ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめランキング!無制限に使える4社を比較【2021年12月】

ホームルーター(置くだけWiFi)は、コンセントに挿すだけですぐにWi-Fiが使えるようになるWi-Fiのことです。

面倒な設定や工事をする必要がなく、インターネットに詳しくない方でも簡単にWi-Fi環境が作れるということで非常に人気が高まっています。

新居や一人暮らしのインターネットとして、ホームルーター(置くだけWiFi)を検討している人は多いのではないでしょうか。

とはいえ、ホームルーター(置くだけWiFi)にはどんな種類があり、どこで申し込みができて、毎月いくらくらい必要になるのかが気になりますよね。

ここでは、人気4社の料金や速度、メリット・デメリットを比較した結果、今買うべきオススメのホームルーター(置くだけWiFi)を紹介します。

契約してから後悔しないためにも、ぜひ最後までお読みください。

杉本

一人暮らし用のWi-Fiを探しているなら、ホームルーター(置くだけWiFi)で決まりです。

この記事でわかること
  • 1番おすすめのホームルーター(置くだけWiFi)はドコモのhome5G
  • すぐに必要な人はWiMAXを選びましょう
  • auホームルーター5Gはショップでしか購入できません
  • ソフトバンクエアーは1番安いけれど要注意!
  • オンラインゲームユーザーは光回線でないとダメ
  • WiMAX以外は持ち運びできない

Wi-Fiの森では、正しく公平性のある情報を提供するために、インターネット回線アドバイザーである川上さんに監修をお願いしております。

この記事は私が監修しました
インターネット回線の専門家
川上 城三郎

【朝日新聞社推薦】ネット回線の専門家

家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。監修者について(マイベストプロ )

※本記事はWi-Fiの森が独自に調査した内容をもとに作成しています。記事公開後は定期的に見直しを行いますが、キャンペーン特典など最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※専門家はメリットやデメリットなど、商品の性能について監修しています。ランキングやオススメとして紹介している商品のうち、個別の言及がないものは全てWi-Fiの森編集部が独自に選定したものとなります。

Wi-Fi選びの個別相談を希望の方は公式LINE@からお気軽にメッセージをお寄せください(無料)。

杉本

以下の目次から知りたい情報だけを選んで読んでもらってもOKです!

目次

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめはコレ!人気4社を比較して紹介します

置くだけWiFiのおすすめはコレ

ホームルーター(置くだけWiFi)を選ぶとき、1番大事なのは対応エリアと通信速度です。

どれだけ高機能で、どれだけ安くても、インターネットが繋がらなかったり、速度が遅くては使い物になりません。

日頃から自宅周辺の電波が弱いと感じている人は、ホームルーター(置くだけWiFi)でも同じように電波が弱くなりやすいので注意が必要です。

2021年8月にドコモのhome5Gが発売されて、ホームルーター(置くだけWiFi)の勢力図がガラッと変わりました。

スクロールできます
ドコモhome5Gauホームルーター5GWiMAXソフトバンクエアー
モバレコエアー
データ容量無制限無制限※1無制限※1無制限
通信対応エリア二重丸丸丸三角
下り最大速度二重丸
4.2Gbps
丸
2.7Gbps
丸
2.7Gbps
丸
2.1Gbps
端末代金実質無料実質無料完全無料実質無料
実質月額丸
4,625円※2
三角
4,888円※3
二重丸
4,091円※4
二重丸
4,068円※5
スマホセット割引ドコモauau
UQモバイル
ソフトバンク
ワイモバイル
キャッシュバック15,000円なし13,000円※617,000円※7
商品到着まで2週間前後店舗在庫次第最短翌日最短3日後
公式サイト公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン公式サイト用ボタン

※1 3日間で15GBを超えた翌日の18時~2時の間のみ速度制限

※2 36ヶ月間で計算
※3 37ヶ月間で計算
※4 GMOとくとくBBから申し込んだ場合(38ヶ月間で計算)
※5 モバレコエアーから申し込んだ場合(36ヶ月間で計算)
※6 GMOとくとくBB WiMAXから申し込んだ場合
※7 モバレコエアーから申し込んだ場合

2021年12月現在、ホームルーター(置くだけWiFi)をお探しであればドコモのhome5Gが圧倒的におすすめです。

対応エリア、通信速度、料金コスパ、サポート品質の全てにおいて1番優れているのがドコモのホームルーターhome5Gとなります。

Wi-Fiの森編集部でも実際に使っていますが、文句のつけようが一切ありません。

あまりに人気がありすぎるため一部の店舗では在庫切れとなっていますが、Webから申し込みをすれば1週間前後で使い始めることができます。

また、Webからの申し込み限定で15,000円のキャッシュバックももらえますので、他社から乗り換えようとホームルーター(置くだけWiFi)をお探しであればドコモのhome5Gを選びましょう。

ドコモのhome5Gは究極のホームルーター(置くだけWiFi)!月額4,950円で4G/5G回線が無制限に使える

ドコモhome5G

ホームルーター(置くだけWiFi)を探しているならドコモのホームルーターhome5Gが1番おすすめです。

と言うよりも、ドコモのhome5G「だけが」唯一おすすめできるホームルーター(置くだけWiFi)と言っても過言ではありません。

ホームルーター(置くだけWiFi)の特性上、ドコモのhome5G以外はまともに使えない可能性があるからです。

home5G以外はモバイル回線が弱いため繋がりにくく速度が遅くなりやすい

ホームルーター(置くだけWiFi)は、スマホと同じモバイル回線を使用したインターネットサービスです。

ですが、home5G以外のホームルーター(置くだけWiFi)は、スマホで使われているモバイル回線の一部しか利用できません。

そのため、電波が繋がりにくかったり、速度が遅くなりやすいのです。

スマホの速度が速い理由は、複数のモバイル回線を束ねて使うキャリアアグリゲーションに対応しているからです。

home5G以外のホームルーター(置くだけWiFi)は、キャリアアグリゲーションに対応している地域がほとんどないため、速度が遅くなりやすくなっています。

home5Gはスマホと同じ回線なのでどこでも繋がるどこでも速い

ドコモ回線の対応エリア

対して、ドコモのhome5Gは、スマホと同じ回線(4G/5G)を使っているため、どこでも繋がり、どこでも速いのが特徴です。

もちろんキャリアアグリゲーションにも対応しており、4Gエリアであっても100Mbpsを超えることが多々あります。

他社に比べて圧倒的に快適に使えているのがhome5Gなのです。

データ容量が無制限に使えて速度制限はほとんどない

ドコモのhome5Gは、毎月のデータ容量が無制限となっているため、好きなだけインターネットを使うことができます。

速度制限に関しては、基本的には「ない」と思ってもらって大丈夫です。

公式サイトには「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります」と記載されていますが、Wi-Fiの森編集部で検証したところ、速度が制限されたことは1度もありませんでした。

端末代金が実質0円なので初期費用の負担がほぼない

home5Gの月々サポートとは?

home5gの端末代金は本来39,600円するのですが、36ヶ月間毎月1,100円の割引があるので実質無料で購入することができます。

そのため、契約時に必要となる初期費用としては、事務手数料の3,300円と月額料金(日割り)だけです。

初期費用の負担が少なく始められるのもhome5gのメリットの1つとなります。

日割りとは?

初月の月額料金は、利用開始日から月末までの日数分のみ請求されます。

例えば、11月18日から使い始めた(home5gが手元に届いた)場合、4,950円÷30日×13日分=2,145円が初月の利用料金となるのです。

契約期間の縛りなし!いつ解約しても違約金は0円

home5gは、いわゆる「2年縛り」といった契約期間の縛りがありません。

いつ解約しても違約金は0円です。

インターネット回線サービスは、解約するときに「更新月じゃないと違約金がかかる」という厄介な悩みがあるものですが、home5gであれば気兼ねなくいつでも解約することができます。

36ヶ月以内に解約した場合は、端末代金の残債(1,100円×残月数)を払う必要があります。

ドコモスマホならセット割引でさらにお得に使える

ドコモスマホとhome5Gはセット割引が適用になる

ドコモのスマホをお持ちであれば、毎月のスマホ料金が安くなるセット割引が適用になります。

契約者本人だけでなく家族のスマホも割引されるので、家族全員ドコモの人であればhome5Gが実質無料になる可能性もあるのです。

キャンペーンサイトからの申込みで必ず15,000円キャッシュバック

キャッシュバック15,000円

home5gをキャンペーンサイトから申し込んだ人限定で、利用開始翌月にキャッシュバック15,000円が必ずもらえる特典が付いています。

申込後に送られてくる書類に振込先の口座情報(銀行名、口座番号など)を記入して返送するだけで、翌月に自動的に振り込まれるので、もらい忘れは一切ありません。

ドコモショップやオンラインショップ経由ですと、dポイント(期間・用途限定)という形でしか特典が付与されませんので、キャンペーンサイト経由で申し込んだ方が間違いなくお得です。

期間・用途限定のdポイントは、月々の支払いに使うことができません。コンビニやメルカリといった場所でしか使えず、期限を過ぎると無効になってしまうのでお気をつけください。

【在庫切れ注意】店舗によっては即日で持ち帰りできない可能性大

他社のホームルーター(置くだけWiFi)と比較して優れている点しかないhome5gですが、1つだけデメリットがあります。

あまりの人気に在庫切れを起こしているお店があるのです。

「今すぐ欲しい」と思ってドコモショップや家電量販店に足を運んでも「入荷待ち」となってしまっている店舗がほとんどなのです。

Webから申し込めば登録情報の審査が終わり次第すぐに発送してもらえますので、急いでいる人ほどWebから申し込んだ方が早く使い始められるでしょう。

今なら申込みからおおよそ1週間ほどで手元に届きます。

杉本

2,3日以内には欲しい!という人は、次に紹介するWiMAXを選びましょう。お得なWeb申込でも最短翌日から使うことができますよ。

home5Gの基本情報

契約期間なし
データ容量無制限
事務手数料3,300円
月額料金4,950円
初月の料金4,950円の日割り計算
スマホセット割引最大1,100円/台
端末代金月々サポートで実質0円
39,600円
1回/12回/24回/36回払い
端末補償ケータイ補償:月額550円
キャッシュバック15,000円
3年間の合計費用
(37ヶ月間)
171,450円
3年間の実質月額4,633円
違約金なし
8日以内キャンセル対象
支払い方法クレジットカード/口座振替
運営会社株式会社NTTドコモ
ドコモhome5G

>>home5Gを申し込む

WiMAXならすぐに使える!ただし3日間15GBの速度制限に注意

WiMAX+5G

どうしても「すぐにWi-Fiが欲しい」という人はWiMAXのホームルーター(置くだけWiFi)を選びましょう。

WiMAXは、いくつかのプロバイダから購入することができますが、実質料金が1番安いGMOとくとくBBから購入すれば、最短即日発送で早ければ翌日から使うことができるのです。

「どうしても今日欲しい」という場合はお店まで行くしかないですが、明日や明後日からで良ければ料金が安く使えるWeb申込みをおすすめします。

標準でauのスマホ回線(4G/5G)が使えるようになり対応エリアが一気に広がった

WiMAX+5Gの対応エリア

従来のWiMAXと言えば「繋がらない」「圏外になる」といったことが多く、使う場所が限られてしまうホームルーター(置くだけWiFi)でした。

ですが、新しくなったWiMAXは、標準モード(通常モード)でauのスマホ回線(4G/5G)が使えるようになったため、対応エリアが一気に広がり、通信速度も大幅に向上したのです。

これまで圏外だった場所でもしっかりと電波が受信できるようになり、平均20Mbps前後だった通信速度も50Mbpsまで上がっています

※Wi-Fiの森編集部調べ。

ドコモのhome5Gほどではありませんが、対応エリア内であればWiMAXでもかなり快適に使えることでしょう。

持ち運び自由!自宅以外でも使える

ホームルーター(置くだけWiFi)は登録した住所でしか使えないというデメリットがありますが、WiMAXであればどこでも使うことができます。

会社や学校など、どこへ持ち運ぶのも自由で、コンセントさえあれば場所を問わず好きなだけWi-Fiを使うことができるのです。

旅行先まで持って行く人もいます。

満足度調査で3年連続で1位を獲得

ホームルーターの満足度調査では3年連続で1位を獲得
出典元:J.D.パワー2021年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査

WiMAXは、J.G.パワー社が行ったホームルーター(置くだけWiFi)の満足度調査において、3年連続で1位を獲得しています(最下位はソフトバンクエアー)。

ただし、2021年の調査期間は4月~5月ということで、まだドコモのhome5Gが発売される前の期間でした。

来年2022年にはどう変わっているのかが気になるところです。

【注意】データ無制限だけど3日間で15GB使うと翌日に速度制限がある

WiMAX+5Gの速度制限

WiMAXも1ヶ月のデータ容量に上限はなく、無制限に使うことができます。

ただし、直近3日間の合計が15GBを超えてしまうと、翌日に速度制限がかかってしまうのです。

とはいえ、速度制限中でもYouTubeで動画(標準画質)を見るくらいであれば問題なくできるので安心してください。

速度制限がかかる条件直近3日間の合計が15GBを超えた場合
速度制限がかかる日時15GBを超えた翌日の「ネットワーク混雑時間帯」
(概ね18時~2時の間)
制限中の速度1Mbps
制限が解除される時間翌々日の2時頃

WiMAXの速度制限について

これまでは「翌日の18時~2時まで」と明確なルールがありましたが、2021年6月1日より「翌日のネットワーク混雑時間帯」という曖昧なルールに変更となりました。

UQコミュニケーションズ社に問い合わせたところ、はっきりとは答えてもらえませんでしたが、「18時~2時の間が1番混み合います」とのことでしたので、多少前後はするものの概ね18時~2時の間と考えてよさそうです。

おそらく日中(朝から夕方まで)は、ほとんど制限がかからないと思います。

実質料金はhome5Gよりも安い

WiMAXは、UQ社以外のプロバイダと呼ばれる代理店からも購入することができます。

そして、プロバイダから購入した方がお得に利用できるのがWiMAXなのです。

全12社のプロバイダを比較したところ、実質料金が1番安いGMOとくとくBBで購入すれば、3年間で2万円ほど安く利用することができることがわかりました。

WiMAXの方が契約期間が2ヶ月長いため単純比較が難しいのですが、契約期間中の合計費用という面ではhome5GよりWiMAXの方が安く利用できます

キャリアサービス名称契約年数合計費用実質月額
ドコモhome5Gなし166,500円
(3年間)
4,625円
UQWiMAX2年126,598円
(26ヶ月間)
4,869円
GMOとくとくBBWiMAX3年155,454円
(38ヶ月間)
4,091円
BIGLOBEWiMAX1年72,126円
(14ヶ月間)
5,151円

実質月額とは?

契約期間などの一定期間の合計費用を利用した月数で割った場合の実質的な月額料金。

キャッシュバックなどがある場合に「本当にお得なのかどうか」を正しく比較するときに使用する。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×利用月数)}÷利用月数

少しわかりにくいかもしれませんが、料金面で比較するとhome5GよりWiMAXの方が安く使えるということになります。

また、WiMAXを契約するのであればGMOとくとくBB WiMAXが1番お得になるということを覚えておきましょう。

WiMAXは、どのプロバイダで契約したとしてもサービス面に違いはありません。

「UQだから速い」「GMOとくとくBBだから繋がらない」といったことは起きないので安心してください。

auスマホかUQモバイルならセット割引でさらにお得に使える

セット割引

auもしくはUQモバイルのスマホをお持ちであれば、毎月のスマホ料金が安くなるセット割引が適用になります。

契約者本人だけでなく家族のスマホも割引されるので、家族全員で同じキャリアと使っているとWiMAXが実質無料になる可能性もあるのです。

UQ以外のプロバイダで契約した方がお得になる

GMOとくとくBB WiMAX+5G

先程も少し説明をしましたが、WiMAXはUQ以外でも契約することができます。

WiMAXおすすめプロバイダの比較記事でも紹介していますが、今1番おすすめのWiMAXはGMOとくとくBBになります。

最低でも11ヶ月以上は使うなら、GMOとくとくBB WiMAXが1番安く使えます。10ヶ月以内で解約する予定がある人は、Vision WiMAXの方が安いです。

UQ WiMAXなら専門ショップで即日購入可能

UQ WiMAXならUQスポット(ショップ)でも購入可能です。

どうしても今日中に欲しい人は「在庫確認をしてから」お店に行きましょう。

>>UQスポットの店舗一覧はこちら

杉本

とにかく1番安くWiMAXを使いたいなら「GMOとくとくBB」、プロバイダから購入するのがなんとなく怖い人はUQという選び方をすればいいでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの基本情報

契約期間3年間
(自動更新あり)
データ容量無制限
3日間15GBで翌日制限
事務手数料3,300円
月額料金初月~24ヶ月目:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
初月の料金4,158円の日割り計算
スマホセット割引au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大858円/台
端末代金0円
端末保証安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
プラスエリアモード無料
キャッシュバック13,000円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
155,454円
実質月額4,091円
(全12社中1番目の安さ)
違約金12ヶ月目以内:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25~36ヶ月目:10,450円
37ヶ月目及び更新月:0円
38ヶ月目以降:10,450円
支払い方法クレジットカード
運営会社GMOインターネット株式会社
(東証一部上場)

情報参照元:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB

>>GMOとくとくBB WiMAXを申し込む

UQ WiMAX+5Gの基本情報

契約期間2年間
(自動更新あり)
データ容量無制限
3日間15GBで翌日制限
事務手数料3,300円
月額料金初月~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
初月の料金4,268円の日割り計算
スマホセット割引au:最大1,100円/台
UQモバイル:最大858円/台
端末代金21,780円
※一括もしくは36回払い
端末保証端末補償サービス:月額418円
プラスエリアモード月額1,100円
※セット割引適用時は0円
キャッシュバック10,000円
(4ヶ月後)
2年間の合計費用
(26ヶ月間)
126,598円
2年間の実質月額4,869円
3年間の合計費用
(38ヶ月間)
185,514円
3年間の実質月額4,882円
違約金更新期間(24~26ヶ月目、48~50ヶ月目…):0円
更新期間以外:1,100円
支払い方法クレジットカード/口座振替
口座振替手数料月額220円
運営会社UQコミュニケーションズ株式会社
UQ WiMAX

>>UQ WiMAXを申し込む

関連リンク

auのホームルーター5Gに要注意!WiMAXと同じなのに料金が割高になる

auホームルーター5G

auのホームルーター5Gは、名前こそ違うものの中身はUQ WiMAXと全く同じです。

WiMAXよりも高くなるので、基本的にメリットはありません。

基本スペックはWiMAXと同じ

WiMAX+5Gの対応エリア

対応エリア、通信速度、データ容量、速度制限といったサービス内容は、WiMAXと全く同じになります。

WiMAXは繋がるのにauホームルーター5Gは繋がらない、といったことはありません。

プラスエリアモードの上限が30GB

WiMAXやauホームルーター5Gには、通常モードとは別で「プラスエリアモード」というのがあります。

通常モードでは使えないauのスマホ回線が使えるようになるモードで、より広いエリアでの通信が可能です。

1ヶ月で使用できるデータ容量に上限があり、WiMAXでは15GBとなりますが、auホームルーター5Gでは30GBまで使うことができます。

また、30GBを超えた以降も追加費用(2GBごとに2,750円)を払うことで引き続きプラスエリアモードが使えるという点がWiMAXとの違いになります。

プラスエリアモードはいつ使う?

プラスエリアモードを使う人はほとんどいません。プラスエリアモードを使わないといけないような場所に住んでいる場合、1ヶ月15GBや30GBでは足りないのと、それでいて月額5,000円程払うのは割高過ぎるからです。

本当にいざというときにしか使うことがなく、それこそ家の中で固定して使う人であればよっぽど使う機会はないでしょう。

プラスエリアモードを理由にauホームルーター5Gを選ぶのはナンセンスです。

auスマートバリューやUQ自宅セット割が使える

セット割引

WiMAXと同じように、auやUQモバイルスマホを使っていると、セット割引が適用になります。

端末代金は実質無料だけど3年以内に解約すると残債の支払いが必要

auホームルーター5Gで購入する端末(ホームルーター)は2種類あり、どちらも36回の分割払いです。

どちらも分割払いと同額の割引が36ヶ月続くので実質無料とはなりますが、途中で解約をした場合は残月分の端末代金を払わなくてはいけなくなります。

機種名L12L11
本体価格43,200円
(1,200円×36回払い)
39,600円
(1,100円×36回払い)
端末割引1,200円×36回1,100円×36回
実質価格0円0円

月額料金がWiMAXより高い

基本料金としては、WiMAXの方が安く利用することができます。

安い高いを比較しやすいように、3年(実質38ヶ月)使った場合の合計費用で比べてみましょう。

キャリア契約期間合計費用実質月額
au ホームルーター5Gなし186,010円4,895円
UQ WiMAX2年185,514円4,882円
GMOとくとくBB WiMAX3年155,454円4,091
BIGLOBE WiMAX1年179,348円4,720円
※GMOとくとくBB WiMAX+5Gの実質契約期間が38ヶ月のため

WiMAXのプロバイダの1つであるGMOとくとくBBが1番安く、auホームルーター5Gが1番高くなることがわかります。

ちなみに1年及び2年で解約した場合も、違約金や端末残債を含めた合計費用ではauホームルーター5Gが1番高くなるので、気をつけましょう。

登録した住所(自宅など)以外では使えません

WiMAX+5Gは登録した住所以外でも、好きな場所で使えるという利点がありましたが、auホームルーター5Gは登録住所でしか使えません。

会社や学校など気軽に持ち運びができないので、気をつけましょう。

Web申し込みは不可!auショップでの契約となる

auショップ
auホームルーター5Gはauショップでないと購入できない

auホームルーター5Gが購入できるのは、auショップだけです。

auオンラインショップからも購入できません。

在庫の確認と来店予約をした上で、直接auショップまで足を運んでください。

>>auショップの一覧はこちら

auホームルーター5Gの基本情報

auホームルーター5Gの料金表
auホームルーター5G
契約期間 なし
事務手数料 3,300円
端末代

L12 実質0円
L11 実質0円

月額料金
初月~24ヶ月目 4,620円
25ヶ月目以降 5,170円
3年間の合計費用 186,010円
実質月額 4,895円
スマホセット割引
(auスマートバリュー)
最大1,100円/台
スマホセット割引
(UQ自宅セット割)
最大858円/台

情報参照元:au公式サイト

ソフトバンクエアーはおすすめできない?使えない・繋がらないとの口コミ多数

ソフトバンクエアー

最後に紹介するのは、ソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)「ソフトバンクエアー」ですが、正直おすすめできません

インターネット上の口コミというのは、どうしても「ネガティブ」なものが集まりやすいという特性がありますが、とはいえソフトバンクエアーの評判は悪すぎるのです。

Wi-Fiの森編集部でも実際に使って検証していますが、昼間はともかく夜間はまともに使えないほど速度が遅くなることが多く、メインのインターネット回線だったら絶対に解約しています。

友人・知人からも「ソフトバンクエアーが遅すぎて仕事ができない」「Wi-Fiがしょっちゅう途切れるんだけどどうすればいい?」という相談が絶えません。

中には問題なく(?)使えている人もいますが、そのほとんどが混雑の影響が少ない日中をメインに使っている超ライトユーザーです。

毎月の料金が安くなるキャンペーンが開催している今であれば、ホームルーター(置くだけWiFi)の中で圧倒的に1番安く利用できるというメリットはあります。

また、ソフトバンクやワイモバイルユーザーであればセット割引でお得に利用できるのですが、Wi-Fiとして機能しなければ何の意味もありません。

8日以内であれば完全無料で解約ができるので、安さ重視の人は1度試してみるといいでしょう。

評判が悪すぎる|「繋がらない」「速度が遅い」という口コミ多数

ソフトバンクエアーの価格ドットコムの口コミ評価が酷い
価格コムの評価は「1.64」という最低レベル

ソフトバンクエアーに関する口コミは、数あるインターネット回線の中でも飛び抜けて酷いです。

ネットが遅い、繋がらない、突然切れる、プリンターが印刷できない、LINE通話が途切れる、などなど、数えだしたらきりがないほど辛辣な言葉で溢れかえっています。

ネガティブな口コミが書かれるのはソフトバンクエアーに限った話ではありませんが、それにしても本当に多くの口コミが書かれているのがソフトバンクエアーなのです。

これほどまでに悪意を持った口コミが書かれるのは、過去振り返ってもソフトバンクエアーくらいではないでしょうか。

ソフトバンクエアーは利用している人が非常に多いので、その分だけ口コミが多く書かれてしまうのは確かです。

とはいえ、それにしても悪い口コミが多すぎるので、困っている人が本当にたくさんいるのは事実といえます。

5G対応エリアは狭く、ほとんどが従来のAXGP回線しか使えない

2021年10月からソフトバンクエアーも5Gに対応しました。

ですが、ソフトバンクの5Gエリアは非常に狭く、ほとんどの人が従来のAXGP回線しか使えません。

端末だけ新しくなったとしても、結局AXGP回線しか繋がらないのであれば、速度が改善されることはないです。

AXGP回線とは?

ソフトバンクエアーのメイン回線。

障害物に弱いという特性を持つため、基地局からの電波が家まで届きにくく、速度が遅くなる原因の1つとなっています。

登録した住所(自宅など)以外では使用できない

ソフトバンクエアーも、登録した住所以外では使用できません。

他の場所へ持って行って使ってしまうとソフトバンクから警告文が届き、無視し続けると強制解約となります。

引っ越しの際は、必ずソフトバンクへ連絡をして利用場所の変更をしましょう。

契約期間と端末分割払い期間にズレがあるので解約しにくい

ソフトバンクエアーは2年契約となっており、2年経ったら再度2年間の自動更新となります。

満了月を含む3ヶ月間の更新期間以外に解約をすると10,450円の違約金が必要です。

また、ソフトバンクエアーで使用する端末(Airターミナル)は、36回の分割払いで購入することになりますが、同額の割引が36ヶ月続くので、実質無料となっています。

ただし、36ヶ月以内に解約をすると残った端末代金を一括で払わないといけないので注意してください。

このように、ソフトバンクエアーは契約期間と端末分割購入期間が1年ずれてしまっているため、0円で解約できるのは契約から4年目以降の更新期間のみとなっているのです。

2年間の合計費用はホームルーター(置くだけWiFi)の中で1番安い

現在、モバレコエアーという代理店から申し込むことで、17,000円のキャッシュバックと24ヶ間の割引が適用になります。

そのため、違約金を払ったとしても、2年間の合計費用はホームルーター(置くだけWiFi)の中で1番安くなっているのです。

サービス名称月額料金2年間の合計
ソフトバンクエアー5,368円
(24ヶ月間は3,679円)
91,372円
GMOとくとくBB WiMAX4,708円
(25ヶ月間は4,158円)
105,492円
auホームルーター5G4,928円
( 25ヶ月間は4,620円 )
127,380円
ドコモhome5G4,950円120,270円
杉本

ドコモのhome5Gより2年間で3万円近く安く使えるのは、さすがに魅力的です。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならセット割引でお得に使える

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならソフトバンクエアーとのセット割引が適用になる

さらに、ソフトバンクやワイモバイルユーザーであればソフトバンクエアーとのセット割引が適用になるため、毎月のスマホ料金が安くなります。

契約者本人だけでなく家族や同居している友人・恋人のスマホ代まで割引の対象となるので、ソフトバンクやワイモバイルユーザーであれば、非常にお得なのがソフトバンクエアーなのです。

杉本

ソフトバンクやワイモバイルユーザーであれば、さらに年間1万円以上もお得に使えるとなると、迷いが生まれてきますね。

8日以内なら全て無料で解約できるので試してみる価値はある

ソフトバンクエアーは8日以内なら無料で解約できる
ソフトバンクエアーは8日以内なら無料でキャンセルできる

さすがにこれだけ安いとなると、迷ってしまう気持ちもわかります。

そこで、試しに1度ソフトバンクエアーを使ってみてはいかがでしょうか。

なぜなら、ソフトバンクエアーは8日以内であれば完全無料で解約することができるからです。

事務手数料、使った日数分の月額料金、端末代金、返却の際の送料。

8日以内の解約であれば、この全てが無料になるのがソフトバンクエアーなのです。

日中メインで使う人や、一か八かを狙っている人は、ひとまず8日間試してみることをおすすめします。

本当に無料で解約できるの?

Wi-Fiの森編集部員も何名かこの方法でお試ししていますが、全員無料で解約できています。

チャットサポートにて「8日以内なら無料でキャンセルできる」とはっきり言われているので、安心して試してみてください。

ソフトバンクエアーの料金表
ソフトバンクエアー
契約期間 2年間
(自動更新)
事務手数料 3,300円
端末代

Airターミナル5 実質0円
Airターミナル4NEXT 実質0円


月額料金
1~2ヶ月目 2,167円
3~24ヶ月目 3,679円
25ヶ月目以降 5,368円
キャッシュバック 17,000円
2年間の合計費用 91,372円
実質月額 3,807円
スマホセット割引
最大1,188円/台

情報参照元:ソフトバンクエアー

杉本

代理店であるモバレコエアーから申し込むのが1番お得になります。

モバレコエアー

>>モバレコエアーを申し込む

ホームルーター(置くだけWiFi)とは?工事不要・コンセントに挿すだけで使えるホームルーター

置くだけWiFiとは?

ホームルーター(置くだけWiFi)とは、光回線のような引き込み工事のいらない、専用の端末をコンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになるホームルーターのことです。

端末を「置くだけ」でWi-Fiが使えるようになるため「置くだけWiFi」と呼ばれていますが、一般的には「ホームルーター」と呼ぶことの方が多いです。

ただし「ホームルーター」というと機器(端末)そのものを指す場合もありますので、この辺りは人それぞれ認識が異なり、少々ややこしい話でもあります。

光回線のような工事は不要!コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える

ホームルーターはコンセントに挿すだけ

ホームルーター(置くだけWiFi)を使うにあたって、光回線のような引き込み工事は一切不要です。

工事業者が家に来ることもなく、何か設備を取り付けるようなこともありません。

専用の端末(これをホームルーターとも呼ぶ)を、コンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになるのです。

電源が立ち上がるのに1分ほど待てば、その瞬間から自宅がWi-Fi環境となります。

WiMAXなどは最短翌日に届くので、光回線のように「工事日まで待つ」といったことも不要になります。

WiMAXなどは最短翌日に届くので、光回線のように「工事日まで待つ」といったことも不要になります。

光回線とは違うホームルーター(置くだけWiFi)の特徴

  • 工事日の調整をしなくてよい
  • 工事日に自宅で待機しなくてよい
  • 工事業者を家に入れなくてよい
  • 面倒な配線や設定をしなくてよい
  • 端末さえ届けば即日でWi-Fiが使える

ポケットWiFiよりも安定した速度でインターネットが使えます

スマホを操作する女性

ポケットWiFiもホームルーターと同じように工事なしでWi-Fiが使えるようになる機器(端末)です。

ホームルーターとポケットWiFiで何が違うかと言えば、1番は速度の安定感になります。

ポケットWiFiは外でも使えるという利便性こそありますが、小型端末なだけあって、速度ではホームルーターに敵いません。

ホームルーターは少し大きめの端末となるため、その分だけ速度の安定感が増し、複数人で使っても快適に使うことができるのです。

ポケットWiFiとは違うホームルーター(置くだけWiFi)の特徴

  • コンセントに挿しっぱなしで使える
  • ポケットWiFiより速度が安定しやすい
  • ポケットWiFiより速い速度が出やすい
  • 複数人でも快適に使える

データ容量は無制限!光回線のように好きなだけギガが使える

ホームルーター(置くだけWiFi)で使えるデータ容量は基本的に無制限となっています。

スマホやポケットWiFiのように1ヶ月の上限はなく、好きなときに好きなだけギガが使えるのです。

家に遊びに来た友達や家族の分までWi-Fiに繋げたとしても、何も問題なくインターネットを使い続けることができます。

UQ WiMAXとauホームルーターは、3日間で15GB以上使うと翌日だけ速度制限になります。

ホームルーター(置くだけWiFi)でインターネットが使える仕組みとは?圏外になることもある?

置くだけWiFi(ホームルーター)の仕組み

ホームルーター(置くだけWiFi)でインターネットが使える仕組みを簡単に説明します。

イメージとしてはスマホでテザリングを使うのと同じです。

街なかに設置された基地局から飛んでいる電波をホームルーターが受信して、家中にWi-Fiを飛ばしています。

設置する場所の電波が悪いと圏外になる(Wi-Fiが使えない)

基地局から飛んでいる電波を受信することで初めてWi-Fiが使えるようになります。

つまり、電波を受信しにくい場所にホームルーターを設置してしまうとWi-Fiが使えなくなる可能性が高いです。

基地局からの電波は家の中へ入れば入るほど弱まりやすいので、できるだけ窓側に設置するようにしましょう。

ソフトバンクエアーが使っている電波が1番弱い

ソフトバンクエアーが使っている電波が1番弱い

基地局からの電波にはいくつか種類があり、その中でも1番弱いのがソフトバンクエアーの電波(AXGP)です。

家の中どころか、エリアによっては家まですら届かないこともあります。

ソフトバンクエアーが繋がりにくかったり速度が遅かったりするのは、使用している電波が原因なのです。

エリアによってはソフトバンクエアーでも快適に使える可能性はあります。

ソフトバンクエアーにしようかどうか迷っている人は、ひとまず8日間だけ試してみるといいでしょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)の評判はどう?口コミを紹介します

ホームルーターの満足度調査2021年11月

ホームルーター(置くだけWiFi)の満足度調査に関する概要詳細

調査目的ホームルーター(置くだけWiFi)の利用を検討している方への判断材料の提供
調査方法LINEリサーチ
調査主体Wi-Fiの森編集部
調査対象ホームルーター(置くだけWiFi)を利用している方、過去に利用していた方
調査期間2021年10月15日~2021年10月31日
回収数240件
回答人数割合
大変満足している71人29.6%
おおむね満足している148人61.7%
あまり満足していない14人5.8%
満足していない7人2.9%

ホームルーター(置くだけWiFi)全体の評判を確認するために、実際に利用している人たち134人を対象にしたアンケート調査を行いました。

その結果、なんと91%以上の人たちがホームルーター(置くだけWiFi)に満足していると回答していることがわかったのです。

それぞれ利用している機種は異なるものの、ホームルーター(置くだけWiFi)そのものに対する満足度は非常に高いといえます。

いただいた口コミの中から、いくつかピックアップして紹介します。

通信速度に関する口コミ

ホームルーターの通信速度
40代女性の口コミ(WiMAX)

とにかく急ぎでWi-Fiが必要になる慌てて探して1番早く使えるということで選びました。使っていて特に問題はないです。主にパソコンで使っていますが、遅いと感じたことはありません

30代男性の口コミ(ソフトバンクエアー)

口コミの評判が悪かったので心配していたが、今のところ大きな問題なく使えています。ただ、夜になるとたまに動画が止まることがあるので、再起動したり、諦めてSNSを見たりしています。

30代男性の口コミ(home5G)

今までソフトバンクエアーを使っていましたが、ようやくドコモからもホームルーターが発売されたと知って、すぐに乗り換えました。さすがドコモというだけあって、非常に快適に使えています。最高のホームルーターですね。

通信速度に関しての評判は軒並み良かったです。

特にドコモのhome5Gに関しては、ほとんどの人が満足していると回答しています。

反対にソフトバンクエアーの利用者は不満を抱えている人が少なくなく、ある程度理解した上で使わないとストレスが溜まりそうです。

データ容量・速度制限に関する口コミ

スマホを操作する
30代男性の口コミ(home5G)

3日間でたくさん使うと速度制限がかかると聞いていたが、全くその様子はないです。毎晩動画を3時間以上は見ていますが、ずっと快適に使えています

40代女性の口コミ(WiMAX)

夜子どもたちがたくさん使うので、しょっちゅう制限に引っかかってしまいます。昼間は快適なので良いんですが、夜は辛いですね。

50代男性の口コミ(ソフトバンクエアー)

私自身はわからないが、子どもから「遅い」と言われることがあるので、ソフトバンクに問い合わせたところ「夜は速度が制限される場合がある」と言われた。使いすぎも良くないので、抑制に繋がるなら悪くはないかなと思っています。

WiMAXには「3日間の合計が15GBを超えると翌日のネットワーク混雑時間帯(概ね18時~2時)だけ速度が制限される」という明確なルールがあります。

ソフトバンクエアーは「夜は速度制限するかもしれない」といった曖昧なルールがありますが、多くの利用者が「夜は速度が遅くなる」と感じているようです。

ドコモのhome5Gは「直近3日間のデータ利用量が多いち、通信が遅くなることがある」と公式サイトに記載されていますが、実際に速度制限になった人はほとんどいません。

家族でたくさん使う人は、ソフトバンクエアーやWiMAXよりも、ドコモのhome5Gにしたほうがいいでしょう。

auのホームルーター5Gは、WiMAXと同じく「 3日間の合計が15GBを超えると翌日の18時~2時だけ速度が制限される 」というルールがあります。回線速度などもWiMAXと同じです。

料金コスパに関する口コミ

料金
20代女性の口コミ(WiMAX)

家の近くのケーズデンキで契約したんですが、後からもっと安いWiMAXがあることを知ってショックだった。ちゃんと調べてから買えば良かった。

30代女性の口コミ(ソフトバンクエアー)

最初は割引があったりキャッシュバックがあったりしてお得だと感じていたが、今はあまり感じない。

30代男性の口コミ(home5G)

高いとも安いとも思わない。Wi-Fiだからこんなものではあるし、もちろんもっと安くなってくれたら嬉しいけど、それでまともに使えなくなるくらいなら今のままで十分です。

WiMAXはいくつか購入可能な場所(プロバイダ)があり、どこと契約するかによって料金が異なるという特徴があります。

特に、家電量販店で購入すると割高になってしまうので、少しでも安く使いたいならネット(Web)から申込むのがセオリーです。

本ページでは、全12社の中で1番安く使えるGMOとくとくBB WiMAXの料金を紹介しています。

ソフトバンクエアーは定期的に様々なキャンペーンを行っているのが特徴で、最初の数ヶ月間だけ安くなっていたり、高額なキャッシュバックがもらえたりすることが多いです。

通常価格に戻ってしまうと、なんだか割高に感じてしまうのはそのせいだと思います。

ホームルーター(置くだけWiFi)に限った話ではありませんが、どれだけ安くても使い物にならなければ意味がありません

キャンペーンなどを比較して、「適正価格」の範囲内で少しでもお得に申込むようにするといいですね。

ホームルーターの口コミまとめ

全体的な評判は悪くないのですが、夜になると速度制限になりやすいソフトバンクエアーだけは少し評価が落ちます

一人暮らしやライトユーザーであればWiMAXで十分ですが、家族みんなでたくさん使うような人たちだと速度制限になる可能性が高いですね。

そういう意味で、1番品質が良いのはドコモのhome5Gといえます。

後は料金とのバランスで、安さを取るか、快適さを取るか、といったところではないでしょうか。

杉本

詳しくは「ホームルーター(置くだけWiFi)の失敗しない選び方」の部分で解説していますので、参考にしてください。

ホームルーター(置くだけWiFi)にデメリットってあるの?

置くだけWiFiにデメリットってあるの?

良いこと尽くめに見えるホームルーター(置くだけWiFi)にもデメリットがあります。

知らずに契約をしてしまうと痛い目にあうので、しっかりと理解しましょう。

  • オンラインゲームには不向き?光回線のような安定した速度は出ない
  • 広い家や大家族で使うにはパワー不足!3~4人までが限界
  • データ量は無制限だけど使いすぎると速度制限がかかる場合がある
  • 自宅以外では使用できない
  • 途中解約だと端末代金の残債を払わないといけなくなる

オンラインゲームには不向き?光回線のような安定した速度は出ない

インターネット回線というのは種類によって速さや安定感というものが異なります。

日常生活で使う分には気にする必要はありませんが、パソコンやPS4などでオンラインゲームを遊んでいる人は要注意です。

オンラインゲームを快適にプレイするには、光回線のような速くて安定したインターネット回線が必要となります。

ホームルーター(置くだけWiFi)でオンラインゲームをプレイすると、ボタンを押したタイミングがズレてしまう(いわゆるラグ)といった現象が起きやすいのです。

勝敗をいちいち気にしないライトユーザーであれば問題ないのですが、いわゆるガチゲーマーの方はホームルーター(置くだけWiFi)ではなく光回線を必ず使ってください。

ホームルーター(置くだけWiFi)でZOOMはできる?

ZOOMに限らず、いわゆるビデオ会議の類いは一通り試しましたが、いずれも快適に使えることが確認できています。

ただし、もちろん電波状況によりけりな部分は強いので、受信感度の悪い部屋では映像や音声が途切れる可能性が高いです。

特にソフトバンクエアーを利用する人は気をつけましょう。

全くできない可能性もゼロではありません。

広い家や大家族で使うにはパワー不足!3~4人までが限界

Wi-Fiは、同時に複数人(複数台)使うと1人辺りの通信速度が遅くなってしまいます。

これはホームルーター(置くだけWiFi)に限らず、光回線でWi-Fiを使う場合も同様です。

基地局からの電波を利用しているホームルーター(置くだけWiFi)は、家まで直接ケーブル(光ファイバー)を引き込んでいる光回線に比べると力が弱く、大勢で同時に使うと動画が固まってしまったり、ネット検索に時間がかかってしまう場合があります。

使い方次第ではありますが、快適に使えるのはおおよそ3~4人までとなるので、よく覚えておいてください。

また、家が広すぎる(一戸建てや2LDK以上のマンションなど)とWi-Fiが届かないことがあるので、中継機を設置するなど何かしらの対処が必要になります。

Wi-Fiの届く距離は家の造りによっても異なります。光回線であっても一定の距離しか届かないため、特に一戸建てにお住まいの場合は中継機を設置するのが当たり前になっているのが現状です。

データ量は無制限だけど使いすぎると速度制限がかかる場合がある

ホームルーターの速度制限について

home5G3日間のデータ利用量が多い場合、速度が遅くなることがある。
auホームルーター5G3日間の合計が15GBを超えた場合、翌日のネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかり速度が遅くなる。
WiMAX3日間の合計が15GBを超えた場合、翌日のネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかり速度が遅くなる。
ソフトバンクエアー夜間など、利用者が多い時間帯は、速度が低下する場合がある。
※おおむね18時~2時の間になります。

ホームルーター(置くだけWiFi)は基本的にデータ量無制限にWi-Fiを使うことができます。

ただし、大量に使いすぎると速度制限がかかるため、気をつけなくてはいけません。

特にauホームルーター5GとWiMAXに関しては、3日間で15GB以上使った場合は必ず速度制限がかかり、速度が遅くなります。

一人暮らしやライトユーザーであれば15GBを超えることも少ないとは思いますが、家族で使う方やヘビーユーザーの方は使いすぎに注意しましょう。

15GBってどれくらい?アプリの目安量をチェック

15GBで使えるアプリの目安

3日間でどれくらい使ったら15GBを超えるのか、上記の目安量をご覧ください。

表にあるとおり、1人で使う分に関しては3日間で15GBを超えるのはなかなか大変です。

ただし、インスタグラムだけは気をつけなくてはいけません

インスタグラムの画像や動画は高画質で表示されてしまうため、ただ見ているだけでどんどんギガを使ってしまい、あっという間に15GB使い切ってしまう可能性があります。

ネットフリックスやアマプラなど、スマホで動画を視聴する際は「標準画質」に変更することをおすすめします。テレビで視聴する際は「高画質」になると思いますので、長時間の垂れ流しには注意しましょう。

自宅以外での使用はできない!強制解約になるので要注意

持ち運びできない

ホームルーター(置くだけWiFi)で気をつけなくてはいけない点として、自宅以外では使用できないというものがあります。

正しくは、契約時に「利用場所」として登録した「住所」以外での使用を禁じているのです。

そのため、学校や会社、友達の家など、最初に登録した利用場所以外では使うことはできません。

誤って別の場所で使ってしまった場合は利用停止や強制解約になる可能性がありますので、十分注意してください。

なお、ホームルーター(置くだけWiFi)の中で唯一WiMAXだけは、自由に好きな場所で使うことができる仕様となっています。

もし自宅以外でも使いたいと考えてるのであれば、WiMAXを選ぶといいでしょう。

杉本

学校や会社だけでなく、旅行先などに持っていくWiMAXユーザーもいますよ。

途中解約だと端末代金の残債を払わないといけなくなる

ホームルーター(置くだけWiFi)で使用する端末は、基本的に36回(24回の場合もある)の分割購入になっています。

つまり、3年以内に解約をすると未払い分の端末代金を一括で払わなくてはいけないので、短期利用だと解約時の負担が大きくなりやすいです。

ドコモのhome5G、auのホームルーター5G、ソフトバンクのソフトバンクエアーは、いずれも「端末代金と同額の割引により実質無料」となっているため、利用期間中こそ費用負担は一切ありません。

ただし、完済前に解約をする場合は残債の支払いが必要となるので、その点を理解した上で契約するようにしましょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)の端末代金を一覧で比較する

ホームルーター(置くだけWiFi)の端末代金を比較
契約会社 ドコモ GMOとくとくBB au ソフトバンク
サービス名 home5G WiMAX+5G ホームルーター5G ソフトバンクエアー
端末名 HR01 L12 L12 L11 Airターミナル5
端末価格 1,100円×36回 0円 1,200円×36回 1,100円×36回 1,980円×36回
割引 1,100円×36回 なし 1,200円×36回 1,100円×36回 1,980円×36回
実質価格 0円 0円 0円 0円 0円

GMOとくとくBB WiMAXのみ、端末代金が無料です。

他3社は3年間で使用することで実質負担額が0円なるようになっています。

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリットってなに?

置くだけWiFiのメリット

反対に、ホームルーター(置くだけWiFi)が他のインターネット回線に比べて優れているポイントはどこでしょうか。

  • 工事や設定が不要なので初心者や一人暮らしでも安心・すぐに使える
  • 配線がないので見た目がスッキリ!設置場所の移動も簡単
  • 引っ越しも気兼ねなくできるので単身者や転勤族にぴったり

工事や設定が不要なので初心者や一人暮らしでも安心・すぐに使える

まず、工事に立ち会ったり面倒なインターネットの設定を行う必要がないので、初心者や一人暮らしの方でも安心して利用できる点が挙げられます。

一人暮らしをしている女性の方は、家の中に知らない人を入れたくない・怖いという人は少なくありません。

また、光回線でインターネットを使うにはルーターの設定が必要となるので、初心者には難易度が高いです。

ホームルーター(置くだけWiFi)なら自宅に届いた機器をコンセントに挿すだけで、面倒な設定もありません。

「工事まで1ヶ月待ち」といったこともなく、契約したらすぐに使えるのもホームルーター(置くだけWiFi)ならではのメリットです。

電話やメールで工事日の調整をしたり、わざわざ会社を休んだりする必要がないのも嬉しいですね。

配線がないので見た目がスッキリ!設置場所の移動も簡単

光回線を利用する場合は、近くの電柱から光ファイバーと呼ばれる電線を家の中に引き込む必要があります。

また、ONUやルーターと呼ばれる機器を複数台設置することになるので、配線がごちゃごちゃして見た目が汚らしくなりやすいです。

ホームルーター(置くだけWiFi)であれば、本体機器をコンセントに挿すだけなので、目に見えるのは電源ケーブル1本だけなので見た目もスッキリします。

また、コンセントさえあればどこにでも設置できるため、模様替えなどで場所を移動したいときも簡単です。

光回線の場合、ルーターの場所を移動するためには配線を抜き差しする必要がありますが、多くの人が「インターネットが使えなくなったらどうしよう」という不安に駆られます。そういった心配が全くないのもホームルーター(置くだけWiFi)のメリットです。

引っ越しも気兼ねなくできるので単身者や転勤族にぴったり

ホームルーター(置くだけWiFi)であれば、引越し先に端末を持って行き、コンセントに挿すだけでWi-Fiの移設が完了します。

光回線のように今住んでいる家の回線を撤去したり、引越し先での開通工事といった面倒なことは一切ありません。

工事費用がかかることもなく、改めて設定をし直す必要もなく、今までどおりWi-Fiを使うことができます。

契約先に引っ越しをする旨を伝えて、利用場所の変更を行うことだけ忘れないようにしましょう。ドコモのhome5Gであれば、マイページ(My docomo)から変更可能です。

ホームルーター(置くだけWiFi)をおすすめできる人・おすすめできない人

置くだけWiFiをおすすめできる人・おすすめできない人

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリットとデメリットをふまえて、どういった人におすすめできるのか、どういった人におすすめできないのかを解説します。

ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめな人のタイプ

ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめな人のタイプ

  • 工事や設定をしたくない
  • オンラインゲームはやらない
  • ネット検索、SNS、動画視聴がメイン
  • リモートワークでWi-Fiがすぐに必要
  • 引っ越す予定がある
  • 大人数で暮らしていない

上記に当てはまる人というのは、いわゆるライトユーザーです。

毎日Wi-Fiを使うけれど、そんな大それたことはしない人であれば、ホームルーター(置くだけWiFi)で事足ります。

よく勘違いをする人がいますが、動画視聴程度であればホームルーター(置くだけWiFi)で十分です。

テレビなどの大画面であっても、高画質動画であっても、ホームルーター(置くだけWiFi)で全く問題ありません。

つまり、世の中のほとんどの人にホームルーター(置くだけWiFi)はおすすめできるのです。

【注意】マンション・アパートの人は光回線の方が安いです

光回線は工事もあって設定もあって何かと面倒なイメージがありますが、集合住宅の場合はホームルーター(置くだけWiFi)より安く利用できます。

例えばドコモのhome5Gは月額4,950円ですが、光回線であるドコモ光なら月額4,400円で利用できるのです。

料金比較ドコモhome5Gドコモ光
工事費用なし無料キャンペーン中
月額料金4,950円4,400円
キャッシュバック15,000円20,000円
3年間の合計費用166,500円141,700円

ホームルーター(置くだけWiFi)は確かに気軽ではありますが、通信費を抑えたいのであれば光回線を選びましょう。

一戸建てであればホームルーター(置くだけWiFi)の方が安くなるので安心してください。

ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめできない人のタイプ

ホームルーター(置くだけWiFi)がおすすめできない人のタイプ

  • オンラインゲームを快適に遊びたい
  • 同時に5人(5台)以上使うことがよくある
  • いつでも快適に使えないと困る

上記に当てはまる人というのは、いわゆるヘビーユーザーです。

仕事や遊びでインターネット(Wi-Fi)をがっつり必要とする場合は、ホームルーター(置くだけWiFi)ではなく光回線をおすすめします。

特にオンラインゲームをする人は要注意です。

手軽さを重視してホームルーター(置くだけWiFi)を選んでしまうと、絶対に後悔します。

Apexやモンスターハンターなどで負けたくない(他のプレイヤーに迷惑をかけたくない)人は、必ず光回線を選んでください。

専門家が教えるホームルーター(置くだけWiFi)の正しい選び方!絶対に失敗するのはこんな人

専門家が教える置くだけWiFiの正しい選び方

ホームルーター(置くだけWiFi)の正しい選び方はとても簡単です。

次の図のように選べば、あなたにぴったりな1台が自ずと決まります。

ホームルーター(置くだけWiFi)の正しい選び方

置くだけWiFiの正しい選び方

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーであればセット割引が適用になるので、安く使うことができます。

ただし、安定して速度が出る、つまり快適に使えるホームルーター(置くだけWiFi)はドコモのhome5Gだけです。

他のホームルーター(置くだけWiFi)、特にソフトバンクエアーは本当に運要素が高いホームルーター(置くだけWiFi)となっています。

au、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーであっても、快適に使いたいのであればドコモのhome5Gを選ぶべきなのです。

セット割引で安くなるのは魅力的かもしれませんが、ちゃんと使えなくては意味がありません。

契約してから後悔しないためにも、確実に使えるホームルーター(置くだけWiFi)を選んでおきましょう。

すぐに欲しい人は WiMAXか店舗で購入

ドコモのhome5Gは、手元に届くまで1週間ほどかかります。

今すぐに欲しい人は、最短翌日に届く WiMAXを選んでください。

もしくは、直接店舗に足を運んで購入するという方法でも良いでしょう。

ただし、事前に必ず在庫状況を確認することを忘れないでください。

最近は在庫を抱えるのをやめているお店が多いので、二度手間にならないように気をつけましょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)選びで失敗する人の共通点

ホームルーター(置くだけWiFi)選びで失敗する人の共通点

  • キャッシュバックに釣られてソフトバンクエアーを選ぶ
  • オンラインゲームがしたいのにホームルーター(置くだけWiFi)を選ぶ

繰り返しになりますが、ソフトバンクエアーは非常に運要素の高いホームルーター(置くだけWiFi)です。

多くの人がまともに使えておらず、本当に酷い状態が続いています。

また、例えドコモのhome5Gであっても、オンラインゲームはラグります。

ホームルーター(置くだけWiFi)を光回線と同じものだと勘違いしている人が非常に多いです。

ホームルーター(置くだけWiFi)と光回線は仕組みが全く違うので、オンラインゲームを快適に遊ぶことはできません。

ホームルーター(置くだけWiFi)の申し込みからインターネット利用開始(Wi-Fi接続)までの流れ

置くだけWiFiの申し込みからインターネット利用開始(Wi-Fi接続)までの流れ

ホームルーター(置くだけWiFi)をWebから申し込む方法とWi-Fi(インターネット)を使えるようにするまでの手順を紹介します。

とても簡単ですので、初心者の方でも心配しなくて大丈夫です。

ホームルーター(置くだけWiFi)の申し込み方法と届いた機器を使えるようにするまでの手順

置くだけWiFiの申し込み方法
STEP
おすすめ4社から自分に合った1台を選ぶ

本記事の最初に紹介したホームルーター(置くだけWiFi)おすすめ4社の中から1台を選びましょう。

1番間違いないホームルーター(置くだけWiFi)はドコモのhome5Gです。

STEP
Webサイトから申し込みをする

契約するホームルーター(置くだけWiFi)を選んだらWebサイトから申し込みを行います。

名前や住所、電話番号といった情報を1つずつ打ち込むだけです。

STEP
専用の端末が届く

申し込みが完了すると翌日~1週間以内にホームルーター(置くだけWiFi)用の専用端末とSIMカードが届きます。

SIMカードをホームルーターに入れ、コンセントに挿せばWi-Fiの準備完了です。

1~2分待ってランプが点灯すれば、Wi-Fiが使えるようになっています。

ホームルーター(置くだけWiFi)でWi-Fi(インターネット)を使う手順・方法

置くだけWiFiでWi-Fi(インターネット)を使う手順・方法
(参考)ドコモhome5GのSSIDとパスワード

SSIDとパスワード(この端末の場合)

  • SSID(2.4GHz):HR01a-DB0B2C
  • SSID(5GHz):HR01a-DB0B2D
  • パスワード:5ea3f9f9a7
STEP
SSIDとパスワードを確認する

ホームルーターの本体にWi-Fi接続に必要なSSIDとパスワードが記載されているので、それぞれ確認してください。

STEP
Wi-Fiに接続する

Wi-Fiに接続したい端末(スマホやパソコン、テレビ、ゲーム機など)の設定画面を開いてWi-Fiに接続します。

端末によってWi-Fiの設定画面が異なりますが、基本的な操作手順は同じです。

Wi-Fiの設定画面の場所がわからない場合は、取扱説明書などで確認しましょう。

STEP
インターネットを使う

Wi-Fiに接続されていることが確認できたら、インターネットを使いましょう。

Wi-Fi接続中であれば、スマホのギガは消費しませんので、安心してたくさん使ってください。

ホームルーター(置くだけWiFi)のお薦めに関するよくある質問をわかりやすく解説

よくある質問と答え

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめによくある質問と答えをまとめました。

特に、インターネットやホームルーター(置くだけWiFi)初心者の方から多い質問をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ホームルーター(置くだけWiFi)の比較ポイントはどこ?

性能(電波や速度)を重視するか、料金の安さを重視するか、です。

性能重視ならドコモのhome5G、安さ重視ならソフトバンクエアー、バランスを取るならWiMAXになります。

スマホがドコモじゃなくてもhome5Gは契約できるの?

契約できます。スマホをお持ちでない方でもhome5Gを使うことができますので、安心してください。

ホームルーター(置くだけWiFi)は外でも使えるの?

WiMAXに限り、コンセントがある場所であれば外でも使えます。

会社や学校、人によっては旅行先に持って行く人もいます。

持ち運びが自由な点がWiMAXのメリットですね。

ドコモのhome5G、auのホームルーター5G、ソフトバンクエアーは、登録している利用場所(主に自宅)以外では使用できません。

登録住所以外で使ってしまうと、強制解約させられる場合がありますのでご注意ください。

ホームルーター(置くだけWiFi)は光回線の代わりになるの?

使い方次第では光回線の代わりになる人も多いです。

動画視聴など一般的な使い方をする人であれば問題ありません。

ただし、オンラインゲームやFX(デイトレ)といったリアルタイムでのやりとりが必要になる使い方をする場合はおすすめできません。

また、上り速度が光回線より遅いので、動画配信・動画投稿を職業としている人(YouTuberなど)にもおすすめではないです。

自分の家が対応エリアに入ってるかどうかって事前に調べることができるの?

できます。

各社対応エリアを公式サイトにて公開していますので、気になる人は事前に調べてから申し込むようにしましょう。

ドコモのhome5Gであれば、ドコモ回線が繋がる場所なら使えますので、使えない場所はほとんどありません(ドコモは人口カバー率99%です)。

ソフトバンクエアーは申込みの時点でソフトバンク側で対応エリアかどうかを確認してくれます。

もし対応エリア外だった場合は、そもそも申し込みができません(拒否されます)。

申込みしてからキャンセルすることはできるの?

できます。

商品が届く前であればキャンセル可能です。

また、商品が届いた後でも8日以内であればキャンセルできます(いずれも初期契約解除制度の対象商品です)。

※ソフトバンクエアー以外は、利用日数分の利用料金と事務手数料が必要です。

速度が遅いんですが、どうすれば速くなりますか?

電源を再起動して、端末(ホームルーター)を設置する場所を変えてみましょう。

長時間電源を入れたままにすると、通信トラブル(Wi-Fiが繋がらなかったり速度が遅くなったり)が起きる場合があります。

その場合は再起動で改善するので一度試してみてください。

再起動をしても改善しない場合は、設置場所が良くない可能性があります。

できるだけ窓側の少し高い位置に置いてみてください。

何をやっても改善されない場合はどうしたらいいの?

残念ながらお使いのホームルーターの利用に不向きなエリア・場所だった可能性があります。

他のホームルーターに乗り換えるか、光回線に乗り換えましょう。

テレビでYouTubeやネットフリックスを見れるの?

できます。

ただし、夜18時~23時などの混雑しやすい時間帯に、複数台同時にWi-Fiを使ってしまうと速度が足らなくなる可能性があるので、ご注意ください。

家族みんなで使っても大丈夫なの?

大丈夫です。

Wi-Fiの森編集部がチェックしたところ、同時に3~4台までであれば問題なく使えました。

YouTubeの高画質動画を視聴しても止まらなかったです。

ホームルーター(置くだけWiFi)の選び方に関するご質問・ご相談は、コメント欄もしくは公式LINE@よりお気軽にメッセージをお寄せください。また、WiMAX+5Gを使用している人からの口コミコメントもお待ちしております。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家電量販店や訪問販売、携帯ショップにてインターネット回線やスマートフォンの取次業務を10年以上やっていました。
現在はインターネット回線やスマートフォンのトータルサポート業務を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる