドWiFiという名前の会社(商品)ではなく、1つの種類のことになります。

2019年頃から様々な会社がクラウドWiFiを発売するようになり、またたく間にシェアを広げました

今では、MVNO回線を使ったポケット型WiFi=クラウドWiFiとなっているほどです。

主なクラウドWiFi

AiR WiFi、THE WiFi、Mugen WiFiなど。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの性能を比較!失敗しない選び方とは?

ポケットWiFiの特徴を比較!失敗しない選び方とは?

ここまで紹介してきたキャリア回線のポケット型WiFi・モバイルWiFiとクラウドWiFiの性能を比較して紹介します。

そのうえで、どんな人にはどんなポケット型WiFi・モバイルWiFiが向いているのかを解説します。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの性能を比較

キャリア対応エリアデータ容量通信速度月額料金
ドコモ
二重丸
かなり広い
二重丸
無制限
二重丸
かなり速い
三角
7,000円程
ソフトバンク二重丸
かなり広い
三角
50GB
二重丸
かなり速い
三角
5,000円程
au
UQ
丸
広い
二重丸
無制限
丸
速い
丸
4,000円程
楽天モバイル三角
やや狭い
二重丸
無制限
三角丸
普通
二重丸
3,000円程
クラウドWiFi二重丸
かなり広い
丸
100GB
三角
やや遅い
二重丸
3,500円程

高くてもいいから圏外や低速が絶対に許せない人はドコモかソフトバンクのポケット型WiFi

毎月の料金が高くてもいいから、圏外になったり速度が遅くなったりするのを絶対に避けたい人は、ドコモやソフトバンクのポケット型WiFi・モバイルWiFiを選びましょう。

データ容量無制限に使いたいならドコモ、毎月50GBで足りるならソフトバンクがおすすめです。

料金と速度のバランス重視でコスパ良く使いたい人はauかUQのポケット型WiFi(WiMAX)

毎月の料金と通信速度のバランス重視でコスパ良く使いたい人は、auやUQのポケット型WiFi・モバイルWiFi「WiMAX」を選びましょう。

先程も少し説明しましたが、WiMAXはプロバイダ(代理店)経由で契約することで料金が安くなるので、お得なプロバイダを比較して選ぶのが正解です。

どのプロバイダが1番お得なのかどうかはWiMAXの比較ページで詳しく紹介しています。

全プロバイダを比較した結果、2022年6月現在はGMOとくとくBB WiMAXが1番お得です。

「ポケット型WiFi・モバイルWiFiといえばWiMAX」というくらい、圧倒的に人気があるのがWiMAXです。

「ポケット型WiFi・モバイルWiFi=WiMAX」と覚えてしまっている人もいるくらい、定番のポケット型WiFi・モバイルWiFiになります。

対応エリア内に入っているなら安くて大容量に使える楽天モバイルのポケット型WiFi

楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiは、データ容量無制限に使えるにもかかわらず月額料金は3,000円程とコスパ抜群のポケット型WiFi・モバイルWiFiになります。

対応エリア内に入っている人であれば圧倒的におすすめです。

ただし、対応エリア内であっても利用場所によっては圏外になる可能性があるので注意しましょう。

建物内の奥まった場所、高層階、高層ビルに囲まれた場所など、電波が届きにくい場所では圏外になりやすいです。

楽天モバイルがエリア外で程よくポケット型WiFiが使いたい人はクラウドWiFiがおすすめ

楽天モバイルがエリア外の人で、キャリアのポケット型WiFi・モバイルWiFiほど速くなくてもいいから月額料金を抑えたいという人にはクラウドWiFiがおすすめです。

程よく使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiとなっているため、様々なシーンで活躍します。

以上がポケット型WiFi・モバイルWiFiの特徴を比較した、失敗しない選び方でした。

それではWi-Fiの森管理人が20社以上の商品を実際に使って確かめた、ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめランキングを紹介します。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめランキング!人気12社の料金と速度を徹底比較

ポケットWiFiおすすめランキング!人気12社の料金と速度を徹底比較

ポケット型WiFi・モバイルWiFiを契約する際には、次のようなポイントに注目して選びましょう。

  • 対応エリアの広さ
  • 通信速度の速さ
  • データ容量の多さ
  • 端末代金の安さ
  • 月額料金の安さ
  • キャッシュバックの金額
  • 無料お試し期間
  • 契約期間の縛り
  • 解約の違約金
  • トラブルの少なさ
  • トラブル時のサポート品質

上記の全てを兼ね揃えている商品はさすがにありませんが、諸々を比較したうえでのポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめランキングは、以下のとおりです。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiを選ぶ際に誰しもが迷うポイントが、通信速度の速さを重視するか、それとも利用料金の安さを重視するかです。

使う用途や目的が人それぞれ異なるため、どちらが正解ということはありません。

多少高くても快適に使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiを求めている人もいれば、少しくらい遅くても安く使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiを求めている人もいます。

とはいえ、そもそもポケット型WiFi各社の料金や速度がどれくらいなのかがわからないと、自分に合った1台を選ぶのが難しいはずです。

そこで公式サイトの情報をもとに料金を計算しつつ、管理人が実際に使って速度を検証したものと口コミを参考にして、比較表を作成しました。

ポケットWiFiのマトリックス図
スクロールできます
ポケット型WiFi対応エリア最大データ容量通信速度端末代金実質月額セット割引試用期間
GMOとくとくBB WiMAX丸二重丸
無制限1
丸0円3,689円丸三角
8日間
Rakuten WiFi Pocket
(楽天モバイル)
三角二重丸
無制限2
三角丸1円※33,069円※4バツ三角
8日間
AiR WiFi二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,553円バツ丸
30日間
THE WiFi二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,281円バツ丸
30日間
どこよりもWiFi二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,537円※5バツ三角
7日間
Mugen WiFi二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,438円バツ丸
30日間
クラウドWiFi東京二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,855円※6バツ三角
8日間
モンスターモバイル二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,663円※7バツ三角
8日間
ドコモ二重丸二重丸
無制限
二重丸35,640円※87,452円※9バツ三角
8日間
ソフトバンク二重丸三角
50GB
二重丸66,240円※105,417円バツ三角
8日間
ゼウスWiFi二重丸丸
100GB
三角無料レンタル3,896円※11バツ三角
8日間
hi-ho Let’s WiFi二重丸丸
最大216GB
三角無料レンタル4,004円※12バツ三角
8日間

※1 3日間の制限は2022年2月1日に撤廃されました。*3 ※2 1日10GBを超えると速度制限あり ※3 端末単体のみ購入の場合は7,980円。7月1日からは4,401円になる。 ※4 毎月20GB以上を2年間使った場合(楽天ポイントを含む) ※5 毎月20GB以上使った場合 ※6 100GBプランの場合 ※7 100GBプランの場合 ※8 Wi-Fi STATION SH-52Bの場合 ※9 5Gギガホプレミアを2年間使った場合 ※10 A004ZTの場合 ※11 100GBプランの場合 ※12 1日7GBプランの場合

当サイトのランキングコンテンツにおける料金比較は、公式サイトに記載の情報をもとに計算しています。商品としての評価は実際の利用者や第三者による調査を結果に基づき採点・順位付けしています。ランキングの根拠・調査概要はこちら

料金と速度のバランスを考えたうえで多くの人におすすめできるポケット型WiFiは、やはり定番のWiMAXです。

WiMAX+5G対応のモバイルルーター
WiMAXのモバイルルーター2機種(左:旧モデル 右:最新モデル)

圧倒的1番人気のポケット型WiFiですので、安心して利用することができます。

また、2021年4月から対応エリアと通信速度がパワーアップしたこともあり、より一層使い勝手の良いポケット型WiFiとなったこともおすすめポイントの1つです。

初めてポケット型WiFiを使う人は、WiMAXを選んでおけば間違いありません。

次におすすめするのは、楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket」です。

Rakuten WiFi Pocket 2B端末品質
楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFi

楽天モバイルは対応エリアこそ狭いものの、データ容量無制限が月額3,000円ほどで使えるというコスパ抜群のポケット型WiFi・モバイルWiFiとなります。

通信速度も程よく出ているので、よほど困ることはないでしょう。

また、契約時の事務手数料も解約時の違約金も無料であり、毎月1GBまでは0円で使えるため、気軽にお試し使いすることが可能なのです。

楽天エリア内に入っている人は、1度使ってみることをおすすめします。

1GB以上使った場合は、データ使用量に応じた段階制の料金プラン(最大3,278円)となります。

それでは、おすすめのポケット型WiFi・モバイルWiFiについて1つずつ詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB WiMAXは場所を問わず快適に使えるポケット型WiFi・モバイルWiFi

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

契約期間3年間
(自動更新あり)
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金初月~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
初月の料金2,079円の日割り計算
スマホセット割引au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大858円/台
端末代金0円
端末保証安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
プラスエリアモード無料
キャッシュバック23,000円
他社から乗り換えなら最大49,000円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
149,207円
実質月額3,926円
(全12社中最安)
違約金12ヶ月目以内:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25~36ヶ月目:10,450円
37ヶ月目及び更新月:0円
38ヶ月目以降:10,450円
支払い方法クレジットカード
運営会社GMOインターネット株式会社
(東証一部上場)

情報参照元:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXを1番におすすめする理由とは?

数ある中でGMOとくとくBB WiMAXが1番おすすめのポケット型WiFi・モバイルWiFiである理由は、やはり対応エリアが広く通信速度も速い、そしてデータ容量が無制限であることです。

楽天モバイルやクラウドWiFiと比べるとやや料金が高いですが、GMOとくとくBB WiMAXには金額以上の価値があります。

料金がどれだけ安かろうとも、常に快適な速度が出なければポケット型WiFi・モバイルWiFiとして役に立ちません。

遅いポケット型WiFi・モバイルWiFiをイライラしながら使うよりも、毎月500円ほど高い金額を払ってでもストレスなく使えるGMOとくとくBB WiMAXを1番におすすめします。

WiMAXは全12社のプロバイダ(代理店)から購入できますが、今1番お得に使えるのはGMOとくとくBB WiMAXです。

WiMAXプロバイダ全12社の料金比較は、こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめポイント①:使えるエリアが広がった

横山展望台でもWiMAX+5Gは快適な速度が出た
横山展望台(三重県賢島)でも快適に使えた

新しくなったWiMAX(「WiMAX+5G」といいます)は通常モードでもau 4G回線が使えるようになったので、ほとんどの場所がエリア内となりました。

色々な場所へ持ち歩いていますが、今のところ圏外になったことがありません。

従来のWiMAX(「WiMAX2+」といいます)では電波が悪かった家の中でも、快適に使うことができています。

おすすめポイント②:auの4G+5G回線で光回線並みの速さを実現

WiMAX+5Gの実際の速度
4Gエリアなのに110Mbpsという驚異的な速さを叩き出した

WiMAX+5Gでは通常モードでauの4G回線と5G回線が使えるようになり、さらに速度が速くなりました。

4Gエリアでも100Mbps超えを連発しており、マンションVDSLタイプ光回線より速いです。

おすすめポイント③:1ヶ月のデータ容量に上限なし!ギガ使い放題

スマホを操作する女性

WiMAXは1ヶ月のデータ容量に上限がありません。

好きなだけギガを使うことができるのです。

家でも外でもたくさん使いたい人にぴったりなポケット型WiFi・モバイルWiFiとなります。

3日間15GBの速度制限は2022年2月1日に撤廃されました

WiMAXは、3日間の合計データ使用量が15GBを超えると翌日の18時~2時の間だけ速度が低速になるという速度制限のルールがありましたが、2022年2月1日に廃止となりました。

速度制限がなくなったことにより、今まで以上に使い勝手のいいポケット型WiFiになったのです。

※過度な使い方をした場合に限り、夜間など一時的に速度制限がかかる可能性はあります。

おすすめポイント④:キャッシュバックが23,000円もらえる!

23,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXは、利用開始から12ヶ月後に23,000円のキャッシュバックがもらえます。

少し先にはなりますが、忘れた頃にもらえる臨時ボーナスだと考えれば非常にお得に感じるはずです。

他社インターネット回線からの乗り換えの場合はキャッシュバックが最大41,000円に増額中です。

おすすめポイント⑤:サポートが手厚く、初心者の方でも安心して使える

コールセンター

GMOとくとくBB WiMAXであれば、電話によるサポートがあるので初心者の方でも安心して使うことができます。

初めてポケット型WiFi・モバイルWiFiを使う人だと、色々と不安になることもあるでしょう。

いざというときに直接オペレーターに相談ができるのも、GMOとくとくBB WiMAXの強みなのです。

おすすめポイント⑥:8日以内なら違約金なしで解約できる

WiMAXは初期契約解除制度が適用される

GMOとくとくBB WiMAXは、初期契約解除制度対象のサービスです。

商品到着日を1日目とした8日以内に「初期契約解除で解約する」旨を伝えれば、事務手数料の3,300円だけで解約することができます。

違約金や月額料金(利用料金)の支払いは不要です。

ただし、端末を返却をしないと22,000円が請求されるので気をつけましょう。

他のWiMAXは、そもそも端末代金が0円ではなく、端末を返却しても端末代金(約2万円)が返金されません。

万が一の場合に大きな負担なく解約ができるのも、GMOとくとくBB WiMAXのメリットなのです。

GMOとくとくBB WiMAXはこんな人におすすめ!

家でも外でもしっかり使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiをお探しの方におすすめです。

たくさんデータ容量が使える分、他のポケット型WiFi・モバイルWiFiより月額料金は500円ほど高くなりますが、価格以上の価値は間違いなくあります。

「安物買いの銭失い」になるくらいなら、確実に使うことができるGMOとくとくBB WiMAXを選ぶのが正解ですよ。

\ キャッシュバック最大49,000円 /

簡単1分で申し込み完了

楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiなら実質0円で試せる!しかもギガ使い放題

楽天モバイルWiFiポケット2B

Rakuten WiFi Pocketの基本情報

旧プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」で利用可能(1GBまでなら0円)

※6月中に申し込み完了すれば、ポイント還元は5000円分!

契約期間なし
データ容量無制限※1
1日10GBまで
事務手数料無料
月額料金~1GBまで:無料※2
1GB~3GBまで:1,078円
3GB~20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
スマホセット割引なし
端末代金1円
端末補償
スマホ交換保証プラス
月額715円
キャッシュバック5,000円分の楽天ポイント
違約金無料
支払い方法クレジットカード
運営会社楽天モバイル株式会社

情報参照元:楽天モバイル公式サイト

※1 1日で10GB以上を使うと速度制限(128kbps)がかかります。 ※2 無料で使えるのは1回線目のみ。2回線目以降は1GB未満でも1,078円になります。

エリアの狭い楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiを2番目におすすめする理由とは?

  • 契約事務手数料が無料
  • 端末代金は1円(2022年6月30日まで)
  • 5,000円分の楽天ポイントがもらえる(2022年6月30日まで)
  • いつ解約しても違約金は0円
  • 月額料金は使った分に応じた段階制プラン
  • 1GBまでなら毎月0円(2022年8月31日まで)
  • データ容量は無制限
  • 通信速度も悪くない
  • ただし対応エリアがやや狭い

楽天モバイルのポケット型WiFiを1番目ではなく2番目におすすめする理由は、料金に関してはWiMAXよりお得ではあるものの、対応エリアがやや狭いからです。

楽天モバイルのポケット型WiFiの契約時にかかる費用は端末代金の1円のみで、よくある契約事務手数料も0円となっています。

契約の縛りがなく、いつ解約しても違約金はかかりませんので、実際に使ってみてダメだったら気兼ねなく解約すればいいのです。

毎月の料金は使ったデータ使用量に応じた段階制プランとなっており、1GB未満なら0円ですし無制限に使っても3,278円となります。

※1GB~3GBまでなら1,078円、3GB~20GBまでなら2,178円です。

さらに今なら5,000円分の楽天ポイントまでもらえます

つまり、楽天ポイントがもらえる2ヶ月後末までの利用料金を4,999円以内に収めてしまえば、実質0円でお試しすることができるのです。

「初月15GB、翌月15GB、翌々月2GB」「初月100GB、翌月2GB、翌々月0GB」などでも実質0円になります。

ただし、楽天モバイルは対応エリアがやや狭いのがデメリットとなります。

ドコモなどが人口カバー率99%を達成している最中、楽天モバイルはようやく96%に達成したばかり*4です。

また、対応エリア内であっても場所によっては圏外になってしまうので、ポケット型WiFi・モバイルWiFiとして役に立たない可能性があります。

料金的には恐ろしいほどお得ではあるけれど電波が弱いため、WiMAXに次ぐ2番目におすすめのポケット型WiFi・モバイルWiFiとしています。

「楽天モバイルで試してダメだったらWiMAXを契約する」のほうが賢い方法かもしれませんが、面倒に感じる人も少なくありません。

時間的に余裕があり絶対に損したくない人は、先に楽天モバイルのポケット型WiFiから試してみましょう。

おすすめポイント①:楽天回線エリア内ならギガ使い放題なのに月額3,278円

徐々に広がりつつある楽天回線エリア内であれば、月額3,278円でギガ使い放題となります。

1日10GBまでという上限こそあるものの、圧倒的なコストパファーマンスで他のポケット型WiFi・モバイルWiFiより確実にお得です。

おすすめポイント②:使わなかった月は0円~2,178円の段階制料金

データ使用量月額料金
~1GBまで無料
1GB~3GBまで1,078円
3GB~20GBまで2,178円
20GB以上3,278円

楽天モバイルは段階制の料金プランとなっているので、毎月使ったデータ容量に応じて料金が変動します。

全く使わなかった月であれば「0円(タダ)」になるという、過去に例を見ない驚きの料金設定となっています。

7月1日からプランが変更となり、8月31日にて「1GBまで無料」が終了します。

9月1日からは「0~3GBまで:1,078円」となりますので、お気をつけください。

おすすめポイント③:端末代金が1円!5000ポイントももらえる

楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFi(Rakuten WiFi Pocket)の端末代金は1円で購入することができ、さらに楽天ポイントが5,000円分もらえます。

7月1日からはポイント還元が3,000円分に減額しますので、6月中に申し込むことをおすすめします。

おすすめポイント④:契約時の事務手数料も解約時の違約金も無料

楽天モバイルは契約時の事務手数料も解約時の違約金も無料
楽天モバイル公式サイトより

さらに楽天モバイルは、契約時の事務手数料も解約時の違約金も無料となっています。

つまり、いつでも気軽に使い始めたり解約したりできるわけです。

3ヶ月間契約だけしておいて一切使わずに5,000ポイントもらったら解約する、といったこともできてしまいます。

Rakuten WiFi Pocketはこんな人におすすめ!

「確実に使えるポケット型WiFi・モバイルWiFi」というよりは「ちょうどポケット型WiFi・モバイルWiFiが欲しかったので、お金の負担がほとんどないならちょっと試してみよう」という人におすすめです。

今回検証した場所(愛知県名古屋市)では快適に使うことができました。

ですが、ネット上の口コミを見る限り、エリアや場所によっては圏外になってしまうことは明らかです。

すべての地域や場所が楽天回線のエリア内になっているわけではありませんので、自分がよく使う場所で使い心地をチェックしてください。

問題なければ使い続ければいいですし、ダメなら5,000ポイントだけもらって解約すればいいのです。

あなたの財布は全く痛みませんよ。

\ 無料で5,000ポイントもらえるキャンペーン中 /

簡単1分で申し込み完了

※5,000ポイントがもらえるのは6月30日までに申し込み完了した人のみです。7月1日以降は3,000ポイントに減額します。

申し込みの途中で表示される「電話番号の選択」では「新規電話番号を取得」を選んでください。

AiR WiFiはクラウドWiFiの中で1番利便性の高いポケット型WiFi・モバイルWiFi

AiR WiFi

3位から10位までは、すべて「クラウドWiFi」になります。

クラウドWiFiとは

使用する場所に応じて最適な回線を自動的に選んでくれる「クラウドSIM」という技術を使っているポケット型WiFi・モバイルWiFiのこと。 ドコモ、au、ソフトバンクの4G回線を使うため、全国どこでもつながるという利点がある。

>>もっと詳しく

AiR WiFiの基本情報

契約期間1年
(自動更新あり)
データ容量100GB
事務手数料3,300円
月額料金契約縛りあり:3,278円
契約縛りなし:3,608円
スマホセット割引なし
端末代金無料レンタル
(解約時は要返却)
端末補償安心オプション(月額660円)
キャッシュバックなし
違約金1年以内:7,700円
2年目以降:5,500円
更新月:0円
お試し期間30日
支払い方法クレジットカード
運営会社株式会社FREEDiVE

AiR WiFiを3番目におすすめする理由は?

WiMAXもしくは楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiで満たせないニーズを埋められるのはクラウドWiFiしかなく、クラウドWiFiの中で最も利便性が高いのがAiR WiFiだからです。

WiMAXや楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiで満たせないニーズとは、以下のようなものになります。

  • データ容量は無制限でなくていい
  • 速度もそこまで求めてない
  • 少しでも安く使いたい
  • でも楽天モバイルはエリア外だった

AIR WiFiは月額3,278円で毎月100GB使うことができるポケット型WiFi・モバイルWiFiです。

料金コスパとしてWiMAXや楽天モバイルのポケット型WiFi・モバイルWiFiに劣るものの、大手キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の4G回線を使うことができるため対応エリアが広く、全国どこでも使うことができます

まさに、WiMAXや楽天モバイルのポケット型WiFiでは満たせなかったニーズをカバーしているポケット型WiFiなのです。

一部の地域ではMVNO回線になるためWiMAXや楽天モバイルのポケット型WiFiほどの速度こそ出ませんが、通常使用において速度の遅さを感じることはほとんどありません。

1日中高画質動画を見たりしなければ、100GBで十分足りるはずです。

クラウドWiFiの中でAiR WiFiを1番におすすめする理由とは?

AiR WiFiをクラウドWiFiの中で1番におすすめする理由は月額料金の安いことと契約の縛りをなくせるからです。

月額料金の比較通常プラン縛りなしプラン
AiR WiFi3,278円3,608円
THE WiFi3,828円なし
Mugen WiFi3,718円4,378円

クラウドWiFiの性能は各社ほとんど違いがないため、少しでも安く使えるものを選ぶことをおすすめします。

AiR WiFiは通常プランであっても契約期間に縛りがないプランであっても、もっとも月額料金が安いクラウドWiFiです。

それでいて30日間のお試し期間まで設けられているため、速度が心配な人にでも安心しておすすめすることができます。

おすすめポイント①:使えるエリアが広い

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用

クラウドSIMの特長でもある、ドコモ・au・ソフトバンクの4G回線が使えることから、AiR WiFiは使えるエリアが広いです。

スマホが圏外になるような場所以外であれば、ほとんどの地域・場所で使うことができます。

おすすめポイント②:モバイルルーターが無料でレンタルできる

AiR WiFiのモバイルルーターは無料レンタルとなります。

わざわざ高いお金を払って購入する必要がないので、初期費用を抑えることができます。

おすすめポイント③:大容量100GBなのに月額3,278円

月額料金の比較データ容量月額料金
AiR WiFi100GB3,278円
最安
THE WiFi100GB3,828円
(+550円)
Mugen WiFi100GB3,718円
(+440円)

クラウドWiFiは月間100GB使えるプランが主流です。

AiR WiFiも100GB使えるのですが、その中でもダントツに安い月額3,278円となっています。

おすすめポイント④:30日間のお試し期間があるので、初めての人でも安心

30日間のお試し利用

AiR WiFiが他のクラウドWiFiより優れているのは月額料金だけではありません。

通常は8日間しかないお試し期間が、AiR WiFiは30日間もあるのです。

初めてのポケット型WiFi・モバイルWiFiでちゃんと使えるか心配な人でも、安心して使うことができます。

おすすめポイント⑤:契約期間の縛りなしオプションが月額330円と安い

AiR WiFiは通常1年契約(自動更新)となっており、更新月以外に解約をすると最大7,700円の違約金がかかります。

解約月違約金
12ヶ月目以内7,700円
13・26・39ヶ月目(以降同じ)0円
14ヶ月目以降5,500円

ただし、月額330円の契約期間の縛りなしオプションを付けることで、いつ解約しても違約金を0円にすることが可能です。

1~2年以内に解約の予定がある人や、どれくらいの期間使うかわからない人は、オプションに加入することで解約時の出費をなくすことができます。

【チェック!】100GBってどれくらい使えるの?

100GBの目安

1ヶ月で使えるアプリの目安時間です。

YouTube(360p)であれば、毎日15時間視聴してもデータが余ります。

インスタグラムは意外とデータを消費しやすいので、気をつけましょう。

AiR WiFiはこんな人におすすめ!

料金比較月額料金3年間の合計費用
AiR WiFi3,278円127,864円
GMOとくとくBB WiMAX2,079円~4,444円140,207円

AiR WiFiは、WiMAXより安いポケット型WiFi・モバイルWiFiをお探しの方におすすめです。

3年間の合計費用を比較すると1万円以上も安く使うことができます。

なお、WiMAXほどの速さは出ませんが、日常生活で使う分には困らない程度の速度は出るので安心してください。

毎月100GBで足りる人で、WiMAXほどの速度を求めていない人には、AiR WiFiをおすすめします。

\ 30日間お試しOK /

簡単3分で申し込み完了

口座振替で利用できるクラウドWiFiをお探しであれば、AiR WiFi同様に30日間のお試し利用ができるMugen WiFiをおすすめします。

THE WiFiは4ヶ月無料で使えるので実質月額が1番安いクラウドWiFi

おすすめ4位はクラウドWiFiのTHE WiFiです。

AiR WiFiと同じく1ヶ月のデータ容量は100GBとなっていますが、月額料金は3,828円と少し高くなります。

ですが、今ならなんと4ヶ月も無料で使うことができるのです。

THE WiFiの基本情報

契約期間2年
(自動更新なし)
事務手数料3,300円
データ容量100GB
月額料金\4ヶ月無料キャンペーン中/
・100GBプラン:3,828円
・FiTプラン
~1GBまで:1,298円
1GB~5GBまで:1,628円
5GB~20GBまで:2,068円
20GB~40GBまで:2,596円
40GB~100GB:3,960円
お試し期間100GBプラン:30日間
FiTプラン:8日間
プラン変更手数料3,300円
(FITプランから100GBプランへは変更不可)
補償サービス安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
モバイルルーター無料レンタル
(解約時に要返却)
違約金10,780円
(3年目以降は0円)
運営会社スマートモバイルコミュニケーションズ
(マザーズ上場「アプリックス」の子会社)

おすすめポイント①:使えるエリアが広い

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用

クラウドWiFiですので、使えるエリアが広いです。

スマホが圏外になるような場所以外であれば、ほとんどの地域・場所で使うことができます。

おすすめポイント②:4ヶ月無料キャンペーン中でクラウドWiFi最安!

人気のクラウドWiFi3社を月額料金で比較
クラウドWiFi 月額料金 2年間の合計費用
3,828円 79,860円
AiR WiFi 3,278円 81,972円
Mugen WiFi 3,718円 82,532円
(13,500円キャッシュバックあり)

月額料金こそAiR WiFiより高いのですが、4ヶ月間も無料で使うことができるので、2年間の合計費用ではクラウドWiFiの中で1番安いです。

「2年使って解約する」という方であれば、かなりお得に使うことができます。

THE WiFiは3年目以降の違約金はありません。

おすすめポイント③:30日間のお試し期間があるので、初めての人でも安心

30日間のお試し利用

AIR WiFi同様に、30日間のお試し期間があるのもTHE WiFiのおすすめポイントです。

30日使ってみてダメなら解約すれば、違約金を払う必要はありません。

THE WiFiの違約金
30日以内 なし
30日以上2年以内 10,780円
3年目以降 なし

AiR WiFiでは返金手数料とクリーニング・メンテナンス費用の合計3,300円が必要となりますが、THE WiFiは手数料が一切かかりません。ルーターを返却する際の送料(レターパックプラスなら520円)のみで、解約が可能です。

おすすめポイント④:あまり使わなかった月でも損しないFiTプランがお得

THE WiFiの料金プラン

THE WiFiには、楽天モバイルのような使ったデータ容量に応じた段階制の料金プラン「THE WiFi FiT」があります。

THE WiFiの選べる2つの料金プラン
プラン名 データ容量と月額料金
THE WiFi100GBプラン 100GB/3,828円
4ヶ月無料・30日お試し期間あり
THE WiFi FiTプラン 1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円

通常の「THE WiFi 100GB」プランで4ヶ月使った後、月によって使用するデータ容量に違いがある人は「FiTプラン」に変更するのがおすすめです。

「100GBプラン」から「FiTプラン」への変更手数料が3,300円になります。

「FiTプラン」から「100GBプラン」へは変更できませんので、お気をつけください。

おすすめポイント⑤:電話サポートが使えるので困ったときに相談できる

THE WiFiは365日電話サポートに対応している

THE WiFiがAiR WiFiより優れているもう1つのポイントが、安心の電話サポートです。

AiR WiFiはメールでのサポートしか対応しておらず、いつでも気軽に相談できる体制が整っておりません。

THE WiFiであれば、平日だけでなく土日祝日も365日電話のサポートが使えます。

【チェック!】100GBってどれくらい使えるの?

100GBの目安

1ヶ月で使えるアプリの目安時間です。

YouTube(360p)であれば、毎日15時間視聴してもデータが余ります。

インスタグラムは意外とデータを消費しやすいので、気をつけましょう。

THE WiFiはこんな人におすすめ!

2年以内に解約をしていしまうと違約金がかかってしまうので、最低でも2年以上使う人にTHE WiFiはおすすめです。

4ヶ月無料なので2年間の合計費用はAiR WiFiより安いですし、途中でFiTプランへ変更すればもっとお得に利用できる可能性もあります。

3年目以降は違約金がかからないので、いつでも気兼ねなく解約できるようになるのもポイントです。

AiR WiFi同様に30日間のお試し期間がありますし、困ったときの電話サポートも充実しているので、長く使う予定のある初心者の方におすすめのポイントとなります。

\ 4ヶ月無料キャンペーン中 /

30日お試し利用(完全0円)の条件と注意事項

  • 申し込み日を含めた30日以内に電話で解約すること
  • 電話の際に伝えられる返却期日までに端末を送り返すこと
  • 返却時の送料はユーザー負担(レターパックプラスなら520円)
  • 返却期日を過ぎた場合は損害金が13,200円かかるので注意

※電話番号は申込後に送られてくるメール及び契約書に記載されています。

*THE WiFiは30日間のお試し利用ができます

どこよりもWiFiは使った分だけの段階制料金プランなので使わなかった月でもお得

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiも、AiR WiFiやTHE WiFiなどと同じクラウドWiFiです。

どこよりもWiFiは、楽天モバイルと同じように使った分だけ料金を払う段階制プランになっています。

どこよりもWiFiの商品概要
どこよりもWiFi
プラン名 ピタッとプラン
シンプルスタンダード
契約期間 2年 なし
事務手数料 3,300円
データ容量 上限なし
(1日4GB)
月額料金
()内は2年割非適用時
5GBまで 900円 1,400円
20GBまで 1,900円 2,400円
50GBまで 2,900円 3,400円
50GB以上 3,400円 3,900円
初月の料金 日割り
補償サービス 月額440円
(盗難・紛失は補償対象外)
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時に要返却)
支払い方法 クレジットカード
解約違約金 10,450円 なし
初期契約解除制度 7日間
運営会社 株式会社Wiz

おすすめポイント①:使えるエリアが広い

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用

クラウドWiFiですので、使えるエリアが広いです。

おすすめポイント②:使った容量に応じた段階制料金プランなので損しない

どこよりもWiFiの料金プラン
どこよりもWiFiの料金プラン
契約期間 2年 なし
事務手数料 3,300円
データ容量 上限なし
(1日4GB)
月額料金
()内は2年割非適用時
5GBまで 900円 1,400円
20GBまで 1,900円 2,400円
50GBまで 2,900円 3,400円
50GB以上 3,400円 3,900円

楽天モバイルやTHE WiFi FiTプランと同じような、使ったデータ容量に応じた段階制の料金プランを採用しています。

あまり使わなかった月でも損しないのが1番のメリットです。

さらに、仮に100GB使ったとしても月額3,400円ですので、かなりコスパが良い部類に入ります。

100GB使った場合の月額料金を人気クラウドWiFi3社と比較
商品名 月額料金
(最安価格との差額)
どこよりもWiFi 3,400円
(+122円)
AiR WiFi 3,278円
最安
3,828円
(+550円)
Mugen WiFi 3,718円
(+440円)

おすすめポイント③:7日以内なら完全無料で解約可能!初めてでも安心

どこよりもWiFiは7日以内なら完全無料でキャンセルできる

AiR WiFiやTHE WiFiには及びませんが、どこよりもWiFiも7日以内であれば違約金なしで解約が可能です。

事務手数料や月額料金も一切かかりませんので、安心して試してみることができます。

AiR WiFiでは返金手数料とクリーニング・メンテナンス費用の合計3,300円が必要となりますが、どこよりもWiFiは手数料が一切かかりません。ルーターを返却する際の送料(レターパックプラスなら520円)のみで、解約が可能です。

【チェック!】100GBってどれくらい使えるの?

100GBの目安

1ヶ月で使えるアプリの目安時間です。

YouTube(360p)であれば、毎日15時間視聴してもデータが余ります。

インスタグラムは意外とデータを消費しやすいので、気をつけましょう。

どこよりもWiFiはこんな人におすすめ!

月によってデータ使用量が異なる人や、ドコモ回線を使いたい人に、どこよりもWiFiをおすすめします。

月額500円高くはなりますが、2年間の契約縛りをなくすことも可能です。

21ヶ月以上使用するのであれば、違約金を払ったとしても2年契約プランで利用した方がお得になりますので、よく検討してお選びください。

2年縛りプランと縛りなしプランの合計費用の比較
(毎月100GB使用した場合)
  2年縛りあり
(2年割プラン)
2年縛りなし
(通常プラン)
初月(1ヶ月目)で解約 17,150円 7,200円
6ヶ月目で解約 34,150円 26,700円
12ヶ月目で解約 54,550円 50,100円
20ヶ月目で解約 81,750円 81,300円
21ヶ月目で解約 85,150円 85,200円
25ヶ月目(更新月)で解約 88,300円 100,800円

\ 使った分だけだから損しない /

*どこよりもWiFiは7日間のお試し利用ができます

Mugen WiFiは口座振替で契約可能!最大10,000円のキャッシュバックももらえる

Mugen WiFi

Mugen WiFiのおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 1ヶ月で100GBも使えるのに月額3,718円
  • 10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 30日間のお試し期間がある
  • モバイルルーターは無料でレンタル
  • 3年目以降は違約金なし!ルーターの返却も不要!
  • 月額660円追加で契約の縛りなしにできる
  • 月額550円追加で口座振替でも契約できる

Mugen WiFiの基本情報

契約期間2年
(自動更新なし)
データ容量100GB
事務手数料3,300円
月額料金3,718円
初月の料金1ヶ月分(3,718円)
端末代金無料レンタル
端末補償MUGEN補償オプション:月額550円
MUGEN補償オプション+紛失α:月額660円
契約期間の縛りなし月額660円
キャッシュバック10,000円
2年間の合計費用82,532円
実質月額3,438円
違約金1~12ヶ月目:9,900円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード
口座振替(月額550円)
運営会社株式会社FREEDiVE
(旧:株式会社surfave)

\ 10,000円キャッシュバック /

*Mugen WiFiは30日間のお試し利用ができます

クラウドWiFi東京はデータ容量が選べて契約期間に縛りがない

クラウドWiFi東京

クラウドWiFi東京のおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 1ヶ月で100GBも使えるのに月額3,718円
  • 20GBプランと50GBプランも選べる
  • 契約期間の縛りなし!いつ解約しても違約金なし!
  • モバイルルーターは無料でレンタル
クラウドWiFi東京の基本情報
クラウドWiFi東京
契約期間 なし
事務手数料 3,300円
データ容量 100GB
月額料金 3,718円
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時要返却)
違約金 なし
お試し期間 8日間
運営会社 株式会社ニッチカンパニー

\ 選べる3つのプラン /

*クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがありません

モンスターモバイルはデータ容量の異なる6種類の料金プランから選べる

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

モンスターモバイルのおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 1日3GBや1ヶ月20GBなど5つのプランから選べる
  • 2年目以降は違約金が安い
  • モバイルルーターは無料でレンタル
  • 月額550円追加で契約の縛りなしにできる
モンスターモバイルの基本情報
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)
契約期間 1年
(自動更新あり)
事務手数料 3,300円
データ容量 1日2GB、1ヶ月20GB~
※1
月額料金 2,090円~
※2
契約の縛りなしプラン 月額550円
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時要返却)
違約金 1年以内:10,780円
2年目以降:3,300円
1年ごとの更新月:0円
お試し期間 8日間
運営会社 株式会社NEXT

※1 全部で6つの料金プランがあります
※2 1ヶ月20GB(1年プラン)の月額料金です

\ 選べる6つのプラン /

*モンスターモバイルは契約期間の縛りがないプランもあります

ドコモのデータ端末はデータ容量無制限に使える高速ポケット型WiFi・モバイルWiFi

ドコモのデータ端末

ドコモデータ端末のおすすめポイント

  • ドコモ回線なので全国どこでも高速インターネットが使える
  • 4Gと5G回線がデータ容量無制限
  • 契約の縛りがないのでいつ解約しても違約金は無料

ドコモ ギガホプレミア5Gの基本情報

契約期間なし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金7,315円(5Gギガホプレミア)
スマホセット割引なし
端末代金35,640円(Wi-Fi STATION SH-52B)
キャッシュバックなし
違約金なし
お試し期間8日間
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社株式会社NTTドコモ

>>近くのドコモショップを探す

ソフトバンクのPocket WiFiは全国どこでも50GBまで高速で使える

ソフトバンクのポケットWiFi

ソフトバンクPocket WiFiおすすめポイント

  • ソフトバンク回線なので全国どこでも高速インターネットが使える
  • 4Gと5G回線が毎月50GBまで使える
  • 契約の縛りがないのでいつ解約しても違約金は無料

ソフトバンク データ通信プランの基本情報

契約期間なし
データ容量50GB
事務手数料3,300円
月額料金5,280円(データ通信専用50GBプラン)
スマホセット割引なし
端末代金66,240円(Pocket WiFi 5G A004ZT)
キャッシュバックなし
違約金なし
お試し期間8日間
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社ソフトバンク株式会社

>>近くのソフトバンクショップを探す

ゼウスWiFiはデータ容量がなくなった場合でも途中で追加ができる

ゼウスWiFi

ゼウスWiFiのおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 3つのプラン(1ヶ月20GB、40GB、100GB)から選べる
  • 3年目以降は違約金なしで解約できる
  • モバイルルーターは無料でレンタル
  • 契約の縛りなしプランもある
ゼウスWiFiの基本情報
ゼウスWiFi
契約期間 2年
(自動更新なし)
事務手数料 3,300円
データ容量 100GB
※1
月額料金 初月~3ヶ月目 3,278円
※2
  4ヶ月目以降 3,828円
※2
モバイルルーター 無料レンタル
(解約時要返却)
違約金 2年以内:10,450円
3年目以降:0円
お試し期間
(初期契約解除制度)
8日間
運営会社 株式会社Human Investment

※1 20GBプランと40GBプランもあります

※2 100GBプランの月額料金です

\ Wキャンペーン中 /

*ゼウスWiFiは契約期間の縛りがないプランもあります

hi-ho Let’s WiFiは最大216GBも使うことができる

hi-ho Let's WiFi

hi-ho Let’s WiFiのおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 1日4GBと1日7GBプランが選べる
  • 1GBあたりの料金コスパは業界最安
  • モバイルルーターが無料でもらえる!返却不要
hi-ho Let’s WiFiの商品概要
プラン名 ライトプラン 通常プラン
データ容量 1日4GBまで 1日7GBまで
契約期間 2年契約
(1年ごとの自動更新)
事務手数料 3,300円
12月31日まで無料キャンペーン中!
月額料金 1~12ヶ月目 3,828円 4,730円
キャンペーン価格
3,278円
(初月は日割り)
13~24ヶ月目 3,828円
キャンペーン価格
3,278円
4,730円

25ヶ月目以降 3,828円
ルーター端末代金 無料プレゼント
※解約時の返却は不要
端末補償 月額550円
補償内容 故障、破損、水没
ルーター送料 無料
到着までの日数 最短3日後に到着
海外での利用 世界100ヵ国以上に対応
クーリングオフ
(初期契約解除)
8日以内なら違約金なしで解約

\ 鬼コスパキャンペーン中 /

*今だけ事務手数料が無料になるキャンペーン中です

口座振替で契約できるポケット型WiFiおすすめ4社を徹底比較

口座振替で契約できるポケット型WiFiおすすめ

クレジットカードをお持ちでない人は、口座振替にて利用できるポケット型WiFiを選びましょう。

ただし、口座振替で利用できるポケット型WiFiは非常に少ないです。

とはいえ、1番人気のポケット型WiFiであるWiMAXが口座振替に対応しているので安心してください。

口座振替に対応しているポケット型WiFiおすすめ5選

BIGLOBE WiMAXならデータ容量無制限!どこでも快適に使える

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの基本情報

契約期間1年間のみ
(自動更新なし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金初月:0円
1~24ヶ月目:4,191円
25ヶ月目以降:4,928円
スマホセット割引不可
端末代金21,912円
※一括もしくは24回払い
端末補償なし
※1年間のメーカー保証のみ
プラスエリアモード月額1,100円
キャッシュバック【当サイト経由・6月30日まで限定】
19,500円のキャッシュバック
(契約月の翌月振込)
1年間の合計費用
(13ヶ月間)
67,126円
1年間の実質月額4,794円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
179,348円
3年間の実質月額4,720円
違約金12ヶ月目以内:1,100円
13ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード/口座振替
口座振替手数料月額220円
運営会社ビッグローブ株式会社

口座振替対応のポケット型WiFiとしてBIGLOBE WiMAXを1番におすすめする理由とは?

  • 全国どこでも快適な速度で使える
  • データ容量無制限
  • 口座振替に対応したWiMAXの中で1番安い

WiMAX+5Gになり、対応エリアも通信速度も飛躍的に向上しました。

さらに2022年2月1日からは3日間の制限もなくなり、データ使い放題となっているのです。

WiMAX以上に利便性の高いポケット型WiFiはないでしょう。

WiMAXの中で口座振替に対応しているプロバイダは3社ありますが、1番安いのがBIGLOBE WiMAXとなります。

Wi-Fiとしての性能はGMOとくとくBB WiMAXなどと一切変わらない

1番おすすめのポケット型WiFiとして紹介しているGMOとくとくBB WiMAXと、Wi-Fiとしての性能は一切変わりません。

対応エリア、通信速度、データ容量といったスペックは、どのWiMAXを選んでも同じです。

BIGLOBE WiMAXだから圏外になる、速度が遅いといったことは起きませんので、安心してお選びください。

口座振替に対応しているWiMAXの料金比較

口座振替可能なWiMAXプロバイダ実質月額
BIGLOBE WiMAX4,708円
UQ WiMAX5,145円
Broad WiMAX5,210円
※Broad WiMAXに合わせるため38ヶ月で計算しています
実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約月数で割った「実質的な月額料金」のこと。事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを簡単に見極めることができます。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×契約期間)+その他費用-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約月数

口座振替に対応しているWiMAXは3社ありますが、1番安く使えるのはBIGLOBE WiMAXとなっています。

当サイト経由の申し込み限定でキャッシュバック4,500円増額中

キャッシュバック19,500円

BIGLOBE WiMAXは、商品が手元に届いた翌月に15,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

さらに、当サイト経由での申し込みに限り、4,500円増額の合計19,500円のキャッシュバックをもらうことができるのです。

他の比較サイトやGoogle検索からではキャッシュバックが増えませんので、お気をつけください。

初期費用として端末を代引き(21,912円)で購入しないといけませんが、翌月にはキャッシュバックでほぼ元が取れます。

BIGLOBE WiMAXを申し込む >

BIGLOBE WiMAXはこんな人におすすめ!

料金と速度・データ容量のバランスが1番取れているのがWiMAXとなります。

家でも外でもしっかり使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiをお探しの方におすすめです。

\ 当サイト特別!今だけキャッシュバック19,500円 /

簡単3分で申し込み完了

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック増額クーポン
詳しくはこちら

【6月30日まで】当サイト経由での申し込みで特別に4,500円上乗せ、合計19,500円のキャッシュバックがもらえるキャンペーン中です。

プロバイダが不安ならUQ WiMAXがおすすめ!BIGLOBE WiMAXより月額料金が安い

UQ WiMAX

UQ WiMAXの基本情報

契約期間2年間
(自動更新あり)
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
初月の料金4,268円の日割り計算
スマホセット割引au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大858円/台
端末代金21,780円
※一括もしくは36回払い
端末保証端末補償サービス:月額418円
プラスエリアモード月額1,100円
※セット割引適用時は0円
キャッシュバック10,000円
(4ヶ月後)
2年間の合計費用
(26ヶ月間)
126,598円
2年間の実質月額4,869円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
185,514円
3年間の実質月額4,882円
違約金更新期間(24~26ヶ月目、48~50ヶ月目…):0円
更新期間以外:1,100円
支払い方法クレジットカード/口座振替
口座振替手数料月額220円
運営会社UQコミュニケーションズ株式会社

UQ WiMAXのBIGLOBE WiMAXに比べたメリットとデメリット

メリット
デメリット
  • 月額料金が安い
  • WiMAX本家という安心感
  • 総額が高い
  • キャッシュバックが少ない
  • キャッシュバックがもらえるのが遅い
  • 2年目以降も違約金がかかる

UQ WiMAXは、口座振替で契約しても毎月の口座振替手数料がかかりません。

そのため、BIGLOBE WiMAXより月額料金が300円程安くなるのです。

月額料金
UQ WiMAX初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
BIGLOBE WiMAX初月:0円
1~24ヶ月目:4,498円
25ヶ月目以降:5,148円

ただし、キャッシュバックが9,500円も少ないので、総支払額としてはBIGLOBE WiMAXより高くなります

※UQ WiMAXの方が安くなるのは利用開始から72か月目以降。

毎月のコストで考えればUQ WiMAX、総支払額で考えればBIGLOBE WiMAXがお得になるのです。

Wi-Fiとしての性能は他のWiMAXと同じ

UQ WiMAXもBIGLOBE WiMAXも同じWiMAXなので、Wi-Fiとしての性能は一切変わりません。

対応エリア、通信速度、データ容量といったスペックは、どのWiMAXを選んでも同じです。

BIGLOBE WiMAXだから圏外になる、速度が遅いといったことは起きませんので、安心してお選びください。

本家WiMAXという安心感はある?

UQ WiMAXは、WiMAXサービスの卸元です。

性能としての違いはないものの、印象として安心感を強く持つ人は少なくありません。

初めてWiMAXを使う人で、プロバイダで契約するのを不安に感じるのであれば、UQ WiMAXを選ぶといいでしょう。

当サイト経由でWiMAXを申込む人の9割が、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどのプロバイダを選んでいます。

口座振替に対応しているWiMAXの料金比較

口座振替可能なWiMAXプロバイダ実質月額
BIGLOBE WiMAX4,708円
UQ WiMAX5,145円
Broad WiMAX5,210円
※Broad WiMAXに合わせるため38ヶ月で計算しています
実質月額とは?

契約期間の合計費用を契約月数で割った「実質的な月額料金」のこと。事務手数料やキャッシュバックなども加味できるため、本当にお得なのかどうかを簡単に見極めることができます。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×契約期間)+その他費用-特典(キャッシュバックや割引など)}÷契約月数

口座振替に対応しているWiMAXは3社ありますが、1番安く使えるのはBIGLOBE WiMAXとなっています。

キャッシュバックが10,000円もらえる

1万円キャッシュバック

UQ WiMAXは、商品が手元に届いた月を1ヶ月目とした4ヶ月目に10,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

UQ WiMAXを申し込む >

UQ WiMAXはこんな人におすすめ!

総支払額を安くするよりも、毎月の支払いを抑えたい人におすすめです。

また、WiMAXを利用するにあたり、プロバイダとの契約に不安を感じる人であれば、UQ WiMAXを選んでください。

\ キャッシュバック10,000円 /

Mugen WiFiなら端末を無料レンタルで使い始めることができる

Mugen WiFi

Mugen WiFiのおすすめポイント

  • クラウドSIMなので全国どこでも使える
  • 10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • モバイルルーターは無料でレンタル
  • 3年目以降は違約金なし!ルーターの返却も不要!
  • 月額660円追加で契約の縛りなしにできる

Mugen WiFiの基本情報

契約期間2年
(自動更新なし)
データ容量100GB
事務手数料3,300円
月額料金3,718円
初月の料金1ヶ月分(3,718円)
端末代金無料レンタル
端末補償MUGEN補償オプション:月額550円
MUGEN補償オプション+紛失α:月額660円
契約期間の縛りなし月額660円
キャッシュバック10,000円
2年間の合計費用82,532円
実質月額3,438円
違約金1~12ヶ月目:9,900円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:0円
支払い方法クレジットカード
口座振替(月額550円)
運営会社株式会社FREEDiVE
(旧:株式会社surfave)

\ 10,000円キャッシュバック /

*Mugen WiFiは30日間のお試し利用ができます

ドコモのデータ端末は高速通信&データ容量無制限に使えるけど月額料金が高い

ドコモのデータ端末

ドコモデータ端末のおすすめポイント

  • ドコモ回線なので全国どこでも高速インターネットが使える
  • 4Gと5G回線がデータ容量無制限
  • 契約の縛りがないのでいつ解約しても違約金は無料

ドコモ ギガホプレミア5Gの基本情報

契約期間なし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金7,315円(5Gギガホプレミア)
スマホセット割引なし
端末代金35,640円(Wi-Fi STATION SH-52B)
キャッシュバックなし
違約金なし
お試し期間8日間
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社株式会社NTTドコモ

ドコモのデータ端末は端末代金や月額料金が非常に高いので、お気をつけください。

>>近くのドコモショップを探す

ソフトバンクのPocket WiFiは端末代金が高いが50GBまで高速で使える

ソフトバンクのポケットWiFi

ソフトバンクPocket WiFiおすすめポイント

  • ソフトバンク回線なので全国どこでも高速インターネットが使える
  • 4Gと5G回線が毎月50GBまで使える
  • 契約の縛りがないのでいつ解約しても違約金は無料

ソフトバンク データ通信プランの基本情報

契約期間なし
データ容量50GB
事務手数料3,300円
月額料金5,280円(データ通信専用50GBプラン)
スマホセット割引なし
端末代金66,240円(Pocket WiFi 5G A004ZT)
キャッシュバックなし
違約金なし
お試し期間8日間
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社ソフトバンク株式会社

ソフトバンクのPocket WiFiは端末代金が非常に高いので、お気をつけください。

>>近くのソフトバンクショップを探す

杉本

以上が口座振替でも利用できるポケット型WiFiのおすすめ4社でした。

ここからは、光回線やホームルーターと比較したポケット型WiFiのメリットとデメリットについて解説をします。

自宅でしか使わないのであれば、ポケット型WiFiではなく他のWiFiおすすめです。

光回線と比較したポケット型WiFi・モバイルWiFiのメリットとデメリットを解説

光回線と比較したポケット型WiFi・モバイルWiFiのメリットとデメリットを解説

自宅用のWi-Fiとして多くの人が使っている光回線と比較した場合の、ポケット型WiFiのメリットとデメリットを解説します。

固定回線である光回線とは、どのような違いがあるのでしょうか。

光回線よりポケット型WiFiが優れているメリットとは?

  • 工事が不要なので面倒なく始めることができる
  • ルーターの設定も不要!電源を入れたらすぐに使える
  • 気軽に持ち歩いて外でもWi-Fiが使える

ポケット型WiFiが光回線より優れているメリットは、主に上記の3つがあります。

1つずつ詳しく確認していきます。

工事が不要なので面倒なく始めることができる

工事が不要なので面倒なく始めることができる

光回線を利用するには、大なり小なり工事が必要になります。

今日お願いして明日やってくれるものではなく、混雑時は2ヶ月以上待つ場合もあるくらいです。

また、日程の調整や工事日に立ち会ったりなど、手間や面倒もかかります。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiであれば、申し込み後すぐに専用のモバイルルーターが届きますので、面倒なことが一切ないのです。

ルーターの設定も不要!電源を入れたらすぐに使える

ルーターの設定も不要!電源を入れたらすぐに使える

光回線の場合は、工事の後にルーターの設置や設定が必要になります。

簡単にはなったといえ、初心者にはハードルが高い部分があるのは事実です。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiであれば、自宅に届いたモバイルルーターの電源を入れるだけで、すぐにインターネット(Wi-Fi)が使えます。

初心者の方でも、よっぽど迷うことなく利用することができるでしょう。

気軽に持ち歩いて外でもWi-Fiが使える

気軽に持ち歩いて外でもWi-Fiが使える

光回線でインターネットが使えるのは自宅のみです。

外へ持ち出すことはできません。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiであれば、家の中はもちろん、外でもどこへでも持ち歩いて使うことができます。

ほとんどのモバイルルーターがポケットに入るサイズなので、邪魔にもなりません。

光回線より劣っているポケット型WiFiのデメリット・注意点ってなに?

  • 使用する場所によっては電波が悪くなったり、圏外になることもある
  • 光回線ほど速くないので、オンラインゲームや動画配信、株・FXなどは苦手
  • データ容量に上限もしくは制限があるので、完全な使い放題はない

反対に、ポケット型WiFiが光回線より劣っていることは、上記3点です。

デメリット・注意点についても詳しく確認していきます。

使用する場所によっては電波が悪くなったり、圏外になることもある

使用する場所によっては電波が悪くなったり、圏外になることもある

無線(電波)を使ってインターネットに接続するので、スマホと同じように使用する場所次第では圏外になることがあります。

また、電波の弱い地域では速度が遅くなったり、電波を干渉する物が近くに置いてあると、インターネットが使えなくなることもあるので注意が必要です。

光回線ほど速くないので、オンラインゲームや動画配信、株・FXなどは苦手

光回線ほど速くないので、オンラインゲームや動画配信、株・FXなどは苦手

家でも外でも使えるポケット型WiFi・モバイルWiFiですが、光回線のように速度が速いわけではありません。

光ファイバーと無線(電波)では、絶対的な速度が違うのです。

日常生活で使用分であれば問題ありませんが、速度を必要とする作業を日頃から行う人は光回線などの他のWi-Fiおすすめします。

オンラインゲーム、動画配信、株・FXなどの高速トレードを行う人は注意してください。

いずれも通信速度が遅いとトラブルが起きてしまうものですので、ポケット型WiFiでは難しいケースが多いです。

データ容量に上限もしくは制限があるので、完全な使い放題はない

データ容量に上限もしくは制限があるので、完全な使い放題はない

世に出回っているポケット型WiFi・モバイルWiFiで、データ容量が完全無制限の使い放題であるものは1つもありません。

WiMAX+5Gは大量のネットワーク通信を行うと一時的に速度が制限される可能性がありますし、楽天モバイルは1日10GBを超えると全く使えないほど速度が遅くなります。

毎日好きなだけギガが使えるのは光回線だけです。

一人暮らしであればよほど大丈夫でしょうが、複数人で暮らす家用のWi-Fiとして「ポケット型WiFi」というのはリスク過ぎます。

「複数人で使う=外へは持ち運ばない」である場合がほとんどですので、光回線を利用するのが最適です。

ホームルーターと比較したポケット型WiFiのメリットとデメリット

ホームルーターと比較したポケット型WiFiのメリットとデメリット

光回線だけでなく、ホームルーターと比較した場合におけるポケット型WiFiのメリットとデメリットについても解説します。

ポケット型WiFiとホームルーターは非常に似ている部分がありますが、大きな違いは通信速度と持ち運びです。

ホームルーターより優れているポケット型WiFiのメリット

  • 料金が安い
  • 小型端末なので場所を取らない
  • 家でも外でもWi-Fiが使える

ホームルーターより優れているポケット型WiFiのメリットは、上記の3点です。

1つずつ解説していきます。

料金が安い

料金が安い

物にもよりますが、基本的にホームルーターよりポケット型WiFiのほうが料金が安いです。

端末代金や月額料金など、少しでも安くWi-Fiを使いたいなら、ホームルーターよりもポケット型WiFiをおすすめします。

小型端末なので場所を取らない

小型端末なので場所を取らない

ポケット型WiFiで使用する端末(モバイルルーター)は、ホームルーターよりも小さいです。

ほとんどが手のひらに収まるサイズですので、置き場所に困りません。

家でも外でもWi-Fiが使える

家でも外でもWi-Fiが使える

ポケット型WiFiの1番大きなメリットは、やはり家でも外でも使えることです。

常時コンセントに挿していないといけないホームルーターと違い充電式のバッテリーで動くため、どこへでも持ち運ぶことができます。

自宅だけでなく外でもWi-Fiを利用する機会が多い人であれば、ホームルーターよりもポケット型WiFiがおすすめです。

ホームルーターより劣っているポケット型WiFiのデメリット

  • 使えるデータ容量が少ない
  • 通信速度が遅い
  • 複数人で使うのには向いていない

反対に、ホームルーターより劣っているポケット型WiFiのデメリットは上記の3点になります。

光回線との比較と同じようなデメリットもありますが、1つずつ解説をしましょう。

使えるデータ容量が少ない

データ容量に上限もしくは制限があるので、完全な使い放題はない

WiMAXのようにデータ容量が無制限のポケット型WiFiもありますが、ほとんどのものに上限があります。

ホームルーターであれば全てデータ容量が無制限となっているので、たくさんWi-Fiを使いたい人であればホームルーターを選ぶべきです。

通信速度が遅い

通信速度が遅い

同じキャリア回線を使っていたとしても端末のパワーの違うため、ポケット型WiFiよりホームルーターのほうが速度が出やすくなっています。

より快適なWi-Fiを使いたい人は、ポケット型WiFiよりホームルーターおすすめです。

複数人で使うのには向いていない

複数人で使うのには向いていない

ポケット型WiFiは、基本的に一人用です。

速度の速いWiMAXであっても、せいぜい二人同時利用までが快適に使える限界となります。

複数人同時に使いたいのであれば、ホームルーターを使うべきです。

ポケット型WiFiはこんな人におすすめです

ポケット型WiFiはこんな人におすすめ
  • 短期間だけWi-Fiが必要な人
  • 家でも出先でも色々な場所へ持ち運んでWi-Fiを使いたい人
  • 端末の置き場所を取られたくない人
  • 工事が面倒な人、工事ができないアパートに住んでいる人

短期間だけWi-Fiが必要な人

一時的に実家へ戻ったり、出張で数ヶ月間地方に行ったりなど、短期間だけWi-Fiが必要な人にはポケット型WiFiがぴったりです。

楽天モバイルやAiR WiFiなどの契約期間に縛りのないポケット型WiFiであれば、解約時の違約金がありません。

不要になったら気兼ねなく解約できるので、非常に便利なのです。

家でも出先でも色々な場所へ持ち運んでWi-Fiを使いたい人

自宅だけでなく、移動中や出先などでもWi-Fiが使いたい人にはポケット型WiFiがおすすめです。

ポケットや鞄に入れてもかさばらないので、気軽に持ち歩けます。

フリーWi-Fiのない施設やホテルなどでも大活躍間違いなしです。

仕事でWi-Fiを使う場合は、セキュリティの甘いフリーWi-Fiには注意してください。

機密情報の流出などに繋がる危険性が非常に高いので、ポケット型WiFiを利用することをおすすめします。

端末の置き場所を取られたくない人

ポケット型WiFiのメリットの1つが、光回線用のWi-Fiルーターやホームルーターと違い端末のサイズが小型であることです。

充電さえしておけばコンセントに挿しっぱなしにする必要もないので、置き場所に困りません

杉本

学生時代にワンルームのアパートに住んでいたとき、この理由でポケット型WiFiを使っていました。

工事が面倒な人、工事ができないアパートに住んでいる人

光回線の工事が面倒だったり、そもそも工事ができないアパートに住んでいる人にもポケット型WiFiはおすすめです。

申し込み後に届く端末の電源を入れるだけですぐにWi-Fiが使えるようになるので、面倒なことが一切ありません。

すぐにWi-Fiが使いたい人にもぴったりなのです。

こんな人にはポケット型WiFiをおすすめしません

こんな人にはポケット型WiFiをおすすめしません

反対に、次のような人にはポケット型WiFiをおすすめしません。

  • 工事はしたくないけど、家族でWi-Fiを使いたい人
  • FPSなどのオンラインゲームや動画配信をしたい人

工事はしたくないけど、家族でWi-Fiを使いたい人

光回線のような工事はしたくないけれど、家族みんなでWi-Fiを使いたい人にはホームルーターがおすすめです。

ポケット型WiFiはあくまでも1人用のWi-Fiなので、複数人で使うと速度が足りなくなります

ポケット型WiFi同様に工事不要で使えるホームルーターであれば3~4人でも同時に使うことができるので、家族で使用するのにうってつけなのです。

バッテリー充電式のポケット型WiFiより、コンセントに繋いで利用するホームルーターのほうが、圧倒的にパワーが上です。

電波感度も良く速度も出やすいため、複数人で使用するのに適しています。

FPSなどのオンラインゲームや動画配信をしたい人

FPSや対戦型格闘ゲームといった動きの速いオンラインゲームや動画配信をしたい人には、光回線がおすすめです。

ポケット型WiFiでは確実にラグりますし、映像が固まったり音声が途切れたりなど、配信もスムーズにできません。

光回線は工事が必要になりますし自宅でしかWi-Fiが使えないですが、安定したインターネット速度を必要とする人は、やはり光回線しかないのです。

杉本

ポケット型WiFiにできることとできないないことをしっかりと把握して、利用するようにしましょう。

WiMAXってなに?ポケット型WiFi・モバイルWiFiと何が違うの?

WiMAXとは?

WiMAXというのはポケット型WiFi・モバイルWiFiの一種です。

「WiMAX回線」を使用したポケット型WiFi・モバイルWiFiのことを「WiMAX」と呼んでいます。

WiMAX回線というのは「モバイル回線」の1つで、「キャリア回線(ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線)」の仲間のようなものです。

キャリア回線とは?

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のことを「キャリア回線」と呼びます。

大手通信キャリアが提供するモバイル回線なので「キャリア回線」と呼んでいるのです。

WiMAX回線を使ったポケット型WiFi・モバイルWiFiのことをWiMAXと呼ぶ

WiMAX回線というモバイル回線を使用したポケット型WiFi・モバイルWiFiのことを総称して「WiMAX」と呼びます。

キャリア回線の仲間ではありますが、電波の性質(速さなど)が大きく異なっているのです。

WiMAXはキャリア回線よりエリアが狭いけど速度が速い

普段何気なくスマホで使っているモバイル回線がキャリア回線(4G/5G)です。

速度も速く、日本全国どこでもつながる、というのが特徴になります。

対してWiMAX回線は、最大速度こそキャリア回線より速いものの、障害物に弱いという特性上、遠くまで届かないという弱点があるのです。

その結果、使えるエリアが限定的となっており、エリア内であっても建物(家やビルなど)の中だと圏外になってしまうことが少なくありません。

外だと速いけど、家に帰ってくると遅い・圏外になる、という声が非常に多いのがWiMAXなのです。

WiMAX+5Gならキャリア回線も使えるからエリアが広くて速い

最新のWiMAX+5Gであれば、速度の速いWiMAX回線に加えて、au回線(4G/5G)も使えるようになりました。

その結果、スマホと同じくらいエリアが広くなり、なおかつ建物内でも速度が速くなったのです。

今まで最大にして唯一の弱点であった「エリアが狭い」を克服したのが、WiMAX+5Gなのであります。

\ キャッシュバック最大49,000円 /

簡単1分で申し込み完了

失敗しないポケット型WiFi・モバイルWiFiの選び方とは?5つのチェックポイントを解説

ポケット型WiFi・モバイルWiFiは何を基準にして選べばいいのでしょうか。

ここでは、ネット回線の専門家である川上さんに伺った「失敗しないポケット型WiFi・モバイルWiFiの選び方」について解説します。

使用するエリア・場所を確認する(WiMAXや楽天モバイルでも大丈夫か?)

エリア確認

まず1番大事なのがエリアの確認です。

普段使用する場所が、ちゃんとポケット型WiFi・モバイルWiFiのエリアに入っているかどうかを確認しましょう。

WiMAX+5Gのエリアを確認する方法

WiMAX+5Gの対応エリア

UQ WiMAXのホームページへ移動します。

WiMAX+5Gのエリア確認

右上の「モードを選択してください」をタップして、モード一覧から「【5G対応】スタンダードモード」を選びます。

WiMAX+5Gのエリア確認

検索バーに住所やキーワード、郵便番号を入力します。

もしくは「現在位置から探す」をタップしたり、都道府県から探すを選んでも大丈夫です。

表示されたエリアの内、オレンジ色が「4G対応エリア」、赤と紫色が「5G対応エリア」となります。

※WiMAX回線を含む

5Gエリアに関しては、紫色エリアよりも赤色エリアの方が、より速度が出やすいです。

楽天モバイルのエリアを確認する方法

楽天モバイルのエリア確認

楽天モバイルのホームページへ移動します。

楽天モバイルのエリア確認

地図の下部にて「現在」もしくは「2022年4月以降」から、知りたい時期を選びます。

上部の検索バーに住所を入力するか、地図を指2本でピンチして調べたい場所を指定してください。

楽天モバイルのエリア確認

濃い赤色部分が楽天回線エリアであり、薄いピンク色部分はパートナー回線のエリアです。

上部の「5G」をタップすると、水色もしくは黄色で5Gが使えるエリアが表示されます。

黄色より水色エリアの方が通信速度が速いです。

パートナー回線とは?

楽天回線がエリア外の場合に使用する「au回線」のこと。

パートナー回線を使用した場合は「ギガ使い放題」ではなく、1ヶ月5GBまでとなる。

5GBを超えた場合は通信速度が1Mbpsに制限されます。

クラウドWiFiのエリアを確認する方法

クラウドWiFiのエリアを確認する場合は、ソフトバンク回線のエリアを調べましょう。

ほとんどのクラウドWiFiがソフトバンク回線につながるからです。

ソフトバンクのエリア確認方法

ソフトバンクのエリア確認ページへ移動します。

「地域名・キーワードで探す」を利用するか、地図上を指2本でピンチして移動してください。

濃い赤色になっている場所がソフトバンク回線(4G)がつながる場所で、薄いピンク色は3G回線となります。

色が全く付いていない場所はエリア外となるので、気をつけましょう。

上記ソフトバンク回線のエリア確認ページは「iPhone X」を使用しているため、全てのエリアが完全に合致しているわけではありません。 対応しているBANDがクラウドWiFiのモバイルルーターと非常に近いため、iPhone Xにて紹介しております。

通信速度がどれくらい必要になるのかを確認する

ポケットWiFiの速度をチェックする

エリアと同じくらい大事なのが通信速度です。

インターネットで何をするのかによって、必要となる速度が異なります。

スマホでSNSを見たり、動画を見たりする程度であれば、実測値で10~20Mbps程度出ていれば問題ありません。

つまり、ほとんどの人にとってはクラウドWiFiや楽天モバイルでも十分事足りるでしょう。

ですが、テレビやパソコンなどの大画面できれいな動画を見たりだとか、2台3台と複数台同時にWi-Fiを使うとなると常時30~50Mbpsは必要です。

常時30~50Mbps出るポケット型WiFi・モバイルWiFiはWiMAX+5Gしかありません。

楽天モバイルやクラウドWiFiで試してダメだったらWiMAX+5Gという方法もある

「WiMAX+5Gが良いのはわかるけど、楽天モバイルやクラウドWiFiの安さに惹かれる」という人は、まず楽天モバイルやクラウドWiFiを試してみるといいでしょう。

楽天モバイルは1GBまで無料、クラウドWiFiはAiR WiFiやTHE WiFiなら30日無料で使うことができます。

どちらも試してダメだったらWiMAX+5Gを契約すれば良いのです。

毎月どれくらいのデータ容量が必要なのかを確認する

100GBの目安

ポケット型WiFi・モバイルWiFiを選ぶ基準の1つが、1ヶ月100GBで足りるかどうかです。

上記の表を参考にして、自分の使い方を考えてみてください。

視聴する画質によりますが、表に記載のない動画アプリも、基本的にネットフリックスやYouTubeとデータ通信量はほとんど変わりません。

インスタグラムは画像や動画を垂れ流し的に見るSNSですのでデータ使用量が意外と大きいです。

TwitterやFacebookは文章を読むことが多いので、インスタグラムほどデータ容量を消費しません。

杉本

契約しているスマホのマイページから、毎月どれくらいデータ容量を使っているかチェックするといいでしょう。

実際に必要となる費用(初期費用+端末代+月額料金)を確認する

実質費用を計算する

ポケット型WiFi・モバイルWiFiなどの料金比較をする場合、詳しい人は「実質料金」を用います。

実質料金とは、2年や3年といった契約期間で実際に払うことになる一定期間の割引やキャッシュバックなどを含めた合計費用です。

試しに、おすすめ上位5社比較すると次のようになり、楽天モバイルのRakuten WiFi Pocketが圧倒的にお得であることがわかります。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめ上位5社の料金比較

ポケット型WiFi・モバイルWiFi契約期間の合計費用実質月額
GMOとくとくBB WiMAX140,207円3,689円
楽天モバイル
(Rakuten WiFi Pocket )
73,673円※13,069円
AiR WiFi42,636円3,553円
THE WiFi79,860円3,327円
どこよりもWiFi84,900円※23,537円

※1 毎月20GB以上・2年間使用した場合(楽天ポイント含む) ※2 毎月100GB使用した場合

運営会社の実績やサポートの良し悪しを確認する

サポート品質

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの中には悪質な営業で顧客を獲得したり、不具合を放置したままにする「ヤバい」会社があります。

電話をしても出ない、そもそも電話番号がない、問い合わせメールを送っても返信がない、といった酷い対応をしている会社が少なくありません。

過去には、いつの間にか倒産していたために、解約をしたくても連絡先がわからなくなってしまった、といったポケット型WiFi・モバイルWiFiもありました。

長く使用する予定の人や、初めてポケット型WiFi・モバイルWiFiを使用する人は、運営会社の実績やサポートの良し悪しを気にすることをおすすめしています。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiで失敗しないためにチェックしたい5つのポイント

  • 使用するエリア・場所を確認する
  • 必要な通信速度を確認する
  • 必要なデータ容量を確認する
  • 実質料金を確認する
  • 運営会社の良し悪しを確認する

ポケット型WiFi・モバイルWiFiおすすめ10社を5つのポイントで徹底比較!

ポケットWiFiを5つのポイントで比較

人気10社のポケット型WiFi・モバイルWiFiを5つのポイントで比較しました。

人気10社のポケット型WiFi・モバイルWiFiを5つのポイントで比較

  • エリアの広さ
  • 通信速度の速さ
  • データ容量の大きさ
  • 実質料金の安さ(料金コスパ)
  • 運営会社の信頼性

エリアの広さを比較!4Gと5Gに対応したWiMAX+5GならクラウドWiFiにも負けない

通信エリアの広さを比較
商品名 使用する回線 国内 海外
GMOとくとくBB WiMAX
au 4G/5G
二重丸 バツ
楽天モバイル 楽天
(au)
丸 丸
AiR WiFi 3キャリア 二重丸 丸
3キャリア 二重丸 丸
どこよりもWiFi 3キャリア 二重丸 バツ
Mugen WiFi 3キャリア 二重丸 丸
クラウドWiFi東京 3キャリア 二重丸 丸
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) 3キャリア 二重丸 丸
ゼウスWiFi 3キャリア 二重丸 丸
hi-ho Let's WiFi 3キャリア 二重丸 丸

WiMAX+5Gであっても、クラウドWiFiであっても、スマホが圏外になるような場所では使えません。

通信速度の速さを比較!5G対応のWiMAXが圧勝

通信速度の速さを比較
商品名 実測値 評価
GMOとくとくBB 50~150Mbps 二重丸
楽天モバイル 20~50Mbps 丸
AiR WiFi 10~30Mbps 三角
10~30Mbps 三角
どこよりもWiFi 10~30Mbps 三角
Mugen WiFi 10~30Mbps 三角
クラウドWiFi東京 10~30Mbps 三角
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) 10~30Mbps 三角
ゼウスWiFi 10~30Mbps 三角
hi-ho Let's WiFi 10~30Mbps 三角

あくまでも電波が入る場所で計測した場合の実測値にて比較しています。

電波が悪い場所では上記速度が出ないことがあります。

1番安定した速度が出るのはWiMAX+5Gです。クラウドWiFiは、どれも大きく変わりません。

データ容量を比較!WiMAXは無制限で使える

データ容量を比較
商品名 1ヶ月の上限 日数での上限 制限ルール
GMOとくとくBB なし なし 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合のみ、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある
楽天モバイル なし 1日10GB 1日10GB超えると翌日まで128kbps
AiR WiFi 100GB なし 1ヶ月100GB超えると翌月まで128kbps
100GB なし 1ヶ月100GB超えると翌月まで128kbps
どこよりもWiFi なし 1日4GB 1日4GB超えると翌日まで128kbps
Mugen WiFi 100GB なし 1ヶ月100GB超えると翌月まで128kbps
クラウドWiFi東京 100GB なし 1ヶ月100GB超えると翌月まで128kbps
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) 63GB
※1
1日2GB~
※1
1日2GB超えると翌日まで128kbps
ゼウスWiFi 100GB
※2
なし 1ヶ月100GB超えると翌月まで128kbps
hi-ho Let's WiFi 124GB
※3
1日4GB~
※3
1日4GB超えると翌日が1日中128kbps

※1 1日2GBプランの場合(全部で6つのプランがある)。
※2 100GBプランの場合(20GB・40GBプランもある)。
※3 1日4GBプランの場合(1日7GBプランもある)

WiMAX+5Gの速度制限は撤廃されました

WiMAX+5Gの速度制限は撤廃されました
UQ WiMAX公式サイトより

WiMAX+5Gには3日間の速度制限がありましたが、2022年2月1日に撤廃されています。

今後は、3日間で15GB以上使っても速度が低速になることはありませんので、安心して利用してください。

※過度な使い方をした場合に限り、夜間など一時的に速度制限がかかる可能性はあります。

杉本

大量使用に対する速度制限は、どのWi-Fiでも行われています。

料金の安さ・コスパを比較!安さもコスパも楽天モバイルが圧勝で

料金安さ・コスパを比較
商品名 実質月額 データ容量 コスパ
GMOとくとくBB 3,689円 ギガ使い放題 丸
楽天モバイル 3,069円 ギガ使い放題 二重丸
AiR WiFi 3,415円 100GB 丸
3,327円
※1
100GB 丸
どこよりもWiFi 3,537円
※2
100GB
※3
丸
Mugen WiFi 3,293円 100GB 丸
クラウドWiFi東京 3,855円 100GB 丸
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) 2,865円
※4
1日2GB
※4
丸
ゼウスWiFi 3,896円
※5
100GB
※5
丸
hi-ho Let's WiFi 3,728円
※6
1日4GB
※6
丸

※1 THE WiFi 100GBプランの場合
※2 月100GB使った場合
※3 月200GBプランもある
※4 1日2GBプランの場合(他にも6つのプランがある)
※5 100GBプランの場合(20GBと40GBプランもある)
※6 1日4GBプランの場合(1日7GBプランもある)

月額3,278円でギガ使い放題の楽天モバイルが圧倒的に安く、コスパに優れています。最大でも月額料金3,278円でギガ使い放題なので、クラウドWiFiより安いです。

運営会社の実績やサポートの良し悪しを確認する

運営会社の信頼性を比較
商品名 運営会社 電話サポート 評価
GMOとくとくBB GMOインターネット 丸 二重丸
楽天モバイル 楽天モバイル 丸
店舗・チャットあり
二重丸
AiR WiFi Ocean Map バツ 三角
スマートモバイルコミュニケーションズ 丸 丸
どこよりもWiFi Wiz 丸 丸
Mugen WiFi surfave バツ 三角
クラウドWiFi東京 ニッチカンパニー 三角
電話番号は公開
三角
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) NEXT バツ 三角
ゼウスWiFi Human Investment 丸 丸
hi-ho Let's WiFi ハイホー 丸 丸

会社の信頼性もサポート体制もGMOとくとくBB WiMAXが圧倒的に優れています。 電話も比較的すぐにつながり、オペレーターの対応も非常に親切です。

総合評価:安定感のWiMAX+5G、コスパ抜群の楽天モバイルがおすすめ

ポケット型WiFi・モバイルWiFiランキング10社の総合評価
商品名 おすすめ度 公式サイト
GMOとくとくBB 5点/5点 https://gmobb.jp/
楽天モバイル 5点/5点 https://rakuten.co.jp/
AiR WiFi 4.5点/5点 https://wifi-airwifi.com/
4.5点/5点 https://www.smamoba.jp/
どこよりもWiFi 4.5点/5点 https://wifi.dokoyorimo.com/
Mugen WiFi 4点/5点 https://mugen-wifi
クラウドWiFi東京 4点/5点 https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/
MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) 3.5点/5点 https://monster-mobile.jp/
ゼウスWiFi 3.5点/5点 https://zeus-wifi.jp/
hi-ho Let's WiFi 3点/5点 https://letswifi.hi-ho.life/

ポケット型WiFi・モバイルWiFiによくある質問と答え

よくある質問と答え
失敗しないポケット型WiFi・モバイルWiFiの選び方を教えてください

ポケット型WiFi・モバイルWiFiによって使える場所、月額料金、使えるデータ容量が異なります。どういった場所で使うことが多いのか、毎月いくらくらいまでに抑えたいか、毎月どれくらいデータ容量が必要なのか、といった自分にとって必要な項目を確認することが大事です。

詳しくは「失敗しないポケット型WiFi・モバイルWiFiの選び方とは?」にて解説しています。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiは毎月いくらで使えますか?

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの種類によっても異なりますが、月額料金は概ね4,000円前後となります。データ容量は100GB以上使えるものが多いので、コストパフォーマンスには優れているといえるでしょう。

ポケット型WiFiおすすめランキングを見る >

ポケット型WiFi・モバイルWiFiはどれくらいの速度が出ますか?

ポケット型WiFi・モバイルWiFiによって異なりますが、当ページで紹介しているポケット型WiFi・モバイルWiFiはいずれも日常生活で使う分には問題のない速度が出るものをピックアップしています。オンラインゲームなど高負荷なアプリを使用する場合は光回線を検討しましょう。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiはどこで買うとオトクですか?

携帯ショップや家電量販店はその日に持ち帰れるというメリットがありますが、金額面では非常に割高となります。ポケット型WiFi・モバイルWiFiを購入する場合は、WEBサイトから申し込む方がオトクです。最短即日発送のポケット型WiFi・モバイルWiFiもありますので、安心してください。

ポケット型WiFi・モバイルWiFi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくは公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください。

情報参照元

  1. ソフトバンク「商標・登録商標について」より。登録番号5850557に関する情報は、特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」でも確認することが可能です。
  2. NTTドコモは国内1,600件、海外1,300件もの登録商標を所有しています(「ドコモの知的財産」より)。
  3. UQ WiMAX(2022年2月1日)「WiMAX +5Gサービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について」より”これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。”。
  4. 毎日新聞(2022年2月8日)「楽天モバイル『人口カバー96%』次の目標は衛星通信?」”楽天モバイルの自社電波の人口カバー率が2月4日に96%に達した。同社が総務省へ提出した計画では、2026年3月末までに96%に引き上げる予定だったが、4年前倒しで達成したことになる。”より。
  • Pocket WiFiは、ソフトバンク株式会社の登録商標です。

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスとなっています。最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度は利用環境・利用機器、回線の混雑状況などによって低下します。
※掲載している通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※不明な点につきましては、各メーカー・サービス提供元へ問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる